会員登録はこちら
小倉記念 G3   日程:2017年8月6日() 15:35 小倉/芝2000m

レース結果

小倉記念 G3

2017年8月6日() 小倉/芝2000m/13頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:1分57秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 2

タツゴウゲキ

牡5 52.0 秋山真一  鮫島一歩 482(+6) 1.57.6 7.1 4
2 6 8

サンマルティン

セ5 54.0 戸崎圭太  国枝栄 498(+4) 1.57.6 ハナ 5.2 2
3 4 5

フェルメッツァ

牡6 55.0 北村友一  松永幹夫 454(-2) 1.58.1 11.8 6
ラップタイム 12.3-10.8-11.3-12.3-11.6-11.5-11.9-11.9-11.8-12.2
前半 12.3-23.1-34.4-46.7-58.3
後半 59.3-47.8-35.9-24.0-12.2

■払戻金

単勝 2 710円 4番人気
複勝 2 260円 3番人気
8 200円 2番人気
5 300円 6番人気
枠連 2-6 1,730円 7番人気
馬連 2-8 1,910円 5番人気
ワイド 2-8 830円 6番人気
2-5 1,200円 14番人気
5-8 1,130円 12番人気
馬単 2-8 3,850円 12番人気
3連複 2-5-8 6,820円 21番人気
3連単 2-8-5 30,410円 82番人気

小倉記念のニュース&コラム

【サンスポ反省会】プリンスダム、すごい脚やった
 花田 レパードSの◎エピカリスは3着。直線で行きたかったときに前があかず、追い出しを待たされてしまいました。 片岡 ワシも◎エピカリス。でも、4カ月ぶりで海外帰り。内容は悲観するものではないと思う。 花田 僕もエピカリスに関しては同感です。 柴田 俺も◎はエピカリスだけど、こういうことがあるのも競馬だから。 花田 勝ち馬のローズプリンスダムは無印。柴田さんは△を回していましたね。 柴田 木幡巧騎手は内で脚をためて、直線向いてからも外に出して、うまく乗ったと思うよ。 片岡 それにしてもすごい脚やった。 柴田 ムラがある馬なので、走る番だったのかも…。 花田 小倉記念の◎ストロングタイタンは8着。敗因がよく分かりません。 片岡 ワシもよう分からんかったわ。 柴田 俺の◎ケイティープライドはシンガリ負け…。馬体重も10キロ減だったし、響いたかもしれません。 片岡 2着の○サンマルティンは、完璧なレースだった。勝ち馬に比べてハンデが2キロ重かったのも影響したか。 花田 タツゴウゲキは急きょの乗り替わり。秋山騎手の見事な騎乗でしたね。★6日新潟11R「レパードステークス」の着順&払戻金はこちら★6日小倉11R「小倉記念」の着順&払戻金はこちら
2017年8月7日(月) 05:09

 1,588

【小倉記念】タツゴウゲキの一撃!ハナ差かわしV
 第53回小倉記念(6日、小倉11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走13頭) サマー2000シリーズ第3戦は、4番人気のタツゴウゲキが好位から伸びてV。ミルコ・デムーロ騎手の落馬負傷で乗り替わった秋山真一郎騎手(38)=栗・フリー=の鮮やかな手綱さばきで重賞初勝利をもぎ取った。タイム1分57秒6(良)。1番人気のストロングタイタンは8着に敗れた。 ここ一番で存在感を見せつけた。“緊急代打”の秋山騎手が、格上挑戦のタツゴウゲキを巧みに導いて重賞ゲット。52キロの最軽量を生かして、台風が迫る小倉のターフを力強く駆け抜けた。 「代打で急きょでしたが、勝ててよかったです。まだまだジョッキーを続けられそうですね」 21年目のベテランが会心の笑顔を見せる。7Rで、M・デムーロ騎手が落馬負傷したため騎乗。依頼した鮫島調教師も「柔らかくフワッと乗ってくれるので、合いそうだと思った。うまく運んでくれたね」と感謝することしきりだった。 好スタートから、好位のインをロスなく追走。抜群の手応えで直線に向くと、最内のあいたスペースを突いて鋭く伸びる。外めから押し切りを狙うサンマルティンに、内から馬体を併せていき、最後はハナ差かわして激闘をものにした。 「うまくスタートを出て、いいポジションが取れました。いつも戸崎君に負けているので、2着かと思いましたが、何とか届いてくれてよかった」 2016年シリウスS(マスクゾロ)以来となる、通算重賞32勝目をホッとした表情で振り返る。初騎乗だったが、「だいたい雰囲気はつかめていましたし、先生から具合もいいと聞いていました。またがっていい馬だなと思いました」と好イメージを持って挑み、見事に答えを弾き出した。 タツゴウゲキはサマー2000シリーズのトップに浮上。このあと体調次第では、最終戦の新潟記念(9月3日、新潟、GIII、芝2000メートル)に参戦することも。「前走を使ってよくなっていたし、疲れがなく同じような感じでいければ可能性もある」と師はまとめた。5歳の夏を迎えて本格化を遂げたタツゴウゲキが、まだまだ高みを目指していく。(斉藤弘樹)★6日小倉11R「小倉記念」の着順&払戻金はこちら★サンスポe-shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!タツゴウゲキ 父マーベラスサンデー、母ニシノプルメリア、母の父シングスピール。鹿毛の牡5歳。栗東・鮫島一歩厩舎所属。北海道新冠町・川上牧場の生産馬。馬主は鈴木高幸氏。戦績17戦4勝。獲得賞金8523万5000円。重賞初勝利。小倉記念は鮫島一歩調教師、秋山真一郎騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+剛撃」。
2017年8月7日(月) 05:07

 1,542

【小倉記念】サンマルティン2着…戸崎の全10場重賞制覇お預け
 第53回小倉記念(6日、小倉11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走13頭)関東馬で2番人気のサンマルティンは2着。中団でじっくりと構え、4コーナー手前からまくり気味に進出。直線の入り口では先頭に立つ勢いで、そのまま押し切るかと思われたが、内をタツゴウゲキにすくわれた。 史上5人目のJRA全10場重賞制覇を目指した戸崎騎手の野望は、ハナ差でかなわなかった。「状態はよかった。ただ左に張る面を見せていましたね。それでもしまいはしっかりと伸びてくれたんですけど…」と肩を落とした。★6日小倉11R「小倉記念」の着順&払戻金はこちら
2017年8月7日(月) 05:06

 1,375

【小倉記念】直線で失速…ストロングタイタン8着
 第53回小倉記念(6日、小倉11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走13頭)1番人気に支持されたストロングタイタンは8着に敗れた。上々のスタートから4番手をキープ。3、4コーナーから仕掛けていったが、直線では失速してしまった。「ゲートも道中もいいリズムで、スムーズな競馬はできました。ただ重賞に入るとまだ…。今回の敗因を考えないといけないですね」と川田騎手は語った。池江調教師は「レースは完璧でしたけどね。前走、落鉄をしながら、レコード駆けしたから、その反動もあったのかな」と回顧した。★6日小倉11R「小倉記念」の着順&払戻金はこちら
2017年8月7日(月) 05:06

 1,336

小倉記念のニュースをもっと見る >

【小倉記念】調整・鞍上・追い切り“サンマル”ティン
 サマー2000シリーズ第3戦、小倉記念の追い切りが2日、小倉競馬場と栗東トレセンで行われた。小倉では関東馬のサンマルティンが軽快な走りを披露。上々の仕上がりをアピールした。JRA全10競馬場での重賞Vを狙う戸崎騎手の手綱も心強い。栗東ではストロングタイタンが坂路を力強く駆け上がり、サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』となった。 素質馬が、初タイトル奪取を意識できる気配にある。小倉競馬場に滞在して挑む関東馬のサンマルティンが、ダートコースで俊敏な反応を披露。馬なりながら6ハロン87秒0、3ハロン38秒9-12秒1と、ラストは鋭く脚を伸ばした。 「スムーズでしたし、いつもの動きでした。しまい重点の調整で、スピードをコントロールするだけでしたね」 椎本助手が動きの良さに笑みを浮かべた。まだ薄暗い午前5時10分過ぎにコース入り。スタート直後から脚さばきは素軽く、ジワジワと加速していく。4コーナーを回り、直線は余力たっぷりの動きでゴールを駆け抜けた。 7月27日に小倉入り。馬が少ない静かな環境で調整していることで落ち着きがあり、カイバ食いも安定している。「滞在はいいみたいですね、この馬には」と椎本助手は話す。 母のディアデラノビアは重賞3勝、オークス3着。期待馬は去勢後、競馬に集中できるように成長し、昨年5月以降に4勝と軌道に乗った。「すごい能力を持っている。重賞でも楽しみですし、もっと上に行ける馬なので」と椎本助手が声を弾ませる。 余力を残しながらメンバー最速の上がり3ハロン33秒3の末脚で勝った前走からも、ポテンシャルは相当。ハンデは手頃な54キロで、小回りコース向きの機動力もある。 「関西の(競馬の)方が全体的にペースが速いので、この馬には合っている。馬場状態は特に問題ないし、うまく流れに乗って競馬ができれば」 力を込める国枝調教師は「戸崎も行ってくれるというしね」と鞍上を信頼。小倉初参戦となる戸崎騎手が、リーチをかけているJRA全10場での重賞制覇を一発で決めそうなムードだ。 (宇恵英志)★JRA全10場重賞Vに戸崎挑戦! 先週9勝を挙げ絶好調の戸崎圭太騎手(37)=美・田島=が6日、2005年6月の中央競馬初騎乗以来、小倉競馬に初めて参戦。サンマルティンに騎乗する小倉記念でJRA全10場重賞制覇に挑む。勝てば安田富男、武豊、藤田伸二、横山典弘騎手に次ぐ史上5人目の記録。ほかに全場制覇にリーチをかけているのは川田(残るは函館)、岩田(福島)、福永(福島)、蛯名騎手(小倉)。★小倉記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月3日(木) 05:08

 2,830

【小倉記念】ヴォージュ脚さばき軽快
 七夕賞9着のヴォージュは、坂路でコンゴウトシオー(3歳未勝利)と併せ馬。一杯に追われて4ハロン53秒4-12秒8で1馬身遅れたが、軽快な脚さばきを披露し、引き続き好調をアピールした。 「遅れたけど、いい動きでしたよ。馬なりの予定でしたけど、後れを取らないように気合をつけました」と余田助手は話す。小倉芝2000メートルは初めてとなるが「小回りでも気にすることはないと思う」と前向きだ。★小倉記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月3日(木) 05:07

 1,921

【小倉記念】バンドワゴン、力強い脚さばき
 鳴尾記念7着のバンドワゴンは、坂路で力強い脚さばきを披露し、強めに追われて4ハロン52秒8-11秒9をマーク。 石坂調教師は「追い切りは動く馬で、強めの調教をしましたが、いい動きをしていましたね」と納得の表情。「前走は相手が強かったし、しまいも伸びあぐねた。以前ほどがむしゃらに走ることはないし、我慢もできている。54キロのハンデは良かったかなと思うし、何とか復活してほしい」と素質確かな6歳馬の好走を願った。★小倉記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月3日(木) 05:07

 1,818

【小倉記念】ストロングタイタン坂路でシャープな伸び
 重賞初制覇を狙うストロングタイタンが、坂路でシャープな伸びをみせた。川田騎手が騎乗し、1ハロンごとに15秒2-13秒9-12秒6のラップを刻み、徐々にペースアップ。ラスト1ハロンはこの日最速タイの11秒9(4ハロン53秒6)をマークした。 「冬よりも夏の方がいいですし、すごくいい状態だと思います」と川田騎手はデキに太鼓判。ただ、今週末は台風の影響が気がかりな様子で、「重たくなるより、軽い馬場の方がいいですね」と良馬場を願っていた。★小倉記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年8月3日(木) 05:07

 1,663

小倉記念の直前追い切り情報をもっと見る >

小倉記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

8月6日 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv120 
6,820円 68,200円
Lv113 
300円 30,000円
Lv112 
300円 12,000円
Lv112 
830円 83,000円
Lv109 
710円 7,100円

的中情報をもっと見る >

小倉記念過去10年の結果

2016年8月7日() 小倉競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 クランモンタナ 和田竜二 2:00.0 36.6倍 98.9
2着 ベルーフ D.ホワイト クビ 7.8倍 98.9
3着 エキストラエンド 浜中俊 1/2 10.9倍 98.3
2015年8月9日() 小倉競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 アズマシャトル 松若風馬 1:58.0 8.8倍 104.1
2着 ベルーフ Z.パートン 1 1/4 6.0倍 102.9
3着 ウインプリメーラ 和田竜二 クビ 6.8倍 102.9
2014年8月10日() 小倉競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重
1着 サトノノブレス 和田竜二 1:59.8 4.9倍 103.6
2着 マーティンボロ 藤岡佑介 1 3/4 9.9倍 101.9
3着 メイショウナルト 田辺裕信 1 3/4 4.3倍 100.1

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

小倉記念の歴史と概要


2014年の優勝馬サトノノブレス

小倉競馬場で最も歴史の古い重賞で、創設以来芝2000mを舞台に行われている(一部、代替開催を除く)。第27回(1991年)はナイスネイチャ、第28回(1992年)はイクノディクタスと、ファンに人気の個性派が勝利。“薔薇一族”の血を引き継ぐロサードは、第37回(2001年)、第39回(2003年)と1年空けてV2を達成した。第40~41回(2004~2005年)は小倉のスペシャリストとして名を馳せたメイショウカイドウが連覇。第44回(2008年)はG1馬のドリームジャーニーが参戦し、格の違いを見せつけた。

歴史と概要をもっと見る >

小倉記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月22日(
トヨタ賞中京記念 G3
函館2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年7月21日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2018年7月22日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る