会員登録はこちら
東京中日S杯武蔵野S G3   日程:2009年11月7日() 15:35 東京/ダート1600m

レース結果

東京中日S杯武蔵野S G3

2009年11月7日() 東京/ダート1600m/16頭

本賞金:3,900万 1,600万 980万 590万 390万


レコード:1分34秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

ワンダーアキュート

牡3 56.0 安藤勝己  佐藤正雄 488(-14) 1.35.5 10.4 5
2 1 2

ダイショウジェット

牡6 56.0 柴山雄一  大根田裕 556(-6) 1.35.8 1 3/4 53.5 11
3 3 6

ワイルドワンダー

牡7 56.0 蛯名正義  久保田貴 456(+6) 1.35.8 ハナ 31.6 8
ラップタイム 12.4 - 10.7 - 11.5 - 12.0 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 12.6
前半 12.4 - 23.1 - 34.6 - 46.6 - 58.8
後半 60.9 - 48.9 - 36.7 - 24.6 - 12.6

■払戻金

単勝 5 1,040円 5番人気
複勝 5 420円 5番人気
2 1,100円 10番人気
6 780円 8番人気
枠連 1-3 4,580円 15番人気
馬連 2-5 15,370円 41番人気
ワイド 2-5 4,750円 45番人気
5-6 3,120円 30番人気
2-6 7,770円 66番人気
馬単 5-2 26,700円 71番人気
3連複 2-5-6 104,610円 202番人気
3連単 5-2-6 648,270円 1,130番人気

東京中日S杯武蔵野Sのニュース&コラム

【次走報】イコピコ、鞍上スミヨンでJCへ
 ★…菊花賞4着イコピコ(栗・西園、牡3)は四位騎手に替わってスミヨン騎手とのコンビでジャパンC(29日、東京、GI、芝2400メートル)へ向かう。 ★…武蔵野Sを逃げ切ったワンダーアキュート(栗・佐藤正、牡3)はジャパンCダート(12月6日、阪神、GI、ダ1800メートル)へ。鞍上は安藤勝騎手から和田騎手に戻る。5着ラヴェリータ(栗・松元茂、牝3)、10着サクセスブロッケン(栗・藤原英、牡4)、11着テスタマッタ(栗・村山、牡3)もJCダートへ。2着ダイショウジェット(栗・大根田、牡6)はJCダートを第1目標に、賞金除外が濃厚なら選出されている浦和記念(25日、浦和、交流GII、ダ2000メートル)へ。8着シルクメビウス(栗・領家、牡3)、9着マルブツリード(栗・大根田、牡6)はトパーズS(21日、京都、OP、ダ1800メートル)へ。 ★…ユートピアSで3連勝を飾ってオープン入りしたラドラーダ(美・藤沢和、牝3)は宮城県山元トレセンに放牧。1戦して来春のヴィクトリアマイルを目指す予定。僚馬で武蔵野S4着マチカネニホンバレ(牡4)もJCダートは自重し、しばらく休養する。 
2009年11月11日(水) 05:00

 1,749

【武蔵野S】アキュート、重賞連勝でV3
 第14回武蔵野S(7日、東京11R、GIII、3歳上オープン国際、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3900万円=出走16頭)安藤勝己騎乗のワンダーアキュートが押し出されるように先頭に立つと、直線でも粘りを見せ後続を抑えて快勝。シリウスSに続く重賞連勝でV3を決めた。1分35秒5(良)。2着に11番人気のダイショウジェット、3着に8番人気のワイルドワンダーが入り、3連単は64万超の大波乱。今春のフェブラリーS優勝馬で1番人気のサクセスブロッケンは残り1ハロンで失速して10着に完敗した。 夏を越して急成長を遂げた3歳馬ワンダーアキュートが、強力古馬陣を粉砕して、3連勝で重賞連勝を果たした。 レースはヴァンクルタテヤマの逃げで始まり、向こう正面の中間で押し出されるようにアキュートが先頭へ。3角では外からネイキッド、サクセスブロッケンのプレッシャーを受けながらもハナは譲らず直線へ。安藤勝騎手の右ムチがビシビシと入ってもヘコたれるどころか逆に闘争心をムキ出しでラストスパート。GI馬のブロッケンを筆頭に上位人気馬を完封した。 「ゲートだけ気を付けて前々の競馬。道中も息を入れながらで楽なペースだった。追ってからもしっかりしていたし本当に力をつけている」。初コンビのアンカツは称賛した。 次走はJCダート(12月6日、阪神、GI、ダ1800メートル)で8冠馬ヴァーミリアンらと激突する。「体重が(14キロ)減っていたが、力で押し切ってくれた。以前と特に大きく変わった点はないが、1戦ごとに力はつけている」と佐藤正調教師も誇らしげ。勢いに乗ったワンダーアキュートが、全6勝中3勝を挙げて好相性の阪神でGI獲りに挑む。(片岡良典)
2009年11月8日() 05:04

 677

【武蔵野S】ワンダーアキュート重賞2勝目
 7日、東京競馬場で「第14回武蔵野S」(GIII、ダ1600メートル)が行われ、安藤勝己騎手騎乗で5番人気のワンダーアキュート(牡3歳、栗東・佐藤正雄厩舎)が直線で抜け出し、1分35秒5(良)で快勝。重賞2勝目を挙げた。 ワンダーアキュートは、父カリズマティック、母はワンダーヘリテージ、母の父プレザントタップ。通算11戦6勝で、重賞は09年シリウスS(GIII)に続いて2勝目。 2着は11番人気ダイショウジェット(牡6歳、栗東・大根田裕之厩舎)、3着は8番人気ワイルドワンダー(牡7歳、美浦・久保田貴士厩舎)。 今年のフェブラリーSの覇者で1番人気に支持されたサクセスブロッケン(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)は10着、エルムSを制したマチカネニホンバレ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は4着、ダート3戦3勝でジャパンダートダービー1着以来4カ月ぶりの競馬となったテスタマッタ(牡3歳、栗東・村山明厩舎)は11着に終わった。
2009年11月7日() 15:54

 881

【武蔵野S】叩かれ良化!ブロッケン独壇場
 《本紙の狙い》フェブラリーS馬サクセスブロッケンが東京のマイル戦で負けるわけにいかない。長期休養明けでなんとか間に合った感のある南部杯で2着を確保し、GI馬の存在感は示したが、地方の深いダートよりも時計の速い東京の砂が合うのはフェブラリーSをレコードで勝っていることから明らか。叩いた今回は、栗東の坂路で4ハロン51秒6の好時計をマークし、前走以上のデキなのは確実で、59キロの斤量もGIIIでは言い訳にならない。目標のJCダートへ向けて、取りこぼすようなことはないだろう。シリウスSを圧勝したワンダーアキュート、エルムS勝ちのマチカネニホンバレなどが相手。★最新ナマ情報 4日の栗東ポリトラックでは併せたエーシンウォーマン(牡3、500万下)に遅れをとった(3)ナムラハンターだが、もともと調教では動かないタイプで、6ハロン81秒9と長めからしっかり追っており問題ない。東京ダートは1戦8着だが、この時は2100メートル。前走2000メートルの大敗も含めて距離が長く、マイルへの短縮はプラス。中京で2勝しており左回りも心配ない。「直線の長いコースは合うし、外をうまく追走できればチャンスはある」と中山調教助手も期待している。 シリウスSを制した(5)ワンダーアキュートは、4日にCW6ハロン83秒8、3ハロン39秒4-12秒9と軽快な動きを披露。「馬場が重くて時計がかかったが、状態は悪くないよ」と佐藤正調教師は仕上がりには満足げだ。「距離が短くなる点がどうかだが、今の充実ぶりならここに入っても楽しみ」とトレーナーは好勝負を見込んでいる。 JCダート10着以来11カ月ぶりの実戦となる(6)ワイルドワンダーは、坂路1本で体をほぐした。「いい感じだね。力を出せる状態になっているよ」と久保田調教師はニッコリ。「東京は得意なコース。あとは地力に期待する。次に向けてメドが立つ競馬ができれば」とトレーナーは控えめも、鉄砲【2・1・2・2】と久々は気にしないタイプで、重賞3勝、GI2着1回など実績はここでも上位。侮れない存在だ。 レパードSで5位入線も10着に降着となった(9)シルクメビウスは、4日にCW6ハロン81秒9、3ハロン39秒3-13秒2。「最後いくらかモタモタしてたな。ちょっと太いかも」と領家調教師は心配していたが、輸送減りの分を考慮しての調整とみれば問題はないだろう。GIII勝ち、GI2着と3歳世代では屈指の実績馬。「ユニコーンSと同じ舞台でマイルの流れも合う。展開が向けば」とトレーナの期待も高く、前走の鬱憤が晴らせるか注目だ。 エルムSで初タイトルを手に入れて勢いに乗る(11)マチカネニホンバレは、レース前日の6日に坂路で2本目にミッションモード(牡2、500万下)と併せて4ハロン55秒0-40秒1-13秒4と仕上げに抜かりなし。じっと眺めていた藤沢和調教師も「併せ馬で時計を出すのは予定通りだったし、しっかり走っていたね」と笑みをこぼした。跨った北村宏騎手も「ここまで順調に来れましたね。このひと追いで態勢は整いました」と勝負モードに突入。東京は4戦4勝とコース相性も抜群で、重賞2勝目に向けて視界は良好だ。 前走の南部杯では休養明けの影響もあって2着に敗れた(12)サクセスブロッケンだが、4日に坂路で4ハロン51秒6-38秒1-12秒5をマークするなど、ひと叩きされての良化は歴然だ。「動きはいいね。上積みは確実にある。砂の深い盛岡よりも、東京コースの方が走りやすいし実績もある」と藤原英調教師はフェブラリーSを制した舞台でのVを目論む。初の斤量59キロがカギとなりそうだが、デビューからダート5連勝でGIジャパンダートダービーを制すなど、早くから力の違いを見せつけてきたブロッケンだけに、あっさりこなしてくれそうだ。 ダート戦は06年6月のユニコーンS4着以来となる(13)サイレントプライドは、6日は坂路1本駆け上がってからポリトラックで軽くキャンターで流すなど入念な調整。騎乗した後藤騎手も「ここ最近では一番のデキ」とかなりの手応えを得ている。4日のDコースでの追い切りではブリンカーを装着したところ、いつもとは違う行きっぷりを見せた。「ブリンカーがいい刺激になったみたい。デビュー前からダート適性も感じていたし、なんの不安もない。切れる脚がないので、うまく前々で運べれば、ここでも遜色ないと思っている」とタイトルを獲りに行く構えだ。 今年のジャパンダートダービーを制した(14)テスタマッタは、3戦3勝とダートではいまだに底を見せていない。4カ月ぶりの実戦となるが、中間の乗り込み量は豊富で「賞金が足りず出走できなかったが、南部杯を予定していたくらいで、準備は整っている」と村山調教師は仕上がりに太鼓判を押す。しかし「期待はしているが、古馬の一線級とは初対戦。そこで斤量58キロは少し気になるね」と慎重な構えを崩さなかった。 エルムSで4着に敗れた(15)トランセンドだが、中間は熱心に調教をこなして巻き返しに余念がない。「1週前の追い切りは一番時計だったし、今週も終いを伸ばしていい感じ」と安田隆調教師もデキの良さを伝える。未勝利からダート4連勝で新設重賞レパードSを制覇。勝ち時計1分49秒5は、その前走で同馬がマークしたレコードと同タイムとあって、スピードは文句なし。初コース、初距離、斤量増と克服すべき課題は多いが、素質的にはこなしても何ら不思議ない。 休養明けを2戦2勝した(16)セレスハントが、3連勝で重賞タイトルを狙いにきた。馬だけでなく、この秋は秋華賞をレッドディザイアで制するなど厩舎の勢いも見逃せない。「距離が少し長い気がする」と松永幹調教師は前置きしつつも、「今はとにかくデキがいいからね。前走も評価できるレースぶりだったし、コースも得意。このメンバーに入ってどこまでやれるか楽しみだね」と自信を垣間見せた。
2009年11月7日() 05:08

 989

東京中日S杯武蔵野Sのニュースをもっと見る >

【武蔵野S】ニホンバレ、連勝へ50秒5
 エルムSで重賞初Vを決めたマチカネニホンバレが、坂路で貫禄の追い切りを披露した。厩舎の後輩となる中ランペルール(牡2新馬)、外ミッションモード(牡2、500万下)の4馬身後方からスタート。徐々に差を詰めて直線で2頭に並びかけると、鞍上の手が激しく動く僚馬とは対照的に、ゆったりとしたフォームで4ハロン50秒5-37秒3-13秒2の好タイムをマークし、馬なりのまま併入。藤沢和調教師は「いい時計が出たし、満足いく内容」と納得の表情を浮かべた。「前走は差し返す根性を見せてくれた。今までより相手は強くなるが、東京コースではいい競馬をしてきたので、どれだけの競馬ができるか楽しみ」。4戦4勝の東京ダートで、重賞連勝を見据えている。
2009年11月5日(木) 05:07

 618

【武蔵野S】テスタ、古馬撃破へ13秒4
 ダートに転じて3連勝中の3歳馬テスタマッタは、CWコースで併せて併入。5ハロン69秒8、3ハロン40秒8-13秒4を馬なりと時計は平凡だが、脚さばきはスムーズで、仕上がりは順調だ。村山調教師は「(除外された)南部杯を目標に調整してきたので、体はできているからね。いつも通りゴールを過ぎて反応を確かめたが良かったですよ」と好仕上がりを伝える。交流GIジャパンダートダービーの勝ち馬が、古馬の強豪相手にどんな走りを見せるか注目だ。
2009年11月5日(木) 05:06

 708

【武蔵野S】ブロッケン、迫力満点51秒6
 フェブラリーS快勝以来だったマイルCS南部杯で2着に敗れたサクセスブロッケンは、坂路で4ハロン51秒6-38秒1-12秒5の好時計をマーク。迫力満点の伸びで、使われた上積みの大きさを感じさせた。藤原英調教師は「動きもタイムもいい。休み明けを使った上積みはある。砂の深い前走の盛岡より、東京の方が走りやすい。あとは59キロだけ」とGIを制した舞台でVをにらむ。
2009年11月5日(木) 05:06

 647

【武蔵野S】ニホンバレ重賞連勝狙う!
 マチカネニホンバレが、4戦4勝の東京コースで重賞連勝を狙う。今回は同じ4歳馬サクセスブロッケンなどGIホースも参戦し、相手は格段に強化されるが、陣営は「着差以上に強い内容だった」と重賞初Vの前走エルムSを評価。充実ぶりならライバルにもヒケを取らない。目標のJCダートに向けて期待の持てる走りを見せるか注目だ。 エルムSで約2年ぶりに藤沢和雄厩舎にJRA重賞タイトルをもたらしたマチカネニホンバレが、重賞連勝を狙う。 全休日明けの3日、気温4度と冷え込んだ美浦トレセン。馬場開場の午前7時、ニホンバレが元気に坂路を2本駆け上がった。前走後は短期放牧に出て先月10日に帰厩。ここを目標に入念に乗り込み、1日に坂路4ハロン50秒5-37秒3-13秒2と破格の時計をマーク。藤沢和調教師は「順調に来ているよ」とデキの良さに太鼓判を押す。 1年前の08年11月2日に同じ東京ダート1600メートルで2勝目を挙げると5連勝。しらかばSは10着に敗れたが、前走エルムSでは立て直しに成功。これまでの楽な勝ち方とは違い、一度かわされてから差し返す根性も見せた。「着差(ハナ差)以上に強い内容で、接戦を制したのも大きい。自分の気が向くように走らせるのが一番。無理に抑えず、前々でリズム良く走らせたい。相手は格段に強くなるが、楽しみはある」と葛西調教助手の期待は大きい。 東京ダートは4戦4勝で3勝がマイル戦。準オープンとはいえ、1分35秒3(稍重)と持ち時計も優秀だ。「この春以来のマイルで高速決着になったらどうか」とトレーナーは課題を指摘する。東京競馬場が改修された03年以降の優勝タイムは、最速が05年サンライズバッカスの1分35秒2(良)。06年シーキングザベストが1分35秒3(良)で続き、残る4頭はニホンバレよりも時計を要している。しかも、7月のマリーンSでダ1700メートル1分41秒7の日本レコードをマーク。スピード勝負は望むところだろう。 大目標はJCダート(12月6日、阪神、GI、ダ1800メートル)。まずはここで好結果を出し、ダート界の既成勢力に挑戦状を叩きつける。(松永昌也)
2009年11月4日(水) 05:07

 941

東京中日S杯武蔵野Sの直前追い切り情報をもっと見る >

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

東京中日S杯武蔵野S過去10年の結果

2008年11月8日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
1着 キクノサリーレ 後藤浩輝 1:36.0 13.1倍 100.0
2着 サンライズバッカス 佐藤哲三 3/4 10.4倍 99.5
3着 ユビキタス 安藤勝己 クビ 1.6倍 99.0
2007年10月27日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:不良
2006年10月28日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

東京中日S杯武蔵野Sの歴史と概要


2013年の優勝馬ベルシャザール

12月のチャンピオンズカップや東京大賞典へとつながるダート路線の主要ステップレース。東京ダ2100m時代の第3~4回(1998~1999年)はエムアイブランが連覇。第6回(2001年)は初ダートとなったクロフネが異次元の強さで圧勝劇を演じ、競馬界に衝撃を走らせた。第11回(2006年)のシーキングザベスト、第14回(2009年)のワンダーアキュートなど、交流重賞戦線で活躍している馬の勝利も多数。第18回(2013年)の勝ち馬ベルシャザールは、次走のジャパンカップダート(2014年よりチャンピオンズカップ)も制してダート路線の頂点に立った。

歴史と概要をもっと見る >

東京中日S杯武蔵野Sの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年12月14日(
ターコイズステークス  G3
2019年12月15日(
朝日フューチュリティ  G1

競馬番組表

2019年12月14日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2019年12月15日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 スワーヴリチャード 牡5
89,132万円
4 レイデオロ 牡5
88,155万円
5 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 マカヒキ 牡6
56,210万円
8 キセキ 牡5
52,914万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 カレンブーケドール 牝3
25,685万円
5 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
6 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
7 ヴェロックス 牡3
21,907万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
9 グランアレグリア 牝3
19,878万円
10 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
» もっと見る