会員登録はこちら
ダイヤモンドS G3   日程:2015年2月21日() 15:45 東京/芝3400m

レース結果

ダイヤモンドS G3

2015年2月21日() 東京/芝3400m/16頭

本賞金:4,000万 1,600万 1,000万 600万 400万


レコード:3分29秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 16

フェイムゲーム

牡5 58.0 北村宏司  宗像義忠 456(-6) 3.31.9 3.7 1
2 8 15

ファタモルガーナ

セ7 56.0 戸崎圭太  荒川義之 488(-4) 3.32.2 4.8 2
3 4 7

カムフィー

牡6 51.0 柴田善臣  鈴木康弘 474(-6) 3.32.6 2 1/2 18.9 8
ラップタイム 13.2 - 11.6 - 12.7 - 12.8 - 11.6 - 12.6 - 13.0 - 14.4 - 13.2 - 12.6 - 12.3 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.4 - 11.8 - 12.0
前半 13.2 - 24.8 - 37.5 - 50.3 - 61.9
後半 59.4 - 47.2 - 35.2 - 23.8 - 12.0

■払戻金

単勝 16 370円 1番人気
複勝 16 160円 1番人気
15 170円 2番人気
7 380円 8番人気
枠連 8-8 960円 4番人気
馬連 15-16 960円 1番人気
ワイド 15-16 400円 1番人気
7-16 1,440円 18番人気
7-15 1,430円 17番人気
馬単 16-15 1,670円 1番人気
3連複 7-15-16 6,780円 16番人気
3連単 16-15-7 26,090円 60番人気

ダイヤモンドSのニュース&コラム

【ダイヤモンド】フェイム、史上3頭目の連覇!
 第65回ダイヤモンドステークス(21日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝3400メートル、1着本賞金4000万円 =16頭)トップハンデ58キロの1番人気フェイムゲームが、メンバー最速となるラスト3ハロン34秒6の豪脚を繰り出して完勝。2着ファタモルガーナに2馬身差をつけ、レース史上3頭目の連覇を飾った。タイム3分31秒9(良)。今後は天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)が目標となる模様だ。 ライバルたちが苦しくなるラスト300メートルから、1頭だけケタ違いの末脚を繰り出した。前年覇者でトップハンデ58キロを背負ったフェイムゲームが、先に抜け出したファタモルガーナを2馬身突き放し、1989&90年のスルーオダイナ、96&97年のユウセンショウに次ぐ史上3頭目の連覇を飾った。 「スタミナは十分だし、ずいぶん気持ちも前に向いてきている。直線でもいい反応を見せてくれました」 現役最多のダイヤモンドS3勝目を挙げた北村宏騎手がパートナーをたたえた。最終4コーナーで外側に斜行し、間接的にリキサンステルスの競走中止を起こしてしまったため後味の悪いレースとなったが、勝ち馬の強さは際立っていた。 スタートで1馬身ほど出遅れても、すぐにリカバリーして中団へ付け、スローペースでも力むことなく追走。マラソンレースのスペシャリストらしく、最後まで危なげのないレースを展開した。宗像調教師は「トップハンデだったが、抜けてくるときの脚はすごかった。体力も付いて、いい時期に入ってきたんじゃないかな」と目を細める。 GIIドバイゴールドカップ(3月28日、UAEメイダン、芝3200メートル)への招待状は届いたが、この後はおそらく昨年6着の天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)が目標になる。トレーナーは「昨年以上の走りができると思う」と手応え。5歳で充実期を迎えたフェイムゲームが悲願のGI獲りに向かう。 (板津雄志) ◆戸崎騎手(ファタモルガーナ2着) 「ちょっと早めに動いて頑張ってくれたが、最後は決め手のある馬にやられた」 ◆柴田善騎手(カムフィー3着) 「少し掛かったね。距離が長い方がよさそうだし、(格上挑戦で)頑張っている」★21日東京11R「ダイヤモンドステークス」の着順&払戻金はこちらフェイムゲーム 父ハーツクライ、母ホールオブフェーム、母の父アレミロード。青鹿毛の牡5歳。美浦・宗像義忠厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績15戦5勝。獲得賞金2億325万円。重賞は2013年GIII京成杯、14年GIIIダイヤモンドS、GIIアルゼンチン共和国杯に次いで4勝目。ダイヤモンドSは、宗像義忠調教師は14年フェイムゲームに次いで2勝目。北村宏司騎手は09年モンテクリスエス、14年フェイムゲームに次いで3勝目。馬名の意味は「殿堂入りが決まった選手のセレモニーに開催されるNFLの試合より」。
2015年2月22日() 05:02

 387

【ダイヤモンド】フェイムゲームが連覇達成!
 21日の東京11Rで行われた第65回ダイヤモンドステークス(4歳上オープン、GIII、芝3400メートル、16頭立て、1着賞金=4000万円)は、北村宏司騎手騎乗の1番人気フェイムゲーム(牡5歳、美浦・宗像義忠厩舎)が差し切り、レース史上3頭目の連覇を達成した。タイムは3分31秒9(良)。 長丁場の戦いでは負けられない。フェイムゲームが力強い末脚で差し切り、今年も1番人気で優勝。昨年より3キロ重いハンデでのVが、地力強化を強烈に印象付けた。 レースは好スタートを切ったメジャープレゼンスを制して、シャンパーニュが先行。メジャープレゼンスは2番手に控え、アドマイヤフライトも好位につける。しかし、1周目の4コーナーでネオブラックダイヤが外から進出。スタンド前では少しずつインに入りながら先頭を奪う。ここからは落ち着いた流れ。人気のフェイムゲームは出入りの激しい展開にも動じず、中団のやや後ろで末脚勝負にかけた。直線入り口では後続も差を詰め、外からファタモルガーナが手応え良く先頭に並びかける。そのまま先頭に立って押し切るかと思われたが、馬群をさばいて鋭く伸びてきたフェイムゲームがみるみるうちに接近。58キロのハンデを感じさせない末脚で鮮やかに差し切り、連覇を達成した。2馬身差の2着が2番人気のファタモルガーナ。さらに2馬身1/2差の3着には8番人気のカムフィーが入っている。 フェイムゲームは、父ハーツクライ、母ホールオブフェーム、母の父アレミロードという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)サンデーレーシングの所有馬。通算成績は15戦5勝。重賞はGIII京成杯(2013年)、GIIIダイヤモンドS、GIIアルゼンチン共和国杯(14年)に次いで4勝目。宗像義忠調教師は昨年に次いでダイヤモンドS2勝目、北村宏司騎手は09年モンテクリスエス、昨年に次いで3勝目。 北村宏騎手は「スタミナは十分にありますし、気持ちも前に向いてきています。直線もいい反応をしてくれました」と鮮やかな差し切り勝ちを振り返っていた。★21日東京11R「ダイヤモンドステークス」の着順&払戻金はこちら
2015年2月21日() 15:59

 474

【ダイヤモンド】芝向きメジャープレゼンス
 メジャープレゼンスは初芝の前走で7番人気V。「脚元の関係でずっとダートを使っていたけど、血統的には完全に芝向き。それにお母さんも長距離は得意だったから」と町田助手は激走も当然といった表情だ。18日には力の要る坂路で豪快に先着し、「状態はいいね。51キロなら格上挑戦でも楽しみはある。ズブい馬なので最後までしっかり追ってほしい」と、田村調教師は売り出し中の石川騎手にリクエストだ。(夕刊フジ)★ダイヤモンドSの枠順はこちら
2015年2月20日(金) 11:24

 532

【ダイヤモンド】厩舎の話
 ◆アドマイヤフライト・川島助手 「久々を使って、息遣いは良化」 ◆カムフィー・鈴木康師 「折り合いがつけば長丁場でも」 ◆カルドブレッサ・村井助手 「動ける仕上がり。折り合えば」 ◆サイモントルナーレ・田中清師 「年齢的な衰えは感じない」 ◆シャンパーニュ・加用師 「3週連続でいい動き。この距離は合う」 ◆ステラウインド・尾関師 「体調は万全。距離に関してはペースと乗り方次第」 ◆タイセイドリーム・池田厩務員 「折り合いはつくし、胴長で長距離が向きそうな体形」 ◆タガノグーフォ・松田国師 「力を出せる状態。血統的に距離は合うと思う。53キロも魅力」 ◆タニノエポレット・村山師 「前走は負け過ぎ。まだ体も戻り切っていない」 ◆ニューダイナスティ・日迫厩務員 「体はできている。好調をキープ」 ◆ネオブラックダイヤ・鹿戸師 「気分屋なので、リズム良く走らせたい」 ◆ファタモルガーナ・佐藤助手 「動き、時計とも良かった。偶数枠がほしい」 ◆フェイムゲーム・宗像師 「前走は展開が向かず、距離も不足。直線の長い東京なら」 ◆メジャープレゼンス・田村師 「状態のよさと軽ハンデでどこまで」 ◆ラブイズブーシェ・村山師 「母の父がメジロマックイーンなのでこの距離でも」 ◆リキサンステルス・奥平師 「重かった馬体は絞れてきた」
2015年2月20日(金) 05:04

 619

ダイヤモンドSのニュースをもっと見る >

【ダイヤモンド】フェイム、連覇へ態勢整った
 昨年の覇者フェイムゲームはWコースで併せ馬。馬なりで5ハロン67秒7、3ハロン38秒7-12秒7をマークし、ダイワインパルス(3歳500万下)と併入した。 「時計は平凡でしたが、余力を持ってスムーズに回れていた。ジョッキー(北村宏騎手)も『特に問題ない』と言っていましたね」と宗像調教師。前走のアメリカジョッキークラブCは12着に敗れたが、「前走は展開が向かなかったし、距離も足りなかった。スタミナがあるし、直線の長い東京はいいですね」と巻き返しを誓う。★ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年2月19日(木) 05:11

 304

【ダイヤモンド】ステラウインド、体調万全
 前走の万葉Sでオープン初勝利を挙げたステラウインドは、Wコースで単走。ゴール前で仕掛けられて6ハロン85秒6、3ハロン40秒6-13秒3をマークした。 「感じはだいぶいいですね。使い込むと調子が下がっていくところがあるので、上積みを残しつつ気持ちをリフレッシュさせた。体調は万全のイメージ」と尾関調教師は満足げ。3000メートルを超える距離は初めてとなるが、「競馬の前に無駄な体力を使わなくなった。長距離に関してはペースと乗り方次第でしょう。タイトルを取らせたい」と意気込む。★ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年2月19日(木) 05:11

 300

【ダイヤモンド】追って一言
 ◆アドマイヤフライト・川島助手 「時計が速かったのは内を回ったため。1回使って息遣いは良くなっている」 ◆カムフィー・鈴木康師 「動き、状態ともいい。折り合えれば、長丁場でも」 ◆カルドブレッサ・村井助手 「休み明けで少し重いが、ある程度は動ける仕上がり。折り合えば」 ◆サイモントルナーレ・田中清師 「年齢的な衰えは感じられない。変わらず順調。ひと雨欲しい」 ◆シャンパーニュ・加用師 「先々週、先週も動いたが、今週も良かった。この距離は合う」 ◆タイセイドリーム・池田厩務員 「仕上がりはいい。折り合いはつくし、胴長で長距離向きの体をしている」 ◆タガノグーフォ・松田国師 「放牧先で乗り込んでいたし、力を出せる状態。血統的に距離は合うと思うし、53キロも魅力」 ◆タニノエポレット・村山師 「前走は負け過ぎたし、体も戻り切っていない」 ◆ニューダイナスティ・日迫厩務員 「体はできている。好調をキープ」 ◆ネオブラックダイヤ・鹿戸雄師 「重い馬場でも長めからしっかり追えた。気分屋なのでリズム良く走らせたい」 ◆ファタモルガーナ・佐藤助手 「今週の動き、時計とも良かった。あとは枠。後入れの偶数枠か大外枠が欲しい」 ◆メジャープレゼンス・田村師 「ズブい面があり、しっかり追ってもらいたい。状態のよさと軽ハンデでどこまで」 ◆ラブイズブーシェ・村山師 「目一杯やったが、最後もしっかり動けていた。距離は初めてだが、母の父がメジロマックイーンなので通用するのでは」 ◆リキサンステルス・奥平師 「重かった馬体が絞れてきた。芝への対応力はある」★ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年2月19日(木) 05:10

 506

【ダイヤモンド】フェイムゲーム伸び脚シャープ
 連覇を狙うフェイムゲームは、美浦Wコースで併せ馬。北村宏騎手を背に5F67秒9-53秒0-39秒3-13秒4を馬なりでマークし、強めに追われる外ダイワインパルス(3歳500万下)と併入でゴールした。気を抜くような面を見せずに伸び脚もシャープだった。 「前走(AJCC12着)は展開が向かなかったし、距離も短かったですね。状態は変わりなくきています」と宗像調教師。「広い東京に替わるのは歓迎だし、3400メートルならいい位置で運んでいけるはず。去年が強い競馬だったし、58キロを頑張って克服してくれれば」と、反撃に自信をみせていた。(夕刊フジ)★ダイヤモンドSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年2月18日(水) 10:40

 282

ダイヤモンドSの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


ダイヤモンドS過去10年の結果

2014年2月22日() 東京競馬場/芝3400m 天候: 馬場:
2013年2月16日() 東京競馬場/芝3400m 天候: 馬場:
2012年2月18日() 東京競馬場/芝3400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ダイヤモンドSの歴史と概要


2014,15年の優勝馬フェイムゲーム

東京競馬場における最長距離の3400mで争われるマラソンレースで、その時代を代表するステイヤーたちがしのぎを削る。第39~40回(1989~1990年)は3000m超で無類の強さを誇ったスルーオダイナが連覇。ほか、ユウセンショウが第46~47回(1996~1997年)に、フェイムゲームが第64~65回(2014~2015年)に連覇を決め、ユーセイトップランが第48・50回(1998・2000年)の2回、トップでゴール板を通過している。第53回(2003年)を制したイングランディーレは、1年後の春の天皇賞で大番狂わせを演じ、G1タイトルを獲得した。

歴史と概要をもっと見る >

ダイヤモンドSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月15日(
関西TVローズS  G2
2019年9月16日(
朝日セントライト記念  G2

競馬番組表

2019年9月14日(
4回中山3日目
4回阪神3日目
2019年9月15日(
4回中山4日目
4回阪神4日目
2019年9月16日(
4回中山5日目
4回阪神5日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ファンタジスト 牡3
13,439万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る