会員登録はこちら
平安ステークス G3   日程:2015年5月23日() 15:35 京都/ダート1900m

レース結果

平安ステークス G3

2015年5月23日() 京都/ダート1900m/16頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分53秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

インカンテーション

牡5 57.0 内田博幸  羽月友彦 498(+10) 1.55.1 6.2 4
2 6 11

クリノスターオー

牡5 57.0 幸英明  高橋義忠 544(+8) 1.55.4 1 3/4 5.7 3
3 6 12

ローマンレジェンド

牡7 58.0 岩田康誠  藤原英昭 520(0) 1.55.4 クビ 9.1 5
ラップタイム 7.0 - 11.1 - 11.3 - 12.8 - 12.6 - 11.9 - 11.7 - 12.0 - 12.2 - 12.5
前半 7.0 - 18.1 - 29.4 - 42.2 - 54.8
後半 60.3 - 48.4 - 36.7 - 24.7 - 12.5

■払戻金

単勝 1 620円 4番人気
複勝 1 230円 4番人気
11 220円 3番人気
12 250円 5番人気
枠連 1-6 900円 4番人気
馬連 1-11 1,810円 6番人気
ワイド 1-11 740円 6番人気
1-12 1,220円 12番人気
11-12 1,020円 9番人気
馬単 1-11 3,360円 11番人気
3連複 1-11-12 5,380円 14番人気
3連単 1-11-12 27,260円 74番人気

平安ステークスのニュース&コラム

【平安S】インカンテーション、逃げ切りV
 第22回平安ステークス(23日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1900メートル、1着本賞金3500万円=出走16頭)内田博幸騎乗の4番人気インカンテーションが1分55秒1(良)で逃げ切り、昨年11月のみやこS以来となる重賞3勝目をあげた。次はGI初制覇をかけて帝王賞(6月24日、大井、ダ2000メートル)に出走する。昨年の覇者で3番人気クリノスターオーが1馬身3/4差の2着。1番人気アジアエクスプレスは5着に敗れた。 念願のGI制覇にまた一歩近づいた。意表をつく逃げに出たインカンテーションが、直線で後続を逆に突き放し、重賞3勝目をゲット。内田騎手はしてやったりの表情を浮かべた。 「レース前は(逃げることを)考えていなかったけど、前走のフェブラリーS(2着)がマイルだったので、少し行きたがっていたし、無理に控えることはないと思って。いい勝ち方ができました」 少し押っつけてゲートを出た。前にいたクリノスターオーとアジアエクスプレスがけん制し合うのを見て、1コーナーで先頭に立った。道中は淡々と進んだが、3コーナーでクリノ、アジアの2頭に馬体を併せられ、決して楽な展開ではなかった。しかし、直線に入ると力強く加速してゴール。 この日の馬体重はプラス10キロ。「成長分じゃありません。いつもは輸送で10キロくらい減るのに、きょうは少ししか減りませんでした。全体的に本格化してきたということなのかな」と、羽月調教師は愛馬の充実ぶりに、にっこり。 次走は帝王賞。地方競馬のレースは初めてとなり、「砂が深く、コーナーもきついコースがどうかと思って、今まで(交流レースを)意識的に避けてきました。次走はそのへんが課題」と同調教師。さらなるステップアップへ、試金石の一戦となる。 (片山和広)★23日京都11R「平安ステークス」の着順&払戻金はこちら■インカンテーション 父シニスターミニスター、母オリジナルスピン、母の父マキアヴェリアン。鹿毛の牡5歳。栗東・羽月友彦厩舎所属。北海道浦河町・谷川牧場の生産馬で、馬主は(有)ターフ・スポート。戦績22戦8勝。獲得賞金2億6589万1000円。重賞は2013年GIIIレパードS、14年GIIIみやこSに次いで3勝目。平安Sは羽月友彦調教師が09年ワンダースピードに次いで2勝目。内田博幸騎手は初勝利。馬名の意味は「呪文、呪術。父名から連想」
2015年5月24日() 05:01

 339

【平安S】レースを終えて…関係者談話
 ◆幸騎手(クリノスターオー2着) 「4角で(自分が)後ろの強い馬を気にしたため、馬がフワッとした。逃げた勝ち馬をきっちりマークしていたら違ったかも」 ◆岩田騎手(ローマンレジェンド3着) 「スタートしてハナに行くつもりで行っているんですがね。最後は58キロのぶん、追い出してジリジリだった」 ◆Mデムーロ騎手(ナムラビクター4着) 「行ったり止まったり、また行ったり…。直線では勝つ手応えだったが、とにかく難しい馬」 ◆戸崎騎手(アジアエクスプレス5着) 「この前はハナに行ってマークされたので、今回は番手で競馬をしようと思っていた。いい感じで行けたけど、伸びなかった」 ◆酒井騎手(ニホンピロアワーズ8着) 「得意の形の競馬ではなかったが、気を抜くところはなかった。立て直した効果はある」 ◆津村騎手(グランドシチー10着) 「もう少し前に行きたかったが、行けなかった。久々で本来のデキでなかったかも」★23日京都11R「平安ステークス」の着順&払戻金はこちら
2015年5月24日() 05:01

 335

【平安S】インカンテーション逃げ切って重賞3勝目
 23日の京都11Rで行われた第22回平安ステークス(4歳上オープン、GIII、ダート1900メートル、16頭立て、1着賞金=3500万円)は、内田博幸騎手騎乗の4番人気インカンテーション(牡5歳、栗東・羽月友彦厩舎)が逃げ切って快勝。3度目の重賞Vを飾った。タイムは1分55秒1(良)。 3カ月ぶりの実戦も何のその。フェブラリーS2着のインカンテーションが逃げの手に打って出て堂々と押し切り、3度目の重賞制覇を成し遂げた。 スタート直後はクリノスターオーとアジアエクスプレスが積極的に行く姿勢を見せたが、最内からインカンテーションが二の脚を生かして先行。クリノスターオーとアジアエクスプレスは2番手に控え、その後ろにアスカノロマン、ニホンピロアワーズ、マイネルクロップなどが続く。向こう正面で後方にいたタガノゴールドがまくり上げていく展開になったが、先頭のインカンテーションはハナを譲ることなく脚いろも余裕十分。直線に向くと2番手からクリノスターオーも懸命に追いすがったが、インカンテーションは最後まで力強く逃げ切って1馬身3/4差で快勝した。2着は3番人気のクリノスターオー。2着とクビ差の3着が5番人気のローマンレジェンドだった。 インカンテーションは、父シニスターミニスター、母オリジナルスピン、母の父Machiavellianという血統。北海道浦河町・谷川牧場の生産馬で、(有)ターフスポートの所有馬。通算成績は22戦8勝。重賞はGIIIレパードS(2013年)、GIIIみやこS(14年)に次いで3勝目。羽月友彦調教師は09年ワンダースピードに次いで平安S2勝目、内田博幸騎手は初勝利。 内田騎手は「ハナまで行くことは考えていませんでしたが、行く馬が互いに牽制(けんせい)していたし、この間マイルを使ったことで馬も行きたいような感じでハミを取っていたので。流していって、行く馬がいたら行かせて…と思っていましたが、気持ち良く行っていたので下げる必要はないと思いました。前に逃げて勝ったこともあるし、ペースもそれほどではなかったので、内枠をうまく使っていけましたね。フェブラリーSで力のあるところを見せてくれたし、きょうもその力を出してくれました。大きい舞台への楽しみが増えましたね」とコンビ2戦目でつかんだ重賞Vを冷静に振り返っていた。★23日京都11R「平安ステークス」の着順&払戻金はこちら
2015年5月23日() 15:46

 430

【平安S】入線速報(京都競馬場)
京都11R・平安ステークスGIII(3回京都競馬9日目 京都競馬場 ダート・右 1900m サラ系4歳以上オープン)は、1番手1番インカンテーション、2番手11番クリノスターオー、3番手12番ローマンレジェンドで入線しています。 尚、直前の単勝オッズ(確定前)上位人気馬は以下の通り。 1番人気アジアエクスプレス(単勝4.3倍) 2番人気ナムラビクター(単勝4.9倍) 3番人気インカンテーション(単勝5.7倍) 4番人気クリノスターオー(単勝5.8倍) 5番人気ローマンレジェンド(単勝8.2倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2015052308030911 ※上記は確定前情報です。正確な情報につきましては、今後JRA(日本中央競馬会)から発表される確定情報をお待ちください。 着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。
2015年5月23日() 15:37

 234

平安ステークスのニュースをもっと見る >

【平安S】アジアエクスプレス、重賞Vへ好気配
 一昨年の最優秀2歳牡馬でアンタレスS2着のアジアエクスプレスは、美浦Wコースを単走。馬なりで6ハロン82秒9、3ハロン38秒5-13秒0をマークした。平塚助手は「感じは良かった。前走もある程度仕上がっていたし、いい状態を維持している。最近は惜敗が続いているので、そろそろ勝ちが欲しいところ」と、昨年8月のレパードSに次ぐ重賞Vを期待する。★平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年5月21日(木) 05:02

 326

【平安S】追って一言
 ◆アスカノロマン・川村師 「前走はガス欠した感じで止まった。今回はソフトな調整で、体を増やして競馬ができればと思います」 ◆イッシンドウタイ・伊藤圭師 「いい状態をキープ。だいぶ力をつけている。100メートルでも距離が延びるのはプラス」 ◆インカンテーション・羽月師 「ここを目標に順調で、体調はいい。調教の動きもよかった。京都で勝っているし、右回りでも問題はない」 ◆エノラブエナ・宮本師 「動きは抜群。この後は放牧の予定だけど最高のデキで、秋に向けていい競馬を期待」 ◆グランドシチー・相沢師 「久々のぶん、いいときと比べて物足りない。展開の助けが欲しい」 ◆クリノスターオー・高橋忠師 「しっかりとやれた。前走を振り返ると、ブリンカーはマイナスではない」 ◆サウンドトゥルー・高木師 「使ってよくなっている。輸送や距離は問題なく、あとは流れが向いてくれれば」 ◆ソリタリーキング・石坂師 「前走は久々の中央でも流れについていけて好走した。引き続き元気で状態は安定」 ◆タガノゴールド・川村師 「動きはよく、力を出せる状態」 ◆ダノンバトゥーラ・吉岡助手 「しっかりと我慢の利いたいい走り。集中力が出てきた」 ◆ドコフクカゼ・友道師 「体が絞れて自分の競馬ができるようになってきた。1900メートルは魅力」 ◆ナムラビクター・福島師 「最近のけいこでは一番速いタイム。素直になり、スムーズに走れているのが何より」 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「ひと息入れたことで落ち着きがある。競馬を覚えてきた今なら」 ◆ローマンレジェンド・岩田騎手 「今までで一番と思える動き。ラストまで集中していた」★平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年5月21日(木) 05:02

 480

【平安S】クリノスターオー、元気いっぱい
 アンタレスSに続く重賞連勝に向けてクリノスターオーは、この中間も元気いっぱい。順調に乗り込まれている。 「前走は正攻法で勝つことができた。気分よくレースを進められれば、あれぐらいは走れる馬なんだよ。追い切りは1週前にビシッとやっているから、今週は目いっぱいにしなくてもいい」と吉田助手は自信をのぞかせている。★平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年5月20日(水) 05:05

 336

【平安S】アジアエクスプレス、デキ落ちなし
 一昨年の2歳王者アジアエクスプレスは、アンタレスS2着後も順調。全休日明けの19日はWコースを軽く1周した。 平塚助手は「前走は勝った馬(クリノスターオー)が強かったけど、着差はわずかだったし、年上の馬が相手でもメドを立てられた。ある程度仕上がっていたので、中間は状態を維持する感じ。デキ落ちということはないよ」と、昨夏のレパードS以来となる重賞Vに手応えを感じている。★平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年5月20日(水) 05:05

 361

平安ステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

平安ステークス過去10年の結果

2014年5月24日() 京都競馬場/ダ1900m 天候: 馬場:
1着 クリノスターオー 幸英明 1:56.6 74.9倍 103.7
2着 ソロル 松山弘平 1/2 22.2倍 103.3
3着 ワイルドフラッパー 福永祐一 1 1/4 9.5倍 102.5
2013年5月18日() 京都競馬場/ダ1900m 天候: 馬場:
1着 ニホンピロアワーズ 酒井学 1:56.9 1.4倍 102.3
2着 ナイスミーチュー 小牧太 1/2 45.7倍 101.9
3着 ナムラタイタン 太宰啓介 クビ 14.1倍 101.9
2012年1月22日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:不良

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

平安ステークスの歴史と概要


2013年の優勝馬ニホンピロアワーズ

第20回(2013年)に1月から5月に開催が移った京都のダート中距離重賞。第2回(1995年)の勝ち馬ライブリマウントは、翌年に日本調教馬として初めてドバイワールドカップに参戦(結果は6着)。第4回(1997年)はトーヨーシアトルシンコウウインディによる同着という、珍しい決着を見た。なお、後者は次走のフェブラリーステークスを制し、G1馬の仲間入りを果たしている。ほか、G1馬もしくはのちのG1馬の勝利は、第11回(2004年)のタイムパラドックス、第20回(2013年)のニホンピロアワーズの例がある(地方交流G1を含まない)。

歴史と概要をもっと見る >

平安ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る