会員登録はこちら
アーリントンカップ G3   日程:2016年2月27日() 15:35 阪神/芝1600m

レース結果

アーリントンカップ G3

2016年2月27日() 阪神/芝1600m/15頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分32秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 6

レインボーライン

牡3 56.0 M.デムー  浅見秀一 438(+4) 1.34.1 6.8 4
2 7 12

ダンツプリウス

牡3 56.0 丸山元気  山内研二 506(+2) 1.34.1 ハナ 20.4 9
3 8 15

ロワアブソリュー

牡3 56.0 F.ヴェロ  須貝尚介 502(0) 1.34.1 ハナ 13.4 7
ラップタイム 12.4 - 10.6 - 11.4 - 12.3 - 12.4 - 11.4 - 11.3 - 12.3
前半 12.4 - 23.0 - 34.4 - 46.7 - 59.1
後半 59.7 - 47.4 - 35.0 - 23.6 - 12.3

■払戻金

単勝 6 680円 4番人気
複勝 6 280円 5番人気
12 520円 9番人気
15 470円 8番人気
枠連 4-7 2,870円 12番人気
馬連 6-12 5,840円 27番人気
ワイド 6-12 1,980円 25番人気
6-15 2,080円 29番人気
12-15 4,900円 56番人気
馬単 6-12 10,730円 47番人気
3連複 6-12-15 33,820円 118番人気
3連単 6-12-15 194,110円 661番人気

アーリントンカップのニュース&コラム

【アーリントン】Mデムーロ史上初4連続重賞制覇!
 第25回アーリントンカップ(27日、阪神11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円 =出走14頭)後方を進んだ4番人気レインボーラインが直線で力強く伸び、ゴール前の大接戦を制し、重賞初勝利を飾った。タイム1分34秒1(良)。ミルコ・デムーロ騎手(37)=栗・フリー=は史上初の4開催日連続重賞Vを達成。ハナ差2着に9番人気のダンツプリウス。1番人気アーバンキッドは5着に敗れた。 今週もミルコ・デムーロ騎手が魅せた。レース直前に降り始めた雨をものともせず、レインボーラインを豪腕でVに導いた。レース史上初となる5着まで同タイムの大接戦をハナ差制し、満面の笑みを浮かべた。 「写真判定で分からなかったけど、踏ん張っていたね」 これで14日の京都記念(サトノクラウン)、20日の京都牝馬S(クイーンズリング)、21日のフェブラリーS(モーニン)に続く重賞V。4開催日連続勝利はJRA史上初の快挙だ。しかもクイーンズリングを除く3頭が初騎乗だった。 出遅れて道中は中団後方を追走。それでも4コーナー手前で外から徐々に進出すると、ゴール手前で外にヨレたが、最後はグイッとひと伸びして大混戦を制した。 「4連勝? どうしたんだろう(笑)。すごいですね。本当に気持ちいい。あすも頑張ります」 次なるターゲットは、武豊騎手が1998年にマークした重賞騎乗機会6連続勝利の更新。28日の中山記念をドゥラメンテで勝てば、3月5日のチューリップ賞(ジュエラーに騎乗予定)で肩を並べる可能性が出てくる。★27日阪神11R「アーリントンカップ」の着順&払戻金はこちらレインボーライン 父ステイゴールド、母レーゲンボーゲン、母の父フレンチデピュティ。鹿毛の牡3歳。栗東・浅見秀一厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は三田昌宏氏。戦績8戦3勝。獲得賞金6260万8000円。重賞初勝利。アーリントンCは浅見秀一調教師は2011年ノーザンリバーに次いで2勝目。ミルコ・デムーロ騎手は初勝利。馬名の意味は「虹の道」。
2016年2月28日() 05:04

 643

【アーリントン】レースを終えて…関係者談話
 ◆丸山騎手(ダンツプリウス2着) 「馬がすごく柔らかかったし、ここまで力を付けているとは思わなかった」 ◆ヴェロン騎手(ロワアブソリュー3着) 「乗りやすく、ラストもよく伸びて好内容の競馬をしてくれた。重賞でも十分にやれる馬です」 ◆川田騎手(レオナルド4着) 「スムーズなレースはできましたし、よく頑張っていると思います」 ◆Fベリー騎手(アーバンキッド5着) 「先頭に立つのが少し早く、ラスト100メートルで疲れた。ゲートはうまく出たが、まだ子供っぽい」 ◆古川騎手(ヒルノマゼラン6着) 「すごくセンスがいいし、まだこれからの馬」 ◆小牧騎手(ビップライブリー7着) 「3コーナーと直線で不利。それでもラストはいい脚を使っている」 ◆福永騎手(ボールライトニング8着) 「57キロもあると思うが、攻め馬ほどの行きっぷりがなかった」 ◆武豊騎手(オデュッセウス10着) 「阪神のマイルは合わない感じ」 ◆太宰騎手(シゲルノコギリザメ12着) 「マイルより1400メートルの方がいいのかも」★27日阪神11R「アーリントンカップ」の着順&払戻金はこちら
2016年2月28日() 05:03

 480

【アーリントン】レインボーV デムーロ重賞4連勝!
 27日の阪神11Rで行われた第25回アーリントンカップ(3歳オープン、GIII、芝1600メートル、14頭立て=ロードブレイドは競走除外、1着賞金=3800万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の4番人気レインボーライン(牡、栗東・浅見秀一厩舎)がゴール前の壮絶な叩き合いを制してV。M.デムーロ騎手は重賞での騎乗機会4連勝を成し遂げた。タイムは1分34秒1(良)。 またまたまた、ミルコ・デムーロだ。京都記念(サトノクラウン)、京都牝馬S(クイーンズリング)、フェブラリーS(モーニン)に続いて、何と開催日4日連続の重賞V。ゴール前3頭がハナ差、ハナ差で競り合う大接戦からわずかに抜け出して、4番人気レインボーラインを勝利に導いた。 レースは好スタートを切ったパールフューチャーを制してシゲルノコギリザメが先行策。外からレオナルドが2番手に上がり、パールフューチャーは内の3番手に控える。さらにヒルノマゼラン、メイショウカネサダ、ウェーブヒーローなどが好位に続いた。人気のアーバンキッドもこれらを見る位置で手応え十分。直線に向くと横に広がっての決め手比べとなり、ゴール前まで馬群がもつれる大接戦になった。最後はレインボーライン、ダンツプリウス、ロワアブソリューの3頭が鼻面をそろえてのフィニッシュ。きわどい争いになったが、わずかにレインボーラインが先着して重賞初制覇を果たした。ハナ差2着が9番人気のダンツプリウス。さらにハナ差の3着が7番人気ロワアブソリューだった。アーバンキッドは勝ち馬とタイム差なしながら5着に終わっている。 レインボーラインは、父ステイゴールド、母レーゲンボーゲン、母の父フレンチデピュティという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、三田昌宏氏の所有馬。通算成績は8戦3勝。重賞初勝利。浅見秀一調教師は2011年ノーザンリバーに次いでアーリントンC2勝目、ミルコ・デムーロ騎手は初勝利。 重賞4連勝の快挙をやってのけたM.デムーロ騎手は「すごいね。乗ったことはなかったけど、厩務員さんも“調子はいい”と言っていた。最後も頑張ったね。(最後は)勝ったかは分からなかった」と大接戦を制して喜びを爆発させていた。★27日阪神11R「アーリントンカップ」の着順&払戻金はこちら
2016年2月27日() 15:47

 691

【アーリントンカップ】入線速報(阪神競馬場)
阪神11R・アーリントンカップ(1回阪神1日目 阪神競馬場 芝・右外1600m サラ系3歳オープン)は、1番手6番レインボーライン(単勝6.8倍/5番人気)、2番手12番ダンツプリウス(単勝20.4倍/10番人気)、3番手15番ロワアブソリュー(単勝13.4倍/8番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連6-12(58.4倍) 馬単6-12(107.3倍) 3連複6-12-15(338.2倍) 3連単6-12-15(1941.1倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2016022709010111 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2016年2月27日() 15:36

 364

アーリントンカップのニュースをもっと見る >

【アーリントン】追って一言
 ◆アーバンキッド・斎藤誠師 「坂路で丹念に仕上げてきた。前走は勝負のアヤで負けただけ。自信を持っていきたい」 ◆ウェーブヒーロー・平田師 「動きはよかった。前走は東京戦の疲れもあったから度外視できる」 ◆オデュッセウス・手塚師 「しまい重点で反応は良かった。距離はこなせると思う」 ◆シゲルノコギリザメ・谷師 「坂路でいい動き。前走も外からかぶせられた割に頑張っていたし、マイルの方が競馬はしやすい」 ◆ダンツプリウス・山内師 「相手は強くなるが、力をつけているし、コース替わりも気にしていない」 ◆パールフューチャー・中内田師 「しまいの伸びはひと息でも全体時計には納得。休ませて具合はよくなっている」 ◆ビップライブリー・清水久師 「状態はいい。開幕週の速い馬場にどう対応するか」 ◆ヒルノマゼラン・昆師 「まだ緩いながらも中1週で使えるのはいい。前走はいい競馬で勝てたし、センスも十分」 ◆マディディ・友道師 「調教は気難しさを出して動かないが、競馬に行ったら崩れず走る」 ◆メイショウカネサダ・藤沢則師 「いい状態ですね。距離は問題ないと思うので、今回は芝がどうかに尽きる」 ◆レインボーライン・若松厩務員 「軽やかな動き。前走の重賞でも大きく負けていないし、阪神のマイルでも勝っていますから」 ◆レオナルド・川田騎手 「今週は先週よりよくなっていました。あとはゲートをスムーズに出てほしいですね」 ◆ロワアブソリュー・須貝師 「動きはよく、この馬なりに状態はよさそう。前走はハミをかんだ。リラックスして走れるようなら」★アーリントンカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月25日(木) 05:01

 998

【アーリントン】ボールライトニング鋭伸12秒1
 メンバー中でただ1頭の重賞ウイナー(GII京王杯2歳S)、ボールライトニングは坂路で初コンビの福永騎手が騎乗し、4ハロン50秒9-12秒1の好タイムをマーク。馬なりながらラストははじかれたように伸び、フロリダパンサー(500万下)に1馬身先着した。 「ユーイチ君(福永騎手)も『いいフォームで馬体もグッと沈む』と好感触を伝えてくれた」と宮本調教師。「前走の朝日杯FS(11着)時よりしっかり乗ってきた。NHKマイルCに行きたいので、マイルはクリアしてほしい」と巻き返しを願っていた。★アーリントンカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月25日(木) 05:01

 543

【アーリントン】アーバンキッド豪快な動き
 デビューVからひいらぎ賞→ジュニアCともハナ差2着の惜敗だったアーバンキッドが、美浦Wコースで豪快な動きを披露した。外ナンヨーファミユ(3歳500万下)、中ストロングメガロス(3歳新馬)を目標に、馬なりのまま6F86秒6-69秒6-54秒6-39秒8-12秒9で駆け抜け2馬身先着した。 「しっかりコースでやれたし、最後の反応も良かった。前走も展開のアヤだと思うし、長距離輸送も問題ない子。春はマイル路線で進めていきたいので、まずは結果を出したい」と斎藤調教師。(夕刊フジ)★アーリントンカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月24日(水) 11:25

 558

【めざせクラシック】侮れない!?アーバンキッド
 デスク GIの足音が聞こえてきたな。東西主場の開催が替わる今週からは毎週、3歳重賞が組まれている。今週は阪神でアーリントンC。メンバーはそろった感じがするけど。 将美 格的にみると重賞ウイナーのボールライトニングですね。1400メートルの京王杯2歳S(GII)を勝ったあと、1600メートルの朝日杯FS(GI)に挑戦して11着。宮本調教師は「もう1度、マイルを使って適性をみたい。血統、体形的には短距離型なので、ここの結果で進路を決めたい」と話してくれました。 デスク こぶし賞勝ちのヒルノマゼランもレース内容がよかった。 将美 もちろん昆調教師からは前向きなコメントが出てきましたよ。「余裕のある体つきで、道悪を克服できたのは能力の高さの証明でしょう。今回は馬体が絞れたし、開幕週のスピード競馬も問題ない」と意欲満々でした。 デスク 関東馬は2頭登録。 藤沢 去年、ヤングマンパワーで制した手塚厩舎がオデュッセウスで連覇を狙います。1月のクロッカスS(2着)を使って上昇ムード。「掛かる面は前回でおさまっていましたし(マイルは)こなせると思います」と平塚助手の期待は大きいですよ。 デスク なるほど。 藤沢 1勝馬ですが、アーバンキッドも侮れません。デビュー戦を快勝後、2戦連続でハナ差の2着。「順調にきています。モタれる部分があったり、まだ弱いところがありますが、競馬が上手なのでそのへんを生かせれば」と押野助手はまんざらでもない様子でした。 デスク 阪神では日曜にオープン特別のすみれSが行われる。 将美 アーリントンCとダブル登録しているロスカボスが、こちらに回りそうです。「近2走(8、6着)の内容から瞬発力勝負はどうかな? という感じ。長めの距離で新味が出れば…」と高野調教師は話しています。
2016年2月24日(水) 05:01

 400

アーリントンカップの直前追い切り情報をもっと見る >

アーリントンカップの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月27日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv112 

10,730円
680円
16,170円
Lv109 

10,730円
10,730円
21,460円
Lv104 
470円 4,700円
Lv104 
5,840円 58,400円
Lv103 
470円 470円

的中情報をもっと見る >

アーリントンカップ過去10年の結果

2015年2月28日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2014年3月1日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ミッキーアイル 浜中俊 1:34.0 1.4倍 97.0
2着 タガノグランパ 岩田康誠 3 1/2 14.5倍 92.5
3着 フェルメッツァ 武豊 25.0倍 90.9
2013年2月23日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

アーリントンカップの歴史と概要


2017年の優勝馬ペルシアンナイト

ペガサスSを前身とする春の3歳マイル重賞で、2018年よりNHKマイルカップのトライアルレースとなった。クラシックの門戸が外国産馬に開かれていなかった時代はマル外による勝利が多く、2000年の第9回は前年の2歳(旧3歳)チャンピオンで、後年に香港で大活躍するエイシンプレストンが勝っている。近年は、第21回(2012年)のジャスタウェイ、第22回(2013年)のコパノリチャード、第23回(2014年)のミッキーアイル、第26回(2017年)のペルシアンナイトなど、勝ち馬がのちにG1ホースに輝く出世レースとしても名高い。

歴史と概要をもっと見る >

アーリントンカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る