会員登録はこちら
デイリー杯クイーンC G3   日程:2016年2月13日() 15:45 東京/芝1600m

レース結果

デイリー杯クイーンC G3

2016年2月13日() 東京/芝1600m/16頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分31秒3
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 6

メジャーエンブレム

牝3 55.0 C.ルメー  田村康仁 498(+4) 1.32.5 1.3 1
2 1 2

フロンテアクイーン

牝3 54.0 蛯名正義  国枝栄 444(-2) 1.33.3 33.7 7
3 2 3

ロッテンマイヤー

牝3 54.0 S.フォー  池添学 462(-4) 1.33.4 1/2 24.1 6
ラップタイム 12.3 - 10.8 - 11.3 - 11.7 - 11.7 - 11.2 - 11.6 - 11.9
前半 12.3 - 23.1 - 34.4 - 46.1 - 57.8
後半 58.1 - 46.4 - 34.7 - 23.5 - 11.9

■払戻金

単勝 6 130円 1番人気
複勝 6 110円 1番人気
2 360円 6番人気
3 380円 8番人気
枠連 1-3 1,040円 5番人気
馬連 2-6 1,350円 6番人気
ワイド 2-6 500円 5番人気
3-6 540円 6番人気
2-3 4,300円 37番人気
馬単 6-2 1,550円 6番人気
3連複 2-3-6 6,160円 25番人気
3連単 6-2-3 16,740円 55番人気

デイリー杯クイーンCのニュース&コラム

【3歳次走報】ディープエクシード、毎日杯を視野に
 ★14日京都の未勝利戦(芝1600メートル)を圧勝したディープエクシード(栗・松永昌、牡)は毎日杯(3月26日、阪神、GIII、芝1800メートル)を視野に。 ★クイーンC4着同着ダイワドレッサー(美・鹿戸、牝)は近日中にミホ分場へ放牧に出る。「マイル戦は忙しいので、距離的なことを考えると、桜花賞(4月10日、阪神、GI、芝1600メートル)よりもオークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)だろう」と鹿戸調教師。同厩で昨夏のコスモス賞3着後、戦列を離れているシャクンタラー(牝)はフラワーC(3月21日、中山、GIII、芝1800メートル)で復帰予定。10月3日中山の新馬戦(芝1600メートル)を勝った後、休養しているスマートアリシア(同、牝)はアネモネS(3月12日、中山、OP、芝1600メートル)に出走予定。 ★クイーンC4着同着ラブリーアモン(美・谷原、牝)、6着ナックビーナス(美・杉浦、牝)はアネモネSへ向かう。 ★13日京都の未勝利戦(芝1800メートル)を勝ったスワーヴアーサー(栗・庄野、牡)は、はなみずき賞(4月16日、阪神、500万下、芝2000メートル)の予定。 ★14日東京の500万下(ダ1600メートル)を楽勝したアルーアキャロル(美・新開、牡)は青竜S(5月15日、東京、OP、ダ1600メートル)へ向かう。
2016年2月17日(水) 05:02

 608

【クイーンC】強すぎ!エンブレム5馬身差レコード
 第51回クイーンカップ(13日、東京11R、GIII、3歳牝馬オープン国際(特指)、別定、芝1600メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)昨年の2歳女王メジャーエンブレムが2着フロンテアクイーンに5馬身差をつけて逃げ切り、断然の1番人気に応えた。タイムはレースレコードの1分32秒5(良)。クラシック制覇が濃厚になるレース内容で、今後は桜花賞に直行する。 記録ずくめの女王様の強さに、ライバル陣営はただただひれ伏した。昨年の最優秀2歳牝馬メジャーエンブレムが単勝1・3倍でのV、5馬身差、1分32秒5(良)と、すべてレースレコードで新シーズンのスタートを切った。 「きょうはとてもリラックスしていて、びっくりしました。とても強かったですね」 クリストフ・ルメール騎手も3歳シーズンの始動戦から想像以上の成長を見せたパートナーに、驚きを隠せないほどだ。 好スタートを決めるとあっさりハナへ。800メートル通過46秒1、1000メートル57秒8のペースは速めだが、直線に入ると後続をグングン突き放し、昨年のキャットコインのレースレコードを1秒5も上回るタイムをマークしてゴールを駆け抜けていった。 「今回は休み明け。2歳から3歳の馬には難しいところがあるけど、スタートしてすぐに落ち着きました。桜花賞、いけます! 距離は2000メートルでも2400メートルでも大丈夫です」 ルメールは桜花賞どころか、牝馬3冠を狙える器といわんばかりに興奮した様子だ。 田村調教師は「ほぼ負けないと思ったけど、レース前は(1・3倍の人気に)胃が痛くなった」と笑顔。この後はいつもどおりに福島・ノーザンファーム天栄に放牧に出た後、桜花賞(4月10日、阪神、GI、芝1600メートル)に直行する。「これ以上、この馬に何を望めばいいんですか?」と田村師。さらに成長したメジャーエンブレムが桜花賞で女王の地位を不動のものにする。 (柴田章利)★13日東京11R「クイーンカップ」の着順&払戻金はこちら
2016年2月14日() 05:06

 653

【クイーンC】レースを終えて…関係者談話
 ◆蛯名騎手(フロンテアクイーン2着) 「少しずつ競馬を覚えて内容が良くなっている。せかさないで運べる東京もいい。しまいもしっかりと脚を使っている」 ◆フォーリー騎手(ロッテンマイヤー3着) 「カイ食いが細くてこれだけ走るんだから、能力はある」 ◆三浦騎手(ダイワドレッサー4着同着) 「今までは能力で対応してきたが、GI馬が相手で千六だと距離が短い」 ◆武士沢騎手(ラブリーアモン4着同着) 「外枠なのでつらいかなと思ったが、それでも速い時計に対応して力は見せてくれた」 ◆岩田騎手(ルフォール8着) 「すごく落ち着いていて、どっしりしているね。まだ2戦目だし、内容はあったと思う。次につながってくれれば」 ◆石橋騎手(ビービーバーレル9着) 「勝ち馬が目標でしたからね。ペースは速かったのですが、捕らえにいきました。ただ、少し追いついたところで、相手がグンと加速してしまいました。強かったです」 ◆柴田大騎手(ペルソナリテ10着) 「きょうは追ってからの反応がなかったです。今までこんなことはなかったのですが…」 ◆Mデムーロ騎手(サプルマインド15着) 「道中はいい感じで運べたのに、4コーナーで止まった。敗因がよく分からない」
2016年2月14日() 05:05

 709

【クイーンC】メジャーエンブレム圧巻タイムVで桜へ
 13日の東京11Rで行われた第51回クイーンカップ(3歳牝馬オープン、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3500万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気メジャーエンブレム(美浦・田村康仁厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分32秒5(良)。 これが女王の底力だ。昨年の最優秀2歳牝馬に輝いたメジャーエンブレムが今期初戦を1分32秒5という驚異的なタイムで圧勝。タイトルにふさわしい走りを見せ、桜花賞(4月10日、阪神、GI、芝1600メートル)に大きく前進した。 レースは好スタートを切ったメジャーエンブレムがマイペースに持ち込む。コパノマリーンが2番手につけ、さらにビービーバーレルが続いた。ペースを落とすことなく逃げるメジャーエンブレムだが、手応えは余裕たっぷり。ルメール騎手の軽いアクションに応えてあっさりと後続を突き放し、最後に右ステッキが1発入っただけで5馬身差の圧勝劇を演じた。勝ちタイムは、レースレコードを一気に1秒5も塗り替える好タイム。2着は7番人気のフロンテアクイーンで、さらに1/2馬身差の3着には6番人気のロッテンマイヤーが入っている。 メジャーエンブレムの勝利は記録ずくめのVで、単勝の払戻金130円はクイーンCの最低払戻額。単勝支持率61.0%は1994年のヒシアマゾン(54.7%)を大きく上回る歴代優勝馬トップの支持率だった。また、2着につけた5馬身という着差も、グレード制導入後の1984年以降では、1989年(カッティングエッジ)の4馬身差を上回る最大着差となっている。 メジャーエンブレムは、父ダイワメジャー、母キャッチータイトル、母の父オペラハウスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)サンデーレーシングの所有馬。通算成績は5戦4勝。重賞はGI阪神ジュベナイルフィリーズ(2015年)に次いで2勝目。田村康仁調教師は2009年ディアジーナに次いでクイーンC2勝目、クリストフ・ルメール騎手は06年コイウタに次いで2勝目。 ルメール騎手は「強かった。きょうは休み明けでしたが、とても乗りやすかった。いいスタートで、すぐリラックスしてハナに立つと、そのあとは長く脚を使いました。桜花賞? もちろん。きょうはとてもリラックスしていてびっくりしました。これなら2000メートル、2400メートルでも(競馬が)できます」と早くも2冠制覇まで見据えていた。★13日東京11R「クイーンカップ」の着順&払戻金はこちら
2016年2月13日() 16:00

 859

デイリー杯クイーンCのニュースをもっと見る >

【クイーンC】エンブレム、古馬を3馬身ぶっちぎり
 GIウイナーの意地にかけても、絶対に負けられない。阪神ジュベナイルフィリーズを勝って2歳女王に輝いたメジャーエンブレムは、古馬相手の3頭併せで悠々と先着を果たし、好仕上がりをアピールした。 Wコースでトゥルッリ(1000万下)、ダンディーレイ(1000万下)を6馬身ほど追走。4コーナー手前で2頭の内に潜り込み、鞍上から軽く合図を送られると目の覚めるような瞬発力を披露。ラスト1ハロン12秒2(5ハロン64秒5)で、トゥルッリに3馬身、ダンディーには1秒5の大差をつけて先着した。 「力んでいないし、先週とは見違えるほどの動きだった」と田村調教師は満足そうな表情だ。 これまでレース間隔をあけて、常にフレッシュな精神状態でレースに出走してきたのは陣営の作戦。「体はまだ子供だけど、筋肉量も豊富でたくましくなってきた。ここを使って(桜花賞へ)直行の予定」とトレーナーはすでに桜の舞台を見据えている。 桜花賞で主役を演じるためにも、ここは勝って当然。勝ち方に注目したい。 (片岡良典)★クイーンカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月11日(木) 05:04

 634

【クイーンC】追って一言
 ◆エクラミレネール・高橋裕師 「体調はいい。カイバを食べているし、また少しプラス体重で出せそう」 ◆コパノマリーン・斎藤誠師 「調教は以前よりビシビシできるようになった。ただ、他馬を気にする面がどうか」 ◆サプルマインド・藤原英師 「攻めは余力十分にいい動き。ここで結果を出して桜花賞に向かえるのが理想」 ◆ストライクショット・加藤征師 「気持ちが乗って雰囲気はいい。非凡なスピードがあるので見劣りはしない」 ◆ソロフライト・竹内師 「前走のダメージはなく馬体減りもない。1ハロン延長で追走も楽になるはず」 ◆ダイワドレッサー・鹿戸師「しっかり乗り込み、好仕上がり。体に幼さがあるが、競馬は上手。この相手にどこまでやれるか」 ◆ナックビーナス・永井厩務員 「前走後も順調。デビューから2戦は芝で走っているので問題ないだろう。少しためる競馬を覚えられればいいね」 ◆フロンテアクイーン・国枝師 「勝ち気な気性と弾むような動きは、母の父のサンデーサイレンスが出ている感じだね」 ◆ペルソナリテ・相沢師 「少しピリピリしているが、そういう気性だからね。けいこの動きはよかった」 ◆マシェリガール・菅原師 「立て直して馬がだいぶしっかりしてきた。小細工しない競馬をしてどれだけやれるか」 ◆ラブリーアモン・谷原助手 「体力がついてきたし、具合もいい。広い東京コースの方が競馬がしやすい」 ◆ルフォール・橋本助手 「体は10キロぐらい減るかもしれないが、カイバはしっかり食べている。どんな競馬をするか楽しみです」 ◆ロッテンマイヤー・池添学師 「もう速い時計はいらない。今週は前にカベを作って我慢させ、よく伸びて先着。体も十分にできています」★クイーンカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月11日(木) 05:03

 922

【クイーンC】メジャーエンブレム女王の貫禄
 阪神JFを制した2歳女王メジャーエンブレムが、今季初戦のクイーンC(13日、東京、GIII、芝1600メートル)に向け、美浦Wコースで圧巻のパフォーマンスを見せた。 いつものように前2頭を追いかける形。直線入り口で早くも射程圏内に捕らえて手綱を放すと、インから一気に突き抜けて、中トゥルッリ(4歳1000万下)を2馬身、外ダンディーレイ(6歳1000万下)を1秒2、それぞれ完封してみせた。牝馬の当週追いとしてはやりすぎに映る5F64秒8-49秒2-36秒0-12秒0を颯爽とマークしてしまうのだから、やはり能力はズバ抜けている。 「半マイルから加速すると一気にかわしちゃうので、鞍上に“それをするな”といつも言っているが、それも自分でコントロールできていた。落ち着いているし、細かいところが先週とは違う。素晴らしい」と、田村調教師は才女の動きを絶賛した。(夕刊フジ)★クイーンカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年2月10日(水) 11:30

 544

【めざせクラシック】メジャーエンブレムさらに進化
 デスク 今週は共同通信杯に注目が集まるが、土曜(13日)のクイーンC(東京、GIII、芝1600メートル)からも目が離せない。 板津 早くも昨年の2歳女王メジャーエンブレムが出走しますからね。 デスク 順調みたいだな。 板津 はい。全休明けの9日も落ち着いた脚どりで坂路を2本。「見た目にも大きくなって、さらにボリュームアップしている」と高木助手は成長した姿に目を細めていました。阪神JF以来ですが、崩れることはまず考えられないです。 デスク ほかでは? 板津 フェアリーSを勝ったビービーバーレルの陣営からも好感触が伝わってきました。中舘調教師は「前走ぐらいから身のこなしがよくなったし、体が強くなってきた。これまでの経験が血となり肉となっている。前走は逃げて勝ったが、どんな競馬でもできるタイプ」と手応え十分でした。 デスク 関西馬のムードはどうだ。 将美 ロッテンマイヤーがいいですよ。池添学調教師は「体つきがスラッとして瞬発力もついてきましたね。うまく中団で前に壁を作ることができたら、好勝負できそうです」と前向きでした。 デスク 京都では、こぶし賞(14日、500万下、芝1600メートル)も見どころがある一戦だな。 将美 ここは未勝利戦を好内容で勝ったフォーアライターに注目です。「素質は相当なものを持っている。結果を出して、先につなげたいね」と宮本調教師は気合が入っていました。 デスク 新馬戦は出馬ラッシュだけど、まだ素質馬は残っているんだろ。 将美 昨年の香港カップを勝ったエイシンヒカリの全妹エイシンティンクルがデビュー間近です。「500キロを超える大型馬だが、いい感じになってきたよ。もう2本ぐらい乗れば態勢は整いそう」と坂口調教師は話しています。
2016年2月10日(水) 05:01

 590

デイリー杯クイーンCの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


デイリー杯クイーンCの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月13日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv122 
130円 13,000円
Lv116 
500円 50,000円
Lv114 
130円 5,200円
Lv112 
360円 36,000円
Lv109 
6,160円 61,600円

的中情報をもっと見る >

デイリー杯クイーンC過去10年の結果

2015年2月14日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 キャットコイン 柴田善臣 1:34.0 4.4倍 92.3
2着 ミッキークイーン 浜中俊 クビ 8.5倍 92.3
3着 ロカ 和田竜二 クビ 3.2倍 91.6
2014年2月18日(火) 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
2013年2月9日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ウキヨノカゼ W.ビュイック 1:34.6 8.3倍 91.4
2着 スイートサルサ 田辺裕信 クビ 5.7倍 91.4
3着 イリュミナンス 福永祐一 クビ 3.5倍 90.6
3着 ジーニマジック 三浦皇成 同着 37.5倍 90.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

デイリー杯クイーンCの歴史と概要


2012年の優勝馬ヴィルシーナ

クラシックロードの一角に組み込まれる3歳牝馬限定重賞。クラシックへの直結度はそれほど高くないが、このレースでの活躍を機にG1ホースに上り詰めた馬は多い。90年代は第29回(1994年)のヒシアマゾン、第30回(1995年)のエイシンバーリン、第31回(1996年)のイブキパーシヴといったマル外の個性派たちが高いパフォーマンスを披露。第34回(1999年)を勝ったウメノファイバー、第39回(2004年)を制したダイワエルシエーロは、その後にオークス馬となった。また、第46回(2011年)のホエールキャプチャ、第47回(2012年)のヴィルシーナ、第51回(2016年)のメジャーエンブレムら近年の代表的な勝ち馬は、同じ東京芝1600mで行われるヴィクトリアマイル、NHKマイルカップらのG1タイトルを獲得している。

歴史と概要をもっと見る >

デイリー杯クイーンCの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年2月24日(
中山記念  G2
阪急杯  G3

競馬番組表

2019年2月23日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2019年2月24日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 キセキ 牡5
41,956万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 ダノンチェイサー 牡3
5,871万円
8 グランアレグリア 牝3
5,845万円
9 クラージュゲリエ 牡3
5,774万円
10 ダノンキングリー 牡3
5,560万円
» もっと見る