会員登録はこちら
ラジオNIKKEI杯 G3   日程:2012年12月22日() 15:45 阪神/芝2000m

レース結果

ラジオNIKKEI杯 G3

2012年12月22日() 阪神/芝2000m/7頭

本賞金:3,200万 1,300万 800万 480万 320万


レコード:2分00秒8
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 7

エピファネイア

牡2 55.0 福永祐一  角居勝彦 486(-2) 2.05.4 1.9 1
2 4 4

バッドボーイ

牡2 55.0 C.ウィリ  河内洋 496(+6) 2.05.5 1/2 22.0 5
3 6 6

キズナ

牡2 55.0 武豊  佐々木晶 492(+4) 2.05.5 クビ 2.9 2
ラップタイム 14.0 - 12.4 - 13.4 - 13.2 - 13.0 - 12.9 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 12.0
前半 14.0 - 26.4 - 39.8 - 53.0 - 66.0
後半 59.4 - 46.5 - 34.5 - 23.0 - 12.0

■払戻金

単勝 7 190円 1番人気
複勝 7 130円 1番人気
4 560円 5番人気
馬連 4-7 2,170円 6番人気
ワイド 4-7 450円 6番人気
6-7 140円 1番人気
4-6 550円 9番人気
馬単 7-4 3,080円 9番人気
3連複 4-6-7 1,230円 4番人気
3連単 7-4-6 8,710円 24番人気

ラジオNIKKEI杯のニュース&コラム

【ホープフルS】サトノネプチューン無傷V2!
 23日の中山7RホープフルS(2歳オープン、芝2000メートル)は、ライアン・ムーア騎手騎乗の7番人気サトノネプチューン(牡、美浦・堀宣行)が直線で鋭く抜け出してデビュー2連勝を飾った。タイムは2分1秒6(良)。 ビービーボイジャーがハナを切り、マイネルストラーノが2番手。人気どころは中団に固まり、平均ペースで流れる。勝負どころを迎えても目立った動きはないまま直線を迎えると、2番手からマイネルストラーノが先頭に立つ。人気馬が伸びを欠く中で、インから鋭く伸びてきたのが7番人気のサトノネプチューン。ムーア騎手の激しいアクションに応えて力強く差し切り、無傷のV2を決めた。3/4馬身差の2着に10番人気のマイネルストラーノが粘り、直線で外から伸びた2番人気カミノタサハラが3/4馬身差の3着。 サトノネプチューンは、父シンボリクリスエス、母アンナヴァン、母の父エンドスウィープという血統。通算成績を2戦2勝とした。 ムーア騎手は「ゲートで少しバタついていたが、レースでは落ち着いて走っていた。直線でもすぐに反応して抜け出した。距離が延びても問題ない」と来春のクラシックに向けて太鼓判を押していた。中山7RホープフルSの着順・払戻金★PCはこちら★スマホはこちら
2012年12月23日() 13:35

 394

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

ラジオNIKKEI杯過去10年の結果

2011年12月24日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2010年12月25日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ダノンバラード 武豊 2:02.2 6.9倍 93.2
2着 オールアズワン 安藤勝己 クビ 3.9倍 93.2
3着 コティリオン C.ルメール 1/2 11.8倍 92.6
2009年12月26日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ラジオNIKKEI杯の歴史と概要


2016年の優勝馬レイデオロ

2歳牡馬・牝馬の中距離チャンピオン決定戦。のちに皐月賞馬となり、無敗のまま引退するアグネスタキオン日本ダービージャパンカップに勝つジャングルポケットNHKマイルカップとジャパンカップダート(現チャンピオンズカップ)に勝つクロフネの三つ巴となった第17回(2000年)は、2歳戦とは思えない密度の濃さだった。その他の年も、アドマイヤベガ(第15回・1998年)、ザッツザプレンティ(第19回・2002年)、ワンアンドオンリー(第30回・2013年)など、勝ち馬にはクラシックホースがずらりと並ぶ。第33回(2016年)はレイデオロが余裕たっぷりの競馬で勝利。翌年の日本ダービー制覇を予感させる大物ぶりを見せつけた。

歴史と概要をもっと見る >

ラジオNIKKEI杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年8月26日(
キーンランドカップ G3
新潟2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年8月25日(
2回札幌3日目
2回新潟9日目
2回小倉9日目
2018年8月26日(
2回札幌4日目
2回新潟10日目
2回小倉10日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 レッドファルクス 牡7
46,924万円
10 サウンズオブアース 牡7
46,745万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る