会員登録はこちら
アーリントンカップ G3   日程:2013年2月23日() 15:35 阪神/芝1600m

レース結果

アーリントンカップ G3

2013年2月23日() 阪神/芝1600m/10頭

本賞金:3,700万 1,500万 930万 560万 370万


レコード:1分32秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 6

コパノリチャード

牡3 56.0 W.ビュイ  宮徹 482(0) 1.34.8 2.2 1
2 3 3

カオスモス

牡3 56.0 内田博幸  森秀行 510(+8) 1.35.0 1 1/2 3.3 2
3 2 2

レッドアリオン

牡3 56.0 福永祐一  橋口弘次 476(0) 1.35.1 クビ 6.3 4
ラップタイム 12.6 - 11.3 - 12.0 - 12.4 - 12.4 - 11.4 - 10.9 - 11.8
前半 12.6 - 23.9 - 35.9 - 48.3 - 60.7
後半 58.9 - 46.5 - 34.1 - 22.7 - 11.8

■払戻金

単勝 6 220円 1番人気
複勝 6 110円 1番人気
3 110円 2番人気
2 150円 4番人気
枠連 3-6 340円 1番人気
馬連 3-6 330円 1番人気
ワイド 3-6 150円 1番人気
2-6 260円 3番人気
2-3 270円 4番人気
馬単 6-3 600円 1番人気
3連複 2-3-6 550円 2番人気
3連単 6-3-2 1,740円 1番人気

アーリントンカップのニュース&コラム

コパノリチャード、内田で皐月へ 
 アーリントンCで重賞初制覇を決めたコパノリチャード(栗・宮、牡3)が、内田博幸騎手とのコンビで皐月賞(4月14日、中山、GI、芝2000メートル)に向かうことになった。オーナーサイドが25日、明らかにした。アーリントンCで騎乗したウィリアム・ビュイック騎手の短期免許が3月4日までのため。 コパノリチャードはダイワメジャー産駒で4戦3勝2着1回。マイルまでしか距離経験はないが、底を見せておらず、昨年の皐月賞騎手を背に大舞台に臨む。
2013年2月26日(火) 05:01

 576

【アーリントンC】リチャードV!皐月へ新星
 第22回アーリントンC(23日、阪神11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3700万円=出走10頭)1番人気でウィリアム・ビュイック騎乗のコパノリチャードが、2番手追走から直線で抜け出し、重賞初制覇を飾った。タイム1分34秒8(良)。今後は皐月賞(4月14日、中山、GI、芝2000メートル)に向かう。2着は1馬身1/2差で2番人気カオスモス。3着には4番人気レッドアリオンが入った。 快速馬が皐月賞戦線に名乗りを上げた。コパノリチャードだ。持ち前のスピードを生かして重賞初V。手綱を取ったウィリアム・ビュイック騎手は笑顔でパートナーをたたえた。 「初めて乗った前走(白梅賞)で楽勝したとき『重賞を勝てる』と思い、その通りになった。トップに立てる馬だ」 道中は行きたがり、鞍上になだめられながら2番手を追走。抑えきれない手応えで直線の入り口で先頭に立つと、2着カオスモスに1馬身1/2差をつけて押し切った。 これで4戦3勝。距離が2ハロン延びるクラシック第1弾・皐月賞に向け、厩舎で調整を進める。 オーナーはサンケイスポーツの土曜付コラム「競馬開運学」でおなじみのDr.コパこと小林祥晃氏で、阪神競馬場で観戦。「うれしいですよ。馬主を10年やって初めてクラシックに出られるね」と興奮気味だった。宮徹調教師も「距離の限界はやってみないと分からないが、走らせる価値は十分ある」と力を込める。 春競馬の開幕週で見せた完勝劇。まだ底を見せていないコパノリチャードの存在感がグンと増してきた。 (川端亮平) ◆内田博幸騎手(カオスモス2着)「好位でしっかり折り合って、最後も伸びている。1着馬とは展開次第で逆転は可能」◆福永祐一騎手(レッドアリオン3着)「状態はすごく良かった。道中もタメがきいてスムーズにいったが、前2頭は強かった」コパノリチャード 父ダイワメジャー、母ヒガシリンクス、母の父トニービン。黒鹿毛の牡3歳。栗東・宮徹厩舎所属。北海道日高町のヤナガワ牧場の生産馬で、馬主は小林祥晃氏。戦績4戦3勝。獲得賞金は5818万円。重賞初勝利。アーリントンCは宮徹調教師、ウィリアム・ビュイック騎手ともに初勝利。
2013年2月24日() 05:03

 423

【アーリントンC】コパノリチャード重賞初制覇!
 23日の阪神11Rで行われた第22回アーリントンC(3歳オープン、GIII、芝1600メートル、10頭立て、1着賞金=3700万円)は、ウィリアム・ビュイック騎手騎乗の1番人気コパノリチャード(牡、栗東・宮徹厩舎)が2番手から抜け出して快勝。重賞初Vを飾った。ビュイック騎手はクイーンSのウキヨノカゼに次いで、日本での重賞2勝目。タイムは1分34秒8(良)。 人気に推された素質馬が苦労を乗り越えて重賞初制覇を果たした。注目の3歳重賞を制したのは、ビュイック騎手が2戦続けて騎乗したコパノリチャード。素質に惚れ込んだ愛馬を見事にVへとエスコートした。 レースはカシノランナウェイが超スローの逃げに持ち込む展開。2番手につけたコパノリチャードは、序盤かなり折り合いに苦労するシーンを見せた。ビュイック騎手が必死になだめて2番手を追走する。カオスモス、レッドアリオンも前2頭を見る位置につけて、完全に上がりの決め手比べという展開。満を持して追い出したコパノリチャードが、折り合いに苦しんだことを感じさせない力強い伸びで後続を突き放すと、激しい2着争いを尻目に堂々と押し切って重賞Vを飾った。なかなか前が開かないシーンがあった2番人気のカオスモスが何とか馬群をさばいて1馬身1/2差の2着。クビ差3着が4番人気のレッドアリオンだった。 コパノリチャードは、父ダイワメジャー、母ヒガシリンクス、母の父トニービンという血統。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産で、小林祥晃氏の所有馬。通算成績は4戦3勝。重賞初勝利。宮徹調教師、ウィリアム・ビュイック騎手ともにアーリントンCは初勝利。 ビュイック騎手は「前走の京都で初めて乗って楽に勝ち、非常に印象に残っていた。重賞を狙えると思っていたけれど、実際に自分が乗って勝つことができて、自分の感覚が正しかったことを証明できたと思う。道中でかかり気味だったので、馬が少し疲れているかもしれないし、休む必要があるかもしれない。まだ3歳でこれから成長するとは思うけれど、距離が延びることに対していいとは言えない。自分としては、これだけの脚が使えるわけだし、1600メートルくらいがいいと思う」と距離延長には否定的な見解を示していた。阪神11RアーリントンCの着順・払戻金★PCはこちら★スマホはこちら
2013年2月23日() 15:47

 422

【アーリントンC】ラブリー重賞2戦のキャリア魅力
★特捜フジ ラブリーデイは7着と弾けなかった朝日杯FSのあとひと息入れ、ここ目標に乗り込みは順調。20日のCWコースではラスト1F12秒2のフィニッシュで2馬身先着した。 「少し体は増えているけど、前2走の体重は東京、中山へ遠征してのもの。これくらいあったほうがいいかな。2走前(京王杯2歳S2着)の競馬ができれば、このメンバーでもチャンス。うまく流れに乗れれば」と池江寿調教師。重賞を2戦したキャリアは魅力だ。(夕刊フジ)アーリントンCの出馬表★PCはこちら★スマホはこちら
2013年2月22日(金) 15:39

 615

アーリントンカップのニュースをもっと見る >

【アーリントンC】カオスモス力強く52秒8
 シンザン記念4着のカオスモスは栗東坂路で単走追い。外ラチ沿いを力強い脚さばきで駆け上がり4ハロン52秒8(ラスト13秒1)の好時計をマークした。「動きはすごく良かった。力通り走れば結果はついてくると思う」と早川調教助手は重賞初Vをにらんでいる。
2013年2月21日(木) 05:03

 439

【アーリントンC】追って一言
◆テイエムイナズマ・福島信師「馬の後ろにつけると頭も上げず掛かってもいない。レースでも前に馬を置くとタメがきく。勝った(3走前の)デイリー杯2歳Sのパフォーマンスを見せれば」◆レッドアリオン・橋口師「動きはまずまず。前走後はここ目標に順調にきている。うまく運べれば勝っても」◆ラブリーデイ・池江寿師「2走前の京王杯2歳S2着のような競馬をすればチャンス。調教も良かったし力を出せれば」
2013年2月21日(木) 05:03

 553

【アーリントンC】リチャード古馬に2秒6先着 
 1月12日の京都・白梅賞(500万下、芝1600メートル)を5馬身差で圧勝したコパノリチャードは、栗東坂路で併せ馬。重たい馬場でも迫力ある動きで4ハロン54秒4、ラスト13秒6と上々の時計をマーク。グッドカレラ(牡6、1600万下)に2秒6も先着した。 宮調教師は「攻め馬は動くタイプだが、それにしても良かったね。併走馬を前に置きしまい少し気合をつけて突き放す予定通りの内容。賞金を加算したいね」と好勝負を期待している。
2013年2月21日(木) 05:03

 474

【アーリントンC】イナズマ坂路でびっしり
 《栗東》朝日杯FS7着ラブリーデイ(池江寿、牡)は、CWコースでリルダヴァル(牡6、OP)と併走。6ハロンで約2馬身後ろから追いかけ、ゴールでは半馬身遅れた。時計は6ハロンから84秒8-67秒9-52秒9-39秒0-12秒3。 池江寿調教師は「放牧先でも乗り込んでいたからいい具合できている。前走はGIの壁だったかもしれない。中山のコースも向いていなかった。今回はオープン特別(野路菊S)を勝った阪神だし、外回りもいい」と変身を見込んでいる。 朝日杯FS13着テイエムイナズマ(福島信、牡)は、坂路で一杯に追い切った。4ハロン52秒7(3ハロン39秒3)はこの日の2番時計。ラストはさすがに14秒2かかった。福島信調教師は「びっしりやりたかったからね。この時計(52秒7)なら、上がりがかかっても仕方ないだろう。結果的に前走は下り目のデキだったかも。今はいい感じできているよ。阪神のマイル戦は実績があるので楽しみにしている」とGIIデイリー杯2歳Sに次ぐ重賞Vを狙う。
2013年2月15日(金) 05:02

 416

アーリントンカップ過去10年の結果

2012年2月25日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ジャスタウェイ 福永祐一 1:36.3 4.1倍 95.1
2着 オリービン C.デムーロ 1/2 6.0倍 94.3
3着 アルキメデス 川田将雅 1 1/4 11.6倍 92.8
2011年2月26日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2010年2月27日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 コスモセンサー 石橋脩 1:34.8 17.6倍 97.6
2着 ザタイキ 藤田伸二 1 1/2 1.7倍 96.1
3着 レト 幸英明 1/2 36.5倍 95.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

アーリントンカップの歴史と概要


2017年の優勝馬ペルシアンナイト

ペガサスSを前身とする春の3歳マイル重賞で、2018年よりNHKマイルカップのトライアルレースとなった。クラシックの門戸が外国産馬に開かれていなかった時代はマル外による勝利が多く、2000年の第9回は前年の2歳(旧3歳)チャンピオンで、後年に香港で大活躍するエイシンプレストンが勝っている。近年は、第21回(2012年)のジャスタウェイ、第22回(2013年)のコパノリチャード、第23回(2014年)のミッキーアイル、第26回(2017年)のペルシアンナイトなど、勝ち馬がのちにG1ホースに輝く出世レースとしても名高い。

歴史と概要をもっと見る >

アーリントンカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る