会員登録はこちら
毎日放送賞スワンS G2   日程:2021年10月30日()  阪神/芝1400m

毎日放送賞スワンSの歴史と概要


2013年の優勝馬コパノリチャード

マイルチャンピオンシップの最重要前哨戦として認知されている芝1400m重賞。グレード制導入初年度の第27回(1984年)はニホンピロウイナーがレコードタイムで圧勝し、返す刀でマイルチャンピオンシップのタイトルも手に入れた。第36回(1993年)のシンコウラブリイ、第40回(1997年)のタイキシャトルもここと本番を連勝。スプリンタータイプの活躍も目立ち、第37回(1994年)をサクラバクシンオーが、第45回(2002年)をショウナンカンプが、第52回(2009年)をキンシャサノキセキが、第56回(2013年)をコパノリチャードが、それぞれ制している。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第63回
2020年10月31日
京都 芝1400m
カツジ 牡5 1:21.2 岩田康誠 池添兼雄 全着順を
見る
第62回
2019年10月26日
京都 芝1400m
ダイアトニック 牡4 1:21.3 C.スミヨン 安田隆行 全着順を
見る
第61回
2018年10月27日
京都 芝1400m
ロードクエスト 牡5 1:21.5 M.デムーロ 小島茂之 全着順を
見る
第60回
2017年10月28日
京都 芝1400m
サングレーザー 牡3 1:22.4 C.デムーロ 浅見秀一 全着順を
見る
第59回
2016年10月29日
京都 芝1400m
サトノアラジン 牡5 1:20.7 川田将雅 池江泰寿 全着順を
見る
第58回
2015年10月31日
京都 芝1400m
アルビアーノ 牝3 1:20.2 柴山雄一 木村哲也 全着順を
見る
第57回
2014年11月1日
京都 芝1400m
ミッキーアイル 牡3 1:20.3 浜中俊 音無秀孝 全着順を
見る
第56回
2013年10月26日
京都 芝1400m
コパノリチャード 牡3 1:20.8 浜中俊 宮徹 全着順を
見る
第55回
2012年10月27日
京都 芝1400m
グランプリボス 牡4 1:20.5 内田博幸 矢作芳人 全着順を
見る
第54回
2011年10月29日
京都 芝1400m
リディル 牡4 1:19.4 小牧太 橋口弘次 全着順を
見る
第53回
2010年10月30日
京都 芝1400m
マルカフェニックス 牡6 1:21.0 福永祐一 松永昌博 全着順を
見る
第52回
2009年10月31日
京都 芝1400m
キンシャサノキセキ 牡6 1:20.3 C.スミヨン 堀宣行 全着順を
見る
第51回
2008年11月1日
京都 芝1400m
マイネルレーニア 牡4 1:19.9 佐藤哲三 西園正都 全着順を
見る
第50回
2007年10月27日
京都 芝1400m
スーパーホーネット 牡4 1:20.7 藤岡佑介 矢作芳人 全着順を
見る
第49回
2006年10月28日
京都 芝1400m
プリサイスマシーン 牡7 1:20.3 松岡正海 萩原清 全着順を
見る
第48回
2005年10月29日
京都 芝1400m
コスモサンビーム 牡4 1:21.5 本田優 佐々木晶 全着順を
見る
第47回
2004年10月30日
京都 芝1400m
タマモホットプレイ 牡3 1:21.9 本田優 南井克巳 全着順を
見る
第46回
2003年11月1日
京都 芝1400m
ギャラントアロー 牡3 1:20.2 幸英明 崎山博樹 全着順を
見る
第45回
2002年10月26日
京都 芝1400m
ショウナンカンプ 牡4 1:19.8 藤田伸二 大久保洋 全着順を
見る
第44回
2001年10月27日
京都 芝1400m
ビハインドザマスク 牝5 1:20.8 松永幹夫 北橋修二 全着順を
見る
第43回
2000年10月28日
京都 芝1400m
ダイタクヤマト 牡6 1:20.4 江田照男 石坂正 全着順を
見る
第42回
1999年10月30日
京都 芝1400m
ブラックホーク 牡5 1:20.2 蛯名正義 国枝栄 全着順を
見る
第41回
1998年10月31日
京都 芝1400m
ロイヤルスズカ 牡5 1:21.9 上村洋行 橋田満 全着順を
見る
第40回
1997年10月25日
京都 芝1400m
タイキシャトル 牡3 1:20.7 横山典弘 藤沢和雄 全着順を
見る
第39回
1996年10月26日
京都 芝1400m
スギノハヤカゼ 牡3 1:19.3 田島裕和 鹿戸幸治 全着順を
見る
第38回
1995年10月28日
京都 芝1400m
ヒシアケボノ 牡3 1:19.8 角田晃一 佐山優 全着順を
見る
第37回
1994年10月29日
阪神 芝1400m
サクラバクシンオー 牡5 1:19.9 小島太 境勝太郎 全着順を
見る
第36回
1993年10月30日
京都 芝1400m
シンコウラブリイ 牝4 1:21.9 岡部幸雄 藤沢和雄 全着順を
見る
第35回
1992年10月31日
京都 芝1400m
ディクターガール 牝6 1:21.4 岸滋彦 宮本悳 全着順を
見る
第34回
1991年10月26日
京都 芝1400m
ケイエスミラクル 牡3 1:20.6 南井克巳 高橋成忠 全着順を
見る
第33回
1990年10月28日
京都 芝1400m
ナルシスノワール 牡4 1:21.4 安田隆行 田之上勲 全着順を
見る
第32回
1989年10月29日
京都 芝1400m
バンブーメモリー 牡4 1:21.7 松永昌博 武邦彦 全着順を
見る
第31回
1988年10月30日
京都 芝1400m
シンウインド 牝4 1:23.0 武豊 二分久男 全着順を
見る
第30回
1987年11月1日
京都 芝1400m
ポットテスコレディ 牝4 1:22.8 西浦勝一 松永善晴 全着順を
見る
第29回
1986年10月26日
京都 芝1400m
ニッポーテイオー 牡3 1:21.5 郷原洋行 久保田金 全着順を
見る

歴史と位置付け

1958年に京都芝1800mを舞台に行うハンデ重賞として創設。その後、別定戦化やマイルへの距離短縮を経て、大幅に番組が改革された1984年に、G2への格付けならびに芝1400mへの距離短縮を実施。マイルチャンピオンシップの前哨戦に位置付けられた。以来、同レースへの最重要前哨戦として大きな役割を担っている。

開催時期

第1~26回は上半期(1~5月)に行われていたが、第27回に秋開催に移動。以来、10月最終週もしくは11月第1週に開催されている。

競走条件

3歳以上馬が出走可能(ただし、3歳未出走馬・未勝利馬は出走不可)。負担重量規定は、第1~3回がハンデキャップ、第4回以降が別定。斤量は3歳54kg、4歳以上56kg(それぞれ牝馬は2kg減)。近1年以内のG1競走(牝馬限定戦を除く)の勝ち馬は2kg増。近1年以内の牝馬限定G1競走の勝ち馬、G2競走(牝馬限定戦を除く)の勝ち馬、1年以前のG1競走(牝馬限定戦ならびに2歳戦を除く)の勝ち馬はそれぞれ1kg増。コースは第1~14回が京都芝1800m(第8回は阪神芝1800m)、第15~26回が京都芝1600m(第23回は小倉芝2000m)、第27回以降が京都芝1400m(第37回が阪神芝1400m)。外国産馬は1984年から、地方競馬所属馬は1995年から、外国調教馬は1998年から、それぞれ出走可能に。2014年より優勝馬(地方競馬所属馬は2着馬まで)に対しマイルチャンピオンシップの優先出走権が与えられるようになった。

年表

1958年レース創設。京都芝1800mで第1回施行
1961年負担重量規定をハンデキャップから別定に変更
1965年阪神芝1800mで施行
1972年距離を芝1600mに変更
1980年小倉芝2000mで施行
1984年グレード制導入。G2に格付け。距離を芝1400mに変更。混合競走となり外国産馬の出走が可能に
1994年阪神芝1400mで施行
1995年指定交流競走となり地方競馬所属馬の出走が可能に
1998年国際競走となり外国調教馬の出走が可能に
2014年優勝馬(地方競馬所属は2着馬まで)にマイルチャンピオンシップの優先出走権が付与されるように
2021年阪神芝1400mで施行
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2021年4月17日(
アーリントンカップ  G3
2021年4月18日(
アンタレスステークス  G3
皐月賞  G1

競馬番組表

2021年4月17日(
1回新潟3日目
3回中山7日目
2回阪神7日目
2021年4月18日(
1回新潟4日目
3回中山8日目
2回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
83,051万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,186万円
4 グランアレグリア 牝5
74,022万円
5 キセキ 牡7
66,926万円
6 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
7 インディチャンプ 牡6
57,504万円
8 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
26,623万円
2 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
3 メイケイエール 牝3
11,465万円
4 バスラットレオン 牡3
9,791万円
5 グレナディアガーズ 牡3
9,498万円
6 サトノレイナス 牝3
9,338万円
7 タイトルホルダー 牡3
8,583万円
8 ヴィクティファルス 牡3
7,720万円
9 ファインルージュ 牝3
7,330万円
10 ステラヴェローチェ 牡3
7,250万円
» もっと見る