会員登録はこちら
七夕賞 G3   日程:2020年7月12日()  福島/芝2000m

七夕賞の歴史と概要


2017年の優勝馬ゼーヴィント

「荒れるハンデ重賞」でおなじみの夏の福島の名物レース。ローカルのハンデ戦ゆえにレースレベルは高くないが、第24回(1988年)のコーセイ、第31回(1995年)のフジヤマケンザン、第34回(1998年)のオフサイドトラップ、第38回(2002年)のイーグルカフェなど、時おりG1好走馬の優勝も見られる。第44~45回(2008~2009年)はミヤベランベリが連覇。第53回(2017年)は前年のラジオNIKKEI賞の勝ち馬ゼーヴィントが勝利し、福島巧者ぶりを見せつけた。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第55回
2019年7月7日
福島 芝2000m
ミッキースワロー 牡5 1:59.6 菊沢一樹 菊沢隆徳 全着順を
見る
第54回
2018年7月8日
福島 芝2000m
メドウラーク 牡7 2:00.8 丸田恭介 橋田満 全着順を
見る
第53回
2017年7月9日
福島 芝2000m
ゼーヴィント 牡4 1:58.2 戸崎圭太 木村哲也 全着順を
見る
第52回
2016年7月10日
福島 芝2000m
アルバートドック 牡4 1:58.4 戸崎圭太 須貝尚介 全着順を
見る
第51回
2015年7月12日
福島 芝2000m
グランデッツァ 牡6 1:58.2 川田将雅 平田修 全着順を
見る
第50回
2014年7月13日
福島 芝2000m
メイショウナルト セ6 1:58.7 田辺裕信 武田博 全着順を
見る
第49回
2013年7月7日
福島 芝2000m
マイネルラクリマ 牡5 1:58.9 柴田大知 上原博之 全着順を
見る
第48回
2012年7月8日
福島 芝2000m
アスカクリチャン 牡5 2:01.1 内田博幸 須貝尚介 全着順を
見る
第47回
2011年7月10日
中山 芝2000m
イタリアンレッド 牝5 2:00.5 中舘英二 石坂正 全着順を
見る
第46回
2010年7月11日
福島 芝2000m
ドモナラズ 牡5 2:00.4 柴田善臣 音無秀孝 全着順を
見る
第45回
2009年7月12日
福島 芝2000m
ミヤビランベリ 牡6 2:00.2 北村友一 加藤敬二 全着順を
見る
第44回
2008年7月13日
福島 芝2000m
ミヤビランベリ 牡5 1:59.8 吉田豊 加藤敬二 全着順を
見る
第43回
2007年7月8日
福島 芝2000m
サンバレンティン 牡6 2:00.3 後藤浩輝 佐々木晶 全着順を
見る
第42回
2006年7月9日
福島 芝2000m
メイショウカイドウ 牡7 1:59.3 武豊 坂口正大 全着順を
見る
第41回
2005年7月10日
福島 芝2000m
ダイワレイダース 牡6 2:00.4 後藤浩輝 松山康久 全着順を
見る
第40回
2004年7月11日
福島 芝2000m
チアズブライトリー 牡6 2:01.7 柴田善臣 山内研二 全着順を
見る
第39回
2003年7月13日
福島 芝2000m
ミデオンビット 牡6 2:00.7 田中勝春 河野通文 全着順を
見る
第38回
2002年7月7日
福島 芝2000m
イーグルカフェ 牡5 1:59.2 田中勝春 小島太 全着順を
見る
第37回
2001年7月8日
福島 芝2000m
ゲイリートマホーク セ5 2:01.2 郷原洋司 秋山雅一 全着順を
見る
第36回
2000年7月9日
東京 芝2000m
ロングカイウン 牡7 2:01.1 菊沢隆徳 長浜博之 全着順を
見る
第35回
1999年7月10日
福島 芝2000m
サンデーセイラ 牡4 2:00.3 菅谷正巳 菅谷禎高 全着順を
見る
第34回
1998年7月11日
福島 芝2000m
オフサイドトラップ 牡7 1:59.2 蛯名正義 加藤修甫 全着順を
見る
第33回
1997年7月5日
福島 芝2000m
マイネルブリッジ 牡5 2:00.3 武豊 伊藤正徳 全着順を
見る
第32回
1996年7月6日
中山 芝2000m
サクラエイコウオー 牡5 1:59.0 西田雄一郎 境勝太郎 全着順を
見る
第31回
1995年7月9日
福島 芝2000m
フジヤマケンザン 牡7 2:02.2 蛯名正義 森秀行 全着順を
見る
第30回
1994年7月10日
福島 芝2000m
ニフティダンサー 牡6 2:01.2 竹原啓二 松山康久 全着順を
見る
第29回
1993年7月11日
福島 芝2000m
ツインターボ 牡5 1:59.5 中舘英二 笹倉武久 全着順を
見る
第28回
1992年7月12日
福島 芝2000m
リーゼンシュラーク 牡5 2:02.0 坂井千明 新関力 全着順を
見る
第27回
1991年7月7日
福島 芝2000m
シーキャリアー 牡7 2:00.9 小島太 高橋直 全着順を
見る
第26回
1990年7月8日
福島 芝2000m
イダテンターボ 牡4 2:00.7 牧之瀬幸夫 鈴木勝美 全着順を
見る
第25回
1989年7月9日
新潟 芝2000m
バレロッソ 牡4 2:00.6 柴田善臣 中野隆良 全着順を
見る
第24回
1988年7月10日
福島 芝2000m
コーセイ 牝4 2:04.0 増沢末夫 尾形盛次 全着順を
見る
第23回
1987年7月12日
福島 芝2000m
ダイナシュート 牝5 2:00.3 柴崎勇 矢野進 全着順を
見る
第22回
1986年7月6日
福島 芝2000m
サクラトウコウ 牡5 2:03.7 東信二 境勝太郎 全着順を
見る

歴史と位置付け

1965年に夏の福島芝1800mを舞台とするハンデ重賞として創設。以来、何度か10月に開催されたことがあったが、競走名と時期が合わないことから第12~15回(1976~1979年)は「東北記念」の名称で施行された(夏季開催に戻った1980年より「七夕賞」が復活)。1984年のグレード制導入時にG3に格付け。2006年からサマー2000シリーズの第1戦に組まれている。

開催時期

第1~10回は7月下旬~8月中旬(第5回のみ10月)、第11~15回は10月中旬、第16回以降は7月上旬~中旬に開催。

競走条件

近1年以内に出走歴のある3歳以上馬が出走可能(ただし、未出走馬・未勝利馬は出走不可)。負担重量規定は、別定だった第8~9回を除きハンデキャップ。コースは第1~15回が福島芝1800m(第10回は新潟芝1800m)、第16回以降が福島芝2000m(一部、新潟、中山、東京で代替開催)。2006年にサマー2000シリーズに指定。外国産馬は1995年から、地方競馬所属馬は2002年から、外国調教馬は2006年から、それぞれ出走可能となった。

年表

1965年レース創設。福島芝1800mで第1回施行
1976年競走名を「東北記念」に変更
1980年競走名を「七夕賞」に再変更。距離を芝2000mに変更
1984年グレード制導入。G3に格付け
1995年混合競走となり外国産馬の出走が可能に
2002年指定交流競走となり地方競馬所属馬の出走が可能に
2006年国際競走となり外国調教馬の出走が可能に。サマー2000シリーズに指定
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年3月1日(
中山記念  G2
阪急杯  G3

競馬番組表

2020年2月29日(
2回中山1日目
1回中京1日目
1回阪神1日目
2020年3月1日(
2回中山2日目
1回中京2日目
1回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ワグネリアン 牡5
49,274万円
7 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
8 フィエールマン 牡5
42,004万円
9 サングレーザー 牡6
41,309万円
10 モズアスコット 牡6
41,171万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 マイラプソディ 牡3
6,216万円
6 サンクテュエール 牝3
5,746万円
7 ダーリントンホール 牡3
5,574万円
8 コルテジア 牡3
5,555万円
9 ミヤマザクラ 牝3
5,468万円
10 マイネルグリット 牡3
5,467万円
» もっと見る