会員登録はこちら
TV西日本北九州記念 G3   日程:2011年8月14日() 15:35 小倉/芝1200m

レース結果

TV西日本北九州記念 G3

2011年8月14日() 小倉/芝1200m/16頭

本賞金:4,000万 1,600万 1,000万 600万 400万


レコード:1分06秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 15

トウカイミステリー

牝5 52.0 北村友一  安田隆行 462(+18) 1.07.2 17.0 8
2 4 8

エーシンリジル

牝4 53.0 川田将雅  高野友和 474(+16) 1.07.3 1/2 4.4 2
3 3 6

エーシンヴァーゴウ

牝4 55.5 田辺裕信  小崎憲 466(+2) 1.07.3 クビ 3.1 1
ラップタイム 11.8 - 10.0 - 10.6 - 11.1 - 11.4 - 12.3
前半 11.8 - 21.8 - 32.4 - 43.5 - 54.9
後半 55.4 - 45.4 - 34.8 - 23.7 - 12.3

■払戻金

単勝 15 1,700円 8番人気
複勝 15 370円 7番人気
8 170円 2番人気
6 150円 1番人気
枠連 4-8 2,800円 13番人気
馬連 8-15 3,000円 10番人気
ワイド 8-15 960円 9番人気
6-15 1,400円 16番人気
6-8 420円 1番人気
馬単 15-8 8,250円 33番人気
3連複 6-8-15 4,830円 13番人気
3連単 15-8-6 39,250円 107番人気

TV西日本北九州記念のニュース&コラム

【レパードS】夏は藤原娘!今年はカラフル
 『夏は牝馬』の格言通りに、先週の北九州記念では牝馬が1~3着を独占した。3回目の今年、GIIIに格付けされたレパードSも狙いは牝馬だ。昨年、同じ牝馬のミラクルレジェンドでレパードSを制した栗東・藤原英昭厩舎が、今年は交流GII関東オークスで初重賞を手にしたカラフルデイズで連覇を狙う。 昨年、ミラクルレジェンドでレパードSを制した栗東・藤原英厩舎が、今年は同じ牝馬のカラフルデイズで連覇に挑む。 前走の交流GII関東オークスでは1400メートルから2100メートルへの一気の距離延長を考慮して、道中は好位の内々でロスのない競馬を展開。直線でGOサインが出ると着実に脚を伸ばし、ゴール寸前で逃げたピュアオパールを捕らえ、クビ差で待望の重賞タイトルをゲットした。 その後は滋賀県ノーザンファームしがらきでの短期放牧を挟み、レパードS参戦のため7月27日に栗東へ帰厩。11日の1週前追い切りではCWでトランソニック(牡5、500万下)を相手に5ハロン67秒8のラスト1ハロン12秒1(G前仕掛け)と抜群の動きを見せた。「けいこはしっかりと動けているし、前走の感じなら左回りも上手に走るので楽しみだ」と荻野調教助手の期待は大きい。 デビューからの3戦は芝で2、3、7着に終わったが、ダートに活路を求めた4戦目で初勝利を挙げると、その後も安定した走りを披露。前走で距離延長と左回りにもうまく対応し、選択肢を広げた。初めてになる新潟競馬場についても「前々で競馬を運べるのでいいと思う」と田代調教助手は重賞連勝に意欲を見せている。 今回は交流GIジャパンダートダービー2着のボレアス、同3着のタガノロックオンなどの牡馬と初めて対戦するが、重賞を勝っているのはカラフルデイズだけなので決して格負けしない。 『夏は牝馬』の格言も心強い。昨年のミラクルレジェンドもその格言通りの走りを見せ、先週の小倉日曜メーン・北九州記念ではトウカイミステリー、エーシンリジル、エーシンヴァーゴウと牝馬が3着までを独占。さらに新潟日曜メーン・天の川Sを勝ったのも牝馬のエオリアンハープと、カラフルデイズには強い追い風が吹いている。今年新設された交流重賞のJBCレディスクラシック(11月3日、大井、G外、ダ1800メートル)へ向かうためにも、牡馬陣を制圧して重賞連勝を決める!!★レパードSは今年からGIIIに格付け レパードSは3歳馬のダート中距離路線拡充の目的で、09年に新設された重賞競走。現在、新設された重賞は、2年間はノングレードして施行され、日本グレード格付け管理委員会で承認されれば3年目から格付けされることになっている。ちなみに第1回の優勝馬トランセンド(’10JCダート、’11フェブラリーS)、2着スーニ(’08全日本2歳優駿、’09JBCスプリント)はともにGIウイナーで、第2回の勝ち馬ミラクルレジェンドも続く交流GIIIクイーン賞を制しているように、過去2年の出走馬のレベルは高い。 
2011年8月16日(火) 05:05

 745

【北九州記念】ミステリー、人気馬なで斬った
 第46回北九州記念(14日、小倉11R、GIII、3歳上オープン国際特指、ハンデ、芝1200メートル、1着本賞金4000万円、サマースプリントシリーズ第3戦 =出走16頭)北村友一騎乗の8番人気トウカイミステリーが直線で外から鮮やかに差し切って、重賞初Vを成し遂げた。タイム1分7秒2(良)。次走はセントウルS(9月11日、阪神、GII、芝1200メートル)。サマースプリントシリーズ最終戦で、逆転優勝を目指す。2着に2番人気エーシンリジル、3着が1番人気エーシンヴァーゴウで、牝馬が1~3着を独占した。 曇り空の小倉で強烈な光を放った。ハンデ52キロの5歳牝馬トウカイミステリーがライバルたちをなで斬って、初タイトルをもぎとった。 「反応がよかったですし、しっかり伸びてくれました。追い切りにずっと乗っていたので、クセもつかんでいたし、自信を持って乗りました」 北村友一騎手が会心の騎乗に目を細めた。中団やや後方に位置し、直線で徐々に外へ持ち出してGOサイン。内で粘る人気3頭を横目に、メンバー最速の上がり3ハロン33秒6の末脚で突き抜けた。 「直線は内のエーシン(2頭)をみていて、どこにいるかわからなくなって…。でも、ゴール前で、ピンク帽のトウカイの勝負服がきたときには胸が熱くなりました」 安田隆調教師が興奮した口調で振り返る。騎手時代に91年皐月賞、ダービーを〔8〕枠で制したトウカイテイオーと同じ勝負服と、ピンク色の帽子。「やはりトウカイの勝負服にはピンクが似合います」。95年の厩舎開業以来、“トウカイ”の内村正則オーナーに初めて重賞Vの“恩返し”ができて、心が熱くなった。 もうひとつ感慨深い理由があった。騎手時代は小倉で大活躍し、小倉記念、小倉3歳S(現2歳S)、小倉大賞典は制したが、北九州記念には縁がなかった。「調教師になってから獲ろうと思っていたレース。本当にうれしい」と、トレーナーは声を弾ませた。 トウカイミステリーはサマースプリントシリーズで10点を獲得、函館SSを勝った僚馬カレンチャンと並び2位に浮上した。もしカレンチャンがキーンランドCを勝っても、次走のセントウルS(GIIは1着12点)を勝てば逆転は可能だ。ただし、セントウルSには安田隆行厩舎のエース、ダッシャーゴーゴーが出走予定。“短距離王国”を築き上げる安田隆厩舎の新星が、強い僚馬を相手に次はどんな走りを見せるだろうか。(土井高志)
2011年8月15日(月) 05:07

 891

【北九州記念】エーシンリジル期待膨らむ2着
 第46回北九州記念(14日、小倉11R、GIII、3歳上オープン国際特指、ハンデ、芝1200メートル、1着本賞金4000万円、サマースプリントシリーズ第3戦 =出走16頭)2番人気エーシンリジルは好位追走から4コーナーで内を通り、直線で力強く脚を伸ばしたが、ゴール寸前でトウカイミステリーの急襲に屈して1/2馬身差の2着に敗れた。「ほぼ勝ったなと思った瞬間、1頭だけ脚の違う馬にやられました。でも、短期間でここまで急成長してくれましたからね。これからも楽しみです」と、初騎乗の川田将雅騎手はパートナーの健闘を称えた。
2011年8月15日(月) 05:04

 572

【北九州記念】オオタカ4着も和田評価
 第46回北九州記念(14日、小倉11R、GIII、3歳上オープン国際特指、ハンデ、芝1200メートル、1着本賞金4000万円、サマースプリントシリーズ第3戦 =出走16頭)函館SS2着から小倉に遠征してきた関東馬テイエムオオタカは4着。メモリアルイヤーと激しい先行争いを演じて前半3ハロンは32秒4の速い流れとなったが、勝ち馬から1/2馬身、クビ、1/2馬身差と差はなかった。和田竜二騎手は「ペースはきつかった。最初からズッと外にモタれていたのも響いた。それでもよく頑張っている」とパートナーを労った。
2011年8月15日(月) 05:04

 551

TV西日本北九州記念のニュースをもっと見る >

【北九州記念】ヴァーゴウ、コースで12秒2
 サマースプリントシリーズ第3戦・北九州記念の追い切りが10日、栗東トレセンなどで行われた。アイビスSDに続くシリーズ2勝目を目指すエーシンヴァーゴウは実戦を想定した追い切りを敢行。軽快な動きで好調ぶりをアピールした。栗東坂路ではエーシンリジルとヘッドライナーがともに4ハロン51秒台の好時計をマークして、態勢を整えた。 軽快なフットワークが現在の好調ぶりを物語る。アイビスSDで重賞初制覇を飾ったエーシンヴァーゴウは実戦を想定したコース追いを敢行。この夏、本格化した新星が、シリーズ制覇へ万全の態勢を敷いた。 「久々にコーナーがある競馬なのでコースで追い切った。折り合いをつけて弾けさせるイメージ。しっかり動けていたし、最終調整としては十分じゃないかな」 見届けた小崎調教師が合格点を与える。直線競馬のここ2走の最終追い切りは坂路だったが、この日はCWコース。5ハロンから単走でスタートすると、スムーズにコーナーを通過した。そして直線へ入っても鞍上の手綱は動かず、ラスト1ハロンを12秒2(5ハロン66秒5)で楽に駆け抜けた。改めて高性能ぶりを示すとともに、仕上がりの良さをアピールした。 「時計も動きも予定通り。やればやるだけ時計が出てしまうし、オーバーワークは避けたかったからね」 暑い時期にハードトレは必要ない。小崎調教師はソフト仕上げに満足顔を浮かべた。 早くからスプリント能力は評価されていたが、頑固な気性が出世を遅らせた。過去には4コーナーで外に膨れて大敗を喫したこともあった。それでも「嫌なことがあったら曲げなかったけど、普段からのケアで、だいぶお姉ちゃんになってきたよ」と小崎調教師。気性面の成長が今年に入ってからの破竹の3連勝につながっているのだ。 サマースプリントシリーズ制覇へ王手をかける大事な一戦。調教面での工夫もさることながら、お盆の交通渋滞を考慮して普段より1日早い金曜出発と輸送面での対策もバッチリ整えている。 「タメて弾けさせる競馬で勝てた前走は収穫があった。4歳牝馬に55・5キロのハンデは楽ではないが、夏の女王に輝ければ」と師は力を込める。“直千”の女王から真のスプリント女王襲名へ。エーシンヴァーゴウが真夏の小倉で輝きを増す。(瀬戸聡)
2011年8月11日(木) 05:04

 601

【北九州記念】千二なら違うヘッドライナー
 サマースプリントシリーズ第3戦・北九州記念の追い切りが10日、栗東トレセンなどで行われた。栗東坂路ではエーシンリジルとヘッドライナーがともに4ハロン51秒台の好時計をマークして、態勢を整えた。 2番人気で11着に敗れたアイビスSDから巻き返しを期すヘッドライナーは坂路で単走。力強い動きで加速していき、4ハロン51秒7、ラスト1ハロン12秒2で駆け上がった。 「時計は優秀で動きも良かった。前走は直線1000メートルの競馬が合わなかった。実績がある1200メートルなら違うと思う」と西園調教師。ちなみに昨年の1着メリッサはは、1番人気のアイビスSD18着から大変身した。ヘッドライナーもその可能性は十分だ。
2011年8月11日(木) 05:03

 560

【北九州記念】サンダルフォン圧巻11秒3
 得意の小倉で一発を狙う。一昨年のこのレースを制したサンダルフォンはCWコースでハードな追い切りを敢行した。序盤をリラックスして入り、直線を向いてから徐々に加速度を増し、ラスト1ハロンは圧巻の11秒3。8歳馬でも元気一杯だ。 「先週の動きも良かったけど、今朝もいい動きだったね」と松永幹調教師は納得顔だ。今年は5戦して未勝利だが、「ここ2走は馬場が悪かったからね。小倉とは相性がいいし、良馬場で外枠を引ければ」と激走に期待を寄せた。
2011年8月11日(木) 05:03

 611

【北九州記念】リジル重賞初Vへ51秒6
 サマースプリントシリーズ第3戦・北九州記念の追い切りが10日、栗東トレセンなどで行われた。栗東坂路ではエーシンリジルとヘッドライナーがともに4ハロン51秒台の好時計をマークして、態勢を整えた。 重賞初Vをにらむエーシンリジルは、初コンビの川田騎手が先週に続いて騎乗し坂路で追い切った。最初の1ハロンを14秒0で入った後、13秒0、12秒5とペースアップ。ラスト1ハロンは他厩舎の馬と併せる形で12秒1(4ハロン51秒6)と鋭く決めた。 「直前の土曜は軽い運動だけ。それも考え、軽くはならないようにやった。動きは良くいい状態。チャンスはある」と高野調教師。川田騎手も「具合は良さそう。距離は向くし、ここで楽しみです」と目を輝かせた。
2011年8月11日(木) 05:03

 646

TV西日本北九州記念の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


TV西日本北九州記念過去10年の結果

2010年8月15日() 小倉競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 メリッサ 福永祐一 1:07.1 13.4倍 107.1
2着 スカイノダン 国分恭介 1/2 8.1倍 106.0
3着 サンダルフォン 酒井学 3/4 14.0倍 105.0
2009年8月16日() 小倉競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 サンダルフォン 酒井学 1:07.5 15.8倍 105.7
2着 レディルージュ 鮫島良太 1 1/4 5.0倍 103.6
3着 カノヤザクラ 小牧太 3/4 3.4倍 102.5
2008年8月17日() 小倉競馬場/芝1200m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

TV西日本北九州記念の歴史と概要


2017年の優勝馬ダイアナヘイロー

2006年に距離が一気に600m短縮され、レースの質が大きく変わったスプリント重賞。スプリンターズステークスの前哨戦に位置付けられているが、ハンデ戦ということもあり本番との直結度は低く、両レースに勝ったのは第43回(2008年)のスリープレスナイトしかいない。その一方、第49回(2014年)の覇者リトルゲルダ、第50回(2015年)を制したベルカントと、2年連続してサマースプリントチャンピオンを送り出した。芝1800m時代の勝ち馬には、G1馬のエイシンプレストン(第36回、2001年)や“ミスター小倉”メイショウカイドウ(第40回、2005年)などの強豪の名前も見られる。

歴史と概要をもっと見る >

TV西日本北九州記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年8月18日(
札幌記念  G2
TV西日本北九州記念  G3

競馬番組表

2019年8月17日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2019年8月18日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
10 ファンタジスト 牡3
11,012万円
» もっと見る