会員登録はこちら
ユニコーンステークス G3   日程:2009年6月6日() 15:45 東京/ダート1600m

レース結果

ユニコーンステークス G3

2009年6月6日() 東京/ダート1600m/16頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分34秒6
天候:
馬場:不良



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 12

シルクメビウス

牡3 56.0 田中博康  領家政蔵 472(-6) 1.35.5 3.2 1
2 5 9

グロリアスノア

牡3 56.0 小林慎一  矢作芳人 506(+2) 1.35.8 4.6 2
3 1 1

カネトシコウショウ

牡3 56.0 内田博幸  村山明 466(+8) 1.35.9 3/4 5.3 3
ラップタイム 12.4 - 10.5 - 11.4 - 12.2 - 12.8 - 12.2 - 11.9 - 12.1
前半 12.4 - 22.9 - 34.3 - 46.5 - 59.3
後半 61.2 - 49.0 - 36.2 - 24.0 - 12.1

■払戻金

単勝 12 320円 1番人気
複勝 12 130円 1番人気
9 180円 2番人気
1 180円 3番人気
枠連 5-6 570円 1番人気
馬連 9-12 860円 2番人気
ワイド 9-12 360円 2番人気
1-12 340円 1番人気
1-9 610円 4番人気
馬単 12-9 1,620円 2番人気
3連複 1-9-12 1,540円 1番人気
3連単 12-9-1 6,070円 2番人気

ユニコーンステークスのニュース&コラム

【3歳次走報】ルージュは北九州短距離S
 ★…ユニコーンSを勝ったシルクメビウス(栗・領家、牡)はジャパンダートダービー(7月8日、大井、交流GI、ダ2000メートル)へ。2着グロリアスノア(栗・矢作、牡)、3着カネトシコウショウ(栗・村山、牡)もJDDを目標に調整。16着ゲットフルマークス(美・岩戸、牡)は放牧を挟んでキーンランドC(8月30日、札幌、GIII、芝1200メートル)へ。 ★…あじさいSを勝ったレディルージュ(栗・安田隆、牝)は北九州短距離S(7月25日、小倉、1600万下、芝1200メートル)を予定。僚馬でユニコーンS6着メトロノース(牡)は安芸S(27日、阪神、1600万下、ダ1400メートル)へ。
2009年6月10日(水) 05:03

 596

【ユニコーンS】メビウス3連勝で重賞初V
 第14回ユニコーンS(6日、東京11R、GIII、3歳オープン国際、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3800万円=出走16頭)1番人気のシルクメビウスが後方3番手から直線で馬群の外に持ち出されるとグイグイと伸び、3連勝で重賞初制覇。田中博康騎手(23)=美・フリー=は待望のタイトルを獲得した。タイム1分35秒5(不良)。次走はジャパンダートダービー(7月8日、大井、交流GI、ダ2000メートル)で3歳ダート王を目指す。2馬身差2着にグロリアスノア、3着にカネトシコウショウと人気通りの決着だった。 終わってみれば2馬身という着差以上の強さ。くすのき賞→端午Sに続いて、シルクメビウスが危なげのない3連勝で重賞タイトルをゲットした。「位置取りは決めずに折り合い重視。直線に向いてからも抜群の手応えで、最後までしっかり期待に応えてくれました。馬から降りてやっと力が抜けました」。顔に付いた泥を左手で拭う田中博騎手に笑顔が弾ける。 くすのき賞で初騎乗Vを飾ると、端午Sでは自ら“乗せてください”と志願して結果を出した。そして、3連勝でユニコーンS優勝。競馬学校の同期では、北村友一騎手(08年デイリー杯2歳S=シェーンヴァルト)に次いで2人目の重賞勝ち。デビューした06年は4勝と伸び悩んだが、2年目で44勝とブレークし、順調に育っている若手の有望株だ。「(メビウスも)これからどんどん成長してくれると思うし、ボクも負けないように頑張ります」とさらなる高みを目指す。 阪急杯のビービーガルダンに次いで今季2度目の重賞勝ちとなった領家調教師は、「道中は少し掛かっていたけど、最後はよく伸びていたな」と周囲からの祝福に終始ニコニコ顔だ。次走は7月8日のJDDに決定。1戦ごとに進化するシルクメビウス&売り出し中のタナパクの若いコンビが、真夏の大井で世代最強のダート王を目指す。(片岡良典)
2009年6月7日() 05:05

 615

【ユニコーンS】シルクメビウス重賞初制覇
 6日、東京競馬場で「第14回ユニコーンS」(GIII、ダ1600メートル)が行われ、田中博康騎手騎乗で1番人気のシルクメビウス(牡3歳、栗東・領家政蔵厩舎)が直線で抜け出し、1分35秒5(不良)で快勝。くすのき賞→端午S→ユニコーンSと3連勝で、重賞初制覇を飾った。 シルクメビウスは父ステイゴールド、母はチャンネルワン、母の父ポリッシュネイビー。通算9戦4勝で、重賞は初制覇。鞍上の田中博康騎手もデビュー4年目で嬉しい重賞初制覇となった。 2着は2番人気グロリアスノア(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)、3着は3番人気カネトシコウショウ(牡3歳、栗東・村山明厩舎)。
2009年6月6日() 15:55

 831

【ユニコーンS】皇成マジック、重賞獲りだ
 〔本紙の狙い〕オウケンマジックを狙う。未勝利を脱出するのに手間取ったが、ここにきて一気に連勝。前走は着差以上に強い勝ちっぷりだった。ダートではまだ底を見せておらず、この相手でもヒケをとらない能力を秘めている。坂路の動きもパワフルで、仕上がりも前走以上。好勝負になるはずだ。決め手のあるシルクメビウスが相手の筆頭。東京2戦2勝のグロリアスノアも侮れない。★最新ナマ情報 ヒヤシンスS勝ちの(1)カネトシコウショウは、コース中心に丹念な調整を積んできた。「UAEダービーを股関節炎でとりやめて、一から立て直しましたからね。動きや馬の雰囲気は良くなりましたが、体の張りがまだ物足りないんです」と村山調教師。「ウチの厩舎でも期待の大きい馬なんです。次に大きなところを使うためにも2着までに入って賞金を上積みしたいんですが…」。ここは底力に期待、といった感じか。 (5)フォルミダービレは坂路で4ハロン64秒4。「デキはいいし、もうやる必要はない。前走の青葉賞は4コーナーでは突き抜けそうな手応えだったが、伸びなかった。芝ではなく距離が影響したね。今回は条件が合うし、時計が速い脚抜きのいい馬場になっても大丈夫」と尾形調教師は手応え十分。 水曜日には安田記念に出走する厩舎の先輩、スーパーホーネットと互角に動いた(9)グロリアスノア。「抽選で入って良かった。攻め馬は見ての通りめちゃくちゃ動く。東京ダートで2戦2勝。底を見せていないのも魅力だ」と矢作調教師は重賞初挑戦でも強気一辺倒だ。「前に行きそうな馬がそろったのもウチのには好都合。速い流れでズバッと差す。ここは展開も向きそうだ」。ここと安田記念で土日の重賞Vを狙う。 端午Sを勝った(12)シルクメビウスは「水曜の追い切りでは折り合いを欠いたが、元気は良かった。休み明けを勝ってさらに調子を上げている。いい状態で送り出せたよ」と領家調教師は歯切れのいいコメント。「この馬は、鞍上の田中博騎手が手の内に入れてくれているから、コース替わりは問題ない。もちろんここでも好レースになると思っている」とトレーナーは色気たっぷり。 京王杯2歳S馬で実績上位の(16)ゲットフルマークスは初ダートが焦点となる。「今回もハナにいくが、ダートの方が折り合いがつきそうな走りをしているね。距離もマイルまでなら持つと思う」と岩戸調教師は変わり身を期待。レース前日は南の角馬場で入念に乗られてからAコースでキャンター。カリカリした面はなく、落ち着き十分の走りだ。
2009年6月6日() 05:03

 765

ユニコーンステークスのニュースをもっと見る >

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

ユニコーンステークス過去10年の結果

2008年6月7日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2007年6月2日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2006年6月3日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ユニコーンステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬ゴールドドリーム

JRA初の4歳(現3歳)限定ダート重賞として誕生し、歴代のダート王者たちが熱戦を繰り広げてきた。第2回(1997年)のタイキシャトル、第5回(2000年)のアグネスデジタル、第10回(2005年)のカネヒキリといった歴史的名馬クラスが多数優勝しており、近年も第20回(2015年)を勝ったノンコノユメ、第21回(2016年)の覇者ゴールドドリームが、その後にG1を制している。第7回(2002年)は地方船橋所属のヒミツヘイキが中央勢を一蹴し、ファンをアッと驚かせた。

歴史と概要をもっと見る >

ユニコーンステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年10月27日(
毎日放送賞スワンS G2
アルテミスステークス G3
2018年10月28日(
天皇賞(秋) G1

競馬番組表

2018年10月27日(
3回新潟5日目
4回東京8日目
4回京都8日目
2018年10月28日(
3回新潟6日目
4回東京9日目
4回京都9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
58,278万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る