会員登録はこちら
産経大阪杯 G2   日程:2010年4月4日() 15:35 阪神/芝2000m

レース結果

産経大阪杯 G2

2010年4月4日() 阪神/芝2000m/12頭

本賞金:6,400万 2,600万 1,600万 960万 640万


レコード:1分58秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 11

テイエムアンコール

牡6 57.0 浜中俊  柴田政見 462(-4) 1.59.5 21.5 6
2 5 6

ゴールデンダリア

牡6 57.0 幸英明  二ノ宮敬 476(0) 1.59.6 3/4 52.3 9
3 6 8

ドリームジャーニー

牡6 59.0 池添謙一  池江泰寿 434(-4) 1.59.6 ハナ 1.2 1
ラップタイム 12.1 - 11.1 - 12.8 - 12.3 - 12.0 - 12.2 - 11.6 - 11.5 - 11.7 - 12.2
前半 12.1 - 23.2 - 36.0 - 48.3 - 60.3
後半 59.2 - 47.0 - 35.4 - 23.9 - 12.2

■払戻金

単勝 11 2,150円 6番人気
複勝 11 290円 5番人気
6 530円 9番人気
8 100円 1番人気
枠連 5-8 3,900円 8番人気
馬連 6-11 25,640円 35番人気
ワイド 6-11 3,060円 32番人気
8-11 330円 4番人気
6-8 650円 8番人気
馬単 11-6 77,450円 70番人気
3連複 6-8-11 5,060円 24番人気
3連単 11-6-8 103,370円 215番人気

産経大阪杯のニュース&コラム

【産経大阪杯】天皇賞でも!アンコールVだ
 第54回産経大阪杯(4日、阪神10R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金6400万円=出走12頭)前走の中山記念で2着に健闘した6番人気テイエムアンコールが、改めて地力強化を証明。父オペラハウスが伝える豊富な成長力を武器に力強く抜け出し、6歳春に初タイトルを射止めた。1分59秒5(良)。2着に9番人気ゴールデンダリア。昨年の覇者でGI3勝馬のドリームジャーニーは断然の1番人気に推されたが3着に敗れ、波乱の結末となった。 1強ムードのなか、スポットライトを独り占めにしたのは、伏兵テイエムアンコールだった。5度目の重賞挑戦で初のタイトルを奪取。ドリームジャーニーを3着に退け、大金星を挙げた。 「スタートが決まったし、ある程度、前に行こうと思っていました。直線は外から強い馬が来ていたけど、手応え通りに伸びたし、よく頑張ってくれました」。殊勲の勝利に、浜中俊騎手がパートナーを称えた。 道中は好位4番手をキープ。後方待機からスタイルを変更した理由を、柴田政見調教師は「ドリームジャーニーは決め手があるから」。同じ位置からでは末脚勝負で負けるとみての先行策だ。その作戦が、ズバリ。ラスト100メートル付近で先頭に立つと、そのまま後続を振り切った。02年の武蔵野S(ダブルハピネス)以来の重賞2勝目に柴田見師は、感無量の表情だ。 04年北海道オータムセール出身。当歳時に、サラブレッドとしてはけっして高額ではない税込み745万円で取り引きされたが、コツコツと力をつけて、33戦目で素質を完全に開花させた。「2200メートルまでしか経験がないけど、血統的に距離は延びてもこなせると思います」と、柴田見師は天皇賞・春(5月2日、京都、GI、芝3200メートル)へ思いを馳せる。 父オペラハウスの名前と、同じ父を持ちGIを7勝したテイエムオペラオーから連想して命名されたテイエムアンコール。オペラオーが00年、01年に連覇した春の盾でも、産経大阪杯の“再演”が期待できそうだ。(鈴木康之)
2010年4月5日(月) 05:09

 954

【産経大阪杯】単勝1・2倍ジャーニー3着
 第54回産経大阪杯(4日、阪神10R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金6400万円=出走12頭)単勝1・2倍と断然の1番人気に支持された昨年の春秋グランプリホース・ドリームジャーニーは、追い込むも3着敗退。メンバー最少の434キロの馬体には、59キロの酷量が響いたようだ。「いつもの競馬で、ボクが結果を出さなければいけなかったんですが…。3コーナーでの反応が59キロと58キロでは全然違う。グンと加速する馬が、逆に弾かれそうになった」と池添謙一騎手は肩を落とした。それでも「暖かくなって調子を上げるので、馬の状態は右肩上がり。(58キロで走れる)春の天皇賞に期待します」と、最後は気を取り直して前を向いた。
2010年4月5日(月) 05:08

 944

【産経大阪杯】ダリア息の長い末脚発揮2着
 第54回産経大阪杯(4日、阪神10R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金6400万円=出走12頭)9番人気の関東馬ゴールデンダリアが、後方から息の長い末脚を発揮。川田騎手が病気のため、代打騎乗を務めた幸英明騎手が力を出し切り、ドリームジャーニーをハナ差しのいで2着に食い込んだ。「急きょの騎乗でも、クセがなく非常に乗りやすかった。直線でも良く伸びて、いけるかなという手応え。2着でも次も楽しみになる内容だったと思います」と、好結果を導いた幸は笑顔だった。
2010年4月5日(月) 05:07

 802

【産経大阪杯】ジャーニー敗れる アンコールV
 4日、阪神競馬場で「第54回産経大阪杯」(GII、芝2000メートル)が行われ、浜中俊騎手騎乗の6番人気テイエムアンコール(牡6歳、栗東・柴田政見厩舎)が好位から力強く抜け出し快勝。勝ちタイムは1分59秒5(良)。2着は幸英明騎手騎乗で9番人気のゴールデンダリア(牡6歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)。断然人気に推された池添謙一騎手騎乗のドリームジャーニー(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)は直線伸び切れず、3着に敗れた。 テイエムアンコールは道中4番手、人気のドリームジャーニーは後方2番手を追走。直線に入ると、大外に持ち出すドリームジャーニーとは対象に、テイエムアンコールは内から抜け出しを狙う。 直線半ばで先頭に立ったテイエムアンコールは、しぶとく伸び、後続の追撃を完封。昨年のグランプリホースを破る大金星で、重賞初制覇を飾った。 テイエムアンコールは、父オペラハウス、母スナークサクセス、母の父ブライアンズタイムという血統で、JRA通算33戦6勝。
2010年4月4日() 16:12

 887

産経大阪杯のニュースをもっと見る >

【酔いどれブログ】堅い大阪、荒れるダービー卿
 どの競技でもスタートで躓いたらろくな事がない。高松宮記念で、一旦は首位争いに加わったアルティマトゥーレだったが、そこまでで精一杯。競馬に“タラレバ”は禁物だが、まともなら勝ち馬は違っていたはず。 アルティマ、キンシャササ(書き難い)、これしかないという大本線馬券だっただけになあ、勿体ない。馬券は惜しかったも惨敗も同じ負けだ。日曜夜、いつもの店に躓かずに一番乗り。何時もは直ぐに客が入って来るのだが、2番手以降がなかなか現れない。そしたらマスターが「今日の昼間はお客さん同士で、哲学堂へ花見に行ったようですから」と。 この寒いのにねぇ。恐らく花見どころじゃなかったはずだよ。燗酒か焼酎のお湯割りじゃなきゃ、まず、駄目だろうね。花冷えなんて甘い陽気じゃない。真冬の花見だ。 マスターも手持ち無沙汰だったので、カレーの美味い作り方を伝授してもらった。カレールーの裏面に書いてあるマニュアル通りに作っても味に深さが出ないので、他社メーカーとのブレンドをする事。このブレンドは辛口同士をぶつけても、ただ辛くなるだけで、たとえば辛口と甘口なんかが良い組み合わせだそうだ。配合割合は自分で味を見ながらと言うことだが、ルーは多めに入れるのがポイント。 月曜日に早速実行して実食。なるほど味に変化が出て俺の手腕でも美味かった。 先週、クラシックに乗れば、俄然面白くなる良血2頭がコケてしまった。しかも武豊騎手までが落馬骨折。JRAにとって人気ジョッキーの戦線離脱と、スター不在は売り上げに大きく影響する。 そんなJRAの商売を心配する大局的な見地より、今週の予想の心配を…。産経大阪杯はGI馬にGIII馬の対決。ポテンシャルの違いは明らか。59キロでもドリームジャーニーは不動。ダービー卿は堅く収まるはずがないのでショウワモダンから。では、また来週。三原 吉次(みはら・よしじ)競馬エイト編集部で、競馬の善し悪しを教わって○十年。吉田、戸田TMとはお金のない時代(なんか今あるみたい)から飲み歩いた仲。現在も進行形。後輩の椋木TMはエイト移籍前から面倒みていた(偉そうに)ほど。現在は色んな所を兼任しており、何処に所属かは謎。予想のスタンスは結構本命党だが、平場の条件戦では徹底した穴狙いで、これが本質かも。趣味は小雪がいそうなスナックを捜し歩くこと。
2010年4月1日(木) 12:04

 1,212

【産経大阪杯】ジャーニー弾んだ12秒2
 昨年のグランプリレースを制したドリームジャーニーが、栗東CWコースを単走で追われ、5ハロン67秒6、3ハロン39秒0-12秒2を軽快にマーク。ゴールを過ぎても手綱を緩めず、しっかりと負荷をかけた。主戦の池添騎手は「息遣いは、前走よりもいい」と好感触。その前走・京都記念は、有馬記念で破ったブエナビスタに逆襲されたが、同じ59キロを背負っても、この相手では負けられない。 グランプリホースの豪脚が、ウッドチップを蹴り上げる。朝一番の栗東を目覚めさせるような、シャープな走り。昨年の最優秀4歳以上牡馬ドリームジャーニーが、産経大阪杯連覇へ、万全の仕上がりをアピールした。 午前7時の開門と同時にCWコースに飛び出したジャーニー。グイグイ加速していく脚は勢いを増し、直線で池添騎手のゴーサインが出ると、さらにスピードが乗っていく。ゴール板を過ぎても鞍上の手綱は緩むことなく、しばらくはゴール前と同様のスピードで駆けていった。タイムは5ハロン67秒6、3ハロン39秒0-12秒2だが、実際はもっと長い距離で時計が出ているはずだ。 「実質は5ハロンですが、ゴール過ぎてからもしっかりやりました。順調だし、カイバを食べてくれているから、馬体を気にしないで調教できます。息遣いなんかは、前走よりもいいですよ」 池添騎手の笑顔と口調から、ジャーニーの状態の良さがビンビン伝わってくる。以前調教していたDWと違い、その内のコースのCWでは負荷が足りないため、ゴールを過ぎてもびっしり追って不足分を補ったが、それができるのもジャーニーが充実してきたからだ。 前走の京都記念は上がり3ハロン33秒3の脚を繰り出したがブエナビスタ、ジャガーメイルには届かず3着。12キロ増の馬体と59キロの斤量を考えれば健闘だったが、「内容は良かったが負けてしまいましたからね。今回も59キロは楽ではないけど結果が求められます。負けられない気持ちですよ」とジョッキーは気合が入る。 この後に天皇賞・春~宝塚記念と続くGIロード。古馬中長距離最強の看板を守るためにも、ドリームジャーニーがこの前哨戦を落とすことはできない。(柴田章利)
2010年4月1日(木) 05:06

 830

【産経大阪杯】タスカータ軽快11秒4
 前走のGIII・中京記念2着で復活ムードが漂うタスカータソルテは、松田騎手を背にポリコースで軽快な動きを披露。5ハロン64秒5、3ハロン34秒8-11秒4の好時計をマークした。「それなりにやってくれの指示。ラストまでしっかりした脚どりで、前走時のいい動きと雰囲気をキープできています。あとは少し気難しい面が実戦で出なければ」と、松田騎手も状態の良さに期待する。札幌記念、京都新聞杯、昨年の中京記念と中距離重賞3勝の実績馬が4つめのタイトルをにらむ。
2010年4月1日(木) 05:05

 761

【産経大阪杯】切れた!キングリー11秒6
 昨秋のジャパンC(18着)以来の実戦となるヤマニンキングリーは、ポリコースでサンライズコア(古馬500万下)と併せ馬を行い、余力十分にラスト1ハロン11秒6(6ハロン81秒6)のシャープな伸び脚。1馬身半の先着を果たした。 「相手に合わせてラスト100メートルぐらいを追ったが、先着は格が違うからね。放牧明けでも九分ぐらいの仕上がりにはある」と安藤調教助手。JCはレース中の鼻出血が大きな敗因だけに、ベストの中距離なら実績的にも巻き返しは可能だ。
2010年4月1日(木) 05:05

 724

産経大阪杯の直前追い切り情報をもっと見る >

産経大阪杯過去10年の結果

2009年4月5日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2008年4月6日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2007年4月1日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

産経大阪杯の歴史と概要


2017年の優勝馬キタサンブラック

関西圏で親しまれていた歴史ある中距離重賞の「産経大阪杯」が2017年にリニューアル。G1昇格を果たし、春の中距離王決定戦の役割を担う「大阪杯」に生まれ変わった。第1回(2017年)は前年の年度代表馬にして、この年も連続してそのタイトルを獲得することになるキタサンブラックが1番人気に応えて初代王者を襲名。G1としてのレース史に、新たな1ページを刻んだ。G2時代から大物の参戦が多いレースとしても知られており、歴代勝ち馬の欄には、第30回(1986年)のサクラユタカオー、第36回(1992年)のトウカイテイオー、第27回(1993年)のメジロマックイーン、第42回(1998年)のエアグルーヴ、第51回(2007年)のメイショウサムソン、第52回(2008年)のダイワスカーレット、第57回(2013年)のオルフェーヴルなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。その一方、第45回(2001年)は当時の絶対王者テイエムオペラオーが馬券圏外の4着に敗れ、第54回(2010年)は単勝1.3倍の支持を集めたドリームジャーニーが3着に取りこぼすなど、時に大番狂わせが発生することもある。

▼2017年はキタサンブラックが1番人気に応えて初代王者を襲名した。

歴史と概要をもっと見る >

産経大阪杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月29日(
シリウスステークス G3
2018年9月30日(
スプリンターズS G1

競馬番組表

2018年9月29日(
4回中山8日目
4回阪神8日目
2018年9月30日(
4回中山9日目
4回阪神9日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
58,278万円
5 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 ワグネリアン 牡3
36,086万円
2 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る