会員登録はこちら
中スポ賞ファルコンS G3   日程:2016年3月19日() 15:35 中京/芝1400m

レース結果

中スポ賞ファルコンS G3

2016年3月19日() 中京/芝1400m/18頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分20秒0
天候:
馬場:不良



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

トウショウドラフタ

牡3 57.0 田辺裕信  萱野浩二 464(-6) 1.25.0 3.0 2
2 7 15

ブレイブスマッシュ

牡3 57.0 横山典弘  小笠倫弘 476(-2) 1.25.3 1 3/4 12.5 3
3 1 1

シゲルノコギリザメ

牡3 56.0 太宰啓介  谷潔 480(-2) 1.25.4 1/2 24.4 9
ラップタイム 11.9 - 10.5 - 10.9 - 12.0 - 13.1 - 13.0 - 13.6
前半 11.9 - 22.4 - 33.3 - 45.3 - 58.4
後半 62.6 - 51.7 - 39.7 - 26.6 - 13.6

■払戻金

単勝 5 300円 2番人気
複勝 5 160円 2番人気
15 370円 4番人気
1 540円 9番人気
枠連 3-7 1,550円 8番人気
馬連 5-15 1,960円 5番人気
ワイド 5-15 870円 5番人気
1-5 1,310円 14番人気
1-15 4,450円 46番人気
馬単 5-15 2,850円 6番人気
3連複 1-5-15 12,960円 38番人気
3連単 5-15-1 42,480円 102番人気

中スポ賞ファルコンSのニュース&コラム

【ファルコンS】不良馬場なんの!ドラフタ重賞初V
 第30回ファルコンステークス(19日、中京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、芝1400メートル、1着本賞金3800万円=出走18頭)田辺裕信騎乗の2番人気、トウショウドラフタが後方待機から直線で鮮やかに差し切って3連勝で重賞初制覇を飾った。タイム1分25秒0(不良)。アンライバルド産駒はJRA重賞初制覇。今後はNHKマイルC(5月8日、東京、GI、芝1600メートル)が目標になる。1番人気のシュウジは12着に敗れた。 不良馬場に苦しむライバルを横目に、外から突き抜けた。トウショウドラフタが差し切り、3連勝で初の重賞タイトルを奪取した。 「手応えよく直線に向いて、差し切れるのではと思いました。でも、馬場がまれにみる悪さで、気を抜けなかったですね。いつもはもっとシュッとはじけるので」。全身泥だらけになった田辺騎手がレースを振り返った。 前半3ハロン33秒3と速い流れの中、中団やや後方をキープ。直線は外へ持ち出すと、道悪に脚をとられながらも、メンバー最速タイの上がり(3ハロン38秒5)で並ぶ間もなく抜け出した。 萱野調教師は2002年のサンスポ賞フローラSをニシノハナグルマで制して以来の重賞制覇。次走のNHKマイルCに向けて、期待も膨らむばかりだ。 「切れで勝負する馬だけど、不良馬場をこなしてくれてよかった。一戦ごとに馬がしっかりして、折り合いもつくようになってきたから、マイルでも大丈夫だと思う」と指揮官。桶狭間で名声を高めたアンライバルド産駒が、勢いに乗って3歳マイル界の頂点を狙う。 (鈴木康之) ◆横山典騎手(ブレイブスマッシュ2着) 「馬場は気にしなかったし、距離短縮もよかった」 ◆太宰騎手(シゲルノコギリザメ3着) 「左回りの方がモタれ方はましだった。すごく根性がある」 ◆岩田騎手(シュウジ12着) 「返し馬から走りにくそうな感じで、3コーナーで手応えが怪しかった」★19日中京11R「ファルコンステークス」の着順&払戻金はこちらトウショウドラフタ 父アンライバルド、母ウイッチトウショウ、母の父ジェイドロバリー。栗毛の牡3歳。美浦・萱野浩二厩舎所属。北海道新ひだか町・トウショウ産業株式会社トウショウ牧場の生産馬。馬主はトウショウ産業(株)。戦績7戦4勝。獲得賞金7878万3000円。重賞初勝利。ファルコンSは萱野浩二調教師、田辺裕信騎手ともに初勝利。馬名の意味は「冠名+立案者」。
2016年3月20日() 05:03

 403

【ファルコンS】トウショウドラフタ3連勝で重賞V
 19日の中京11Rで行われた第30回ファルコンステークス(3歳オープン、GIII、芝1400メートル、18頭立て、1着賞金=3800万円)は、田辺裕信騎手騎乗の2番人気トウショウドラフタ(牡、美浦・萱野浩二厩舎)が直線鮮やかに差し切ってV。3連勝で重賞初制覇を決めた。タイムは1分25秒0(不良)。 新種牡馬アンライバルドの初タイトル、そして牧場を閉鎖した老舗オーナーに新たなタイトルがもたらされた。30回目の区切りを迎えたファルコンSを制したのは、2番人気のトウショウドラフタ。ドロドロの不良馬場を大外から力強く差し切り、見事な重賞初制覇を果たした。 レースはシゲルノコギリザメとミスキララが好スタートから先行策。ミスキララがそのまま抜け出して単騎での逃げに持ち込む。3番手のインに1番人気のシュウジ、外にラズールリッキーがつけて、メイショウシャチ、レッドラウダ、サイモンゼーレなども好位集団に続いた。直線は馬場が掘れて見るからに不良馬場という馬力勝負。インで懸命に粘るシゲルノコギリザメ、その外から並びかけるブレイブスマッシュが競り合っていたが、大外から豪快に伸びてきたのがトウショウドラフタだった。道中は中団のやや後ろで待機。直線で外に出してからは不良馬場をものともせずに末脚を繰り出して、差し切り勝ちを決めた。1馬身3/4差の2着は3番人気のブレイブスマッシュ。さらに1/2馬身差の3着は9番人気のシゲルノコギリザメだった。転厩初戦のシュウジは12着に敗れている。 トウショウドラフタは、父アンライバルド、母ウイッチトウショウ、母の父ジェイドロバリーという血統。北海道新ひだか町・トウショウ産業(株)トウショウ牧場の生産馬で、トウショウ産業(株)の所有馬。通算成績は7戦4勝。重賞初勝利。萱野浩二調教師、田辺裕信騎手ともにファルコンS初勝利。 田辺騎手は「手応え良く直線に向かえたので、差し切ってくれるんじゃないかと思っていました。きょうは特殊な馬場で、まれに見る悪さだったので、ちょっとオーバーだけど誰も通っていない大外を走らせました。普段はシュッとした脚を使うのですが、脚をとられていましたね。勝っている感じでしたが、抜け出してからも気を抜けませんでした。勝ってNHKマイルCに向かえるので、いい感じで進められると思います」とコンビを組んで3戦全勝のパートナーと挑むGIを見据えていた。★19日中京11R「ファルコンステークス」の着順&払戻金はこちら
2016年3月19日() 15:45

 643

【中日スポーツ賞ファルコンステークス】入線速報(中京競馬場)
中京11R・中日スポーツ賞ファルコンステークス(2回中京3日目 中京競馬場 芝・左1400m サラ系3歳オープン)は、1番手5番トウショウドラフタ(単勝3.0倍/2番人気)、2番手15番ブレイブスマッシュ(単勝12.5倍/3番人気)、3番手1番シゲルノコギリザメ(単勝24.4倍/9番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連5-15(19.6倍) 馬単5-15(28.5倍) 3連複1-5-15(129.6倍) 3連単5-15-1(424.8倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2016031907020311 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2016年3月19日() 15:37

 272

【ファルコンS】うまやの話
〔1〕シゲルノコギリザメ・谷潔師「少し掛かるところがあり、1400メートルの方がいいかも。出たなりで」〔2〕メイショウシャチ・石橋守師「前走後はじっくりと調整し、動きもいい。距離はこれくらいが合う」〔3〕メイスンスパート・岩戸孝師「芝で上がり最速だった実績がある。中京は合うし、距離もベスト」〔4〕ミスキララ・池添学師「行く馬がいなければ、逃げてもいい。あとは距離延長がどうかだね」〔5〕トウショウドラフタ・山口助手「テンションが上がらないように在厩で調整。稍重までならこなせる」〔6〕キングハート・星野助手「小倉戦の疲れも取れた。東京戦の内容から距離も大丈夫」〔7〕モンスターキング・武井亮師「体がパンとしてきたので芝を試す。左回りの方が合う」〔8〕ルグランフリソン・白倉助手「1400メートルが一番リズム良く走れるみたい。中1週でも好気配」〔9〕シュウジ・須貝尚師「攻めでは想像以上に動いている。NHKマイルCへ弾みをつけたい」〔10〕レッドラウダ・音無秀師「脚をためて運べるかが鍵。できれば、速い流れになってほしい」〔11〕ペイシャフェリシタ・高木登師「前走はいい勝ち方だった。中京は合っているのだろうね」〔12〕サイモンゼーレ・梅田智師「カリカリした気性を考慮しながらの調整だが順調。距離短縮はいい」〔13〕バシレウスライオン・矢作芳師「道悪で勝てたのは収穫。千四はギリギリだと思うが、展開が向けば」〔14〕オーシャンビュー・伊藤伸師「芝は問題ない。重賞でも頑張ってほしい」〔15〕ブレイブスマッシュ・小笠倫師「左回りの方が走りがいい。距離短縮になるここを目標にしてきた」〔16〕ショウナンライズ・上原博師「仕上がりはいいい。ベストの1400メートルなら」〔17〕マディディ・友道康師「中京は相性がいい。五分に出て流れに乗れれば」〔18〕ラズールリッキー・武井亮師「力を付けているが、千四は若干長い印象」
2016年3月19日() 05:03

 1,161

中スポ賞ファルコンSのニュースをもっと見る >

【ファルコンS】追って一言
 ◆オーシャンビュー・伊藤伸師 「先々を占う意味でも、今回は再度芝を試してみる」 ◆キングハート・星野師 「小倉帰りになるが疲れもなく、けいこの動きはよかった」 ◆サイモンゼーレ・梅田師 「このひと追いでピリッとしてくれれば」 ◆シゲルノコギリザメ・太宰騎手 「ビッシリと追って反応や息遣いはよかった」 ◆シュウジ・須貝師 「意識的にしっかりと追った。動きは抜群。NHKマイルCに向け、弾みをつけてほしいね」 ◆ショウナンライズ・上原師 「熱発取消明けだけど、ここに向けて順調に来ている」 ◆トウショウドラフタ・萱野師 「予定よりも速くなったが、体に幅も出て成長を感じる。テンションが上がらなくなって、首の使い方もよくなった」 ◆バシレウスライオン・矢作師 「中1週になるが、展開が向きそうなのでここへ」 ◆ブレイブスマッシュ・小笠師 「今回は調教を強化してきた。短めの距離の方がいい脚が使えそう」 ◆ペイシャフェリシタ・高木師 「まずまずの動き。だいぶ走りのバランスは良くなってきた」 ◆マディディ・友道師 「1回使ってよくなっている」 ◆メイショウシャチ・石橋師 「先週に負荷をかけており、軽めでいい」 ◆モンスターキング・武井師 「体はだいぶしっかりとしてきた」 ◆ラズールリッキー・武井師 「仕上がりはいい。落ち着きも出てきたので1400メートルでも」 ◆ルグランフリソン・中竹師 「中1週でサッとやったけれど、いい動き。難しい面がある馬なので、力を出せるかどうか」 ◆レッドラウダ・音無師 「順調に来ているが、1400メートルは少し長いかもしれない」★ファルコンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年3月17日(木) 05:07

 1,040

【スプリングS】キレ味満点アドマイヤモラール
 ロード包囲網の一角アドマイヤモラールが迫力の併せ馬で態勢を整えた。 美浦Wコースでショウナンライズ(ファルコンSに出走)を2馬身追いかけ、ゆったりしたペースにもしっかり折り合いをつけ進んだ。気合が前面に出たのは直線。ライズを視界にとらえると一気に加速し、いったんはスッと抜け出した。最後は手綱を抑え気味に併入したが、加速時の切れは文句なしだ。 「時計(5F68秒8)はそう速くないけど、最後は併せて気合を乗せられた。いい動き」と、上原調教師も重賞に挑む2頭の満点スパーに明るい表情。「1800メートルは悪くないし、先行しても折り合いがつけば、しまいもジワジワ伸びるから。いい競馬を見せてほしいね」と大勢逆転を狙う。(夕刊フジ)★スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年3月16日(水) 11:58

 640

【3歳次走報】エアスピネル、予定通り皐月賞へ
 ★デビュー3連勝できさらぎ賞を制したサトノダイヤモンド(栗・池江、牡)は皐月賞(4月17日、中山、GI、芝2000メートル)に向け、放牧先の滋賀県・ノーザンファームしがらきから来週中に栗東トレセンに帰厩する。弥生賞3着エアスピネル(栗・笹田、牡)も予定通り皐月賞へ。 ★弥生賞8着モーゼス(美・大江原、牡)は26日中山の500万下(芝1800メートル)が有力だが、翌27日の同条件戦(ダ1800メートル)も視野に。 ★チューリップ賞7着クロコスミア(栗・西浦、牝)、8着レッドアヴァンセ(栗・音無、牝)は桜花賞(4月10日、阪神、GI芝1600メートル)に登録する。10着ウインファビラス(美・畠山、牝)は美浦で調整し、桜花賞に臨む。 ★5日阪神の500万下(芝1400メートル)を勝ったルグランフリソン(栗・中竹、牡)はファルコンS(19日、中京、GIII、芝1400メートル)へ。2月28日阪神の500万下(ダ1200メートル)を逃げ切ったミスキララ(栗・池添学、牝)も同レースに出走する。 ★6日阪神の500万下(ダ1800メートル)を快勝したドライバーズハイ(栗・高橋亮、牡)は伏竜S(4月3日、中山、OP、ダ1800メートル)に進む。
2016年3月9日(水) 04:02

 1,544

プロ予想家の的中情報


中スポ賞ファルコンSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月19日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv105 
1,310円 65,500円
Lv102 
870円 8,700円
Lv102 
870円 5,220円
Lv99 
1,960円 1,960円
Lv98 
42,480円 42,480円

的中情報をもっと見る >

中スポ賞ファルコンS過去10年の結果

2015年3月21日() 中京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:稍重
2014年3月22日() 中京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
1着 タガノグランパ 福永祐一 1:21.2 3.7倍 96.4
2着 サトノルパン 小牧太 クビ 4.3倍 96.4
3着 アルマエルナト 藤岡佑介 1 1/4 57.6倍 94.6
2013年3月16日() 中京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

中スポ賞ファルコンSの歴史と概要


2016年の優勝馬トウショウドラフタ

施行時期や距離の度重なる変遷を経て、現行条件に収まった3歳馬限定の芝1400m重賞。創設当初の芝1800m時代の勝ち馬欄には、第2回(1988年)のサッカーボーイ、第3回(1989年)のオサイチジョージ、第7回(1993年)のネーハイシーザーなどのG1ホースの名前が並ぶ。芝1200m時代の第16回(2002年)は、2年後に高松宮記念優勝馬となるサニングデールが勝利を挙げた。第23回(2009年)を勝ったジョーカプチーノ以降(次走でNHKマイルカップを制覇)、このレースからG1ホースは誕生していないが、スプリント路線を賑わせてきたスピード自慢たちの名前を多く見ることができる。

歴史と概要をもっと見る >

中スポ賞ファルコンSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年3月23日(
日経賞  G2
毎日杯  G3
2019年3月24日(
マーチステークス  G3
高松宮記念  G1

競馬番組表

2019年3月23日(
3回中山1日目
2回中京5日目
2回阪神1日目
2019年3月24日(
3回中山2日目
2回中京6日目
2回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
60,042万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
9 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
10 リスグラシュー 牝5
43,142万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンファンタジー 牝3
15,637万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
3 ファンタジスト 牡3
11,012万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
5 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 エメラルファイト 牡3
8,123万円
8 ハッピーアワー 牡3
7,799万円
9 メイショウテンゲン 牡3
6,961万円
10 プールヴィル 牝3
6,826万円
» もっと見る