会員登録はこちら
読売マイラーズカップ G2   日程:2015年4月26日() 15:35 京都/芝1600m

レース結果

読売マイラーズカップ G2

2015年4月26日() 京都/芝1600m/18頭

本賞金:5,700万 2,300万 1,400万 860万 570万


レコード:1分31秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 7 15

レッドアリオン

牡5 56.0 川須栄彦  橋口弘次 484(0) 1.32.6 22.4 8
2 2 4

サンライズメジャー

牡6 56.0 四位洋文  浜田多実 488(+4) 1.32.6 クビ 14.6 5
3 4 7

フィエロ

牡6 56.0 戸崎圭太  藤原英昭 502(+3) 1.32.7 クビ 2.7 1
ラップタイム 12.3 - 11.0 - 12.0 - 12.4 - 11.7 - 11.1 - 10.8 - 11.3
前半 12.3 - 23.3 - 35.3 - 47.7 - 59.4
後半 57.3 - 44.9 - 33.2 - 22.1 - 11.3

■払戻金

単勝 15 2,240円 8番人気
複勝 15 500円 7番人気
4 340円 6番人気
7 140円 1番人気
枠連 2-7 9,690円 28番人気
馬連 4-15 15,340円 42番人気
ワイド 4-15 4,090円 44番人気
7-15 1,120円 10番人気
4-7 690円 5番人気
馬単 15-4 32,690円 86番人気
3連複 4-7-15 10,350円 32番人気
3連単 15-4-7 98,650円 293番人気

読売マイラーズカップのニュース&コラム

【マイラーズC】アリオン、マイル戦線に風穴開けた
 第46回マイラーズカップ(26日、京都11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金5700万円、1着馬に安田記念の優先出走権=出走18頭)川須栄彦騎乗で8番人気のレッドアリオンが、好位から抜け出す正攻法で重賞初制覇。充実期に入った素質馬は、優先出走権を得た安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)に挑む。タイム1分32秒6(良)。逃げた5番人気のサンライズメジャーがクビ差の2着。さらにクビ差の3着に1番人気のフィエロが入った。 春の陽気に包まれた淀のターフで、ついに素質が開花した。8番人気レッドアリオンが、実績馬を相手に“横綱相撲”で重賞初制覇。川須騎手は喜びをかみしめた。 「正攻法の競馬で押し切って、いい内容で勝ってくれた。前の馬をかわしても、後ろに強い馬(フィエロ)がいたので、最後は『何とか頑張ってくれ』と思っていました」 スタートを決め、好位の外で折り合った。直線に向くと、鞍上のムチに応えてスパート。逃げたサンライズメジャーとの差をジワジワと詰め、クビ差でかわしたところがゴールだった。 同じ橋口弘厩舎所属の全兄リディル(引退)と半兄クラレントは重賞勝ち馬。兄2頭のような活躍を期待されながらゲートや折り合いに課題があり、無冠だった。だが、年を重ねて気性面が成長。同じ舞台の前走・洛陽S(OP)は好位で折り合って抜け出し、快勝した。鞍上は「前走で成長を感じていたので、自信を持って乗りました」とうなずく。 橋口弘調教師にとっては18年連続のJRA重賞制覇で、現役2位の藤沢和調教師に2勝差をつける94勝目だ。3月のドバイ遠征の際に体調を崩し、前日25日からレースの臨場業務を再開したばかり。「人が元気になると馬も元気になるな」と笑い、「逃げて4着だった1年前に比べて力をつけている。念願の重賞勝ち。大威張りで大きいところに行ける」と力を込めた。 「もっともっと大きな舞台で頑張りたい」と川須騎手。コンビを組んだ2年前のNHKマイルCは痛恨の出遅れで4着に敗れたが、今はゲートの不安もない。同じ府中のマイルが舞台の安田記念でGIタイトルを手に入れる。 (川端亮平)★26日京都11R「マイラーズカップ」の着順&払戻金はこちらレッドアリオン 父アグネスタキオン、母エリモピクシー、母の父ダンシングブレーヴ。鹿毛の牡5歳。栗東・橋口弘次郎厩舎所属。北海道えりも町・エクセルマネジメントの生産馬。馬主は(株)東京ホースレーシング。戦績24戦6勝。獲得賞金2億1653万7000円。重賞初勝利。マイラーズCは、橋口弘次郎調教師が2010年リーチザクラウンに次いで2勝目。川須栄彦騎手は初勝利。馬名の意味は「冠名+ギリシャ神話に登場する天馬の名。天馬のごとく駆け抜けるよう」。
2015年4月27日(月) 05:05

 596

【マイラーズC】レースを終えて…関係者談話
 ◆四位騎手(サンライズメジャー2着) 「(逃げて)ペースも言うことなしで、もうちょっとだったんだけど」 ◆小牧騎手(エキストラエンド4着) 「枠順の差やね。位置を取りにいっているぶん、いつものしまいの脚と違った」 ◆浜中騎手(フルーキー5着) 「ペースが遅すぎました。いい位置は取れましたが…」 ◆川田騎手(シャイニープリンス6着) 「いい枠でしたし、いい位置で競馬ができました。よく頑張ってくれました」 ◆藤岡康騎手(ディアデラマドレ7着) 「周囲の音を気にしたときにスタートが切られて、遅れた」 ◆岩田騎手(ロサギガンティア8着) 「この馬なりに差してきているが…。東京の方がいいのかな」 ◆柴田未騎手(マイネルメリエンダ10着同着) 「速い上がりに対応できなかった。決め手の差が出た」 ◆幸騎手(クラレント10着同着) 「ポジションは勝ち馬の後ろだったが、4角からの反応がもうひとつだった」 ◆松田騎手(テイエムタイホー17着) 「速い時計の決着はどうかと思っていた。それもあって最後は止まった」 ◆和田騎手(マイネルホウオウ18着) 「スタートから進んでいかなかった。いい馬だが、まだ体が使えていない」★26日京都11R「マイラーズカップ」の着順&払戻金はこちら
2015年4月27日(月) 05:04

 1,006

【マイラーズC】レッドアリオンが重賞初制覇!
 26日の京都11Rで行われた第46回マイラーズカップ(4歳上オープン、GII、芝1600メートル、18頭立て、1着賞金=5700万円、1着馬に安田記念の優先出走権)は、川須栄彦騎手騎乗の8番人気レッドアリオン(牡5歳、栗東・橋口弘次郎厩舎)が好位追走から抜け出してV。重賞初制覇を飾った。タイムは1分32秒6(良)。 兄弟対決を制した5歳馬に、ようやく春が訪れた。安田記念を目指す実力馬がそろった一戦を制したのは8番人気の伏兵レッドアリオン。同厩舎の兄クラレントに実績では見劣ってきたが、ここでGIIタイトルを獲得して、一気に安田記念の有力馬に躍り出た。 レースはサンライズメジャーが押し出されるように先頭に立ち、スローペースで逃げる。シャイニープリンス、テイエムタイホーが続き、その後ろにマイネルメリエンダ、レッドアリオンが追走。人気のフィエロは中団からのレースとなった。流れは遅く、サンライズメジャーは余裕を感じさせる手応えで直線へ。粘るサンライズメジャーを目標に、好位の外でタイミングをうかがっていたレッドアリオンが徐々に差を詰める。ゴール前ではインを強襲したフィエロも突っ込んできたが、最後はレッドアリオンがサンライズメジャーを差し切ってV。待望の重賞初制覇を果たし、安田記念(6月7日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。兄リディル、クラレントに続き、兄弟3頭がすべてGIIウイナーに輝いたことになる。 クビ差2着が5番人気のサンライズメジャー。さらにクビ差でフィエロが3着に入っている。 レッドアリオンは、父アグネスタキオン、母エリモピクシー、母の父ダンシングブレーヴという血統。北海道えりも町・エクセルマネジメントの生産馬で、(株)東京ホースレーシングの所有馬。通算成績は24戦6勝。重賞初勝利。橋口弘次郎調教師は2010年リーチザクラウンに次いでマイラーズC2勝目、川須栄彦騎手は初勝利。 川須騎手は「正攻法の競馬でしっかり押し切ってくれて、いい内容で勝てたと思います。馬がよく頑張ってくれました。スタッフの方々がしっかり練習してくれているので、ここ何走かは安定してゲートを出てくれて…。きょうもいいスタートを切ってくれました。前走もそうなんですが、ある程度の位置でしっかり我慢できるようになって、馬の成長を感じていますし、今回は自信を持って乗れました。理想的な形で回ってこれて、あとは前の馬(サンライズメジャー)をかわしてくれたんで…。後ろにもいっぱい強い馬がいましたが、“残ってくれ”という気持ちでした。馬がよく頑張ってくれました。馬も充実期に入ったと思います。3歳のときは人馬とも悔しい思いをしたので、これからもっともっと大きな舞台で頑張っていきたいと思います」と安田記念に向けて闘志を燃やしていた。★26日京都11R「マイラーズカップ」の着順&払戻金はこちら
2015年4月26日() 15:44

 577

【マイラーズC】入線速報(京都競馬場)
京都11R・マイラーズカップGII(3回京都競馬場2日目 京都競馬場 芝・右外 1600m サラ系4歳以上オープン・別定)は、1番手15番レッドアリオン、2番手4番サンライズメジャー、3番手7番フィエロで入線しています。 ※上記は確定前情報です。正確な情報につきましては、今後JRA(日本中央競馬会)から発表される確定情報をお待ちください。 着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。
2015年4月26日() 15:38

 192

読売マイラーズカップのニュースをもっと見る >

【マイラーズC】テイエムタイホー絶好11秒6
 武庫川S、六甲Sとマイル連勝中のテイエムタイホーは栗東CWコースで単走。マイペースで好調をアピールした。 前半は折り合いに専念し、直線へ向いても馬なりのまま。ラスト1Fで軽く気合が入り、11秒6と伸びた。「年齢を重ねて折り合いがつくようになり、こういう攻め馬ができるようになった。それからは成績も安定している」と鈴木孝調教師。 レースでも大事なのは“マイペース”で、「ポジションがまちまちなのは自分のペースに徹しているから。以前は6Fでも掛かっていた馬だから、押せば行ってしまうだろう。相手が強くなっても自分の競馬をするだけ」と、重賞初制覇へ迷いはない。(夕刊フジ)★マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年4月23日(木) 12:35

 438

【マイラーズC】アリオン遅れも脚取りしっかり
 レッドアリオンは栗東坂路でエイヴィアンボスに半馬身遅れたが、全体の時計は出ており、脚取りもしっかりしていた。洛陽Sを快勝してきた勢いは侮れない。 ◆橋口調教師「もまれるとよくないが、すんなりなら前走のように強い。能力的にヒケを取らないし、スタートを決めて好位で脚をためたい」(夕刊フジ)★マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年4月23日(木) 12:32

 275

【マイラーズC】ディアデラマドレ、切れた11秒9
 マイラーズCの追い切りが22日、東西トレセンで行われた。栗東では、牝馬で唯一参戦するディアデラマドレがCWコースでシャープな伸び。4カ月ぶりを感じさせない好ムードを漂わせた。フィエロは力強い走り、フルーキーはサンケイスポーツ調教評価の『S』を獲得する動きを披露した。 冬に逆戻りしたかと思わせるほどの冷え込みのなかで、ディアデラマドレが熱気あふれる3頭併せを披露した。久々でも仕上がりは万全だ。 「よかったですよ、動きは先週よりもよかったです。コントロールが利いたなかで気合も乗っている。ボクが手綱を放せば、ビュンと反応しそうな感じでしたね」 藤岡康騎手が手綱越しの好感触をストレートに伝える。CWコースで牡馬のエキストラエンド、リベルタス(ともにOP)と併せ馬。力まずにスタートして、リズムよくリベルタスを追走した。人馬の呼吸が合った走りで最後の直線へ。馬場の真ん中で、ラスト1ハロン11秒9の鋭い伸びを披露。エキストラと併入も、勢いは上回っていた。 「以前の頼りない感じが抜けて、すごく成長しているのを感じます」とジョッキーも気配のよさに満足げ。文句なしの態勢で復帰戦を迎えられる。 昨年はマーメイドS、府中牝馬S、愛知杯の牝馬重賞3勝に加え、GIエリザベス女王杯が小差の3着。なかでも「力をつける前なら、あの競馬は無理だったでしょうね」と鞍上が振り返る前走の愛知杯は、得意ではない重馬場を克服。豪快に突き抜けて強さをアピールした。 今回は初の1600メートル戦になるが「むしろいいんじゃないかなと考えています」と藤岡康騎手。マイルなら、身上の切れ味に磨きがかかる可能性は大きい。牡馬のトップマイラーが集うなか紅一点でのチャレンジになるが「男馬相手でも楽しみです」とジョッキーは腕をぶす。実力を試すには格好の舞台。ヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)の大舞台へ、勝って弾みをつける。 (宇恵英志)★マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年4月23日(木) 05:06

 537

【マイラーズC】追って一言
 ◆エキストラエンド・小牧騎手 「乗りやすい。思っていたよりも自分からハミを取って走っていた。開幕週なので内枠が欲しいところ」 ◆クラレント・幸騎手 「しまいをソコソコの指示でしたが、力強い動きをしていました。冬場は太い感じだったそうですが、体は締まってきているようです」 ◆シャイニープリンス・栗田博師 「状態は変わりなくきています。気分よくスムーズな競馬を」 ◆ヒストリカル・松山騎手 「全体の時計は遅くなりましたが、動きはよかったです。京都コース、強力なメンバーがどうかです」 ◆マイネルホウオウ・畠山師 「馬場状態を考えれば上々の時計。まだ絶好調時には及びませんが、徐々によくなっています」 ◆マイネルメリエンダ・和田郎師 「前走は気負っていた。動きが良く、落ち着きを取り戻している。改めて」 ◆ロサギガンティア・藤沢和師 「悪い馬場で時計は遅かったが、状態は上向き。スムーズなら差はない」★マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年4月23日(木) 05:05

 725

読売マイラーズカップの直前追い切り情報をもっと見る >

読売マイラーズカップ過去10年の結果

2014年4月27日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ワールドエース A.シュタルケ 1:31.4 6.4倍 105.3
2着 フィエロ 武豊 1 1/4 2.2倍 103.8
3着 エキストラエンド 川田将雅 4.7倍 101.5
2013年4月21日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 グランプリボス 浜中俊 1:32.6 9.3倍 106.1
2着 サンレイレーザー 和田竜二 1/2 33.7倍 105.3
3着 ダノンシャーク C.デムーロ アタマ 6.1倍 105.3
2012年4月22日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
1着 シルポート 小牧太 1:33.2 6.9倍 107.0
2着 ダノンシャーク 福永祐一 8.9倍 105.5
3着 コスモセンサー 幸英明 1 1/2 9.3倍 104.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

読売マイラーズカップの歴史と概要


2017年の優勝馬イスラボニータ

2012年より舞台が阪神マイルから京都マイルに移った安田記念の前哨戦のひとつで、第1~2回(1970~1971年)を名牝トウメイが連覇するなど、古くから一流馬の参戦が多く見られるレースとして親しまれている。第16回(1986年)は当時の最強マイラー・ニホンピロウイナーが制覇。第22~23回(1991~1992年)は個性派のダイタクヘリオスが2年連続してトップでゴール板を駆け抜けた。ほか、第24回(1993年)のニシノフラワー、第25回(1994年)のノースフライト、第31回(2000年)のマイネルマックス、第37回(2006年)のダイワメジャー、第39回(2008年)のカンパニー、第44回(2013年)のグランプリボス、第48回(2017年)のイスラボニータなど、多くのG1馬やのちのG1馬が勝利を収めている。

歴史と概要をもっと見る >

読売マイラーズカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月29日(
クイーンステークス G3
アイビスサマーD G3

競馬番組表

2018年7月28日(
1回札幌1日目
2回新潟1日目
2回小倉1日目
2018年7月29日(
1回札幌2日目
2回新潟2日目
2回小倉2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る