会員登録はこちら
平安ステークス G3   日程:2012年1月22日() 15:45 京都/ダート1800m

レース結果

平安ステークス G3

2012年1月22日() 京都/ダート1800m/16頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分47秒8
天候:
馬場:不良



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 12

ヒラボクキング

牡5 56.0 藤岡佑介  大久保龍 528(+2) 1.48.1 56.4 10
2 8 15

エスポワールシチー

牡7 58.0 佐藤哲三  安達昭夫 506(+6) 1.48.3 1 1/2 1.3 1
3 5 9

シルクシュナイダー

牡4 55.0 岩田康誠  須貝尚介 512(-2) 1.48.4 クビ 28.6 6
ラップタイム 11.9 - 11.2 - 12.3 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 12.5
前半 11.9 - 23.1 - 35.4 - 47.7 - 60.0
後半 60.4 - 48.1 - 36.1 - 24.3 - 12.5

■払戻金

単勝 12 5,640円 10番人気
複勝 12 650円 9番人気
15 110円 1番人気
9 480円 7番人気
枠連 6-8 1,110円 5番人気
馬連 12-15 2,150円 9番人気
ワイド 12-15 770円 7番人気
9-12 6,830円 52番人気
9-15 740円 6番人気
馬単 12-15 11,110円 24番人気
3連複 9-12-15 11,950円 38番人気
3連単 12-15-9 151,570円 306番人気

平安ステークスのニュース&コラム

【平安S】キング、エスポを完封V
 第19回平安S(22日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1800メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)藤岡佑介騎乗の10番人気ヒラボクキングが2番手から抜け出して、レースレコードの1分48秒1(不良)で重賞初勝利をあげた。圧倒的な1番人気に推されたエスポワールシチーは2着。3着には6番人気のシルクシュナイダーが入った。 淀の寒空にどよめきが響いた。10番人気の伏兵ヒラボクキングが、圧倒的格上のエスポワールシチーに土をつけて完勝。波乱を呼び込んだ藤岡佑介騎手の笑顔が弾けた。 「強かったですね。乗っていてもビックリしました。負かした相手が相手だけに、ここから期待が膨らんでいきますよ」 2番手につけて抜群の手応えで4コーナーを回る。先頭に立つと直線半ばで3番手から進出するエスポワールシチーに一度は詰め寄られるも、再加速して突き放し、1馬身半差をつけてゴール。1分48秒1のレースレコードを叩き出して、重賞初勝利に花を添えた。 オープン初挑戦だった昨年のGIII・みやこSはエスポに完敗の5着。2番手のエスポを3番手から追いかけるも、力の差を見せつけられた。「(エスポより)前で運びたいと思っていた」。前走とは反対に、先手を取って大金星をあげた。 期するモノがあった。昨年は結婚&長男誕生と私生活でうれしいニュースが続く一方、デビューした2004年以来、7年ぶりに重賞未勝利に終わった。「チャンスのある馬に乗せていただいたのに勝てなくて、苦しいシーズンだった。去年も初勝利はこの馬。しんどいときに助けてくれる。これをきっかけに、僕もがんばりたい」と、新米パパは力を込めた。 見守った大久保龍調教師は「思ったより成長している」と目を細めつつも「ただ、今までコーナー3、4つの競馬ばかりで、いきなり(コーナー2つの)フェブラリーSはどうか。体調とメンバーを見て考えたい」と思案顔。フェブラリーS参戦は慎重だったが、大目標にJCダート(12月2日、阪神、GI、ダ1800メートル)を掲げた。 ジョッキーは「まだ奥があると思う。さらなる高みを目指したい」とキッパリ。強豪ぞろいのダート界で、台風の目になる。 (川端亮平)
2012年1月23日(月) 05:02

 720

【平安S】シュナイダー鬼脚3着
 第19回平安S(22日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1800メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)6番人気のシルクシュナイダーが、メンバー最速の上がり3ハロン35秒4の脚で3着に突っ込んだ。道中は中団後方を進み、直線では1頭だけケタ違いの鋭い伸びで、2着エスポワールシチーにクビ差まで詰め寄った。 岩田康誠騎手は「3、4コーナーで踏み(仕掛け)遅れた。あそこがスムーズなら突き抜けていた」と振り返る。「悔しいレースになったが、パワーアップしているし、地力もつけている。ダート界で活躍できる」と、重賞初出走で好走したパートナーを絶賛していた。
2012年1月23日(月) 05:01

 664

【平安S】エスポ「しょうがない」2着
 第19回平安S(22日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1800メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)単勝130円と断然の1番人気に支持されたエスポワールシチーは、2着に終わった。道中は3番手の好位を進んだものの、直線では2番手から抜け出したヒラボクキングとの差を詰められなかった。 佐藤哲三騎手は「しようがない。スタートがよく、道中の手応えも悪くなかった。あの形で勝てると思った。勝った馬が強かった」と勝者をたたえた。次走はフェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)。「突き抜けられなかったが、衰えてはいない。次は得意のコース。あきらめてはいない」と2年前、頂点に立った舞台で巻き返しを誓っていた。
2012年1月23日(月) 05:01

 728

【平安S】エスポ敗れる!ヒラボクキングV
 第19回平安S(22日、京都11R、GIII、4歳上オープン、ダート1800メートル、1着本賞金3500万円=出走16頭)藤岡佑介騎手騎乗の10番人気ヒラボクキング(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎)が快勝。勝ちタイムは1分48秒1(不良)。2着は1馬身半差で1番人気のエスポワールシチー。3着には6番人気のシルクシュナイダーが入った。 先頭でゴールを駆け抜けたのは10番人気の伏兵ヒラボクキングだった。1.3倍の人気を背負った09・10年の最優秀ダートホースはその1馬身半後ろにいた。 トウショウフリークがペースを作る淀みない流れのなかで4番手につけたエスポワールシチー。内に控えて脚をためながらコースを周回していく。“直線に向いたら豪脚で一気に前をかわしさる”そんな砂王の常勝競馬が崩れたのは直線半ばだった。 好位から先に抜け出したヒラボクキング。それを追いかけるエスポワールシチー。しかし、直線半ばに差しかかっても披露されるべき豪脚が見られない。鞍上の佐藤哲三騎手も必死で追うが反応が鈍い。そうしているうちにゴール板が迫ってくる。 ヒラボクキングとの差は徐々に詰まってくるものの精彩を欠いた伸びでは捕らえきれず。無情にもタイムリミットが訪れた。ライバルに向け反撃の狼煙をあげるべく臨んだレースだったが自身にとっても思わぬ敗戦となった。 勝ったヒラボクキングは父キングカメハメハ、母エンキャンタドゥ、母の父Rahyという血統。通算成績14戦6勝。重賞は初勝利。
2012年1月22日() 15:58

 740

平安ステークスのニュースをもっと見る >

【平安S】エスポお目覚め11秒5
 平安Sの追い切りが18日、東西トレセンで行われた。昨年のJCダート3着馬エスポワールシチーは、CWコースを素軽い動きで駆け抜けて、ラスト1ハロン11秒5の好タイム。GI5勝馬が、その力を見せつける態勢を整えた。同じくCWコースで追われたタガノロックオンも、スムーズな動きを披露。松田博調教師は仕上がりに満足の様子だった。 GI5勝馬エスポワールシチーが、格の違いをアピールする圧巻のリハーサル。手綱からビシビシ伝わる手応えに、佐藤哲騎手は頬を緩めた。 「だんだん動ける体になっているし、時計もよかった。JCダートのときもよかったけど、今はやらなくても動いてくれるからね」 前日17日の調教で落鉄した坂路を避けて、CWコースでの最終追い切り。軽やかな脚さばきでスピードアップすると、直線では体をグッと沈ませて脚を伸ばした。6ハロン82秒8で、鞍上のムチが入らず、ラスト1ハロン11秒5の好タイム。安達調教師も「ノメらずに、しっかり走れていた。いい形で臨めそうですね」と満足の表情でうなずいた。 10年11月の米国遠征(BCクラシック10着)後に調子を崩し、昨年は本来の姿を取り戻すために、必死にあがいた。勝負にこだわりながらも、体のバランスやフォームの修正を重視。昨年の最優秀ダートホース、トランセンドが制したJCダートは3着に敗れたが、得たものは多かった。 佐藤哲は「目一杯で走って、最後もバタッとならなかった。GIIIだと楽をして走ってしまうけど、本来は目一杯になってから、がんばれる馬。追い切りでもそういうところが見られるようになった」と覚醒ぶりを強調。トレーナーも「うるさい面が出てきた。もともとそういう馬だし、一時期は大人しくなって心配だったからね」と、好調を裏付ける仕草に目を細める。 左前脚のねんざで昨年末の東京大賞典は回避したが、その不安はない。7歳馬だけに、むしろ十分な休養を取れたメリットの方が大きかった。 京都ダートは3戦2勝2着1回と連対率10割で、安達師は「京都は実績があるので、何とかしたい。いい形でフェブラリーSにつなげたい」と力を込める。ここをキッチリと勝ち、トランセンドと再戦する大一番に向かう。 (川端亮平)
2012年1月19日(木) 05:07

 573

【平安S】グランドシチー好調維持13秒3
 連勝中の関東馬グランドシチーは、Wコース6ハロン82秒2、ラスト1ハロン13秒3をマーク。最後まで馬なりだったが、長めから追って、しっかりと負荷をかけた。相沢調教師は「動きは良かったし、体調は変わらずいいね。体質が強くなってレースぶりが安定してきた」と好調をアピール。「エスポワールシチーは強いけど、ウチのもラストは切れる。重賞でこの馬の決め手が通用するかどうか、楽しみだね」と期待の大きさを伝えた。昨年6月からの6戦は全て3着以内。重賞初挑戦ながら、東の“シチー”も侮れない。
2012年1月19日(木) 05:06

 549

【平安S】ジェルラン、ハードに52秒8
 師走S2着のスタッドジェルランは栗東坂路で単走。4ハロン52秒8で、ラスト1ハロンはムチが飛ぶハードな内容で13秒1。安田隆調教師は「時計は物足りないが、先週はいい時計(4ハロン51秒6)が出ていたから。本来の動きではなかった前走と比べると、まずまずいい状態」と上積みを実感していた。
2012年1月19日(木) 05:06

 527

【平安S】ロックオン気合注入13秒1
 休養明けの師走Sを勝ったタガノロックオンはCWコースで単走。ゆったりとスタートして徐々にペースを上げ、直線では気合のムチに応えてラスト1ハロン13秒1(6ハロン83秒7)と踏ん張った。回転の速いフットワークで、馬体の張りもいい。「けいこは(内容が)いいときと悪いときが極端な馬だけど、きょうはうまくいった。前走はまだ太かったから、それより悪くなるということはない」と、松田博調教師は1度使った上積みを十分に感じ取っていた。
2012年1月19日(木) 05:06

 446

平安ステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

平安ステークス過去10年の結果

2011年1月23日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
1着 ダイシンオレンジ 川田将雅 1:51.5 2.8倍 102.8
2着 インバルコ U.リスポリ ハナ 5.8倍 102.8
3着 サクラロミオ 藤岡佑介 クビ 11.9倍 102.8
2010年1月24日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
2009年1月25日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

平安ステークスの歴史と概要


2013年の優勝馬ニホンピロアワーズ

第20回(2013年)に1月から5月に開催が移った京都のダート中距離重賞。第2回(1995年)の勝ち馬ライブリマウントは、翌年に日本調教馬として初めてドバイワールドカップに参戦(結果は6着)。第4回(1997年)はトーヨーシアトルシンコウウインディによる同着という、珍しい決着を見た。なお、後者は次走のフェブラリーステークスを制し、G1馬の仲間入りを果たしている。ほか、G1馬もしくはのちのG1馬の勝利は、第11回(2004年)のタイムパラドックス、第20回(2013年)のニホンピロアワーズの例がある(地方交流G1を含まない)。

歴史と概要をもっと見る >

平安ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る