会員登録はこちら
函館記念 G3   日程:2018年7月15日() 15:45 函館/芝2000m

函館記念データ分析

コース図函館芝2000m

波乱傾向の強いハンデキャップ重賞。ハンデは軽すぎず、重すぎずの斤量54~57キロが主力となる。2008年以降の1着馬10頭のうち9頭は54~56キロ馬。また、56~57キロ馬が毎年のように3着入りしている。とりわけ後者に関しては、6番人気以下の伏兵が2013年以降だけでも、4回馬券絡みを果たすなど、信頼度の高さと爆発力については折り紙付きで、ここを狙わない手はない。舞台となる函館芝2000mは、3~4コーナーにかけて下り坂があるうえに、最後の直線は262mと短いレイアウト。後方一手の馬には厳しく、先行勢が活躍しやすい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

【人気】
2008年以降、1番人気が【0.2.0.8】と未勝利のうえ、複勝率も低水準。2011年から7年連続で馬券圏外に沈んでいるように、さっぱりアテにできない。対照的に素晴らしい成績を残しているのが、6~9番人気のゾーン。毎年のように上位を賑わせており、3着内に2頭が食い込むケースも少なくない。2着5回を数える10~14番人気も侮れず、人気薄を積極的に買うべきレースであるのは間違いない。

◆人気別成績(過去20年)

人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1番人気 2-3-1-14 10.0% 25.0% 30.0% 38.0% 46.5%
2番人気 3-2-3-12 15.0% 25.0% 40.0% 95.0% 80.0%
3番人気 3-1-1-15 15.0% 20.0% 25.0% 93.0% 65.0%
4番人気 5-0-1-14 25.0% 25.0% 30.0% 186.0% 81.0%
5番人気 1-1-1-17 5.0% 10.0% 15.0% 45.0% 47.5%
6~9番人気 5-5-11-59 6.3% 12.5% 26.3% 139.6% 136.1%
10番人気以下 1-8-2-112 0.8% 7.3% 8.9% 38.3% 78.3%

◆単勝オッズ別成績(過去20年)

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1.9倍以下 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
2.0~2.9倍 0-1-1-1 0.0% 33.3% 66.7% 0.0% 86.7%
3.0~4.9倍 3-2-1-15 14.3% 23.8% 28.6% 59.0% 53.3%
5.0~7.9倍 9-3-3-31 19.6% 26.1% 32.6% 132.6% 75.7%
8.0~14.9倍 5-3-6-59 6.8% 11.0% 19.2% 81.8% 71.2%
15.0~19.9倍 0-2-7-15 0.0% 8.3% 37.5% 0.0% 189.2%
20.0~49.9倍 3-8-1-67 3.8% 13.9% 15.2% 148.2% 115.3%
50.0倍以上 0-1-1-55 0.0% 1.8% 3.5% 0.0% 56.3%

◆配当(過去10年)

馬券種最高配当最低配当平均配当
単勝 900円 480円 686円
複勝 1,530円 160円 440円
枠連 19,400円 680円 4,349円
馬連 35,130円 1,540円 9,848円
ワイド 10,500円 460円 2,790円
馬単 53,160円 3,190円 15,925円
3連複 152,330円 3,020円 38,060円
3連単 915,320円 17,620円 217,383円

【脚質】
3~4コーナーにかけて下り坂が配され、最後の直線は262mと短い函館芝2000m。コース形態からも「前有利」となるのは当然の話で、悪くても4コーナーで中団より前にいないと、勝ち負けには持ち込めない。2008年以降、4角10番手以下から馬券絡みを果たしたのは、2011年3着のアクシオン1頭だけ。直線での末脚勝負に懸けるようなタイプは、たとえ実績上位馬であっても買いづらい。あくまで逃げ~先行勢重視が鉄則である。

◆脚質別成績(過去20年)

脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
逃げ 2-2-2-15 9.5% 19.0% 28.6% 58.1% 112.9%
先行 9-12-7-47 12.0% 28.0% 37.3% 158.8% 172.0%
差し 8-6-9-88 7.2% 12.6% 20.7% 101.5% 96.6%
追込 1-0-2-93 1.0% 1.0% 3.1% 6.5% 9.7%

【枠順】
枠順については、「真ん中より内が有利」。枠順別成績を見ればわかるように、2~4枠が上々の成績を残している。対照的に8枠は不振が続いており、函館開催に限定すると2001年2着のクラフトマンシップを最後に連対馬が出ていない。なにか突出した買い材料でもない限り、8枠の馬は人気の有無にかかわらず、一枚割り引いて考えたほうがいいだろう。

◆枠順別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠 0-2-3-29 0.0% 5.9% 14.7% 0.0% 104.4%
2枠 4-3-4-25 11.1% 19.4% 30.6% 70.0% 116.7%
3枠 6-0-1-30 16.2% 16.2% 18.9% 119.2% 55.9%
4枠 4-3-3-29 10.3% 17.9% 25.6% 136.7% 99.5%
5枠 2-4-2-31 5.1% 15.4% 20.5% 51.5% 102.3%
6枠 1-3-2-33 2.6% 10.3% 15.4% 23.1% 46.9%
7枠 2-4-1-32 5.1% 15.4% 17.9% 235.9% 122.3%
8枠 1-1-4-34 2.5% 5.0% 15.0% 16.3% 65.8%

【血統】
近年は、ステイゴールドやマンハッタンカフェ、ダンスインザダークなど、スタミナ&持続力に長けたサンデーサイレンス系を持つ馬の活躍が顕著。ほかでは、ノーザンダンサー系やロベルト系など、パワータイプの種牡馬を父あるいは母父に持つ馬の好走例が多い。なかでも注視すべきは、サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系orロベルト系の組み合わせ(逆もあり)を持つ馬だ。2012年以降、2勝を含む3着以内馬9頭を送り出し、うち7頭は7番以下の人気薄。条件を満たす馬は人気の有無を問わず、徹底マークが必要だ。

◆同コース種牡馬別成績(函館競馬場/芝/2000m/過去5年)集計期間:2013/07/08~2018/07/08

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝
回収率
複勝
回収率
1 ハービンジャー 8-7-5-41 13.1% 24.6% 32.8% 71.5% 64.8%
2 キングカメハメハ 7-5-5-45 11.3% 19.4% 27.4% 192.1% 106.0%
3 ハーツクライ 7-3-4-30 15.9% 22.7% 31.8% 46.1% 66.1%
4 ディープインパクト 6-9-4-52 8.5% 21.1% 26.8% 37.0% 67.5%
5 ステイゴールド 5-5-8-62 6.3% 12.5% 22.5% 50.5% 58.1%
6 マンハッタンカフェ 5-1-4-39 10.2% 12.2% 20.4% 110.0% 47.8%
7 ジャングルポケット 3-1-4-46 5.6% 7.4% 14.8% 31.7% 36.7%
8 ゼンノロブロイ 3-0-5-23 9.7% 9.7% 25.8% 378.4% 185.8%
9 シンボリクリスエス 3-0-4-27 8.8% 8.8% 20.6% 149.7% 93.8%
10 ネオユニヴァース 2-9-4-35 4.0% 22.0% 30.0% 16.4% 127.4%
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
58,278万円
5 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 ワグネリアン 牡3
36,086万円
2 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る