会員登録はこちら
関屋記念 G3   日程:2019年8月11日()  新潟/芝1600m

関屋記念データ分析

コース図新潟芝1600m

以前は半年以上の休養明けで臨んだ馬がロングシュートを決めることもあった関屋記念。しかし、サマーマイルシリーズが始まった2012年以降は様相が一変。連対馬は2018年1着のプリモシーン以外、同年6月以降に出走した馬で占められている。ローテ別では前走中京記念組が中心。なかでも、前走5番人気以内に支持されていた馬が強い。ほかでは、重賞実績も重視すべきファクターのひとつ。2008年以降、6番人気以下で連対を果たした馬は、例外なく重賞で複数回の連対経験があった。覚えておいて損はない傾向だ。レースが行われる新潟芝1600mは外回りコースを使用。最後の直線距離は約660mと日本で最も長く、スピードと瞬発力を兼ね備えた馬の好走率が高い。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

【人気】
2008年以降、1番人気は【3.3.1.4】と、平均的に活躍している印象。全体的に人気サイドは優勢で、連対馬22頭のうち18頭が5番人気以内となっている。また、前走の人気に着目すると連対馬22頭中19頭は前走1~5番人気に支持されていた。よって、前走から引き続き高い評価を受けている馬をフォーカスするのが、好結果に結び付きやすいと言えそうだ。

◆人気別成績(過去20年)

人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1番人気 6-4-5-5 30.0% 50.0% 75.0% 89.0% 112.5%
2番人気 3-2-1-14 15.0% 25.0% 30.0% 73.5% 51.5%
3番人気 2-2-5-11 10.0% 20.0% 45.0% 56.0% 102.0%
4番人気 5-3-0-12 25.0% 40.0% 40.0% 199.0% 101.5%
5番人気 0-3-1-16 0.0% 15.0% 20.0% 0.0% 52.5%
6~9番人気 3-5-4-68 3.8% 10.0% 15.0% 100.1% 74.5%
10番人気以下 1-1-5-121 0.8% 1.6% 5.5% 53.4% 36.4%

◆単勝オッズ別成績(過去20年)

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1.9倍以下 1-0-1-0 50.0% 50.0% 100.0% 95.0% 130.0%
2.0~2.9倍 3-3-1-2 33.3% 66.7% 77.8% 83.3% 107.8%
3.0~4.9倍 4-3-4-10 19.0% 33.3% 52.4% 84.8% 90.5%
5.0~7.9倍 6-4-4-24 15.8% 26.3% 36.8% 95.5% 77.6%
8.0~14.9倍 4-4-3-41 7.7% 15.4% 21.2% 89.8% 70.6%
15.0~19.9倍 0-3-2-18 0.0% 13.0% 21.7% 0.0% 83.0%
20.0~49.9倍 0-3-5-64 0.0% 4.2% 11.1% 0.0% 66.1%
50.0倍以上 2-0-1-88 2.2% 2.2% 3.3% 133.7% 28.6%

◆配当(過去10年)

馬券種最高配当最低配当平均配当
単勝 1,460円 280円 769円
複勝 810円 140円 305円
枠連 5,010円 550円 1,528円
馬連 7,180円 810円 2,807円
ワイド 3,920円 320円 1,469円
馬単 13,300円 1,740円 5,522円
3連複 25,190円 2,620円 11,110円
3連単 131,710円 17,110円 60,166円

【脚質】
脚質面は、別表の脚質別成績を見ればわかるように先行勢優勢。近年はこうした傾向が特に顕著で、2010年以降の勝ち馬のほとんど(2018年のプリモシーン以外)が、4コーナーを6番手以内で回っている。つまり、直線の長い新潟芝の外回りであっても、ある程度は前のポジションが有利ということ。後方からでも届くコース形態ではあるのだが、軸足を置くべきは好位から速い上がりに対応できる馬だ。

◆脚質別成績(過去20年)

脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
逃げ 3-2-3-12 15.0% 25.0% 40.0% 157.0% 162.0%
先行 7-7-4-53 9.9% 19.7% 25.4% 117.0% 82.5%
差し 6-4-10-109 4.7% 7.8% 15.5% 78.3% 49.5%
追込 4-7-4-73 4.5% 12.5% 17.0% 18.6% 40.1%

【枠順】
目立っているのが7~8枠馬の活躍だ。2004年以降、どちらかの枠が欠かさず連対を確保しているうえに、両枠内でのワンツーフィニッシュも珍しくない。特に7枠は単複ともに回収率が100%オーバーという優秀な内容。買い材料のある馬が外枠を引き当てた場合は、人気の有無にかかわらず積極的に狙っていきたい。

◆枠順別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠 1-0-2-29 3.1% 3.1% 9.4% 24.4% 21.3%
2枠 2-1-3-28 5.9% 8.8% 17.6% 192.6% 58.5%
3枠 2-1-2-30 5.7% 8.6% 14.3% 27.1% 31.7%
4枠 1-3-1-30 2.9% 11.4% 14.3% 19.4% 39.4%
5枠 1-3-7-27 2.6% 10.5% 28.9% 5.0% 96.6%
6枠 0-6-1-31 0.0% 15.8% 18.4% 0.0% 53.9%
7枠 8-2-3-34 17.0% 21.3% 27.7% 228.9% 108.5%
8枠 5-4-2-38 10.2% 18.4% 22.4% 66.9% 62.0%

【血統】
血統面については、突出した成績を残している種牡馬の存在が皆無の状況。従って、ここでは好走率の高い系統をピックアップしていきたい。2012年以降は、父か母父にノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬の活躍が顕著で、7勝を含む12連対。3着も5回を数える盛況ぶりだ。また、父ヘイルトゥリーズン系の好走例も多く、なかでも母父ノーザンダンサー系との相性が抜群。該当馬は5勝を含む3着以内11回と大活躍している。ほかでは、母父ボールドルーラー系も侮れない。馬券に絡んだ馬はいずれも6番人気以下の伏兵陣。条件を満たす馬の出走があれば、必ず押さえておきたい。

◆同コース種牡馬別成績(新潟競馬場/芝/1600m/過去5年)集計期間:2013/10/28~2018/10/28

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝
回収率
複勝
回収率
1 ハーツクライ 12-7-7-74 12.0% 19.0% 26.0% 149.9% 77.8%
2 ディープインパクト 11-26-18-104 6.9% 23.3% 34.6% 49.6% 80.9%
3 ダイワメジャー 10-7-6-77 10.0% 17.0% 23.0% 44.1% 48.4%
4 ステイゴールド 8-11-6-70 8.4% 20.0% 26.3% 98.2% 98.1%
5 キングカメハメハ 6-8-7-61 7.3% 17.1% 25.6% 61.3% 63.0%
6 ロードカナロア 5-3-2-10 25.0% 40.0% 50.0% 175.0% 91.0%
7 ヴィクトワールピサ 4-4-0-18 15.4% 30.8% 30.8% 84.2% 51.9%
8 アドマイヤムーン 4-2-1-30 10.8% 16.2% 18.9% 55.9% 34.1%
9 ディープブリランテ 4-1-2-16 17.4% 21.7% 30.4% 130.0% 76.1%
10 ゼンノロブロイ 3-4-3-36 6.5% 15.2% 21.7% 67.2% 61.3%
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年2月16日(
ダイヤモンドS  G3
京都牝馬ステークス  G3
2019年2月17日(
フェブラリーS  G1
小倉大賞典  G3

競馬番組表

2019年2月16日(
1回東京7日目
2回京都7日目
1回小倉3日目
2019年2月17日(
1回東京8日目
2回京都8日目
1回小倉4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 キセキ 牡5
41,956万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 ダノンチェイサー 牡3
5,871万円
8 グランアレグリア 牝3
5,845万円
9 クラージュゲリエ 牡3
5,774万円
10 ダノンキングリー 牡3
5,560万円
» もっと見る