会員登録はこちら
マーメイドステークス G3   日程:2011年6月19日() 15:35 阪神/芝2000m

レース結果

マーメイドステークス G3

2011年6月19日() 阪神/芝2000m/13頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分57秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 8

フミノイマージン

牝5 55.0 太宰啓介  本田優 480(-4) 2.00.4 5.6 2
2 4 4

ブロードストリート

牝5 56.0 岩田康誠  藤原英昭 450(+10) 2.00.6 1 1/4 12.1 7
3 4 5

アースシンボル

牝6 52.0 高倉稜  宗像義忠 468(+2) 2.00.8 1 1/2 72.2 13
ラップタイム 12.3 - 10.9 - 12.8 - 12.8 - 12.4 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.4 - 11.9
前半 12.3 - 23.2 - 36.0 - 48.8 - 61.2
後半 59.2 - 47.0 - 35.0 - 23.3 - 11.9

■払戻金

単勝 8 560円 2番人気
複勝 8 220円 2番人気
4 400円 7番人気
5 1,800円 13番人気
枠連 4-6 2,110円 8番人気
馬連 4-8 3,490円 14番人気
ワイド 4-8 1,500円 19番人気
5-8 8,290円 70番人気
4-5 11,400円 74番人気
馬単 8-4 6,450円 25番人気
3連複 4-5-8 93,350円 206番人気
3連単 8-4-5 425,710円 1,046番人気

マーメイドステークスのニュース&コラム

【次走報】ピュアオパールJDD視野
 ★…NHKマイルC5着後、ラジオNIKKEI賞(7月3日、中山、GIII、芝1800メートル)を目標にしていたプレイ(美・斎藤誠、牡3)は腸炎を発症したため、同レースを見送ることになった。 ★…安田記念3着スマイルジャック(美・小桧山、牡6)は今後は未定ながら、早ければ京成杯AH(9月11日、中山、GIII、芝1600メートル)で秋のスタートを切る。 ★…関東オークス2着ピュアオパール(美・戸田、牝3)はジャパンダートダービー(7月13日、大井、交流GI、ダ2000メートル)を視野に入れて調整する。 ★…マーメイドS13着プロヴィナージュ(美・小島茂、牝6)は近日中に山元トレセンに放牧に出る予定。復帰は9月の見込みで、TCKディスタフから名称を変えて新たに交流重賞となったレディスプレリュード(9月29日、大井、G外、ダ1800メートル)も視野に入っている模様。 ★…マーメイドSに出走した美浦・畠山吉厩舎の3頭は、8着マイネプリンセス(牝5)は今週中に北海道・ビッグレッドファーム真歌に移動してしばらく休養、12着ポルカマズルカ(牝5)は近日中に山元トレセン入りしてしばらく休養。10着ディアアレトゥーサ(牝4)は日本海S(7月23日、新潟、1600万下、芝2200メートル)へ。
2011年6月22日(水) 05:02

 966

【マーメイドS】イマージン11頭抜き!
 第16回マーメイドS(19日、阪神11R、GIII、3歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金3800万円=出走13頭)太宰啓介騎乗、2番人気のフミノイマージンが、直線で瞬発力の違いを見せつけてライバルを圧倒。4月の福島牝馬Sに続く重賞制覇を成し遂げた。タイム2分0秒4(良)。2着には7番人気のブロードストリート、3着には13番人気のアースシンボルが入線。1番人気のアスカトップレディは伸びを欠いて7着に敗れた。 馬場の外めを回ってライバルをひと飲みにした。フミノイマージンが着差以上の強さで重賞2勝目をゲットした。 「手応えがよくて、いつ仕掛けるかだけでした。牝馬同士では負けられないと思っていました」 太宰啓介騎手が自信の表情で振り返る。道中は後方2番手。いつも通りにじっくりと構えて、直線にすべてを託した。4コーナー手前でゴーサインが出ると、メンバー最速の34秒3の決め手を発揮。ブロードストリートとの差は1馬身1/4だったが、相手は内めをロスなく運んでおり、着差よりも力量差が見られた。 「完勝といえば完勝だよな。力通りじゃないの。折り合いもついていたし、4コーナーを回って突き抜けると思った。安心して見ていられた」 完勝劇に本田優調教師は満足げ。体質が強化され、精神面も逞しく成長。カイバ食いもしっかりして、以前のひ弱さは見られない。「後ろからの競馬を覚えて安定して力を出せるようになった」と確かな進化に笑みを浮かべて続けた。3歳時、オークスに出走したが、偉大なる同期生ブエナビスタの11着に敗退。その後、回り道をしながらコツコツと力を蓄え、ついにGI候補生の仲間入りだ。 この後は夏休み。復帰時期は未定だが、秋はエリザベス女王杯(11月13日、京都、GI、芝2200メートル)が大目標なのははっきりしている。 「この馬は今が完成形。このまま順調に行ってほしいですね。秋も楽しみです」 太宰騎手もきたるべき大舞台へ思いをはせる。今秋も自慢の脚でファンを魅了してくれそうだ。(宇恵英志)
2011年6月20日(月) 05:05

 1,016

【マーメイドS】フミノイマージン豪脚V
 第16回マーメイドS(19日、阪神11R、GIII、3歳上牝オープン、ハンデ、芝2000メートル、出走13頭)太宰啓介騎手騎乗で2番人気のフミノイマージン(牝5歳、栗東・本田優厩舎)が直線で抜け出し2分0秒4(良)で快勝。重賞2勝目を挙げた。 フミノイマージンは出遅れて後方からの競馬となったが、直線では外に持ち出し、抜群の瞬発力で一気に前を捕らえた。2着は内から伸びた7番人気ブロードストリート(牝5歳、栗東・藤原英昭厩舎)、3着は13番人気アースシンボル(牝6歳、美浦・宗像義忠厩舎)。 フミノイマージンは、父マンハッタンカフェ、母シンコウイマージン、母の父Dixieland Bandという血統で、JRA通算18戦6勝。重賞は11年福島牝馬S(GIII)に続いて2勝目。太宰騎手、本田調教師ともにマーメイドS初制覇。
2011年6月19日() 15:50

 1,120

【マーメイドS】ここ目標イタリアンレッド
 《本紙の狙い》イタリアンレッドが◎。前走の福島牝馬S(5着)は急仕上げだったぶん、伸び切れなかった。力負けではない。ここ目標に中身の濃い調教を積み、状態は明らかに前走以上。夏の小倉で4勝しているように、暑い時期に調子を上げるタイプで、53キロのハンデならば、勝機はある。ラフォルジュルネが相手の筆頭。レース順延の影響があった前走は度外視していい。上昇一途のアスカトップレディが▲。
2011年6月19日() 12:02

 588

マーメイドステークスのニュースをもっと見る >

【マーメイドS】イマージン満点11秒7
 マーメイドSの追い切りが15日、東西トレセンで行われた。前々走の福島牝馬Sで重賞初Vを決めたフミノイマージンは、栗東CWコースで6ハロン82秒2、ラスト1ハロン11秒7をマークして上々の動き。「反応もよかった」と太宰騎手は納得の表情だ。栗東滞在の関東馬プロヴィナージュも、CWコースでラスト1ハロン12秒0と好調アピール。重賞3勝目を狙うセラフィックロンプは、美浦坂路で鋭い伸びを見せた。出走予定馬 見た目以上に速いタイムが、今の充実ぶりを物語っていた。太宰騎手が騎乗したフミノイマージンが、伸びのあるフットワークを披露。前々走の福島牝馬Sで人馬ともに重賞初勝利をあげたコンビが、2つめのタイトルへ満点フィニッシュだ。 「先週、速い時計を出しているので、今週はしまい重点で。跳びが大きくて分かりづらいところがあるんですけど、時計はしっかり出ますね。反応もよかったです」 太宰が笑顔を浮かべた追い切りは、CWコースで単走。前半は抑え気味に進み、4コーナーからジワッとスピードを上げていく。直線で追い出すと、ブレのないフォームで加速。6ハロン82秒2、ラスト1ハロンは11秒7と上々のタイムをマークした。8日にもCWで6ハロン79秒9の好タイムを出しており、調整は順調だ。 「3歳のころはまだトモが弱くて、体も軟らかかった。今は競馬を使ったあとのダメージが抜けるのが早くなって、(体質面の)成長を感じますね」 一昨年、3歳1月の未勝利Vやオークス(11着)でもコンビを組んだ太宰は、5歳になっての本格化を実感。前走の金鯱賞は6着に敗れたが、ルーラーシップなどの強豪牡馬が相手で、さらに自慢の切れ味がそがれる不良馬場と敗因は明らか。牝馬同士の今回、太宰の言葉にも力が入る。 「前走はメンバーが強く、馬場が悪くても、6着まで来てくれました。今回の55キロは予想していたハンデだし、しまいの脚にはいいものがある。チャンスはあるでしょう。できれば良馬場で」 太宰にとって、福島牝馬Sはデビュー14年目での待望の重賞初Vだった。思い入れの深いパートナーと「秋には大舞台へ」と願っている。そのためにも、ここは負けられない一戦だ。 (野下俊晴)
2011年6月16日(木) 05:07

 1,156

【マーメイドS】セラフィ伸び伸び11秒8
 中京記念12着以来、3カ月ぶりのセラフィックロンプは、坂路単走で4ハロン52秒5-38秒1-11秒8。鞍上の合図に瞬時に反応して、スムーズに加速。ラストの伸びは目を引いた。「覇気があって、いい追い切りができた。力を出し切れれば、恥ずかしい競馬はしない。ハンデ56キロも想定内。立ち回りのうまさを生かしたい」と武藤調教師は08、10年愛知杯に次ぐ重賞3勝目を期待する。出走予定馬
2011年6月16日(木) 05:06

 1,058

【マーメイドS】プロヴィ余力十分12秒0
 栗東滞在中の関東馬プロヴィナージュは、佐藤哲騎手が騎乗しCWで3頭併せ。角居厩舎の2頭(中ルーラーシップ、外マゼラン)を、最後方から追走。4コーナーで内に潜り込んで並びかけると、余力を残しながら併入。6ハロン82秒4、ラスト1ハロン12秒0でフィニッシュした。「走りのバランスを修正する意識で調整した。ハンデ56キロは少し見込まれた感じだが、この馬本来の姿に戻れば好勝負できる力はある」と佐藤哲は意欲的だった。出走予定馬
2011年6月16日(木) 05:06

 891

【宝塚記念】ルーラー3頭併せ馬なり12秒0
 《栗東》ドバイ遠征帰りの金鯱賞で、大きく出遅れながら勝利を収めたルーラーシップ(角居、牡4)はCWコースで3頭併せ。道中はマゼラン(牡6、1600万下)の5、6馬身後方を進み、さらに2馬身後ろからマーメイドSに出走する関東馬プロヴィナージュ。直線は2頭の間に入って3頭が併走の形となり、馬なりのまま6ハロン82秒8、3ハロン38秒9-12秒0で併入した。「いい動きでしたね。レース後も順調で言うことなし。前走のゲートは、久々のぶんもあったと思う。今度は使った効果はあるでしょう」と鈴木調教助手は初のGI制覇へ向けて手応え十分だ。 天皇賞・春2着のエイシンフラッシュ(藤原英、牡4)はCWで上がり重点の追い切り。2秒以上追走したブレイブファイト(牡6、1600万下)にゴールでは1馬身ほど遅れる格好となったが、5ハロン70秒1、3ハロン38秒7-11秒2と伸び脚は鋭く、問題はなさそうだ。「当初からここが最大目標だし、順調。天皇賞後のダメージや、その後の回復も思い通りだった」と藤原英調教師にも不安の色はない。 天皇賞・春11着からの巻き返しを期すローズキングダム(橋口、牡4)は新パートナーのウィリアムズ騎手を背に坂路へ。ナイスミーチュー(牡4、500万下)を2馬身ほど追走し、ラスト1ハロン手前でゴーサインが出ると抜群の反応で瞬時に突き放した。4ハロン53秒1-38秒8-12秒6で3馬身半先着し、「ベリーハッピー!! 乗りやすい馬だし、追ってから抜け出す脚も速かった。思っていた通りだね」と豪州の名手は笑顔だ。 約7カ月ぶりの金鯱賞で3着だったアーネストリー(佐々木晶、牡6)は坂路で単走。前半から飛ばし、4ハロン51秒2-37秒6-13秒1と最後も踏ん張った。「叩いてグンとよくなっている。前走は最終追いでもモタれるような面があったけど、反応が違ってきた」と佐々木晶調教師は上積みをアピールした。 天皇賞・春7着のビートブラック(中村、牡4)は坂路で4ハロン50秒7-37秒5-13秒4と意欲的。「前走がピークだったけど、それを維持できている」と中村調教師は満足顔だった。 なお、アンライバルド(友道、牡5)は回避する可能性が高い。
2011年6月16日(木) 05:05

 908

マーメイドステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

マーメイドステークス過去10年の結果

2010年6月20日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2009年6月21日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2008年6月22日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 トーホウシャイン 高野容輔 2:03.5 116.3倍⑫ 100.8
2着 ピースオブラヴ 福永祐一 1 1/4 40.1倍 99.6
3着 ソリッドプラチナム 幸英明 1 1/4 11.7倍 98.4

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

マーメイドステークスの歴史と概要


2013年の優勝馬マルセリーナ

1996年に新設された牝馬限定重賞。当初は実績馬の参戦しやすい別定戦だったことから、歴代の勝ち馬には第2回(1997年)のエアグルーヴ、第5回(2000年)のフサイチエアデール、第9回(2004年)のアドマイヤグルーヴ、第10回(2005年)のダイワエルシエーロなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。ハンデ戦となった2006年以降はメンバーの質は落ちたが、時に大物が出走することもあり、第18回(2013年)は2年前の桜花賞マルセリーナが復活勝利を挙げている。

歴史と概要をもっと見る >

マーメイドステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
58,278万円
5 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 ワグネリアン 牡3
36,086万円
2 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る