会員登録はこちら
ダイヤモンドS G3   日程:2010年2月14日() 15:45 東京/芝3400m

レース結果

ダイヤモンドS G3

2010年2月14日() 東京/芝3400m/16頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:3分29秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 13

フォゲッタブル

牡4 57.0 武豊  池江泰郎 484(0) 3.32.6 2.2 1
2 1 1

ベルウッドローツェ

牡4 52.0 松岡正海  小島茂之 484(+6) 3.32.8 1 1/4 17.2 6
3 1 2

ドリームフライト

牡6 50.0 酒井学  福永甲 504(-2) 3.32.8 クビ 56.0 10
ラップタイム 13.5 - 12.0 - 12.3 - 12.7 - 12.5 - 12.8 - 12.8 - 13.3 - 13.0 - 12.3 - 12.5 - 12.4 - 12.5 - 12.1 - 11.2 - 12.1 - 12.6
前半 13.5 - 25.5 - 37.8 - 50.5 - 63.0
後半 60.5 - 48.0 - 35.9 - 24.7 - 12.6

■払戻金

単勝 13 220円 1番人気
複勝 13 140円 1番人気
1 450円 6番人気
2 1,270円 13番人気
枠連 1-7 1,700円 6番人気
馬連 1-13 2,060円 6番人気
ワイド 1-13 930円 6番人気
2-13 3,350円 34番人気
1-2 6,530円 52番人気
馬単 13-1 2,740円 8番人気
3連複 1-2-13 39,540円 98番人気
3連単 13-1-2 151,370円 387番人気

ダイヤモンドSのニュース&コラム

【古馬次走報】フォゲッタブル阪神大賞典へ
 ★…ダイヤモンドSを制したフォゲッタブル(栗・池江郎、牡4)は予定通り阪神大賞典(3月21日、阪神、GII、芝3000メートル)から天皇賞・春(5月2日、京都、GI、芝3200メートル)。5着トウカイトリック(栗・野中、牡8)、6着コパノジングー(栗・宮、牡5)も阪神大賞典を予定。 ★…ダイヤモンドS2着ベルウッドローツェ(美・小島茂、牡4)は栗東に事前入厩して阪神大賞典を視野に調整される。僚馬で東京新聞杯8着プロヴィナージュ(牝5)も近日中に栗東に入厩して六甲S(3月21日、阪神、OP、芝1600メートル)を予定。 ★…東京新聞杯7着スマイルジャック(美・小桧山、牡5)は六甲S。 ★…雲雀Sを制してオープン入りしたテイエムアタック(栗・柴田光、牡6)は阪急杯(28日、阪神、GIII、芝1400メートル)か六甲S。 ★…フェブラリーS回避馬では、佐賀記念を勝ったラッシュストリート(栗・岡田、せ5)は名古屋大賞典(3月17日、名古屋、交流GIII、ダ1900メートル)あたりを視野に調整。佐賀記念3着ロールオブザダイス(栗・角居、牡5)はダイオライト記念(3月10日、船橋、交流GII、ダ2400メートル)へ向かう予定。 ★…アルデバランS3着マイネルアワグラス(美・稲葉、牡6)はダイオライト記念へ。僚馬で銀蹄Sを勝ったセイカアレグロ(牡5)はポラリスS(3月13日、阪神、OP、ダ1400メートル)に向かう。 ★…アルデバランS5着ピイラニハイウェイ(栗・池江郎、牡5)は仁川S(3月6日、阪神、OP、ダ2000メートル)。 ★…栗東・藤原英厩舎勢では、バレンタインS11着トレノジュビリー(牡7)は高松宮記念(3月28日、中京、GI、芝1200メートル)。名鉄杯を勝ったエアシャトゥーシュ(牡5)は中京記念(3月13日、中京、GIII、芝2000メートル)。エリザベス女王杯13着ジェルミナル(牝4)は中山牝馬S(3月14日、中山、GIII、芝1800メートル)あたりを視野に入れて調整。 ★…バレンタインS7着ピサノパテック(美・藤沢和、牡8)はオーシャンS(3月6日、中山、GIII、芝1200メートル)へ。
2010年2月17日(水) 05:01

 1,022

【ダイヤモンドS】武豊24年連続重賞ゲット
 第60回ダイヤモンドS(14日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝3400メートル、1着本賞金4100万円=出走15頭)超良血のフォゲッタブルが1番人気に応えて完勝。武豊騎手(41)はデビュー以来24年連続となるJRA重賞Vを決めた。3分32秒6(良)。武豊、池江泰郎調教師、金子真人オーナーと言えば、あのディープインパクトと同じ。今後の結果次第だが、来年2月で定年を迎える池江郎師は、「秋にはワインの香りがするところにも」と仏GI凱旋門賞挑戦の夢も描いていた。 GI制覇、そして海外へ。夢が大きく膨らむ完勝だ。1番人気に推された良血馬フォゲッタブルが鮮やかな差し切りで重賞2勝目。昨年8月の小倉以来の騎乗となった武豊騎手も、良化ぶりに目を細める。 「久しぶりに乗りましたが、馬がすごく良くなっていますね。特に後ろ脚が強くなっています」 前回の騎乗時は、1000万下でブービー負け(1番人気)を喫した時。それから半年での飛躍は、血統のなせる業だろう。競馬ぶりも強いの一語だ。不利な外枠からのスタートで位置取りが悪くなっても、落ち着いて追走。直線に入ってからゴーサインを出し、上がり3ハロン34秒9で豪快に突き抜けた。だが、これでも完成途上だと陣営は言う。 「まだまだ、ですね。伸びしろは十分にあります」とユタカが言えば、池江泰郎調教師も「今までつらかったが、やっとエアグルーヴの子と言えます。これからですよ」と言う。07年のセレクトセール1歳馬部門で2億5275万円(税込み)の値がついた良血馬は、まだ眠りから覚めたばかりだ。今後は、阪神大賞典(3月21日、阪神、GII、芝3000メートル)から天皇賞・春(5月2日、京都、GI、芝3200メートル)に向かうが、池江郎師は「秋はワインの香りがするところにも…」とつぶやいた。金子真人オーナー、市川明彦厩務員は、05年の無敗3冠馬ディープインパクトと同じチーム。4年前に果たせなかった凱旋門賞(3位入線失格)への夢を馳せている。 「当面の大目標は天皇賞だと思います。メジロマックイーンやディープで勝たせてもらったし、池江先生にとっては最後の天皇賞ですから、先生のためにも頑張りたいですね。まだこれからの馬ですけど、“飛ぶ”準備はできてきたかな」 来年2月いっぱいで定年となる名伯楽のために奮闘を誓うユタカは、今後の成長次第でディープに近づく素材であることも認めた。春の盾でGIを勝ち、秋にはロンシャンへ-。大きく広がる夢に向かって、フォゲッタブルの勢いはますます加速していく。(黒田栄一郎)
2010年2月15日(月) 05:06

 1,805

【ダイヤモンドS】武豊、現役騎手で最長
 第60回ダイヤモンドS(14日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝3400メートル、1着本賞金4100万円=出走15頭)超良血のフォゲッタブルが1番人気に応えて完勝。武豊騎手(41)はデビュー以来24年連続となるJRA重賞Vを決めた。 この勝利で武豊騎手はデビュー年から24年連続のJRA重賞Vを達成。自身が持つ現役騎手の記録を塗り替えた(歴代最多は岡部幸雄騎手の28年連続)。また、父ダンスインザダーク(96年菊花賞)、母エアグルーヴ(96年オークス、97年天皇賞・秋)ともに武豊騎手で優勝。両親とも自分の手綱でGI勝ちした馬の子で重賞制覇したのは記録男のユタカでも初めて。「え? 初めてなの?」と本人も驚いたが、「それならぜひGIを勝ちたいね」。ゆかりの血統だけにさらに意気込みを強くしている。3000メートル以上の重賞は現役最多の19勝目。2位の横山典騎手(6勝)を大きく引き離し、“マラソン男”ぶりを見せつけた。
2010年2月15日(月) 05:05

 1,390

【ダイヤモンドS】ドリームフライト3着
 第60回ダイヤモンドS(14日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝3400メートル、1着本賞金4100万円=出走15頭)好スタートからハナを切った10番人気のドリームフライトが、ハンデ50キロを生かして3着に粘り通した。「自分のペースで運べたが、いつもより気持ち良さそうに走っていた。前向きさもあったし、終いもしぶとかった」と酒井学騎手。2月いっぱいで引退する福永甲調教師に勝利を贈れなかったが、力を出し切って満足そうだった。
2010年2月15日(月) 05:04

 874

ダイヤモンドSのニュースをもっと見る >

【酔いどれブログ】GI前にひと稼ぎ
 相変わらず馬券が絶好調だ。厳冬でもハンソデバンドと書いた通りに1着固定の馬単3230円、3連単6750円を軽くゲット。 フジテレビの中継では差されたように見えたが、すぐさまグリーンチャンネルに替えれば微妙に残っていた。これで正月明けから当ブログの推奨馬は3着、1-2-3着、3着、2着、1着とすべて馬券圏内。少しは皆様のお役に立っているのでしょうか…。 先週は飲み会だらけで体調はいまひとつ。日曜夜に吉田TMから招集があり、戸田、藤牧TMに前のエイトデスクのT氏などなど昔のメンバーで、30年来通っている江古田のK姫へ。 皆さん、若いのは気持ちだけで、酔うのが早くなっている。22時ぐらいに一次会はお開き。ただ、吉田TMだけは元気一杯で、2軒目、3軒目まで、遊び人の金さんを朝の4時まで引っ張り回すのだから恐ろしか…。これが攻めの吉田の真骨頂か。 月曜日はちょい遅れの新年会。地元の不動産屋のオーナー夫妻に元小料理屋のマスター夫妻に、椋チャン、金さんも加わって大盛り上がり。やっぱ、ここ江古田のH海の刺身は本物。舌が肥えた不動産屋のオーナーが通うのも分かる。 翌日は完全なる二日酔いで、外に出ても寒くないと思ったら、何と気温が21度。そしたら、今、ブログを書いている木曜は気温が5度。夜は雪になりそうだ。お願いだから開催日だけは雪にならないで…。 そう肝心な週末の予想は、ダイヤモンドSは人気でもフォゲッタブル、きさらぎ賞は終い一手のレーヴドリアンがまとめて差し切りそうだ。“もうはまだ、まだはもう”なのか、GI前にもうひと稼ぎ。では、また来週。三原 吉次(みはら・よしじ)競馬エイト編集部で、競馬の善し悪しを教わって○十年。吉田、戸田TMとはお金のない時代(なんか今あるみたい)から飲み歩いた仲。現在も進行形。後輩の椋木TMはエイト移籍前から面倒みていた(偉そうに)ほど。現在は色んな所を兼任しており、何処に所属かは謎。予想のスタンスは結構本命党だが、平場の条件戦では徹底した穴狙いで、これが本質かも。趣味は小雪がいそうなスナックを捜し歩くこと。
2010年2月11日(木) 11:15

 1,003

今週復帰!ウチパク、調教騎乗を再開
 1月11日の中山競馬で落馬。左尺骨近位骨幹部を骨折し、戦列を離脱していた内田博幸騎手(39)=美浦・嶋田潤=は9日、美浦トレセンで調教騎乗を再開した。自厩舎のベルモントガリバー(牡4、1000万下)にまたがり、今週末の復帰へ向けて感触を確かめた。コースをキャンターで1周。騎乗スタイルは普段どおりで内田博騎手は「乗らないでいると、落ち着かなかったが、これでリラックスできた。違和感はなかったよ」と安堵の表情を浮かべた。10日は追い切りにも騎乗する予定で、「感覚を取り戻せたし、問題ない」と再スタートに向け、誓いを新たにしていた。今週は土、日で10鞍前後の騎乗数にとどめる予定で、ダイヤモンドSはトウカイトリックの手綱をとる。
2010年2月10日(水) 05:03

 1,077

【ダイヤモンドS】フォゲッタブル11秒5
 《栗東》有馬記念4着フォゲッタブル(池江郎、牡)はPコースで6ハロン79秒8、3ハロン36秒9-11秒5(馬なり)でナイアガラ(牡7OP)と併入。武豊騎手は「乗ったのは昨年の夏以来。トモがしっかりしてきましたね。動きはちょっとモタモタしたけれど、来週、追えば大丈夫でしょう」と成長を感じ取っていた。連覇を狙うモンテクリスエス(松田国、牡5)はCWコースで6ハロン80秒4、3ハロン41秒5-13秒5(一杯に追う)でフサイチセブン(牡4OP)に3秒以上の大差先着。「CWコースでの調教にも慣れ、よく伸びるようになった。昨年勝った北村宏騎手にいいイメージで乗ってもらえれば」と松田国調教師。
2010年2月4日(木) 05:02

 769

プロ予想家の的中情報


ダイヤモンドS過去10年の結果

2009年2月15日() 東京競馬場/芝3400m 天候: 馬場:
1着 モンテクリスエス 北村宏司 3:29.4 6.9倍 104.1
2着 ブレーヴハート 小野次郎 1 1/4 37.2倍 103.4
3着 スノークラッシャー 松岡正海 1 1/4 11.8倍 102.7
2008年2月17日() 東京競馬場/芝3400m 天候: 馬場:
1着 アドマイヤモナーク 安藤勝己 3:33.6 3.6倍 99.5
2着 コンラッド 田中勝春 2 1/2 5.2倍 98.1
3着 レーザーズエッジ 大野拓弥 ハナ 75.3倍 98.1
2007年2月11日() 東京競馬場/芝3400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ダイヤモンドSの歴史と概要


2014,15年の優勝馬フェイムゲーム

東京競馬場における最長距離の3400mで争われるマラソンレースで、その時代を代表するステイヤーたちがしのぎを削る。第39~40回(1989~1990年)は3000m超で無類の強さを誇ったスルーオダイナが連覇。ほか、ユウセンショウが第46~47回(1996~1997年)に、フェイムゲームが第64~65回(2014~2015年)に連覇を決め、ユーセイトップランが第48・50回(1998・2000年)の2回、トップでゴール板を通過している。第53回(2003年)を制したイングランディーレは、1年後の春の天皇賞で大番狂わせを演じ、G1タイトルを獲得した。

歴史と概要をもっと見る >

ダイヤモンドSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年2月24日(
中山記念  G2
阪急杯  G3

競馬番組表

2019年2月23日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2019年2月24日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 キセキ 牡5
41,956万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 ダノンチェイサー 牡3
5,871万円
8 グランアレグリア 牝3
5,845万円
9 クラージュゲリエ 牡3
5,774万円
10 ダノンキングリー 牡3
5,560万円
» もっと見る