会員登録はこちら
函館記念 G3   日程:2009年7月26日() 15:25 札幌/芝2000m

レース結果

函館記念 G3

2009年7月26日() 札幌/芝2000m/16頭

本賞金:4,300万 1,700万 1,100万 650万 430万


レコード:1分58秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 16

サクラオリオン

牡7 56.0 秋山真一  池江泰郎 476(-4) 2.00.6 6.5 4
2 5 9

マヤノライジン

牡8 55.0 藤田伸二  梅内忍 472(-8) 2.00.7 1/2 23.3 10
3 6 12

メイショウレガーロ

牡5 55.0 岩田康誠  小島太 460(+4) 2.00.7 クビ 12.8 8
ラップタイム 12.4-11.6-12.1-12.4-12.3-12.3-12.0-11.7-11.5-12.3
前半 12.4-24.0-36.1-48.5-60.8
後半 59.8-47.5-35.5-23.8-12.3

■払戻金

単勝 16 650円 4番人気
複勝 16 220円 2番人気
9 570円 10番人気
12 370円 7番人気
枠連 5-8 2,150円 12番人気
馬連 9-16 6,600円 30番人気
ワイド 9-16 1,840円 27番人気
12-16 1,130円 10番人気
9-12 2,800円 42番人気
馬単 16-9 12,950円 59番人気
3連複 9-12-16 20,140円 80番人気
3連単 16-9-12 121,200円 453番人気

函館記念のニュース&コラム

【酔いどれブログ】サクラサクラで10万両!
 ウッシッシ(どうも古いね)、でもウッシッシ。何てったって函館記念のサクラオリオンの単勝が650円もつくんだから、やっぱりウッシッシだ。 札幌地方は天候不順で、馬場悪化は避けられない状況だったし、重上手のサクラが1番人気かと思っていたら、何と4番人気の好配当よ。アイビスサマーダッシュのカノヤザクラの単勝儲け分を、全部サクラオリオンの単・複に入れちゃいますよと、断言した先週の当ブログ。季節外れの“サクラ祭り”は、2分ソコソコで10万両に膨れ上がった。 やっぱり、金の匂いが人を呼ぶのか、昼間、BSフジに出演していた新潟帰りのムクちゃん、遊び人の金さん、それに生足が抜群に綺麗なひとみちゃんが入れば華やかな飲み会。全て酔いどれオヤジ持ちの大盤振る舞いだが、いつも江古田のカフェバーなので、いくら飲んでも金額は大したことはありません。いいね、金持ちは…。 七夕賞、アイビスサマーD、函館記念と3週連続の黒字配当。もう、そろそろの所が、難解なハンデの小倉記念。 今週も木曜の段階で予想しちゃいます。本命はホッコーパドゥシャ(ローマ字打ちだと難しい)。何しろ平坦右回りに替わればガラリ一変する馬で、春には阪神の大阪城S8着から福島民報杯を4馬身差のレコード圧勝、前走にしても東京のエプソムC9着から七夕賞0・1秒差3着。これだけ心変わりする奴も珍しい。 当然、小倉にも実績十分。ハンデ56キロで鞍上が名手なら、当然の勝ち負けモード。人気も割れているし、ここも単勝勝負が正解。軍資金が豊富なら、無理筋な3連単なんぞに手は出しません。正道の単勝勝負で、4週連続的中の快挙と参りましょうか。 では、また来週じゃなかった。おじさんも8月は夏休み。ロンバケに入りますので、ブログ更新は下旬辺りになります。どうもすいません。三原 吉次(みはら・よしじ)サンケイスポーツ記録部から競馬エイト編集部に足かけ20数年の競馬一筋男。同期に吉田均、藤牧満男、戸田一生の競馬エイトが誇る名物トラックマン。若手トラックマン椋木宏、星政彦、ヒロシらとも交流しており、競馬エイトからの調教、厩舎情報はバッチリ。彼らの本音を聞き出しての情報分析に自身の独特予想理論から買い目を絞った予想がセールスポイント。堅いところから大穴までまかせなさい。
2009年7月30日(木) 10:25

 781

【次走報】レッドアゲートはみなみ北海道Sへ
 ★…盛岡のローカル重賞せきれい賞で2着に敗れたコスモバルク(北・田部、牡8)は「引退も考えたが、もう一度挑戦させてあげたい」という岡田繁幸氏の考えにより、産経賞オールカマー(9月27日、中山、GII、芝2200メートル)に向かう。 ★…函館記念で1番人気に支持されたが12着に敗れたマイネルチャールズ(美・稲葉、牡4)は札幌記念には向かわず29日に放牧。産経賞オールカマーか福島記念(11月21日、福島、GIII、芝2000メートル)が有力。 ★…新潟の麒麟山特別をダ1800メートル1分49秒5のコースレコードで勝ったトランセンド(栗・安田隆、牡3)は、新設重賞のレパードS(8月23日、新潟、G外、ダ1800メートル)へ。 ★…KBC杯を勝ったマルブツリード(栗・大根田、牡6)、6着ラッキーブレイク(栗・音無、牡8)、8着ワキノエクセル(栗・村山、牡7)、9着ウインカーディナル(栗・中竹、牡7)は関越S(8月8日、新潟、OP、ダ1800メートル)へ。 ★…函館記念を除外されたレッドアゲート(美・田村、牝4)は中舘騎手とのコンビでみなみ北海道S(8月8日、札幌、OP、芝2600メートル)へ。函館記念4着のブラックアルタイル(美・二ノ宮、せ7)はみなみ北海道Sか札幌記念(8月23日、札幌、GII、芝2000メートル)。新潟大賞典14着後に放牧に出ていたトーセンキャプテン(栗・角居、牡5)は今週末に函館競馬場へ入厩し、札幌記念を目指す。鞍上は藤岡佑介騎手。
2009年7月30日(木) 05:04

 461

【函館記念】変幻自在!オリオン重賞2勝目
 第45回函館記念(26日、札幌9R、GIII、3歳上オープン国際、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4300万円=出走16頭)秋山真一郎騎乗の4番人気サクラオリオンが、直線で外に持ち出されると力強く伸びて快勝。昨年の桜花賞馬や牡馬クラシック実績馬を撃破し、重賞2勝目を挙げた。2分0秒6(良)。今後はGI馬が顔を揃える札幌記念に向かう予定。半馬身差2着に10番人気のマヤノライジン、3着に8番人気のメイショウレガーロが逃げ粘り、3連単は12万超馬券の波乱。1番人気マイネルチャールズは12着に惨敗した。 外から内へ、そしてまた外へ。神出鬼没、変幻自在の動きも得意のコースだからこその芸当なのか。4番人気のサクラオリオンが、94年以来15年ぶりとなる“札幌”の函館記念を制した。 大外の(16)番枠からスタートしたはずのオリオンが、向正面に入るといつのまにか内ラチ沿いの経済コースを走っている。3コーナー過ぎも内。直線もハンデ戦らしくゴチャつく展開となった。 「思ったほど行きっぷりが良くなかったんで内に入れたんです。でも今度は抜けられない…」 馬群が固まる中、秋山騎手を救ったのは馬自身だった。「外へ持っていかれてうまく出せた」と振り返るように、オリオン自ら進路を見つけて突進。そこから目の覚める伸びを見せ、先に抜け出したマヤノライジンを半馬身捕らえた。 「直線は手前を替えていないけど、加速してくれたし、よっぽどこの条件が合っているんでしょうね」 秋山騎手も驚くほど、この札幌では走る。これで(2)〔1〕(3)〔1〕着とパーフェクトで馬券に絡んでいるのだから、ファンにとっては信頼できる馬だ。 90年ラッキーゲラン、91年メジロマーシャスで連覇して以来、18年ぶりに函館記念を勝った池江郎調教師も「洋芝が合っているんやろなあ」と感心しきり。デビューが3歳の3月で、1年以上の休養も経験しているオリオン。「大事にしてきましたからね。今がちょうど成長しているのかもしれない」と7歳を迎えての愛馬の開花に笑顔を見せた。 GIIIで2勝したサクラオリオンは、5着だった僚馬ドリームサンデーとともに、短期放牧を挟んで札幌記念(8月23日、札幌、GII、芝2000メートル)へ。2冠牝馬ブエナビスタやディープスカイといったGI馬が相手となるが、大好きな札幌の空に再び輝きを放つことがあるかもしれない。(柴田章利)
2009年7月27日(月) 05:08

 653

【函館記念】藤田も悔いなし!ライジン2着
 第45回函館記念(26日、札幌9R、GIII、3歳上オープン国際、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4300万円=出走16頭)10番人気の伏兵マヤノライジンが半馬身差2着。勝ち馬の急襲に屈したが善戦だ。「勝った馬の方が決め手が上だった」と藤田伸二騎手は残念がったが、悔いはなかった。「早め早めに動いたが、久々にこの馬らしい競馬だった。リングハミの効果もあった」と淡々と振り返った。
2009年7月27日(月) 05:07

 709

函館記念のニュースをもっと見る >

【酔いどれブログ】桜の次もサクラで…
 アイビスサマーダッシュは外枠の牝馬が勝つと断言。それが見事に嵌って、牝馬では一番大外の8枠17番のカノヤザクラが圧勝。750円もつけば、御の字の単勝配当。馬単もカノヤザクラから外枠中心に6枠まで流し、3連単も1着固定で流したが、私生活同様に牝馬ばかりに目がくらみ、外枠有利なのに大外のアポロドルチェを買わないお粗末。 単勝分でプラスはプラスだが、獲らぬ狸の馬単、3連単の配当を計算すれば、全く情けない泣きの日曜だった。それでも、いつもの寿司屋のカウンターで、かっぱ巻き中心ながら美味しいお酒を飲めるのも、ミヤビランベリ、カノヤザクラのおかげです。 関東地方の梅雨明け宣言も3日間で終了、週末から雨続き。気象庁も、ちょっと早すぎたフライング梅雨明け宣言。天候不順は梅雨のない北海道でも同じで、札幌遠征から本土に戻ってきた山本TMは「あんなに寒い札幌は初めて」と言いながら蒸し暑い美浦へ。トラックマンの移動も大変そうだ。 その札幌で今週は函館記念。何か変。GI級の出走もある札幌記念と違って、舞台は札幌でも内容はGIIIハンデ戦。傾向通りに前哨戦の巴賞負け組を狙うのが基本中の基本ライン。 今週は枠順による有利、不利はありません。2週連続して枠順発表前予想が的中しているだけに、今週も木曜予想でやっちゃいます。 本命は巴賞3着のサクラオリオン。札幌洋芝の実績に前走負けてのハンデ56キロもグッド。先週は雨続きの札幌だったが、もし馬場が渋るようなら、この馬の勝つ確率が高くなるだけ。 カノヤザクラの単勝儲け分をサクラオリオンの単・複にガツンと行きますか。季節外れの“サクラ祭り”なれば日曜夜は“時価ネタ”中心の寿司三昧の食べ放題も、たぶん、あると思います。では、また木曜日に。三原 吉次(みはら・よしじ)サンケイスポーツ記録部から競馬エイト編集部に足かけ20数年の競馬一筋男。同期に吉田均、藤牧満男、戸田一生の競馬エイトが誇る名物トラックマン。若手トラックマン椋木宏、星政彦、ヒロシらとも交流しており、競馬エイトからの調教、厩舎情報はバッチリ。彼らの本音を聞き出しての情報分析に自身の独特予想理論から買い目を絞った予想がセールスポイント。堅いところから大穴までまかせなさい。
2009年7月23日(木) 10:31

 1,802

【函館記念】オリオンにライバル藤岡が太鼓判
 前哨戦の巴賞で3着だったサクラオリオンは、2着の僚馬ドリームサンデーと札幌芝コースで追い切りを行い、6ハロン82秒5、終い11秒6で併入。好相性の札幌、前走から1キロ減の56キロのハンデで再度上位を狙う。 2頭出しの池江郎厩舎がサクラオリオンとドリームサンデーを追い切りで競わせた。 前夜の雨はやんだが、札幌の馬場状態は悪化。それを見た大久保調教助手は池江郎調教師と早朝の電話連絡で芝コースに入れることに決めた。先行するサクラを2馬身ほど後ろから追走するドリーム。レースでは逆の立場になりそうな隊列でスタートすると、ゆったりしたペースから直線手前でペースアップ。サクラが6ハロン82秒5、3ハロン36秒3-11秒6(G前仕掛け)、ドリームが6ハロン81秒9、3ハロン36秒1-11秒6(直線追う)で並んだままゴールした。 「ドリームサンデーが後から行った理由? 理由なんてないよ。ドリームの方が動くから、オリオンのペースに合わせるようにしただけ」 コンゴウリキシオー(回避)の逃げを想定した追い切りでは、との報道陣の深読みを大久保助手は笑って打ち消した。レースではドリームに騎乗する藤岡佑騎手がオリオンの追い切りに騎乗したことにも、「特に理由なんてないって」と笑い飛ばす。ただ、動くドリームに騎手を乗せてオーバーワークにならないようにするためだったことは想像できる。 中京記念勝ちなど2000メートルで3勝のサクラには3着に敗れた1800メートルの巴賞から距離延長は歓迎。その前走は直線で手前を替えなかったようだが、騎乗した藤岡佑騎手(レースは秋山騎手)は「きょうは手前を替えたけど、それでも内にモタれてました。それよりも気分良く走らせた方がいいのかも」とあまり気にする必要はなさそう。「得意の洋芝だし、体調はすごく良さそうです」とライバルの状態に太鼓判を押すという不思議な立場だった。 一方のドリームに騎乗した大久保助手は「中1週だから大きく変わらないけど、1度使って雰囲気はいいですよ」と状態に自信を見せた。 前哨戦の巴賞では2、3着に敗れたドリームサンデーとサクラオリオン。巻き返しに向けて2頭ともに万全のデキで臨めそうだ。(柴田章利)
2009年7月23日(木) 05:06

 1,078

【函館記念】スカイ軽快も泣きの芹沢騎手
 巴賞勝ちのマンハッタンスカイは、函館芝コース単走で5ハロン68秒2、ラスト12秒8を馬なりでマーク。芹沢騎手は本心を抑えて(?)“泣いた”が、担当助手は「最近では一番いい状態」と本番でも好勝負を確信していた。 マンハッタンスカイは馬場状態が悪く、脚元への負担を軽減するために函館競馬場の芝コースへ。前走から中1週ということで指示通り軽めに追われたが、軽やかに歩を進め、直線はリズムよく弾けた。まったくの馬なりで5ハロン68秒2、上がり39秒0-12秒8。見た目は上出来に映った。 ところが、引き揚げてきてからの芹沢騎手の表情が浮かない。腕組みして何度となく首を傾げる。「印象とは違ったわ。疲れが残っているような感じを受けるし、中1週で使って重賞を勝てるほど競馬は甘くはないやろ」 前日までの絶好調宣言はどこへやらだ。巴賞以来、初めて手綱を取ったとしてもトーンダウンもいいところだ。どこが、どう良くない? 「レースまで日があるので、(状態が)戻り切るかやな。いま考えると前走が良すぎたんやろ。現時点では難しいんでは」 このコメントを伝え聞いた世話役の西谷調教助手は苦笑しながら、こう解説した。「あの人(芹沢騎手)は、他の人と正反対を言うことがありますからね。福島記念を勝った時も良くないって言ってましたから」。 これなら分かる。手応えを感じたからこそ、言ってみれば芹沢騎手ならではのカムフラージュと取れなくはない。西谷助手は続ける。「僕としては最近では一番いい状態と思っている。少なくとも巴賞と同じで、ジョッキーが泣くほどではありません。獣医のお墨付きも頂いていますから」。 芹沢騎手としては、その福島記念(昨年11月)以来の重賞制覇のチャンスなのだから慎重にならざるを得ず、いたずらに人気を煽るわけにはいかない。そう解釈すべきなのだろう。「前々の競馬で積極的に。スカイの競馬に徹するだけ」のコメントも出した芹沢騎手。ヤル気は内に秘めて人気馬の臨戦態勢は整った-。(水戸正晴)
2009年7月23日(木) 05:05

 1,075

【函館記念】マヤノライジン中1週も12秒9
 マヤノライジンは函館Wで5ハロン65秒0、3ハロン38秒8-12秒9(馬なり)。ゴール前わずかに追われるとシャープに反応した。梅内調教助手は「道中何度か滑ったが、中1週なのでこれで十分」と手応えを感じたようで「今回はメンコを外して臨む。気合を乗せたから。チャンスと思っています」とヤル気をのぞかせた。函館記念は過去、差がない(3)(5)着がある。重賞初制覇成るか注目だ。
2009年7月23日(木) 05:04

 673

函館記念の直前追い切り情報をもっと見る >

函館記念過去10年の結果

2008年7月27日() 函館競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2007年7月22日() 函館競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2006年7月23日() 函館競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

函館記念の歴史と概要


2013年の優勝馬トウケイヘイロー

函館競馬場で最も古い歴史を持つ伝統のハンデ重賞にして、サマー2000シリーズの第2戦。8月に開催されていた時代は、時期的、ハンデ的に3歳馬も出走しやすく、第22回(1986年)のニッポーテイオー、第24回(1988年)のサッカーボーイなど、銘柄級トップホースが古馬を撃破した歴史がある。そして、函館記念と言えば、とにもかくにもエリモハリアー。第41回(2005年)から第43回(2007年)にかけて3連覇を達成した大偉業は、今後ともファンの間で語り継がれていくことだろう。

歴史と概要をもっと見る >

函館記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月22日(
トヨタ賞中京記念 G3
函館2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年7月21日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2018年7月22日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る