会員登録はこちら
共同通信杯 G3   日程:2010年2月7日() 15:45 東京/芝1800m

レース結果

共同通信杯 G3

2010年2月7日() 東京/芝1800m/13頭

本賞金:3,900万 1,600万 980万 590万 390万


レコード:1分44秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 6

ハンソデバンド

牡3 56.0 蛯名正義  尾形充弘 472(-6) 1.48.2 7.4 3
2 3 3

ダノンシャンティ

牡3 56.0 吉田豊  松田国英 472(+4) 1.48.2 ハナ 4.1 2
3 4 5

アリゼオ

牡3 56.0 C.ルメー  堀宣行 518(0) 1.48.2 クビ 1.8 1
ラップタイム 12.8 - 11.1 - 12.3 - 12.8 - 12.6 - 12.4 - 11.7 - 11.2 - 11.3
前半 12.8 - 23.9 - 36.2 - 49.0 - 61.6
後半 59.2 - 46.6 - 34.2 - 22.5 - 11.3

■払戻金

単勝 6 740円 3番人気
複勝 6 150円 3番人気
3 120円 2番人気
5 110円 1番人気
枠連 3-5 1,010円 4番人気
馬連 3-6 1,440円 4番人気
ワイド 3-6 370円 5番人気
5-6 230円 2番人気
3-5 150円 1番人気
馬単 6-3 3,230円 11番人気
3連複 3-5-6 590円 1番人気
3連単 6-3-5 6,750円 17番人気

共同通信杯のニュース&コラム

【3歳次走報】アリゼオ、スプリングSへ
 ★…共同通信杯3着のアリゼオ(美・堀、牡)は横山典騎手とのコンビでスプリングS(3月21日、中山、GII、芝1800メートル)でG獲りを狙う。 ★…熱発で共同通信杯を自重したコスモヘレノス(美・菊川、牡)は16日に茨城県内のビッグレッドファーム鉾田から帰厩。弥生賞(3月7日、中山、GII、芝2000メートル)から皐月賞(4月18日、中山、GI、芝2000メートル)を目指す。 ★…京成杯を勝ったエイシンフラッシュ(栗・藤原英、牡)は、若葉S(3月20日、阪神、オープン、芝2000メートル)から皐月賞へ。 ★…エルフィンS2着のヴィクトリーマーチ(栗・大久保龍、牝)は、チューリップ賞(3月6日、阪神、GIII、芝1600メートル)で、桜花賞の出走権獲得を目指す。 ★…未勝利戦を勝ったテイエムキングダム(栗・柴田見、牡)は、こぶし賞(20日、京都、500万下、芝1600メートル)で2勝目を目指す。
2010年2月12日(金) 05:00

 745

【ダイヤモンドS】ジャガーにルメール必勝態勢
 先週はハンソデバンドが共同通信杯、アルティマトゥーレがシルクロードSと関東馬が東西重賞を制覇した。今年は関東馬の活躍が顕著で、今週のダイヤモンドSではジャガーメイルに注目。鞍上にクリストフ・ルメール騎手を配して万全の態勢で重賞初制覇に挑む。 ジャガーメイルは2年連続で挑戦した香港ヴァーズで4着に終わり、08年3着の雪辱は成らなかった。それでも陣営に悲壮感はなく、すぐに次に気持ちを切り替えて動き始めた。 宮城県の山元トレセンでのリフレッシュ放牧を終えて、1月16日に美浦トレセンに帰厩。28日に南Pコースで6ハロン78秒8、3ハロン35秒1-12秒4(一杯に追う)、さらに4日の1週前追い切りでは同6ハロン79秒9、3ハロン35秒4-12秒4(G前追う)と2週連続で好時計をマークしている。「抜群と言っていい動きで、順調度では昨年より上。2週続けて負荷をかけたので、あとは息を整える程度で十分」と橋本調教助手は手応え十分の様子だ。 一昨年秋にオープン昇級後は7戦してGII2着やGI3着はある一方、なかなか勝ち切れないでいるが、陣営の評価は揺らぐことはない。「この馬に関しては何も心配いらない。いずれ勝ちますから」と橋本助手はキッパリ言い切った。 本格的な長距離戦は昨年の天皇賞・春で1度経験。結果は5着だったが、当時は5カ月近い休み明けでの挑戦で、しかもGIだっただけに上々の結果といっていい。「普段長めから追っているので問題ありません。馬も利口で即対応してくれますから」と橋本助手も長距離適性に太鼓判を押す。さらに、舞台は重賞2着2回を含めて【3・2・0・1】と得意な東京競馬場。ハンデ57キロも背負い慣れているだけに、影響はないはずだ。 今回はクリストフ・ルメール騎手と新コンビを組む。昨年のジャパンCで初騎乗だったウオッカを優勝に導くなど、テン乗りでの実績も十分で「ただひとつ、結果を出してほしいですね」と橋本助手の期待は大きい。共同通信杯で、同厩舎のアリゼオで3着に敗れたうっぷんを晴らす意味でも、ここは負けられない。 日曜には東西重賞制覇と奮起が著しい関東馬。ジャガーメイルもこの波に乗って、まずは初タイトルを手に入れる。(松永昌也)★テン乗りに強いルメール フランスのルメール騎手はJRA重賞を8勝。そのうち、06年クイーンC(コイウタ)、中日新聞杯(トーホウアラン)、07年愛知杯(ディアデラノビア)、08年エリザベス女王杯(リトルアマポーラ)、JCダート(カネヒキリ)、09年ジャパンC(ウオッカ)のGI3勝を含む6勝が初騎乗、いわゆる“テン乗り”でのVだった。
2010年2月9日(火) 05:03

 1,041

【共同通信杯】ハンソデ寒風切り裂き重賞初V
 第44回共同通信杯(7日、東京11R、GIII、3歳オープン国際、別定、芝1800メートル、1着本賞金3900万円=出走13頭)蛯名正義騎乗、3番人気のハンソデバンドが2番手から直線早めに先頭に立って粘り切り、後続の猛追をしのいで、重賞制覇を遂げた。タイム1分48秒2(良)。ゴール前で一気に伸びた2番人気のダノンシャンティがハナ差の2着、1番人気のアリゼオが3着だった。 内、外が離れての大接戦。「差されたんじゃないか…」と半信半疑だったハンソデバンドの蛯名正義騎手だが、着順表示板の一番上に点灯したのは自身の勝利を意味する「6」だった。3連勝での重賞V。初騎乗での金星に笑顔が弾ける。 「ペースが遅かったのでなだめるのが大変でしたが、残っていてよかったです。本当にフットワークがいい馬ですし、今後が楽しみですね」 実戦での騎乗は初めてだったが、1週前の追い切りで感触を確認。レースは堂々と好位から進めた。直線に向いて、楽な手ごたえで抜け出し、最後は3頭の叩き合いをしのぎ切る味な内容だ。 これで未勝利戦からオープン、GIIIと破竹の3連勝。気になる今後について尾形充弘調教師は、「皐月賞かNHKマイルCか…。オーナーと相談して考えます」と頭を悩ませる。前向き過ぎる気性が当面の課題。二者択一の行方が注目されるところだが、どちらを選んでも主力の一角を形成するのは間違いない。 「だんだんどっしりとしてきたし、学習能力が高い」と評価するハンソデバンドについて、尾形師は「物見をするのに動きが俊敏。珍しいタイプです。これからの伸びしろもあるでしょう」とさらなる飛躍を見込む。W杯イヤーの今年、大混戦の中からきっちりゴールを決めた勝負強さで春のGI戦線をにぎわしてくれそうだ。(黒田栄一郎)
2010年2月8日(月) 05:04

 921

【共同通信杯】シャンティ、ハナ差届かず2着
 第44回共同通信杯(7日、東京11R、GIII、3歳オープン国際、別定、芝1800メートル、1着本賞金3900万円=出走13頭)「最後は届いたと思ったけど…」。鞍上の吉田豊騎手が唇を噛むのも無理はない。2番人気のダノンシャンティが直線大外から豪快に末脚を伸ばした。上がり3ハロン最速の33秒5を繰り出したが、ハナ差及ばす2着。重賞制覇はお預けとなった。「直線はいい脚を使ってくれたんですが、まだ体がしっかりしていないので頭が上がったりする。ただスローであれだけの脚を使うんだから将来性は確かですね」と吉田豊は能力の高さを口にしていた。
2010年2月8日(月) 05:03

 977

共同通信杯のニュースをもっと見る >

【コーセイ流】「能力高い」レジェンドと新コンビ
 2週間の騎乗停止が明け、東京開幕週から復帰した三浦皇成騎手。土曜2Rのノボクンで今年の初勝利を挙げると、土日で計3勝を挙げた。 「3つ勝てて良かったなと思いました。勝てたことはもちろんですが、競馬に乗れたことが嬉しかった。競馬に乗れるって本当に幸せなんだなと肌で感じました。改めてたくさんの方々に感謝しなければいけないと感じています」 日曜の競馬終了後、矢作厩舎の関西リーディング獲得を記念したパーティーに出席した。 「この日はグロリアスノアが根岸Sを勝って、矢作厩舎はすごいなと思いました。矢作先生には1年目からすごくお世話になっていますし、たくさん競馬にも乗せていただいています。キョウエイアシュラという重賞を意識できる馬にも出会うことができました。パーティーでボクが乗って勝ったキョウエイアシュラのレース映像が流れたのですが、とても嬉しかったです」 矢作厩舎との縁もあって、共同通信杯はタイセイレジェンドとコンビを組むことになった。 「(タイセイレジェンドが)札幌で勝った時は、同じレースに騎乗(オメガブルーグラス5着)していましたが、すごくいい反応で差し切った印象があります。能力は高い馬ですので、楽しみですね」 土曜は中京に遠征してマイネルスターリーとのコンビで小倉大賞典に挑む。 「去年の札幌からコンビを組んでいますが、3戦3勝と相性は抜群なんです。使うたびに馬が成長していると感じますし、休みを挟みましたが具合はいいと聞いています。左回りも合っているので、こちらもすごく楽しみです。先週に引き続き、土日とも重賞に騎乗させていただくので、いい競馬ができるように頑張ります」(構成・高尾幸司)三浦 皇成(みうら・こうせい) 89年12月19日生まれ。東京都出身。08年3月1日にデビューし、3戦目の潮来特別を自厩舎のフェニコーンで勝ち、JRA初勝利。同8月10日は函館2歳Sのフィフスペトルで重賞初V。同10月25日には福島1Rを自厩舎アドバンスヘイローで勝ち、87年に武豊騎手が樹立した新人最多勝利記録69勝を抜く70勝目。デビュー1年目は91勝を挙げた。09年2月7日にはデビュー最速となる11カ月7日でJRA100勝を達成している。公式ブログ「皇成~aim at the top~」はhttp://ameblo.jp/miura-kousei
2010年2月4日(木) 09:42

 1,046

【共同通信杯】前走以上!シャンティ貫禄先着
 ラジオNIKKEI杯2歳S3着のダノンシャンティが、栗東坂路で一杯に追われて4ハロン52秒7、ラスト12秒5の好時計。先行した僚馬を豪快にかわすと1馬身突き放した。 ダノンシャンティが、栗東坂路で貫禄の先着。重賞初制覇への期待が高まる動きを披露した。 パートナーのビーチランデブー(牡3、500万下)は、昨年12月に中京芝2000メートル新馬戦をコースレコードでV。確かなスピードの持ち主を2馬身ほど追走し、残り3ハロンで追いついたが、そこから追い出されたビーチの勢いがいい。「追いかけているし、ビーチの手応えの方が良かったので…」と松田国調教師は一瞬、遅れを覚悟した。 しかし、ラスト1ハロンでシャンティが仕掛けると力強い脚さばきで形勢を逆転。4ハロン52秒7-37秒9-12秒5で1馬身の先着だ。「格(の違い)が見えましたね。ラスト3ハロンから速いラップを刻んでいるし、最後までしっかり追っていい時計が出ました」と松田国師は満足の表情を浮かべた。 この中間もCWコースを併用してハードな調教を消化。それも「走る馬ほどソエが出るので、ラジオNIKKEI杯の前はそれを用心しながらの調整。今思えば守りに入っていたかもしれない」とこれまでの過程を踏まえてのこと。「競馬の後もソエは出なかったので攻めていく調教ができた」と前走以上の態勢をアピールだ。 前走4着のヒルノダムールが若駒Sを勝ち、5着アドマイヤテンクウが京成杯2着。「調整が甘くて馬が不安だったのか、向こう正面で行きたがったし、直線でも馬群でスムーズに抜け切れなかった。それでも強い相手にインパクトのある競馬をしてくれた」。3着でも、師が確かな未来を感じ取った一戦だった。 だからこそ「早い時期に東京に遠征しておきたい」とダービーを見据えての参戦。昨年11月京都の新馬戦(芝・外1800メートル)では、レースのラスト2ハロン11秒0-10秒9の速いラップを差し切っている。「最後に10秒台を2ハロン続けて出せる馬はそうはいない。それを東京で見せたい」と松田国師は豪快な差し切りを描いている。(下村静史)
2010年2月4日(木) 05:07

 906

【共同通信杯】上々レジェンド熱発影響なし
 昨年8月の札幌未勝利勝ち以来となるタイセイレジェンドは、栗東ポリトラックで外アルトップラン(牡5、1600万下)と併せ馬。直線半ばで軽く仕掛けて1馬身ほど前に出ると、そのままリードを保ってフィニッシュ。6ハロン80秒6、3ハロン37秒3-11秒7と上々の時計をマークした。「前半が少し遅かったが、動きは良かった。(1月中旬に)帰厩してすぐに熱発したがその影響もなく、体も太くない。仕上がりはいいと思う」と矢作調教師は及第点を与える。ただ、トモの筋肉痛で長期休養明けでもあり、「奥手の感じるもあるからね。器そのものは大きいと思うので、現時点でこの相手にどれだけやれるか計ってみたい」と慎重だった。
2010年2月4日(木) 05:05

 1,069

【共同通信杯】レジェンド、久々も準備万端
 昨夏の札幌で(2)〔1〕着のタイセイレジェンドはその後、筋肉痛で休養していたが、早い時期から共同通信杯を目標に調整。1月中旬に宮城・山元トレセンから帰厩して順調に乗り込んできた。「はじめは調教のピッチがスローでしたけれど、先週がいい動きで、これならばレースにはいい状態で持って行けそうです。太め残りもなさそうです」と渋田調教助手。「まだ腰が甘いし、長距離輸送などの課題もあるけれど、これからは輸送競馬を使っていかざるを得ない馬。克服して欲しいですね」。東上、つまり春のクラシックを意識した言葉が、期待の高さを物語っていた。
2010年2月3日(水) 05:08

 910

共同通信杯の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


共同通信杯過去10年の結果

2009年2月8日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2008年2月11日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2007年2月4日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

共同通信杯の歴史と概要


2014年の優勝馬イスラボニータ

クラシックに直結する関東圏の主要ステップレースで、毎年ハイレベルな争いが繰り広げられている。第17回(1983年)の勝ち馬ミスターシービー、第28回(1994年)の覇者ナリタブライアンはその後3冠馬に。さらには、カブラヤオー、サクラショウリ、ダイナガリバーアイネスフウジンジャングルポケットらが、このレースを制したのちにダービー馬の栄冠を勝ち取った。近年は皐月賞との結びつきも強く、第46回(2012年)のゴールドシップ、第48回(2014年)のイスラボニータ、第50回(2016年)のディーマジェスティらが、こことクラシック第一冠との連勝を果たしている。

歴史と概要をもっと見る >

共同通信杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月15日(
関西TVローズS  G2
2019年9月16日(
朝日セントライト記念  G2

競馬番組表

2019年9月14日(
4回中山3日目
4回阪神3日目
2019年9月15日(
4回中山4日目
4回阪神4日目
2019年9月16日(
4回中山5日目
4回阪神5日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ファンタジスト 牡3
13,439万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る