会員登録はこちら
共同通信杯 G3   日程:2016年2月14日() 15:45 東京/芝1800m

レース結果

共同通信杯 G3

2016年2月14日() 東京/芝1800m/10頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分44秒2
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 4

ディーマジェスティ

牡3 56.0 蛯名正義  二ノ宮敬 476(+6) 1.47.4 22.6 6
2 8 9

イモータル

牡3 56.0 戸崎圭太  須貝尚介 520(-2) 1.47.6 1 1/4 14.0 5
3 6 6

メートルダール

牡3 56.0 C.ルメー  戸田博文 470(0) 1.47.7 1/2 6.4 3
ラップタイム 12.7 - 11.3 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 11.8 - 11.5 - 11.8 - 12.3
前半 12.7 - 24.0 - 35.8 - 47.9 - 60.0
後半 59.5 - 47.4 - 35.6 - 24.1 - 12.3

■払戻金

単勝 4 2,260円 6番人気
複勝 4 570円 6番人気
9 450円 5番人気
6 270円 3番人気
枠連 4-8 1,640円 7番人気
馬連 4-9 9,650円 19番人気
ワイド 4-9 2,210円 18番人気
4-6 1,200円 13番人気
6-9 870円 10番人気
馬単 4-9 22,270円 38番人気
3連複 4-6-9 10,020円 28番人気
3連単 4-9-6 98,880円 188番人気

共同通信杯のニュース&コラム

【3歳次走報】イモータル、NHKマイルC参戦
 ★共同通信杯2着イモータル(栗・須貝、牡)は、NHKマイルC(5月8日、東京、GI、芝1600メートル)に参戦する。僚馬で朝日杯FS3着シャドウアプローチ(牡)は、ニュージーランドT(4月9日、中山、GII、芝1600メートル)。シンザン記念を制したロジクライ(牡)は、横山典騎手でフジテレビ賞スプリングS(3月20日、中山、GII、芝1800メートル)へ。 ★クイーンC2着フロンテアクイーン(美・国枝、牝)はサンケイスポーツ賞フローラS(4月24日、東京、GII、芝2000メートル)からオークスを目指す。10着ペルソナリテ(美・相沢、牝)はフラワーC(3月21日、中山、GIII、芝1800メートル)へ。 ★UAEダービー(3月26日)に招待されたユウチェンジ(栗・森、牡)は、すみれS(28日、阪神、OP、芝2200メートル)をステップに遠征する予定。 ★共同通信杯で9着に敗れたハートレー(美・手塚、牡)は18日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧。皐月賞(4月17日、中山、GI、芝2000メートル)に直行する。 ★京成杯で12着に敗退したブレイブスマッシュ(美・小笠、牡)はファルコンS(3月19日、中京、GIII、芝1400メートル)で巻き返しを図る。 ★13日の東京未勝利戦(芝1600メートル)を勝ったジェラシー(美・菊沢、牝)はミモザ賞(3月27日、中山、500万下、芝2000メートル)へ。 ★13日の東京500万下(芝1400メートル)を快勝したティソーナ(美・藤沢和、牡)は今週放牧へ。次走にはマーガレットS(4月3日、阪神、OP、芝1400メートル)が候補に挙がっている。 ★6日の東京500万下(芝2400メートル)で2着のヴァンキッシュラン(栗・角居、牡)は、ゆきやなぎ賞(3月12日、阪神、500万下、芝2400メートル)に向かう。こぶし賞7着の僚馬カイザーバル(牝)は、チューリップ賞(3月5日、阪神、GIII、芝1600メートル)に挑戦する。 ★1月31日の京都500万下(芝1400メートル)で2勝目を挙げたメイショウシャチ(栗・石橋、牡)は、ファルコンSに駒を進める。
2016年2月18日(木) 05:00

 633

【共同通信杯】マジェスティ、完勝でクラシックへ名乗り!
 第50回共同通信杯(14日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走10頭)蛯名正義騎乗の6番人気ディーマジェスティが、中団から力強く伸びて重賞初制覇。クラシック戦線に名乗りを上げた。タイム1分47秒4(稍重)。次走は未定だが、皐月賞(4月17日、GI、中山、芝2000メートル)へ直行の可能性もある。1番人気のハートレーは見せ場もなく9着と惨敗、2番人気のスマートオーディンも6着に敗れた。 春を思わせる暖かな風が、伏兵のディープインパクト産駒をクラシックへと導いた。6番人気のディーマジェスティが快勝。関東のクラシック有力候補に名乗りを上げた。 「馬場が悪いのは得意じゃないので戸惑って走っていたけど、直線でエンジンがかかってくれたから、何とかなるかなと思った」 25年連続重賞勝利(歴代4位)を決め、共同通信杯は現調教師の小島太と並ぶ最多の4勝目となった蛯名騎手が振り返る。 道中は中団に待機していたが、稍重馬場を気にして4コーナー手前からムチが入るほど進んでいかない。ところがライバルのハートレーやスマートオーディンも伸びない。直線を向いて進路を外めに出すと、先行勢を一気に捕らえて、最後は1馬身1/4突き放す完勝だった。 「課題はあるけど、この強いメンバーを負かしたんだから、少しは自信を持っていいのかな。まだ戦っていない強い馬はいるけど、(GIの)舞台に上がる権利はもらえたからね」 蛯名騎手はクラシック出走を確定させる勝利に笑顔をみせた。 ジョッキーと同じ共同通信杯4勝目、もちろん最多勝となる二ノ宮調教師も「ダート変更になったエルコンドルパサーの時も勝っているし、縁があるのかな」とにっこり。前走のホープフルSを左後肢のフレグモーネで取り消して、仕切り直しの一戦だったが、「すぐに乗り出せたし、ここを目標に切り替えたのがよかった。勝ったから余裕を持ったローテでいける」と喜んだ。次走は明言しなかったが皐月賞へ直行が有力だろう。 今回は伏兵扱いでも本番では有力候補に。春風に乗って関東から現れたディーマジェスティがクラシック戦線を大いに盛り上げてくれそうだ。 (柴田章利)★14日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら
2016年2月15日(月) 05:09

 885

【共同通信杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆ルメール騎手(メートルダール3着) 「道中は1番人気馬(ハートレー)をマークしながら。直線では(馬群の)外に持ち出してから頑張って伸びてきたが…」 ◆大野騎手(リスペクトアース4着) 「長くいい脚を使えそうだと思っていた。自分の形で競馬ができたが、もう少し馬場が乾いていた方がよかった」 ◆石川騎手(ファイアクリスタル5着) 「馬の後ろで我慢できたし、直線もしっかりと反応できていた」 ◆柴山騎手(キングオブアームズ7着) 「追い出すとノメって苦しくなり、思い通りの走りができなかった」 ◆柴田善騎手(ピックミータッチ8着) 「直線に向いて突っ張って走るところがあった。気性的にまだ若さが残るね」 ◆三浦騎手(ダンディーアロー10着) 「重賞で流れもきつかった。背中はいいのでこれから変わってくれば…」★14日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら
2016年2月15日(月) 05:08

 1,411

【共同通信杯】自慢の末脚不発…オーディン6着
 第50回共同通信杯(14日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走10頭)2番人気スマートオーディンは、自慢の末脚がさく裂することなく6着に敗れた。前半で少し行きたがる面を見せていたが、武豊騎手は「確かに力んではいたが、前回よりはマシなくらい。(直線は)きれいに外へ持ち出せた。馬場(稍重)もそこまで悪いわけではなかったんだが…」と予想外の敗戦に首をかしげていた。★14日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら
2016年2月15日(月) 05:07

 1,027

共同通信杯のニュースをもっと見る >

【共同通信杯】ノリの心つかんだ!ハートレー3頭併せ最先着
 共同通信杯の追い切りが10日、東西のトレセンで行われた。美浦では2戦2勝でホープフルSの覇者ハートレーが、3頭併せをシャープな伸びで最先着。好仕上がりをみせた。栗東では昨年11月の東スポ杯2歳S1着以来となるスマートオーディンが坂路で鋭い脚さばきで仕上がりの良さをアピールした。 僚馬を左右に従えて悠々と駆け抜けた。新馬、ホープフルSと連勝したハートレーは馬なりでWコース5ハロン67秒4、3ハロン38秒3-12秒9をマークし、3頭併せでクビ差抜けてフィニッシュだ。 「操縦がしやすくて、いい馬だ。けいこは良かったし、競馬に関してはみんなが見たとおり。どんな競馬をするか楽しみ」 初コンタクトをとった横山典騎手が好感触を伝えた。 先行したローズクランス(3歳500万下)から少し離れてシベリアンスパーブ(OP)、ハートレーの順で続いた。ローズのペースが遅く、早くも3コーナー手前で両サイドに馬を置く形になったが、最後までリズムを乱すことはなかった。「先週と比べたら反応がいいし息も良くなっている。前走くらいのデキ」と手塚調教師も合格点を与えた。 デビュー前の追い切りで年長馬と併せた際に「相手がフーフーいっているのに、すぐに息が入っていた。これはケタ違いかも」とトレーナーが予感したとおり、新馬戦を快勝し、ホープフルSでも新潟2歳Sを勝ったロードクエストを退けた。 その前走の口取り(優勝馬の記念撮影)では、レースを終えた直後とは思えない落ち着きぶり。「走った後なのにピタッと立ち続けていました。こんな馬は今までやったことがない」と担当の中條助手も驚く。まだ全力を出していないということか。 「GI仕様のような目いっぱいの仕上げではないけど、どんな競馬をしてくれるか。(1キロ重い斤量)57キロでも勝ってもらわないとね。クラシックも57キロなんだから」と手塚師は期待を込める。 同世代が対戦を避け、グレード制導入後で最少の7頭立てとなる見込み。それすらもハートレー伝説の一部か。関東のエースが、無敗を守ってクラシックへ乗り込む。 (板津雄志)★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月11日(木) 05:07

 997

【共同通信杯】スマートオーディン鋭伸12秒2
 シャープな伸びで、仕上がりの良さをアピールした。東スポ杯2歳Sを制して以来となるスマートオーディンは坂路で先着。松田国調教師は満足げに好気配を伝えた。 「調教は言うことないですね。相当動けていました。手前をしっかり替えて、身のこなしもきれい。体を見てもいい仕上がりです」 僚馬ステイチューン(3歳500万下)を追走。楽な手応えで馬体を併せるとラスト1ハロンは12秒2(4ハロン54秒6)と鋭く反応し1馬身先着した。前走はメンバー最速の上がり3ハロン32秒9を披露してV。「中間はプール調教で心肺を鍛えました。今回は強い馬がそろったホープフルSの勝ち馬(ハートレー)と戦って、どうかですね」とトレーナー。重賞連勝で、クラシックへ勢いを加速させるか。★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月11日(木) 05:06

 678

【共同通信杯】ディーマジェスティ、蛯名も好感触
 取り消し後の一戦になるディーマジェスティだが、「しっかり乗り込んで、影響は全くない」という二ノ宮調教師の言葉どおり、仕上がりはかなり良さそうだ。僚馬レッドサヴァージ(500万下)との併せ馬で、直線一杯に叩き出されると反応よく、追いつき併入。5ハロン64秒2、3ハロン36秒4-12秒6の時計も上々だ。動きの良さに手綱を取った蛯名騎手も満足げで、「先週、今週とびしっとやったが、いい感触だったね。強敵相手にどこまでやれるか」と話した。★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月11日(木) 05:06

 1,262

【共同通信杯】メートルダール、4馬身先着12秒7
 京成杯3着のメートルダールはWコースでアメリカンゴールド(500万下)を5、6馬身追走。直線で内に入れて軽く仕掛けられると力強いフットワークを繰り出し、5ハロン66秒6、3ハロン37秒7-12秒7で僚馬を4馬身ぶっちぎった。 戸田調教師は「間隔があいていないのでサラッと。状態はかわらずいい。器用なタイプではないのでジョッキー(ルメール騎手)がそのあたりを考慮して乗ってくれれば。広い東京コースならのびのび走れると思う」と好調をアピールした。★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月11日(木) 05:06

 559

共同通信杯の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


共同通信杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月14日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
570円 57,000円
Lv112 
570円 57,000円
Lv109 
9,650円 96,500円
Lv101 
9,650円 48,250円
Lv100 
9,650円 28,950円

的中情報をもっと見る >

共同通信杯過去10年の結果

2015年2月15日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2014年2月24日(月) 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2013年2月10日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

共同通信杯の歴史と概要


2014年の優勝馬イスラボニータ

クラシックに直結する関東圏の主要ステップレースで、毎年ハイレベルな争いが繰り広げられている。第17回(1983年)の勝ち馬ミスターシービー、第28回(1994年)の覇者ナリタブライアンはその後3冠馬に。さらには、カブラヤオー、サクラショウリ、ダイナガリバーアイネスフウジンジャングルポケットらが、このレースを制したのちにダービー馬の栄冠を勝ち取った。近年は皐月賞との結びつきも強く、第46回(2012年)のゴールドシップ、第48回(2014年)のイスラボニータ、第50回(2016年)のディーマジェスティらが、こことクラシック第一冠との連勝を果たしている。

歴史と概要をもっと見る >

共同通信杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年2月24日(
中山記念  G2
阪急杯  G3

競馬番組表

2019年2月23日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2019年2月24日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 キセキ 牡5
41,956万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 ダノンチェイサー 牡3
5,871万円
8 グランアレグリア 牝3
5,845万円
9 クラージュゲリエ 牡3
5,774万円
10 ダノンキングリー 牡3
5,560万円
» もっと見る