会員登録はこちら
フラワーカップ G3   日程:2016年3月21日(月) 15:45 中山/芝1800m

レース結果

フラワーカップ G3

2016年3月21日(月) 中山/芝1800m/16頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分44秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 9

エンジェルフェイス

牝3 54.0 福永祐一  藤原英昭 496(+2) 1.49.3 2.9 1
2 2 3

ゲッカコウ

牝3 54.0 松岡正海  高橋義博 448(-2) 1.49.5 1 1/4 6.7 2
3 5 10

ウインクルサルーテ

牝3 54.0 秋山真一  高橋亮 402(-6) 1.49.5 ハナ 96.6 14
ラップタイム 12.7 - 11.9 - 12.2 - 12.5 - 12.2 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 12.4
前半 12.7 - 24.6 - 36.8 - 49.3 - 61.5
後半 60.0 - 47.8 - 35.6 - 23.7 - 12.4

■払戻金

単勝 9 290円 1番人気
複勝 9 150円 1番人気
3 210円 2番人気
10 1,190円 13番人気
枠連 2-5 820円 3番人気
馬連 3-9 1,120円 1番人気
ワイド 3-9 440円 1番人気
9-10 4,500円 56番人気
3-10 5,840円 64番人気
馬単 9-3 1,760円 1番人気
3連複 3-9-10 24,920円 90番人気
3連単 9-3-10 82,600円 279番人気

フラワーカップのニュース&コラム

フラワーC優勝エンジェル、疲労取れず桜見送り
 フラワーCを制したエンジェルフェイス(栗・藤原英、牝3)が、桜花賞(4月10日、阪神、GI、芝1600メートル)を回避する方向であることが26日、所属するロードサラブレッドオーナーズのホームページで発表された。レース直後から、桜花賞挑戦は体調次第とされていた。全体的に疲労が取れないために大事を取るもよう。今後はオークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)を目標に調整されていく。★エンジェルフェイスの競走成績はこちら
2016年3月27日() 05:00

 444

【フラワーC】エンジェル、ユーイチで良血開花
 第30回フラワーカップ(21日、中山11R、GIII、3歳牝馬オープン国際(特指)、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)1番人気エンジェルフェイスが、福永祐一騎手に導かれて鮮やかに逃げ切り勝ち。未勝利を脱出したばかりで、重賞初制覇を果たした。タイム1分49秒3(良)。牝馬クラシック第1弾・桜花賞(4月10日、阪神、GI、芝1600メートル)に参戦するかどうかは、今後の状態次第となる。1馬身1/4差の2着には、2番人気ゲッカコウが入った。 ユーイチの巧みなペース配分に他馬はなすすべがなかった。未勝利戦を勝ったばかりの1番人気エンジェルフェイスが逃げ切りで重賞制覇。クラシックに向けて貴重な賞金を加算した。 「前走で逃げていたので、今回も楽に先手が取れるかが勝敗の分かれ目になると思っていた。でも道中はこれなら、と思ったね」 前日の阪神大賞典はシュヴァルグランで差し切り勝ちした福永騎手が、今度は逃げて連日の重賞V。笑顔がはじけた。 スタートを決めるとスッとハナへ。1~2コーナーで各馬の位置取りが決まると、あとはユーイチが淡々としたペースに持ち込み、他馬は金縛りにあったように動けなくなった。3コーナー過ぎに馬群が動き出したときには、まだまだ余力たっぷりの手応え。直線でも脚いろは衰えず、2着に1馬身1/4差をつけてフィニッシュした。 「もっとギュッと伸びてほしいとは思うけど、完成途上。これから良くなると思う。スピードがあるから桜花賞でも大丈夫でしょう」 ユーイチは将来性も含めてクラシックでの手応えを感じた様子。藤原英調教師は「桜花賞でも対応できそうな気はするけど、あくまで状態次第。新馬戦が12月だった馬だからね。でも、輸送しても馬体が減らなかったのはすごいな」と、デビューから4戦したことを考慮して、慎重に今後の進路を決める方針だ。 全姉レディアルバローザは2011、12年の中山牝馬Sを連覇し、半姉キャトルフィーユ(父ディープインパクト)は14年のクイーンS優勝馬。いずれも手綱を取ったのは福永騎手だった。エンジェルフェイスがユーイチとどんな路線を歩んでいくのか注目だ。 (柴田章利)★21日中山11R「フラワーカップ」の着順&払戻金はこちら
2016年3月22日(火) 05:06

 750

【フラワーC】2着のゲッカコウ、樫へ収穫
 第30回フラワーカップ(21日、中山11R、GIII、3歳牝馬オープン国際(特指)、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)2番人気のゲッカコウが2着を確保した。道中は6、7番手のインを追走。馬群に包まれていたぶん、得意のまくりは打てなかったが、スペースを突いて抜け出したように、レース運びに幅が出てきている。 「スタートがうるさくてテンに行けませんでしたが、折り合いがついたのは収穫です。賞金を加算できたのもよかった」と松岡騎手。春の大目標であるオークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)に向け、賞金面で出走権をほぼ確実なものにした。★21日中山11R「フラワーカップ」の着順&払戻金はこちら
2016年3月22日(火) 05:05

 704

【フラワーC】レースを終えて…関係者談話
 ◆秋山騎手(ウインクルサルーテ3着) 「最後はいい伸びを見せてくれたが、(2着以内で)賞金を加算したかっただけに残念。これぐらいは走れる馬だよ」 ◆シュタルケ騎手(ギモーヴ4着) 「1800メートルの流れでは脚がたまるところがなかった。2000メートル以上の馬だね」 ◆蛯名騎手(エテルナミノル5着) 「初芝でもスムーズに競馬できた。最後は(直線の)坂で止まったけど、キャリアも浅いし、これからよくなるよ」 ◆池添騎手(アオイサンシャイン6着) 「逃げ馬の後ろでいい感じで進めた。これから力をつけてくれば…」 ◆武士沢騎手(ラブリーアモン7着) 「内枠で遅い流れでは仕方ない。最後はよく詰めている」 ◆岩田騎手(ルフォール8着) 「どんな競馬でもできると思って、型にはめずに競馬したのが裏目に出た」 ◆武豊騎手(ラルク10着) 「スムーズなレースはできたが、能力を出し切れていない」 ◆戸崎騎手(フェイズベロシティ11着) 「前残りの展開で、後ろからの競馬ではきつかった」 ◆内田騎手(ヴィブロス12着) 「思った以上にペースが上がらなかった」 ◆江田照騎手(フジマサアクトレス13着) 「折り合い重視でリラックスして走らせた。もう少し伸びてもよさそうだったが、距離なのかな」 ◆鮫島良騎手(ゴッドカリビアン14着) 「馬場が思った以上に重くて、いつもの行きっぷりではなかった」 ◆柴田大騎手(ペルソナリテ15着) 「4コーナーで外に張られた」 ◆黛騎手(カジノクイーン16着) 「外枠で終始、外を回らされた」★21日中山11R「フラワーカップ」の着順&払戻金はこちら
2016年3月22日(火) 05:05

 1,251

フラワーカップのニュースをもっと見る >

【フラワーC】追って一言
 ◆アオイプリンセス・大久保師 「三浦騎手に乗ってもらった。力は持っているので、それを出し切れれば」 ◆カグラグレイス・池上和師 「使うごとに良くなっている。芝の走りもしっかりしている」 ◆カジノクイーン・中野師 「具合はいいし、芝も問題ない」 ◆シャクンタラー・鹿戸師 「久々になるがここを目標に乗り込んできた。力もつけているし、能力も高い」 ◆ビッシュ・鹿戸師 「道悪で勝ったが、軽い走りをするので良馬場のほうがいい」 ◆ファイアクリスタル・小島茂師 「カイバは食べているし、今週の動きも良かった」 ◆フジマサアクトレス・江田照騎手 「背中がよくて、いい走りをする。折り合いが鍵」 ◆ポロス・南田師 「中間の気配は悪くない。2度目の芝でうまく流れに乗れれば…」 ◆ラルク・松永幹師 「相変わらず調教は動く。ゆったりと運べる距離の方がよさそう」 ◆レッドリュンヌ・手塚師 「動きはまずまず。馬の雰囲気はいいのでスタートを出てくれれば」★フラワーCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年3月17日(木) 05:06

 832

【フラワーC】ペルソナリテ、素軽く12秒7
 クイーンC10着のペルソナリテは、美浦Wコースを馬なりで5ハロン70秒6、3ハロン39秒8-12秒7と素軽い走りを見せた。「動きはいつも通りいいね。前走は相手も悪かったし参考外。落ち着きが出てきたし、中山1800メートルも問題ないと思う。末脚を生かしたい」と相沢調教師は、さらなる距離延長にも対応可能とみている。★フラワーCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年3月17日(木) 05:06

 571

【フラワーC】ルフォール、3頭併せで13秒0
 《美浦》クイーンC8着ルフォール(堀)はWコースで3頭併せを消化。5ハロン70秒5、3ハロン41秒3-13秒0で内のエバーシャルマン(1000万下)、外のスパツィアーレ(3歳500万下)と併入した。「前走は大外枠で競馬になりませんでした。流れに乗ってレースができれば(結果は)違うと思います」と橋本助手。
2016年3月11日(金) 05:02

 522

プロ予想家の的中情報


フラワーカップの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月21日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv108 
150円 150円
Lv105 
1,120円 11,200円
Lv104 
290円 1,450円
Lv99 
1,120円 1,120円
Lv99 

440円
150円
590円

的中情報をもっと見る >

フラワーカップ過去10年の結果

2015年3月21日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2014年3月21日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2013年3月16日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

フラワーカップの歴史と概要


2015年の優勝馬アルビアーノ

桜花賞ならびにオークスを目指す馬が出走してくる、牝馬クラッシックの主要ステップレースである。第7回(1993年)は後年に“砂の女王”としてダート戦線を席捲するホクトベガが優勝。第11回(1997年)は日本調教馬として初めて海外G1制覇を成し遂げることになるシーキングザパールが、上がり最速の末脚を繰り出して完勝した。21世紀に入ってからは優勝馬とクラシックとの結びつきが強くなり、第16回(2002)のスマイルトゥモロー、第19回(2005年)のシーザリオオークスを、第18回(2004年)のダンスインザムード、第20回(2006年)のキストゥヘヴン桜花賞を制している。

歴史と概要をもっと見る >

フラワーカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年3月23日(
日経賞  G2
毎日杯  G3
2019年3月24日(
マーチステークス  G3
高松宮記念  G1

競馬番組表

2019年3月23日(
3回中山1日目
2回中京5日目
2回阪神1日目
2019年3月24日(
3回中山2日目
2回中京6日目
2回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
60,042万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
9 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
10 リスグラシュー 牝5
43,142万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンファンタジー 牝3
15,637万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
3 ファンタジスト 牡3
11,012万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
5 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 エメラルファイト 牡3
8,123万円
8 ハッピーアワー 牡3
7,799万円
9 メイショウテンゲン 牡3
6,961万円
10 プールヴィル 牝3
6,826万円
» もっと見る