会員登録はこちら
函館記念 G3   日程:2013年7月14日() 15:25 函館/芝2000m

レース結果

函館記念 G3

2013年7月14日() 函館/芝2000m/16頭

本賞金:4,000万 1,600万 1,000万 600万 400万


レコード:1分57秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 8

トウケイヘイロー

牡4 57.5 武豊  清水久詞 492(+4) 1.58.6 4.8 3
2 1 1

アンコイルド

牡4 55.0 吉田隼人  矢作芳人 486(-2) 1.58.9 1 3/4 14.3 7
3 8 15

アスカクリチャン

牡6 56.0 岩田康誠  須貝尚介 496(-2) 1.58.9 クビ 20.4 8
ラップタイム 12.2 - 11.0 - 11.7 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.0 - 11.6 - 12.1
前半 12.2 - 23.2 - 34.9 - 46.7 - 58.8
後半 59.8 - 47.7 - 35.7 - 23.7 - 12.1

■払戻金

単勝 8 480円 3番人気
複勝 8 230円 3番人気
1 400円 6番人気
15 600円 8番人気
枠連 1-4 2,940円 12番人気
馬連 1-8 3,590円 18番人気
ワイド 1-8 1,540円 19番人気
8-15 2,030円 25番人気
1-15 2,770円 32番人気
馬単 8-1 6,070円 27番人気
3連複 1-8-15 21,930円 67番人気
3連単 8-1-15 102,090円 306番人気

函館記念のニュース&コラム

【函館記念】武初V!トウケイヘイロー独り旅
 第49回函館記念(14日、函館11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4000万円 =出走16頭)サマー2000シリーズ第2戦は、武豊騎乗で3番人気のトウケイヘイローが逃げ切り、GIII鳴尾記念に続く重賞連勝を決めた。タイム1分58秒6(良)。武豊騎手は函館記念初Vで、函館の重賞制覇は16年ぶり2度目。1馬身3/4差の2着に7番人気アンコイルド、さらにクビ差の3着に8番人気アスカクリチャンが入り、1番人気エアソミュールは10着に敗れた。 トウケイヘイローが、トップハンデの57・5キロをモノともせずに逃げ切り勝ち。鳴尾記念に続く重賞連勝を飾った。 「『馬と仲良く走れたら』と思っていました。向こう正面もうまく走ってくれましたね。僕自身も函館(の重賞勝利)は久しぶりです」 ユタカスマイルが弾けた。JRA重賞283勝目だが、函館記念は4度目の挑戦で初勝利。函館の重賞は過去、1997年のGIII函館3歳S(現・函館2歳S=アグネスワールド)を勝っているだけで、16年ぶりVだ。 1000メートル通過58秒8と絶妙なペースで逃走。3コーナーを過ぎても手綱は持ったままで、直線でしっかり伸びた。 「この距離でも折り合える。血統的にもこれくらいの距離が合うね」とジョッキー。17日にはトルコで開催される『トルコジョッキークラブ国際騎手招待レース』が控えており、弾みのつく勝利に「世界選抜に選ばれたので、日本代表としていい競馬をしてきたい」と力を込めた。
2013年7月15日(月) 05:05

 1,212

【函館記念】見せ場なく後退…ソミュール10着
 第49回函館記念(14日、函館11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4000万円 =出走16頭)前哨戦の巴賞を勝ち、1番人気に支持されたエアソミュールは、見せ場なく10着に惨敗した。道中は中団外めにつけたが、引っ掛かってリズムを欠き、4コーナーから余力なく後退した。 和田竜二騎手は「道中はハミが抜けなかった。抜けた頃にはもうね…。きょうはそれに尽きる」とガックリ。課題に挙げられていた気性の難しさがモロに出てしまったようだ。★函館記念の着順・払戻金はこちら
2013年7月15日(月) 05:04

 941

【函館記念】レースを終えて…関係者談話
◆岩田康誠騎手(アスカクリチャン3着)「外枠だったが、3、4コーナーからうまく内にもぐりこめた。内枠だったら結果は違ったかもしれない」◆柴山雄一騎手(トウカイパラダイス5着)「いい位置で進められた。4コーナーまで持ったままが理想だったが…。久々のぶんかも」◆柴田善臣騎手(レインボーダリア6着)「早めに動きたかったが、内めの枠で動くに動けなかった」◆四位洋文騎手(メイショウウズシオ7着)「大外枠で何もできなかった。馬混みに入れたかったが…」◆松田大作騎手(モズ8着)「3コーナーでペースが上がった時に少し苦しがった」◆丸田恭介騎手(ネヴァブション9着)「最後はいい脚を使ってくれたが、3コーナーでリズムを崩したのが…」◆大野拓弥騎手(コスモラピュタ12着)「前半がスムーズじゃなかった」◆三浦皇成騎手(ネオブラックダイヤ13着)「距離はもう少し長いほうがいい。ペースが上がった時についていけなかった」◆伴啓太騎手(イケドラゴン15着)「他が速くてハナに行けなかった」◆丹内祐次騎手(コスモネモシン16着)「外枠だったこともあり、行きたがった」★函館記念の着順・払戻金はこちら
2013年7月15日(月) 05:04

 1,398

【函館記念】絶好の手応えも…アンコイルド2着
 第49回函館記念(14日、函館11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4000万円 =出走16頭)逃げるトウケイヘイローのすぐ後ろにいたアンコイルドは、絶好の手応えで4コーナーへ。スタンドで身を乗り出す矢作芳人調教師、鞍上の吉田隼人騎手はともに「よしっ!」と叫んだが、1馬身3/4差の2着だった。 「切れる馬ではないから脚いろが一緒になった。枠順((1)番枠)が良く、この馬の良さ(しぶとさ)を生かし切れたが…」と吉田騎手。矢作師は「勝った馬が強かった」と相手を称賛した。★函館記念の着順・払戻金はこちら
2013年7月15日(月) 05:04

 704

函館記念のニュースをもっと見る >

【函館記念】サトノギャラント“静”でも躍動
 “静”の調整でも躍動感は隠し切れない。サトノギャラントが、目下の充実ぶりを物語る追い切りを披露した。 午前5時半のコース開場直後、いの一番に函館Wコースへ飛び出した。5Fから徐々にペースを上げ、終始馬なりながら全身をダイナミックに使ったフットワークで迫力十分。中2週→中1週の強行軍でも、さらなる上積みすら感じさせた。 「いい走りをしていました。火曜からずっと乗ってますけど、本当にいい感じできています」と北村宏騎手。巴賞は0秒3差2着だったが、「スタートが速くないので、他の馬に前に入られてポジションが後方になってしまった。1コーナーまでの入りが長くなるのはいい」と1F延長での変わり身を見込んでいる。 懸念された天気も週末は曇りの予報で、「切れ味勝負の馬だから良馬場でやれれば」。シンボリクリスエス×スティンガーという藤沢和厩舎ゆかりの良血馬が、いよいよ重賞初Vに王手だ。(夕刊フジ)★函館記念の特別登録(想定騎手入り)はこちら
2013年7月11日(木) 12:00

 465

【函館記念】鞍上絶賛!ヘイロー楽々12秒5
 函館記念(14日、GIII、芝2000メートル)の追い切りが10日、函館競馬場と美浦トレセンで行われた。鳴尾記念を勝ち57・5キロのトップハンデを背負うトウケイヘイローは、函館Wコースでシャープな動きを披露した。出走予定馬中ただ1頭の調教評価Sを獲得。巴賞を勝ったエアソミュールも豪快な伸びで順調をアピールした。 鳴尾記念を制し、戦列復帰から4戦3勝のトウケイヘイローが、目下の充実ぶりを表すかのように、シャープな反応を見せた。 肌寒い曇り空の下、函館Wコースをゆっくり周回し、単走のまま2周目で追い切りへ移行。折り合いをつけながらジワジワ加速していき、手応え良く4コーナーを回って直線に向いた。調整役の荻野要騎手(レースは武豊騎手)の手はほとんど動かなかったが、ラスト1ハロンは12秒5(5ハロン68秒1)の切れ味。「少し仕掛けたらビューンですよ。凄くいい動きだった」と手放しで褒めるほどだ。 骨折休養明けから連勝でダービー卿CTを勝ち、春はマイルGI安田記念が目標だったが、賞金不足で除外。「安田記念を走っていたら、また違った形になっていた」と清水久調教師は振り返る。GI出走の望みが叶わず鳴尾記念に回ったことが、新たな一面を引き出す結果となった。 マイルを超える距離が未経験だったトウケイヘイローにとって、鳴尾記念の2000メートルは未知の領域。1年9カ月ぶりにコンビを組んだ武豊騎手の好リードで向こう正面からハナを奪い、直線で再び後続を突き放した。「あの4コーナーのタメは神がかっていた」とトレーナーもユタカの手腕に絶大な信頼を置く。 「きょうの動きを見て安心した。パワーがあるから洋芝も問題ない。距離も前走で克服できたし、ハンデも馬格があるから大丈夫」 トレーナーの表情に不安はない。トップハンデの57・5キロは、力を認められた証し。上半期の急上昇株トウケイヘイローの勢いはまだまだ止まらない。(板津雄志)
2013年7月11日(木) 05:05

 1,136

【函館記念】レインボーダリア、パワフルな走り
 レインボーダリアは僚馬ムーンメイヴン(牝3未勝利)と函館芝コースでの併せ馬。先行した僚馬を徐々に追い詰め、直線はインから馬体を併せて追い比べで首差先着。しまい重点に5ハロン64秒4、上がり35秒6-11秒6の時計は上々だ。 動きのよさに二ノ宮調教師の口調も弾んだ。時計を聞かされ「えっ、67秒程度と踏んでいたのに…」と驚いた後に「ファンタストクラブ(北海道日高町)で68秒台の時計を出して函館入りした。こちらの水が合うのか、馬体に張りがあってかなり良い状態。年を感じさせないデキだ」と胸を張った。パワフルな走りで函館の洋芝は合っているだけに、怖い1頭だ。
2013年7月11日(木) 05:04

 516

【函館記念】追って一言
◆アンコイルド・吉田隼騎手「もともと硬さのある馬だけど、1回使ってよくなっている。小回りなのでスタートを決めたい」◆イケドラゴン・伴啓騎手「美浦でも乗ったことありますが、いい反応でした。思い切った競馬をしたいです」◆カリバーン・鹿戸雄師「7日にも追っているので、今朝(10日)は(美浦の)坂路で3頭併せ。前走後も予定どおり来ているし、やっと適距離を使えるね」◆コスモネモシン・丹内祐騎手「重いと聞いていたけど、感触はよかった。リキまずに行ければ、上位争いができるかも」◆コスモラピュタ・大野拓騎手「集中力があったし、気合も乗ってきた。長くいい脚を使うので、しぶとさを生かす競馬をしたい」◆ネヴァブション・丸田恭騎手「しっかりしたかきこみで、気持ちよく走っていました。いい感じで具合はいいですよ」◆ネオブラックダイヤ・鹿戸雄師「前走はもうひとつ反応が良くなかったが、連闘は予定通り。ハンデ差もあるし、うまく立ち回れれば」◆ホッカイカンティ・村田一騎手「びっしりやりました。これまでとはまったく違っていい感じです。洋芝も合っています」◆モズ・松田大騎手「気の悪さを出していた。自分の形に持ち込めればいいが、同型馬との兼ね合いがどうか」
2013年7月11日(木) 05:04

 825

函館記念の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


函館記念過去10年の結果

2012年7月15日() 函館競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 トランスワープ 大野拓弥 2:00.4 7.2倍 104.0
2着 イケトップガン 丸田恭介 1 1/4 27.0倍 102.8
3着 ミッキーパンプキン 池添謙一 ハナ 15.1倍 102.8
2011年7月24日() 函館競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 キングトップガン 横山典弘 2:00.3 7.6倍 101.4
2着 マヤノライジン 松田大作 クビ 38.2倍 101.4
3着 アクシオン 三浦皇成 1 3/4 15.4倍 99.6
2010年7月25日() 函館競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

函館記念の歴史と概要


2013年の優勝馬トウケイヘイロー

函館競馬場で最も古い歴史を持つ伝統のハンデ重賞にして、サマー2000シリーズの第2戦。8月に開催されていた時代は、時期的、ハンデ的に3歳馬も出走しやすく、第22回(1986年)のニッポーテイオー、第24回(1988年)のサッカーボーイなど、銘柄級トップホースが古馬を撃破した歴史がある。そして、函館記念と言えば、とにもかくにもエリモハリアー。第41回(2005年)から第43回(2007年)にかけて3連覇を達成した大偉業は、今後ともファンの間で語り継がれていくことだろう。

歴史と概要をもっと見る >

函館記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月24日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2018年11月25日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2018年11月24日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2018年11月25日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る