会員登録はこちら
小倉大賞典 G3   日程:2012年2月4日() 15:25 小倉/芝1800m

レース結果

小倉大賞典 G3

2012年2月4日() 小倉/芝1800m/16頭

本賞金:4,000万 1,600万 1,000万 600万 400万


レコード:1分44秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 7

エーシンジーライン

牡7 56.0 川須栄彦  坂口正則 492(+6) 1.46.3 16.3 5
2 2 3

スマートギア

牡7 56.0 松山弘平  佐山優 470(0) 1.46.3 クビ 28.9 10
3 6 12

コスモファントム

牡5 57.5 蛯名正義  宮徹 518(+4) 1.46.4 クビ 2.9 1
ラップタイム 12.3 - 11.6 - 12.0 - 11.5 - 11.4 - 11.6 - 11.7 - 11.9 - 12.3
前半 12.3 - 23.9 - 35.9 - 47.4 - 58.8
後半 58.9 - 47.5 - 35.9 - 24.2 - 12.3

■払戻金

単勝 7 1,630円 5番人気
複勝 7 370円 5番人気
3 560円 7番人気
12 150円 1番人気
枠連 2-4 4,340円 21番人気
馬連 3-7 12,720円 36番人気
ワイド 3-7 4,250円 48番人気
7-12 780円 5番人気
3-12 1,450円 14番人気
馬単 7-3 28,100円 77番人気
3連複 3-7-12 13,600円 41番人気
3連単 7-3-12 127,400円 356番人気

小倉大賞典のニュース&コラム

【小倉大賞典】川須&ジーライン重賞初V
 第46回小倉大賞典(4日、小倉11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金4000万円=出走16頭)5番人気のエーシンジーラインが鮮やかに逃げ切り、重賞初Vを飾った。タイム1分46秒3(良)。福岡県出身の川須栄彦(はるひこ)騎手(20)=栗・フリー=はデビュー3年目のうれしい重賞初制覇を、地元で飾った。小倉競馬場で重賞を勝てばJRA全10場重賞Vだった蛯名正義騎手のコスモファントムは、1番人気に支持されたが3着。史上4人目の記録は成らなかった。 混戦ムードのハンデ重賞を制したのは、先手を奪ったエーシンジーライン。デビュー3年目のホープ、川須栄彦騎手の思い切りのいい逃げに応えて、粘り切った。 「こんなに早く重賞を勝てるとは思っていませんでした。チャンスをくださった坂口(則)先生をはじめ関係者に感謝しています」 笑顔いっぱいの川須は、昨年11月5日にJRA通算100勝(マルコフジ)した時と同様に、重賞初制覇も坂口則厩舎所属馬。メモリアルVのチャンスをくれたトレーナーに感謝だ。 果敢にハナを主張。追いかけてきたオースミスパークを直線に入って振り切り、そのまま逃げ込み態勢へ。5着までが0秒1差の大接戦をしのぎきった。 「行きすぎて止まるかなと思ったけど、結果的にはうまく乗ってくれたね」とトレーナーも川須の騎乗ぶりを評価。衰え知らず7歳馬と20歳の有望株が、冬の小倉で新たな一歩を刻んだ。 (瀬戸聡)
2012年2月5日() 05:04

 607

【小倉大賞典】ジーライン重賞初制覇!
 第46回小倉大賞典(4日、小倉11R、GIII、4歳以上オープン、ハンデ、芝1800メートル、1着本賞金4000万円=出走16頭)川須栄彦騎手騎乗の5番人気エーシンジーライン(牡7歳、栗東・坂口正則厩舎)が逃げ切った。勝ちタイム1分46秒3(良)。クビ差の2着には10番人気スマートギアが入り、1番人気コスモファントムは3着に敗れた。 「素直に嬉しい」と語ったのはデビュー年の18勝から、昨年一気に勝ち鞍を91に増やした若武者。騎手生活3年目、川須栄彦騎手が待望のJRA重賞初制覇を掴み取った。 直線、後続の猛追をしのいだ粘りに人馬一体の心があった。エーシンジーラインは重賞8度目の挑戦。「最後は負けてたまるかという気持ちで一生懸命追いました」と川須騎手。その想いに応えるエーシンジーライン。一人と一頭、念願の重賞初制覇となった。 スタート後、果敢にハナに立ったエーシンジーライン。向こう正面の中ほどを過ぎると後続との差を広げにかかった。 「直線を向いても余力がまだ残っていた」と川須騎手の言うとおり、エーシンジーラインの脚色は衰えなかった。直線、詰まりそうで詰まらない差。スマートギア、コスモファントムが猛追。スマートギアがクビまで迫ったところがゴール。若き鞍上の気迫に呼応したエーシンジーラインが根性を見せ勝利を飾った。 勝利したエーシンジーラインは父Giant’s Causeway、母Lady Danz、母の父Danzigという血統。通算成績40戦6勝。重賞初勝利。同馬を管理する坂口正則調教師は小倉大賞典初制覇。鞍上の川須栄彦騎手はJRA重賞初制覇となった。
2012年2月4日() 15:43

 734

【小倉大賞典】エクスペディション重賞初Vだ!
 《本紙の狙い》エクスペディションが本命だ。前2走とももう少しやれてもよかったが、使われながら状態は確実に上がっている。小倉の芝は過去4勝の得意コース。今回は勝負どころでの反応が違ってくるはずで、念願の重賞Vを決める。好仕上がりのダノンスパシーバが相手の筆頭。GIIIのハンデ戦ならば、上位を狙える。好位からしぶとく脚を使うコスモファントムも侮れない。
2012年2月4日() 12:03

 463

【小倉大賞典】蛯名全場制覇へファントム
 蛯名騎手のJRA全10場重賞制覇がかかるコスモファントムは、栗東坂路で単走。一杯に追われて4ハロン53秒2-38秒9-13秒0をマークした。宮調教師は「ある程度しっかりやったし、動きはまずまずですね。ハンデの57・5キロは実績的に仕方がない。小回りの2000メートルは合うので」と納得の表情を見せた。昨年の12月に小倉で行われた中日新聞杯を勝っており、コース適性は実証済み。57・5キロも前走の中山金杯で3着と経験しており、蛯名騎手に記念の重賞Vをプレゼントするお膳立ては整っている。
2012年2月2日(木) 05:02

 525

小倉大賞典のニュースをもっと見る >

【小倉大賞典】蛯名全場制覇へファントム
 蛯名騎手のJRA全10場重賞制覇がかかるコスモファントムは、栗東坂路で単走。一杯に追われて4ハロン53秒2-38秒9-13秒0をマークした。宮調教師は「ある程度しっかりやったし、動きはまずまずですね。ハンデの57・5キロは実績的に仕方がない。小回りの2000メートルは合うので」と納得の表情を見せた。昨年の12月に小倉で行われた中日新聞杯を勝っており、コース適性は実証済み。57・5キロも前走の中山金杯で3着と経験しており、蛯名騎手に記念の重賞Vをプレゼントするお膳立ては整っている。
2012年2月2日(木) 05:02

 525

【小倉大賞典】蛯名騎手が全10場重賞Vに挑む
 蛯名正義騎手(42)=美・フリー=が、コスモファントムに騎乗する4日の小倉大賞典(小倉競馬場)で、史上4人目の全10場重賞制覇に挑む。昨年の関東リーディングで、今年はすでに重賞2勝(中山金杯のフェデラリスト、京成杯のベストディール)を挙げて、全国リーディングをひた走っている。その名手の記録挑戦だけに、期待が高まっている。 蛯名正義騎手は07年8月12日以来の小倉参戦。その際は4勝の固め打ちで存在感をアピールしたが、この小倉大賞典は07年2月にエイシンドーバーに騎乗して、惜しくも2着という結果だった。 それだけに、全10場重賞制覇にコスモファントムで挑む今回は、並々ならぬ意気込みを見せる。「記録は一つひとつの積み重ね。その最後に一つが残っている以上、意識するなというほうが無理だよね」と話し、そして「今の関東の(西高東低で低迷している)状況、雰囲気を思うと、こうした機会は滅多にないこと。協力して頂いた関係者に感謝したい。何とかチャンスを、という気持ちです」と小倉遠征への覚悟のほどを伝えた。 全10場制覇は安田富、武豊、藤田騎手の僅か3人。今では一線級の騎手だけに与えられるチャンスだ。「テン乗り(初騎乗)になるが、昨年の中山金杯勝ちの時のいいイメージは持っている。ハンデ(57・5キロ)は厳しいが、それは力がある証拠。上手に競馬ができる馬で、そのよさを生かしたい」と、戦法はすでに胸に秘めているようだ。 それにしても、今年は16勝(31日現在)で全国リーディングの首位を快走と、騎乗が冴えわたっている。「今は年齢もあるが、余裕を持って臨めている」と話す蛯名。1月21日のJRA2000勝達成が、さらにこの名手をランクアップさせたことは言うまでもあるまい。 「震災の影響で、関東の競馬状況は厳しい。だけど関東が下、差がついたとは思われたくない。僕らも頑張っていかないとね」と言う蛯名は日曜の東京新聞杯でも有力馬コスモセンサーに騎乗。同馬を管理する西園調教師は、エールを送る。 「彼が新人の頃は僕もジョッキー。一緒のレースで競ったことがあったが、きかん気があり、それでいて真面目で性格が素直。これからも彼には騎乗依頼します。頑張ってもらわないと」。重賞の全場制覇どころか、今週は土日制覇も達成してしまいそうなヤル気の“マサヨシ”から、目が離せない。 (水戸正晴)
2012年2月1日(水) 05:07

 940

【小倉大賞典】ファントム冬場に重賞2勝
 中山金杯3着のコスモファントムは31日、坂路で4ハロン64秒7のメニューを消化。重賞2勝(11年中山金杯、中日新聞杯)を12月~1月に挙げているように、寒い時期は活気にあふれている。「夏場は良くなかったが、12月の復帰後はすごく具合がいいね。小倉との相性もいいから楽しみ」と宮調教師。ハンデの57・5キロは前走から据え置き。中日新聞杯を勝った得意の小倉に戻れば、V争いが期待できる。
2012年2月1日(水) 05:06

 751

プロ予想家の的中情報


小倉大賞典過去10年の結果

2011年2月5日() 小倉競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 サンライズベガ 秋山真一郎 1:45.3 19.7倍 103.7
2着 バトルバニヤン 藤岡康太 ハナ 30.1倍 103.7
3着 リルダヴァル U.リスポリ クビ 2.7倍 103.7
2010年2月6日() 中京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 オースミスパーク 藤岡康太 1:47.2 20.1倍 104.0
2着 ナリタクリスタル 武豊 1 3/4 4.1倍 102.0
3着 マヤノライジン 福永祐一 1/2 43.8倍 101.3
2009年2月7日() 小倉競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

小倉大賞典の歴史と概要


2016年の優勝馬アルバートドック

冬の小倉開催を代表する名物重賞で、荒れるハンデ戦としての認知度も高い。第25回(1991年)の覇者レッツゴーターキンは、翌年の秋の天皇賞を制覇。中京競馬場で開催された第32回(1998年)には連勝街道を突き進んでいたサイレンススズカが参戦し、57.5キロのトップハンデを背負いながら圧勝した。第38回(2004年)はメイショウバトラーが勝利し、鞍上の藤田伸二騎手がJRA全10場重賞制覇を達成。第41~42回(2007~2008年)はアサカディフィートが9歳、10歳という超高齢での連覇を決め、ファンを驚かせた。

歴史と概要をもっと見る >

小倉大賞典の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年2月24日(
中山記念  G2
阪急杯  G3

競馬番組表

2019年2月23日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2019年2月24日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 キセキ 牡5
41,956万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 ダノンチェイサー 牡3
5,871万円
8 グランアレグリア 牝3
5,845万円
9 クラージュゲリエ 牡3
5,774万円
10 ダノンキングリー 牡3
5,560万円
» もっと見る