会員登録はこちら
小倉大賞典 G3   日程:2015年2月22日() 15:20 小倉/芝1800m

レース結果

小倉大賞典 G3

2015年2月22日() 小倉/芝1800m/16頭

本賞金:4,000万 1,600万 1,000万 600万 400万


レコード:1分44秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 6

カレンブラックヒル

牡6 58.0 秋山真一  平田修 482(+4) 1.48.3 5.4 3
2 1 2

コスモソーンパーク

牡7 56.0 丹内祐次  池上昌弘 486(0) 1.48.4 1/2 13.6 6
3 1 1

ダコール

牡7 57.0 藤岡佑介  中竹和也 472(-16) 1.48.5 1/2 19.0 11
ラップタイム 12.3 - 11.2 - 12.4 - 12.1 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 12.2 - 12.7
前半 12.3 - 23.5 - 35.9 - 48.0 - 59.7
後半 60.3 - 48.6 - 36.9 - 24.9 - 12.7

■払戻金

単勝 6 540円 3番人気
複勝 6 250円 3番人気
2 340円 4番人気
1 500円 11番人気
枠連 1-3 1,880円 11番人気
馬連 2-6 4,670円 21番人気
ワイド 2-6 1,430円 15番人気
1-6 1,790円 22番人気
1-2 1,930円 25番人気
馬単 6-2 7,580円 28番人気
3連複 1-2-6 21,520円 92番人気
3連単 6-2-1 93,800円 361番人気

小倉大賞典のニュース&コラム

【小倉大賞典】GI馬ブラックヒル貫禄V!重賞5勝目
 第49回小倉大賞典(22日、小倉11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金4000万円 =出走16頭)2番手につけた秋山真一郎騎乗の3番人気カレンブラックヒルが早めに先頭に立って押し切り、重賞5勝目を挙げた。GIホースがこのレースを制したのは初めて。タイム1分48秒3(重)。6番人気コスモソーンパークが1/2馬身差の2着。1番人気ラングレーは7着だった。 トップハンデ58キロも全く問題なかった。春一番が吹いた小倉でカレンブラックヒルが、雨で重くなった馬場で唯一のGIホース(2012年NHKマイルC)の力を見せつけた。 道中は2番手を追走。3角過ぎに先頭に立ち、直線も踏ん張って後続の追撃を封じた。 「GIIIでいつもよりメンバーも軽かった。もっともっと活躍してくれる」と秋山騎手。笑顔はなく「3角で他の馬(メイショウナルトなど)を邪魔した(過怠金10万円)。申し訳ない」と神妙な表情だった。 平田調教師は「改めて能力の高さを示してくれた」と目を細める。次は産経大阪杯(4月5日、阪神、GII、芝2000メートル)かマイラーズC(同26日、京都、GII、芝1600メートル)に出走し、昨年9着に終わった安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)でリベンジを目指す。 (森本昭夫)★22日小倉11R「小倉大賞典」の着順&払戻金はこちら
2015年2月23日(月) 05:02

 508

【小倉大賞典】レースを終えて…関係者談話
 ◆丹内騎手(コスモソーンパーク2着) 「内からうまくさばいてこれたし、馬場も味方してくれた。悔しい」 ◆藤岡佑騎手(ダコール3着) 「苦手な重馬場だったが、前向きで枠も良かったので、道中はインに徹した。4角で外に出したが、この馬場でよく頑張ってくれた」 ◆バルジュー騎手(キャトルフィーユ4着) 「小倉のような小さなトラックより、大きいコースが合っている」 ◆和田騎手(ラングレー7着) 「スタートして内にモタれたし、こういう馬場も合わなかった」
2015年2月23日(月) 05:01

 539

【小倉大賞典】58キロでもブラックヒルが快勝
 22日の小倉11Rで行われた第49回小倉大賞典(4歳上オープン、GIII、芝1800メートル、16頭立て、1着賞金=4000万円)は、秋山真一郎騎手騎乗の3番人気カレンブラックヒル(牡6歳、栗東・平田修厩舎)が早め先頭から押し切ってV。5度目の重賞勝ちを決めた。タイムは1分48秒3(重)。 58キロを背負っても、ここでは負けられない。GI馬の貫禄を見せたカレンブラックヒルが積極的な競馬で快勝。重馬場を力強く押し切り、重賞5勝目を勝ち取った。 レースは外からメイショウナルトが気合をつけて先行策。カレンブラックヒルは2番手に控え、ハナノシンノスケ、ウインマーレライ、マデイラなどが続く。雨降りの重馬場だったが流れは速く、メイショウナルトは4コーナー手前で早くも失速。代わって先頭に立ったのはカレンブラックヒルで、道悪をものともせずに後続を振り切って逃げ込みを図る。早めに2番手に追い上げたマイネルミラノは逆に脚いろが鈍り、外からコスモソーンパーク、ダコールが猛追したが、カレンブラックヒルがそのまま押し切ってV。1/2馬身差の2着が6番人気コスモソーンパークで、さらに1/2馬身差の3着に11番人気のダコールが入っている。 カレンブラックヒルは、父ダイワメジャー、母チャールストンハーバー、母の父Grindstoneという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、鈴木隆司氏の所有馬。通算成績は17戦7勝。重賞はGIIニュージーランドT、GI・NHKマイルC、GII毎日王冠(2012年)、GIIIダービー卿チャレンジT(14年)。平田修調教師は小倉大賞典初勝利。秋山真一郎騎手は11年サンライズベガに次いで2勝目。 秋山騎手は「道中の手応えは良かったです。ただ、道中でちょっと他の馬の邪魔をしてしまったのは、よろしくなかったですね…。直線は馬が頑張ってくれたし、馬のプライドを守れたのはよかったです。もともと、デキさえ良ければもっともっと速く走れる馬ですから、これからも期待しています」といつも通りクールな表情でレースを振り返っていた。★22日小倉11R「小倉大賞典」の着順&払戻金はこちら
2015年2月22日() 15:31

 524

【小倉大賞典】カレンブラックヒル独り旅
 NHKマイルC馬カレンブラックヒルが小倉へ初参戦、小回り向きの先行力で独り旅を狙う。「57・5キロはダービー卿CT(1着)でクリア。58キロは想定内だし、昨秋の天皇賞でも背負った。追い切り前に496キロと体は増えたが、輸送があるし、馬もレースが近いことを分かっている。他が行かないならハナでもいいし、調子もいい。やれると思う」と、平田調教師は重賞5勝目へ自信満々。(夕刊フジ)★小倉大賞典の枠順はこちら
2015年2月21日() 11:54

 427

小倉大賞典のニュースをもっと見る >

【小倉大賞典】ブラックヒル、一番時計50秒3!
 金鯱賞5着カレンブラックヒルは、坂路で一番時計となる4ハロン50秒3をマーク。ラスト1ハロン12秒8でまとめており、好調をアピールした。 「調教で動く馬。いい意味で変わらないですね。前走もよく頑張っていたし、強いメンバーとやっても着順ほど負けていないですから」と秋山騎手。平田調教師も「ハンデ(58キロ)は想定内。今回は先行馬に有利な小回りコースで、距離も短くなるので条件はいい」と期待を込めた。★小倉大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年2月19日(木) 05:09

 370

【小倉大賞典】追って一言
 ◆アロマティコ・藤岡康騎手 「いいですね。先週よりコンタクトが取れました。いいイメージで臨めます」 ◆キャトルフィーユ・高田助手 「気が乗って動きも良化。牡馬相手になるけど、前回よりいい条件だし、立ち回りのうまさを生かしたい」 ◆ダコール・中竹師 「バネの利いたすばらしい動き。小倉も実績がある。いい馬場でやりたい」 ◆ハナノシンノスケ・服部師 「調教駆けするタイプではないが、8歳でも馬が若いし絶好調。前々で運びたい」 ◆ヒットザターゲット・清生助手 「放牧でリフレッシュして、元気がある。動きも上々。小倉とも相性がいい」 ◆マコトブリジャール・鮫島師 「動きはよかった。ハンデ差があるし、前走のような競馬ができれば」 ◆マデイラ・佐藤助手 「動き自体は悪くないが、久々だとテンションが高くなる面がある」 ◆ミッキードリーム・音無師 「相手が走るので遅れたが、坂路で4ハロン52秒7なら悪くない」 ◆メイショウナルト・武田師 「いつもの状態をキープ。ハンデは仕方ない。前走はハナを切れなかったが、まじめに走れたのは収穫」 ◆ラングレー・和田騎手 「操縦性がいい。非力な面はあるけど、前走はいい勝ち方をしていた。小倉コースもいいと思う」★小倉大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年2月19日(木) 05:07

 535

【古馬次走報】ミッキードリーム、小倉大賞典で復帰
 ★阪神C6着で、阪急杯(3月1日、阪神、GIII、芝1400メートル)が今年初戦となるオリービン(栗・橋口、牡6)の鞍上は、同日付で免許を取得するルメール騎手に決まった。僚馬ですばるS2着グレイスフルリープ(牡5)は、ポラリスS(3月8日、阪神、OP、ダ1400メートル)に向かう。 ★東京新聞杯11着のサトノギャラント(美・藤沢和、牡6)は洛陽S(22日、京都、OP、芝1600メートル)か阪急杯に向かう見込み。 ★毎日王冠8着後、休養しているミッキードリーム(栗・音無、牡8)は、小倉大賞典(22日、小倉、GIII、芝1800メートル)で復帰。鞍上は酒井騎手。
2015年2月11日(水) 05:00

 641

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

プロ予想家の的中情報


小倉大賞典過去10年の結果

2014年2月23日() 小倉競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ラストインパクト 川田将雅 1:45.3 2.7倍 104.4
2着 カフナ 藤岡康太 2 1/2 20.9倍 101.7
3着 ブレイズアトレイル 丸田恭介 アタマ 10.2倍 101.7
2013年2月17日() 小倉競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ヒットザターゲット 大野拓弥 1:46.4 10.6倍 101.6
2着 ダコール 丸田恭介 アタマ 5.5倍 101.6
3着 ダローネガ 北村友一 1 3/4 9.6倍 99.6
2012年2月4日() 小倉競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

小倉大賞典の歴史と概要


2016年の優勝馬アルバートドック

冬の小倉開催を代表する名物重賞で、荒れるハンデ戦としての認知度も高い。第25回(1991年)の覇者レッツゴーターキンは、翌年の秋の天皇賞を制覇。中京競馬場で開催された第32回(1998年)には連勝街道を突き進んでいたサイレンススズカが参戦し、57.5キロのトップハンデを背負いながら圧勝した。第38回(2004年)はメイショウバトラーが勝利し、鞍上の藤田伸二騎手がJRA全10場重賞制覇を達成。第41~42回(2007~2008年)はアサカディフィートが9歳、10歳という超高齢での連覇を決め、ファンを驚かせた。

歴史と概要をもっと見る >

小倉大賞典の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年2月24日(
中山記念  G2
阪急杯  G3

競馬番組表

2019年2月23日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2019年2月24日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 キセキ 牡5
41,956万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 ダノンチェイサー 牡3
5,871万円
8 グランアレグリア 牝3
5,845万円
9 クラージュゲリエ 牡3
5,774万円
10 ダノンキングリー 牡3
5,560万円
» もっと見る