会員登録はこちら
阪神大賞典 G2   日程:2012年3月18日() 15:35 阪神/芝3000m

レース結果

阪神大賞典 G2

2012年3月18日() 阪神/芝3000m/12頭

本賞金:6,000万 2,400万 1,500万 900万 600万


レコード:3分02秒5
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

ギュスターヴクライ

牡4 55.0 福永祐一  荒川義之 498(+6) 3.11.8 13.4 3
2 8 12

オルフェーヴル

牡4 57.0 池添謙一  池江泰寿 462(0) 3.11.9 1/2 1.1 1
3 5 6

ナムラクレセント

牡7 57.0 和田竜二  福島信晴 502(-10) 3.12.3 2 1/2 34.1 5
ラップタイム 13.3 - 12.3 - 13.3 - 13.6 - 12.4 - 12.7 - 12.3 - 13.9 - 13.2 - 12.2 - 13.2 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 13.4
前半 13.3 - 25.6 - 38.9 - 52.5 - 64.9
後半 62.6 - 49.4 - 37.3 - 25.3 - 13.4

■払戻金

単勝 1 1,340円 3番人気
複勝 1 170円 3番人気
12 110円 1番人気
6 330円 5番人気
枠連 1-8 410円 2番人気
馬連 1-12 400円 2番人気
ワイド 1-12 220円 2番人気
1-6 1,130円 13番人気
6-12 390円 4番人気
馬単 1-12 2,160円 7番人気
3連複 1-6-12 1,860円 6番人気
3連単 1-12-6 18,590円 42番人気

阪神大賞典のニュース&コラム

【日経賞】バリアシオン、武で盾ロード
 中山土曜メーンは天皇賞・春の前哨戦・GII日経賞。阪神大賞典で国内最強馬オルフェーヴルが思わぬ失態を演じ、天皇賞・春は、“1強”ではなくなった。明け4歳勢のうち、長距離適性で群を抜くのはウインバリアシオン。ダービー、菊花賞ともに2着。京都記念は6着に敗れたが、武豊騎手と新コンビを結成し、弾みをつけて本番に向かう。 立ちふさがる壁に穴が見えてきた。最強馬オルフェーヴルが阪神大賞典(2着)で制御不能となって、あわや逸走。ダービー、菊花賞ともに3冠馬に完敗の2着に終わったウインバリアシオンだが、王者の弱点が明らかになったいま、天皇賞・春(4月29日、京都、GI、芝3200メートル)での戴冠が現実味を帯びてきた。 年明け初戦の京都記念は本来の伸びを欠いて6着と期待を裏切ったが、敗因はある程度はっきりしている。良馬場発表ながら、芝コースはかなり傷んでおり、4コーナー手前で滑って脚をとられた。「手前も変えられず、いつもと違う不自然な跳びになってしまった」(安藤勝騎手)ため、直線では無理をしなかった。 まともにレースをしていないので、結果は度外視していい。幸い、脚元に深刻なダメージはなく、日経賞を次の目標に定め、乗り込みを再開することができた。 今回から気分を新たに、鞍上を武豊騎手にチェンジ。14日の栗東での1週前追い切りではCWコースで6ハロン83秒7をマークし、ラインレグルス(牡4、500万下)に3馬身先着した。騎乗したユタカは「乗りやすくていい馬だね。レースの前に1回乗れてよかった」と好感触を得ており、準備は整いつつある。「前走はレースをしていないので消耗はなく、馬は元気いっぱい。馬体も増えて、パワーアップしている。ここは結果を出したい」と松永昌調教師も力が入っている。 ステイヤーとしての資質は4歳世代ではNo.1と言っていい存在。日経賞で完全復活を遂げ、打倒オルフェーヴルへ気勢をあげる。
2012年3月20日(火) 05:03

 1,314

【阪神大賞典】オルフェ制御不能でも2着
 第60回阪神大賞典(18日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内3000メートル、1着本賞金6000万円 =出走12頭)3冠馬、大暴走! 今年初戦に挑んだ昨年のJRA年度代表馬オルフェーヴル(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)に、2周目3コーナーを曲がり切れないアクシデントが発生した。大きなロスを強いられたが、そこから強烈な追い上げで2着を確保。逆にオルフェーヴルのすごさを浮き彫りにした一戦ともなった。現役最強馬の力は本物。精神面の課題さえクリアすれば、今年の目標である欧州最高峰レース、凱旋門賞(10月7日、フランス・ロンシャン競馬場、GI、芝2400メートル)制覇も見えてくる。 2周目の3コーナー。2万2000人の大観衆から、悲鳴が上がった。先頭に立っていたオルフェーヴルが急失速。「故障発生か?」。阪神競馬場は緊張感に包まれた。 一気に後方3番手に下がったが、落ちたスピードがまた少しずつ上がっていく。故障ではない。オルフェーヴルはコーナーを曲がり切れずに、外ラチ沿いまで走ってしまったのだ。そこから立て直したが、コーナーを直角に曲がるような致命的なコースロス。それでも、現役最強馬の力はケタ違いだった。再びギアを上げて集団に取りつくと、直線では外から猛追。悲鳴が歓声へと変わる。ギュスターヴクライに半馬身差及ばず2着に敗れ、連勝は6で途絶えたものの、非凡な能力を改めて証明する形にもなった。 レース後、VTRを繰り返して見ていた池添謙一騎手。その表情は冴えなかったが、言葉を振り絞って敗戦を振り返る。 「申し訳ない気持ちで一杯です。先頭に立って1頭になったら、コーナーを曲がらずに、真っすぐ行ってしまって…。落ちないようにすることで精一杯でした」 有馬記念までGI4勝を含む6連勝。それでも「油断はできない」と池添は戦前、話していた。気性の激しさが常に課題としてつきまとったからだ。新馬戦や菊花賞も、ゴールを過ぎてラチに飛んで行き、鞍上を振り落とした。今回、レース中に起きたという事実は重いが、落馬を免れたことは不幸中の幸いだった。 コーナーを上手にクリアできなかったが、その後のパフォーマンスはすさまじかった。「他の馬を見つけた瞬間に、追いかけて行った。その時の加速はすごかった」と池添。4コーナーまでの短い間に馬群に取りつき、直線で前に襲いかかる。池添、そして池江泰寿調教師ともに「3200メートルくらい走っていた」という大きなロスを、懸命に挽回する走りを見せた。 池江泰寿調教師は「能力はすごいが、競馬は勝たないといけない。あんな形になるとは…」と肩を落とし、「折り合い面も含めて、矯正していかないと…。次は菊花賞を勝った時のような走りを見せたい」と雪辱を誓った。だが、今回の件でオルフェーヴルには、4月2日以降に滋賀県・栗東トレーニングセンターでの平地調教再審査が科された。次走の天皇賞・春(4月29日、京都、GI、芝3200メートル)には、これをクリアしなければ出走できない。 新たな課題に取り組む日々が始まったが、池添の「ファンの方には申し訳ないけれど、これで2着なんて、バケモノですね」という言葉も実感させられた一戦。強さともろさの両方を抱えるオルフェーヴルは、この敗戦を糧に、さらなる進化を目指す。 (板津雄志)
2012年3月19日(月) 05:07

 2,559

【阪神大賞典】ギュスターヴ大金星
 第60回阪神大賞典(18日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内3000メートル、1着本賞金6000万円 =出走12頭)断然の1番人気に支持されたオルフェーヴルは、2周目3コーナーで一度、進路から外れるアクシデントもあり2着に敗退。中団の内で脚をためた3番人気ギュスターヴクライが直線で先頭に立ち、オルフェーヴルの追撃を振り切って重賞初制覇を決めた。タイム3分11秒8(稍重)。ギュスターヴの次走は未定だが、天皇賞・春(4月29日、京都、GI、芝3200メートル)に出走してくれば有力候補となる。 騒然とした仁川のターフで、この馬だけは冷静だった。マイペースを貫いたギュスターヴクライに、思わぬ形で転がり込んできた重賞初V。蛯名騎手の骨折により初めて騎乗、そして勝利に導いた福永祐一騎手は、淡々とレースを振り返った。 「(馬の)出入りは激しかったけれど、それに乱されることなく、自分のペースで走っていた。4コーナーの手応えもよくて、あとはスムーズに加速させてあげるだけだった」 最内枠から押して好位のインをキープ。3000メートルの長丁場だけに、脚をためながらゆったりと追走した。ユーイチは「(2周目)3コーナーで、外に逃げたのは見えていた。競走を中止したのかなと思った」とオルフェーヴルの異変に驚いたが、その後も人馬とも冷静にレースを進める。直線半ばでナムラクレセントをかわして先頭に立つと、猛追してきたオルフェーヴルを半馬身差で振り切った。 充実一途の明け4歳馬だ。昨年の皐月賞、ダービーはトライアルで敗れ、菊花賞は抽選で除外。同じ世代の3冠馬オルフェーヴルとは対照的にクラシックには縁がなかったが、ひと冬を越えて馬体に実が入り、たくましくなった。担当の斉藤厩務員は「筋肉が付いて腰がしっかりした。獣医さんも『すごくいい』といってくれる」と、成長ぶりに目を細める。抜け出してから気を抜くクセも解消。持てる力を出し切り、大金星を挙げた。 母は96年の秋華賞馬ファビラスラフインという良血。荒川義之調教師は「成長していますね。今後はこれからオーナーと相談です」と、天皇賞・春については明言を避けたが、素質が開花したステイヤーから、これからも目が離せない。 ユーイチは「長距離で自在に立ち回れるのは大きな武器。相手が強くなっても、能力は発揮できる」と将来性に太鼓判を押す。“波乱”の阪神大賞典を制したギュスターヴクライの今後に注目だ。 (川端亮平)
2012年3月19日(月) 05:04

 901

【阪神大賞典】ダムール、カットされ4着
 第60回阪神大賞典(18日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内3000メートル、1着本賞金6000万円 =出走12頭)連覇を狙う天皇賞・春を前に、消化不良のレースとなってしまった。2番人気ヒルノダムールは不利もあって4着。道中は中団で流れに乗って進めたが、最後の直線でオルフェーヴルに前をカットされ、ブレーキがかかる形となった。藤田伸二騎手は「レース運びは完ぺき。あの手応えで弾けないのは、つかみどころがない(馬)というか。ただ、最後は…。3着はあった」と憮然とした表情。昆調教師も「馬(の状態)は良かったが、あの不利が…。天皇賞で巻き返すしかない」と厳しい表情で話した。なお、この件でオルフェーヴルの池添謙一騎手には過怠金10万円が科せられた。
2012年3月19日(月) 05:03

 1,436

阪神大賞典のニュースをもっと見る >

【池江寿師トーク】思っていた以上の状態
 阪神大賞典の追い切りが14日、滋賀県の栗東トレーニングセンターで行われ、復帰初戦を迎える昨年の年度代表馬オルフェーヴルが、坂路で自己ベストタイムをマーク。文句なしの動きを見せつけた。抜群の動きを見届けた池江泰寿調教師も「今年の初戦としては十分。実戦モードに入ったね」とニッコリだ。 ――最終追い切りを見て 「(態勢が)整いましたね。先週初めてムチを入れてしっかり追ったので、今週は強め程度。(ここ数週より)馬場が回復したこともあるけど、動きも良くなっている」 ――帰厩後も調整は順調 「有馬記念の後は少しゆっくりさせたので、いつもより余裕のある体で帰ってきた。2週前追い切りでは予定を1週スライドしなくてはならないかと思ったが、追われてからの変わり身がすごい。やるごとに良くなっている。2週前からケンイチ(池添騎手)に乗ってもらってよかった」 ――いよいよ2012年の始動戦 「こちらが思っていた以上の状態にもってこられた。今年初戦としては十分な仕上がり。今のダルビッシュ投手(米大リーグ・レンジャーズ)より仕上がっているんじゃないかな(笑)」
2012年3月15日(木) 08:56

 766

【阪神大賞典】オルフェ自己ベスト50秒7
 阪神大賞典の追い切りが14日、滋賀県の栗東トレーニングセンターで行われ、復帰初戦を迎える昨年の年度代表馬オルフェーヴルが、坂路で自己ベストタイムをマーク。文句なしの動きを見せつけた。この春は天皇賞が目標だが、秋は欧州最高峰の凱旋門賞に参戦予定。日本が誇る3冠馬が、世界一を目指して走り出す。 現役最強馬はモノが違う。満を持して初戦を迎えるオルフェーヴルが、坂路で躍動。4ハロン50秒7の一番時計、自己最速タイムを叩き出した。伸び脚の迫力は怪物級。手綱から伝わる好感触に、池添謙一騎手のほおが緩んだ。 「51秒を切ってるとは、ビックリしました。大したものですね。この時計で駆け上がっても、先週より息づかいはよかった。見えない部分でさらに上積みされているんだと思います」 愛馬のポテンシャルの高さに、鞍上も驚きを隠さない。僚馬ダノンウィスラー(牡4、500万下)を4馬身ほど追いかける形でスタート。豪快にウッドチップを蹴り上げながらグングン加速し、並ぶ間もなくスッとかわす。そのまま一気に3馬身半突き放し、4ハロン50秒7(ラスト1ハロン12秒9)で2週連続の一番時計を計時。自己記録をコンマ5秒更新する最速タイムをマークし、臨戦態勢を整えた。 4冠を達成した有馬記念後は滋賀県のノーザンファームしがらきで休養。約1カ月半の放牧で充電し、2月24日に栗東トレセンに帰厩。ひと追いごとに調子を上げてきた。担当の森澤光晴助手は「目に見えない疲れがあったと思うので、しっかり休めてよかった。追うごとに体は絞れてきている」とリフレッシュ効果を強調。抜群の動きを見届けた池江泰寿調教師も「今年の初戦としては十分。実戦モードに入ったね」とニッコリだ。 史上7頭目の3冠馬として、今春は天皇賞の主役として出陣。秋には芝のレースでは世界頂上決戦となる凱旋門賞を大目標に掲げる。胸を張って世界に挑戦するため、3カ月ぶりの始動戦でも取りこぼしは許されない。 「1冠目からずっと競馬界を引っ張っていたし、今年もけん引していくスーパーホース。しっかりと結果を出したい。3歳で4冠をとった馬ですからね。秋(凱旋門賞)まで無敗で行きたい」 主戦ジョッキーは強い自覚を口にする。国内無敵のオルフェーヴルに死角はない。 (川端亮平)
2012年3月15日(木) 05:07

 903

【阪神大賞典】ダムール反応上々12秒5
 昨秋の仏遠征から帰国3戦目になる昨春の天皇賞馬ヒルノダムールは、CWコースで併せ馬。オーシャンフリート(牝4、1600万下)を2馬身ほど追走し、直線内から伸びて1馬身1/2先着。6ハロン82秒0の時計も上々でラスト1ハロン(12秒5の反応も良かった。 昆調教師は「調教駆けする相手を目標にしたから時計は思ったより出たが、やるつもりだったので問題ない。ゴールまでしっかり走っていたしね。体も締まりピークに近い状態。強い馬を負かしたい」と打倒オルフェーヴルに燃えている。
2012年3月15日(木) 05:06

 681

【阪神大賞典】ジャガー、キレキレ11秒8
 8歳という年齢を感じさせない。昨年の有馬記念11着以来となるジャガーメイルがポリトラックで直線一杯に追われ、ラスト1ハロン11秒8の上々フィニッシュ。5ハロン65秒8をマークした。「間隔は開いたが、先週、今週と本数はやっているし、いい状態で出せる」と橋本調教助手は好仕上がりを強調。10年春の天皇賞馬でスタミナには自信があり、昨年のジャパンC3着と底力も十分だ。「有馬はちぐはぐな競馬で力を出せなかった。改めて」と橋本助手は実力馬の巻き返しへ気持ちを込めた。
2012年3月15日(木) 05:06

 812

阪神大賞典の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


阪神大賞典過去10年の結果

2011年3月20日() 阪神競馬場/芝3000m 天候: 馬場:
1着 ナムラクレセント 和田竜二 3:04.4 5.4倍 103.4
2着 コスモメドウ 松岡正海 3 1/2 2.9倍 101.2
3着 モンテクリスエス 川田将雅 3/4 12.6倍 100.8
2010年3月21日() 阪神競馬場/芝3000m 天候: 馬場:
1着 トウカイトリック 藤田伸二 3:07.3 7.0倍 101.2
2着 ジャミール 安藤勝己 クビ 5.8倍 101.2
3着 メイショウベルーガ 池添謙一 ハナ 4.3倍 101.2
2009年3月22日() 阪神競馬場/芝3000m 天候: 馬場:
1着 アサクサキングス 四位洋文 3:13.2 3.7倍 100.5
2着 ヒカルカザブエ 秋山真一郎 ハナ 21.4倍 100.5
3着 ナムラクレセント 小牧太 1 3/4 11.0倍 99.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

阪神大賞典の歴史と概要


2013、14,15年の優勝馬ゴールドシップ

春の天皇賞に直結する最重要ステップレースで、長距離戦を得意とする古馬一線級が集結する。第36回(1988年)のタマモクロス、第39~40回(1991~1992年)2連覇のメジロマックイーン、第45回(1997年)のマヤノトップガン、第46回(1998年)のメジロブライト、第47回(1999年)のスペシャルウィーク、第54回(2006年)のディープインパクト、第56回(2008年)のアドマイヤジュピタ、第63回(2015年)のゴールドシップなど、ここと春の天皇賞を連勝した馬は数知れず。ナリタブライアンマヤノトップガンが壮絶なマッチレースを繰り広げた第44回(1996年)は競馬ファンの間では“伝説の名勝負”として語り草となっている。

歴史と概要をもっと見る >

阪神大賞典の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年3月30日(
ダービー卿チャレンジ  G3
2019年3月31日(
大阪杯  G1

競馬番組表

2019年3月30日(
3回中山3日目
2回阪神3日目
2019年3月31日(
3回中山4日目
2回阪神4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
60,042万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
9 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
10 リスグラシュー 牝5
43,142万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンファンタジー 牝3
15,637万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
3 ファンタジスト 牡3
11,012万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
5 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 エメラルファイト 牡3
8,123万円
8 ハッピーアワー 牡3
7,799万円
9 ランスオブプラーナ 牡3
7,008万円
10 メイショウテンゲン 牡3
6,961万円
» もっと見る