会員登録はこちら
共同通信杯 G3   日程:2017年2月12日() 15:45 東京/芝1800m

レース結果

共同通信杯 G3

2017年2月12日() 東京/芝1800m/11頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分44秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

スワーヴリチャード

牡3 56.0 四位洋文  庄野靖志 500(+2) 1.47.5 3.1 2
2 7 8

エトルディーニュ

牡3 56.0 柴山雄一  小桧山悟 484(0) 1.47.9 2 1/2 25.6 6
3 4 4

ムーヴザワールド

牡3 56.0 戸崎圭太  石坂正 508(0) 1.47.9 アタマ 2.8 1
ラップタイム 12.6 - 11.6 - 11.8 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.6 - 11.4 - 11.7
前半 12.6 - 24.2 - 36.0 - 48.3 - 60.6
後半 59.2 - 46.9 - 34.7 - 23.1 - 11.7

■払戻金

単勝 1 310円 2番人気
複勝 1 130円 2番人気
8 310円 5番人気
4 120円 1番人気
枠連 1-7 1,910円 8番人気
馬連 1-8 3,410円 9番人気
ワイド 1-8 730円 7番人気
1-4 190円 1番人気
4-8 740円 8番人気
馬単 1-8 4,860円 16番人気
3連複 1-4-8 2,260円 5番人気
3連単 1-8-4 16,620円 47番人気

共同通信杯のニュース&コラム

【共同通信杯】スワーヴ伸び盛りV!成長力&末脚見せつけた
 第51回共同通信杯(12日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走11頭)四位洋文騎乗の2番人気スワーヴリチャードが、中団追走から余裕たっぷりに差し切って重賞初制覇。クラシック戦線に名乗りを上げた。このあとは皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)に直行する。タイム1分47秒5(良)。2着はエトルディーニュ、3着は1番人気のムーヴザワールド。 春本番を前に、底知れぬ才能が開花した。スワーヴリチャードが驚異的な切れ味を発揮して重賞初制覇。クラシックの有力候補に名乗りを上げた。文句なしの勝ちっぷりに、四位騎手の笑みがはじける。 「思った通りの競馬ができてよかったです。今回もスタートで遅れたけど、少し促したらいい位置に行ってくれて、道中も折り合っていい感じで進められました」 出遅れをリカバーして中団のインにつけ、4コーナーで外に持ち出しながら直線へ。手応えは抜群で、他馬を見ながら追い出しを我慢する余裕すらあった。仕掛けられると瞬時に加速。残り200メートル過ぎで早々と先頭に立ち、大混戦の2着争いを尻目に悠々とゴール板を駆け抜けた。 「前走の負けを生かして、あまり早く追い出さないようにしました。使うごとに競馬を覚えてきていますし、順調に階段を上っています」。先に抜け出して外からブレスジャーニーに差された東スポ杯2歳Sの敗戦が、人馬にとって大きな糧となった。この世代ではサトノアレスで朝日杯フューチュリティSも勝った四位騎手だが、スワーヴリチャードとは全4戦でコンビを組み、着実にステップアップしている。 庄野調教師は「今までの中でも一番理想的なレースだったと思います」と絶賛。その上で「精神的に少しずつ大人になってきているのがうかがえますが、上積みはまだまだあると思っています。この馬に求めているものは大きいですから」とさらなる飛躍を期待している。 この後は皐月賞へ直行する予定。昨年のディーマジェスティなど、過去5年で4頭の皐月賞馬を出している“黄金ローテ”で、世代の頂点を狙う。「大きいところが2つあるので、無事に行って勝ってくれたらいいと思います」。ダービー2勝の名手にGI制覇を強く意識させる大器が、クラシック戦線を引っ張っていく。 (藤沢三毅)★12日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちらスワーヴリチャード 父ハーツクライ、母ピラミマ、母の父アンブライドルズソング。栗毛の牡3歳。栗東・庄野靖志厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(株)NICKS。戦績4戦2勝。獲得賞金5931万4000円。重賞初勝利。共同通信杯は、庄野靖志調教師が初勝利、四位洋文騎手は2005年ストーミーカフェに次いで2勝目。馬名は、「冠名+人名より」。
2017年2月13日(月) 05:06

 1,855

【共同通信杯】ムーヴザワールド、外に振られ3着
 第51回共同通信杯(12日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走11頭)1番人気のムーヴザワールドは3着。中団を追走し、4コーナーを5番手で手応え良く回ったが、直線に入ったところで外に振られ、追撃が遅れた。「行きっぷりは良かったが、追い出してからはジリっぽいところがあった」と戸崎騎手は唇をかんだ。石坂調教師は「勝った馬が強かったね。来そうなのに来られなかった。体が大きいので、ビュッとした脚が使えない。もうちょっと距離があった方がいい。出直しだね」と、目標を切り替えることを示唆した。★12日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら
2017年2月13日(月) 05:05

 857

【共同通信杯】エアウィンザー6着…武「工夫必要」
 第51回共同通信杯(12日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走11頭)3番人気エアウィンザーは6着。中団をリズムよく追走していたものの、直線ではジリジリとしか伸びず。最後までギアが変わらず消化不良の内容に終わった。「道中もこのペースでついていくのに精いっぱい。(直線も)伸びそうで伸びなくて、攻め馬のよさが出せない。何か工夫が必要だね」と武豊騎手は期待外れの結果に首をかしげた。★12日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら
2017年2月13日(月) 05:05

 803

【共同通信杯】エトルディーニュ、自慢の粘りで2着
 第51回共同通信杯(12日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走11頭)6番人気のエトルディーニュが、持ち前の粘りで、大きな2着をもぎ取った。好スタートを決め、道中は2、3番手をキープ。直線ではしぶとく脚を使って、4頭横並びの争いをしのいだ。「勝ち馬には馬なりで来られてしまったが、かわされてからも、もうひと踏ん張りしてくれた。根性があるね」と相棒の走りをたたえた柴山騎手。小桧山調教師も「賞金を加算できたのが良かった」と笑顔を見せた。これで全9戦で掲示板内を確保。春の大舞台でも侮れない存在だ。★12日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら
2017年2月13日(月) 05:05

 500

共同通信杯のニュースをもっと見る >

【共同通信杯】ウィンザー目覚めろ!最先着11秒7
 共同通信杯の追い切りが8日、東西トレセン、大井競馬場で行われた。栗東ではエアウィンザーが、CWコースの3頭併せで最先着。武豊騎手の仕掛けに鋭く反応し、体調の良さを見せつけた。サンケイスポーツ調教評価も最上級の『S』となった。スワーヴリチャード、ムーヴザワールドも好気配をアピールした。 気温1度。寒風が吹くコンディションのなか、ここだけは違っていた。武豊の“気合付け”がエアウィンザーを熱くさせ、ラストでグイッとひと伸び。CWコースの3頭併せで堂々の先着だ。 「動き、感触はよかった。いつも調教で時計が出るタイプだけど、きょうは最後まで集中して走ることができたね」 引き揚げてきた武豊騎手が絶賛する。道中は2番手のポジション。外のザマンダ(1600万下)を1馬身ほど追いかけ、内のフルーキー(OP)の半馬身ほど前を進んだ。直線に入ると馬なりで先頭に立つ勢いで、ゴーサインが出るとビュッと伸びてラスト1ハロン11秒7(6ハロン82秒1)。フルーキーに2馬身半、ザマンダに1馬身先着の鋭い切れを見せた。 「中間は厩舎で調整しましたが、使ったことで体調は上向いています。(武)豊さんも『反応がよくなったね』と言ってくれたし、いい状態で出せそうです」と辻野助手も好感触を伝える。 全兄は昨年のクラシック3戦ですべて掲示板に載り、京都金杯を制したエアスピネル。デビューからの3戦すべてでメンバー最速の上がりを使っており、歯車がかみあえば突き抜ける力はある。 兄の主戦も務める武豊騎手は「今までの3戦は“う~ん”という感じ。力を出し切っていない。兄とは違うタイプだけど、落ち着きはあるし、乗り味もいいんですがね」。素材のよさを知っているだけに、評価はやや辛口。今回の好調教が現状打破につながることを願うばかりだ。 「東京は合っていると思うし、レースで持っている力を出し切れるかでしょう。前走で痛い星を落としたので、ここで賞金を加算したいし、とにかく目覚めてほしいね」 名手は期待の口ぶりで締めた。ライバルたちを封じ込めて、きらめく春へと視界を広げたい。 (佐藤将美)★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年2月9日(木) 05:06

 2,175

【共同通信杯】追って一言
 ◆エトルディーニュ・小桧山師 「中1週なので単走で追った。自己条件もあるので出否は未定」 ◆サイバーエレキング・佐々木洋師 「前走後もしっかりと乗り込めているし、動きも悪くなかった。初めての芝が鍵になるけど、スピードのある馬だし、いい方に出てくれれば」 ◆チャロネグロ・内田騎手 「まだ体に緩さは残るが、いいバネがあって柔らかみもある。これから成長してきそうだし、先を見据える競馬ができれば…」 ◆ディアシューター・高木師 「時計は予定どおり。ジョッキー(田辺騎手)も乗りやすいといっていた。リズムよく走れば長くいい脚を使う」 ◆ビルズトレジャー・田中剛師 「除外で出走が延びたが、追い切りは元気がよかった。中山よりも東京のほうがいいと思う」★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年2月9日(木) 05:05

 2,182

【共同通信杯】ムーヴザワールド、余裕で12秒8
 東スポ杯2歳S3着以来のムーヴザワールドは、坂路でヴィッセン(1000万下)と併せ馬。最後まで馬なりで併入したが、4ハロン53秒1-12秒8と上々の時計をマークした。 「先週、かなりの負荷をかけているから、少し余裕残しの感じ。息の入りもよかったですよ」と古川助手は合格点をつけた。石坂調教師は「加速するまでに時間がかかるけれど、しまいはしっかりしている。先につなげたいね」とクラシックを意識している。★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年2月9日(木) 05:05

 1,208

【共同通信杯】タイセイスターリー、好反応12秒2
 タイセイスターリーはCWコースで単走追い。馬なりで6ハロン82秒5、3ハロン38秒8-12秒2をマークした。シンザン記念(2着)から中4週。体はきっちりとできている。 初コンビのルメール騎手は「左にもたれると聞いていたから、少しムチで矯正した。最後は真っすぐに走ってくれたし、反応もよかったね」と好感触。玉井助手は「課題が多い馬ですが、順調にきているのは何より」とデキのよさを強調していた。★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年2月9日(木) 05:05

 1,015

共同通信杯の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


共同通信杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月12日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv112 
310円 31,000円
Lv103 
120円 2,400円
Lv103 
16,620円 16,620円
Lv102 
310円 31,000円
Lv102 
310円 12,400円

的中情報をもっと見る >

共同通信杯過去10年の結果

2016年2月14日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:稍重
2015年2月15日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2014年2月24日(月) 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

共同通信杯の歴史と概要


2014年の優勝馬イスラボニータ

クラシックに直結する関東圏の主要ステップレースで、毎年ハイレベルな争いが繰り広げられている。第17回(1983年)の勝ち馬ミスターシービー、第28回(1994年)の覇者ナリタブライアンはその後3冠馬に。さらには、カブラヤオー、サクラショウリ、ダイナガリバーアイネスフウジンジャングルポケットらが、このレースを制したのちにダービー馬の栄冠を勝ち取った。近年は皐月賞との結びつきも強く、第46回(2012年)のゴールドシップ、第48回(2014年)のイスラボニータ、第50回(2016年)のディーマジェスティらが、こことクラシック第一冠との連勝を果たしている。

歴史と概要をもっと見る >

共同通信杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月15日(
関西TVローズS  G2
2019年9月16日(
朝日セントライト記念  G2

競馬番組表

2019年9月14日(
4回中山3日目
4回阪神3日目
2019年9月15日(
4回中山4日目
4回阪神4日目
2019年9月16日(
4回中山5日目
4回阪神5日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ファンタジスト 牡3
13,439万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る