会員登録はこちら
読売マイラーズカップ G2   日程:2011年4月17日() 15:45 阪神/芝1600m

レース結果

読売マイラーズカップ G2

2011年4月17日() 阪神/芝1600m/18頭

本賞金:5,800万 2,300万 1,500万 870万 580万


レコード:1分32秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 17

シルポート

牡6 57.0 小牧太  西園正都 496(-4) 1.32.3 18.4 7
2 4 7

クレバートウショウ

牡5 57.0 岩田康誠  崎山博樹 500(-2) 1.32.6 1 3/4 82.8 14
3 6 11

ダノンヨーヨー

牡5 57.0 内田博幸  音無秀孝 514(+4) 1.32.6 アタマ 4.2 1
ラップタイム 12.4 - 11.0 - 11.6 - 11.6 - 11.4 - 10.9 - 11.5 - 11.9
前半 12.4 - 23.4 - 35.0 - 46.6 - 58.0
後半 57.3 - 45.7 - 34.3 - 23.4 - 11.9

■払戻金

単勝 17 1,840円 7番人気
複勝 17 650円 10番人気
7 1,890円 14番人気
11 200円 2番人気
枠連 4-8 3,980円 19番人気
馬連 7-17 70,440円 99番人気
ワイド 7-17 16,540円 101番人気
11-17 2,280円 26番人気
7-11 6,000円 57番人気
馬単 17-7 121,040円 181番人気
3連複 7-11-17 139,050円 272番人気
3連単 17-7-11 1,234,360円 1,857番人気

読売マイラーズカップのニュース&コラム

【古馬次走報】シルポート、京王杯SCへ
 ★…マイラーズCを逃げ切ったシルポート(栗・西園、牡6)、12着ガルボ(美・清水英、牡4)は京王杯SC(5月14日、東京、GII、芝1400メートル)から安田記念(6月5日、東京、GI、芝1600メートル)に進む。5着ショウワモダン(美・杉浦、牡7)、10着ライブコンサート(栗・白井、せ7)は安田記念へ直行。9着リーチザクラウン(栗・橋口、牡5)は都大路S(5月8日、京都、OP、芝1800メートル)。11着キョウエイストーム(美・中川、牡6)は20日に茨城県のミッドウェイファームに移動してしばらく休養。次走は未定だが、函館競馬(6月18日~8月7日)が濃厚。16着フラガラッハ(栗・松永幹、牡4)は谷川岳S(5月1日、新潟、OP、芝1600メートル)と京王杯SCの両にらみの構え。 ★…マイラーズC14着ショウリュウムーン(栗・佐々木晶、牝4)、中山牝馬S8着ワイルドラズベリー(栗・中尾秀、牝4)はヴィクトリアマイル(5月15日、東京、GI、芝1600メートル)に向かう。 ★…昨夏の小倉記念優勝後休養しているニホンピロレガーロ(栗・服部、牡8)は金鯱賞(5月28日、京都、GII、芝2000メートル)での復帰が目標。 ★…陽春Sを制したトウショウカズン(栗・領家、牡4)はアハルテケS(5月1日、東京、OP、ダ1400メートル)に挑む。エスペランサS2着マルカベンチャー(栗・松永昌、牡5)もアハルテケSに登録。 ★…マーチS3着インバルコ(栗・池江寿、牡5)はダイオライト記念(5月2日、船橋、交流GII、ダ2400メートル)へ。
2011年4月20日(水) 05:01

 712

【マイラーズC】シルポート圧逃V!
 第42回マイラーズC(17日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金5800万円=出走18頭)小牧太騎乗、7番人気のシルポートが鮮やかな逃げ切りVを飾った。京都金杯に続く重賞2勝目をマークし、春のマイル王奪取へ名乗りをあげた。タイム1分32秒3(良)。2着は1馬身3/4差で14番人気のクレバートウショウが粘り込み、1番人気のダノンヨーヨーは追い込み届かず3着だった。3連単は123万4360円と波乱の決着となった。 先手必勝。型にはまった時の逃げ馬は強い。年頭の京都金杯を制したベテラン・小牧太騎手と6歳馬シルポートの“円熟コンビ”がまたもアッと驚く大仕事。強豪が勢ぞろいした一戦を制し、春のマイル王奪取に近づいた。 「ゴール前では(手綱を)抑える余裕があったし、今まで乗った中で一番楽な競馬だった。6歳馬だけど、本当によく頑張ってくれるよね」 昨年暮れのファイナルS(1着)からコンビを組み、これで4戦3勝となった小牧太騎手が愛馬の快走劇をたたえた。 レースは息の合う名コンビの独壇場。スタートを決め、3コーナーに入るまでに先頭に立つ。直線に入ってからも2番手以下に3、4馬身のセーフティーリード。最後の坂を前に鞍上がゴーサインを出すと、ラスト1ハロンを11秒9でフィニッシュ。後続に脚を使わせる絶妙なラップで逃げたのも勝因だが、コースレコードに0秒3差に迫る1分32秒3の勝ち時計が地力強化の証明だ。 「自分の形に持ち込めばこれくらい走れる馬だし時計も優秀。休まずに使ってきて力もつけているね」と西園正都調教師は愛馬を誇らしげに見つめた。 西園厩舎といえば、このレースにも3頭を送り込んだように、現役屈指の“マイル王国”。安田記念(6月5日、東京、GI、芝1600メートル)では、昨秋のマイルCSを制した僚馬エーシンフォワードとの対決も注目を集める。 「弥生賞から(厩舎として)勝ち星がなかったからウップンを晴らせました。来週に向けていいステップでいけます」と西園調教師。今週の皐月賞ではその弥生賞を勝ったサダムパテックがスタンバイ。春本番を前に厩舎にも勢いが出てきた。 「間隔を開けない方がいい」(西園師)ため、京王杯SC(5月14日、東京、GII、芝1400メートル)をステップに本番へ。混戦を極めるマイル界を叩き上げの6歳馬が征服するかもしれない。(瀬戸聡)
2011年4月18日(月) 05:04

 1,033

【マイラーズC】ヨーヨー直線モタれ3着
 第42回マイラーズC(17日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金5800万円=出走18頭)1番人気のダノンヨーヨーは追い込んできたものの、3着まで。課題のゲートを決めて、好位で流れに乗る。直線では上がり3ハロン33秒4の脚で伸びてきたが、前を捕らえることはできなかった。内田博幸騎手は「ペースが遅かったので、早めに追いかけたけどね。直線は内にモタれてしまった」と残念そうに振り返った。安田記念で巻き返しを狙う。
2011年4月18日(月) 05:03

 894

【マイラーズC】クレバー安田記念へ収穫
 第42回マイラーズC(17日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金5800万円=出走18頭)14番人気のクレバートウショウが2着と激走し、3連単“123万”馬券を演出した。道中は2番手をキープし、シルポートの3~4馬身後方を追走。直線もしぶとく粘った。「いいペースで運べたからね。自分の形だったし、よく走ってくれた」と岩田康誠騎手。崎山博樹調教師は「賞金を加算できたからね。出られれば安田記念へ向かいたい」と夢を膨らませた。
2011年4月18日(月) 05:03

 800

読売マイラーズカップのニュースをもっと見る >

【マイラーズC】アパパネ反応抜群12秒1!
 マイラーズCの追い切りが13日、東西トレセンで行われ、昨年の牝馬3冠を制したアパパネは栗東坂路で4ハロン55秒0、ラスト1ハロン12秒1。馬なりながらラストのフットワークは軽快で、中山記念を熱発で回避した影響を感じさせない仕上がり。今年初戦への態勢は整った。東京新聞杯に次ぐ重賞連勝を狙うスマイルジャックは美浦Wコースで楽々と先着。連覇を狙うリーチザクラウンは栗東坂路で4ハロン50秒2の好タイムをマークした。 10日に栗東トレセンに入厩舎した昨年の3冠牝馬アパパネが、坂路単走で上がり重点に追われてラスト1ハロン12秒1。昨年のエリザベス女王杯3着以来の実戦となるが、軽快な動きで、上々の仕上がりをアピールした。 午前6時の馬場開場直後に坂路に姿を見せたアパパネは、首を小刻みに上下させながら気分よさそうな仕草。少しずつペースを上げていき、残り100メートル手前で福田調教助手が軽く手綱を握り直しただけで、四肢の回転がグンと速くなった。そこで反応のよさを感じ取った福田助手は最後まで無理をせず、馬なりのままで4ハロン55秒0-39秒0-12秒1をマークした。 「全体的な時計は少し遅くなったけれど、動きはよかった」と福田助手は納得の笑顔。「前半がゆったりだったので全体の時計は55秒だったが、いい感じの内容だったよ。動きも素軽くなった」と見届けた国枝調教師も満足そうな表情だ。 今年初戦に予定していた中山記念(2月27日)は熱発で回避も、休んだのは1日だけ。その後は時間をかけてじっくりと調整してきた。栗東に入厩する直前には6日に美浦坂路で4ハロン51秒8、9日に52秒2とハードな内容の調教を消化。すでに臨戦態勢は整っており、最終追い切りで攻める必要はもうなかったのだ。 今回は09年10月の2歳未勝利(1着)以来となる牡馬相手のレース。さらに斤量は56キロと、条件は楽ではない。それでも「同じ久々でも、昨秋のローズS4着のときより仕上がりはいいし、56キロも何とか克服してくれると思う。阪神マイルは好相性(09年阪神JF、10年桜花賞で2勝)だし、ヴィクトリアマイル(5月15日、東京、GI、芝1600メートル)に向けて、いい競馬をして盛り上げていきたい」と、トレーナーはGI4勝牝馬の底力に、全てを託す。 「以前に比べて気持ちが穏やかになり、ゆったりとしてきた」と、精神面の成長も心強く感じている国枝師。大人になったアパパネが、古馬になって迎える初戦で、牡馬を堂々と蹴散らしてみせる。(片岡良典)
2011年4月14日(木) 05:05

 972

【マイラーズC】リーチ上昇50秒2
 昨年の優勝馬で、中山記念3着のリーチザクラウンは、武豊騎手を背に坂路単走で4ハロン50秒2-37秒9-13秒4。前半から飛ばしたぶん、ゴール前では脚が上がり気味だったが、気配そのものは確実に上向いている。「テンが速かったので、ラストは時計がかかったね。それでも、デキはいい意味で変わりない。昨年の再現ができれば…」と橋口調教師はマイラーズC連覇を意識する。
2011年4月14日(木) 05:03

 861

【マイラーズC】スマイル2馬身先着13秒2
 東京新聞杯を快勝したスマイルジャックは、Wコースの大外を回って6ハロン83秒6、3ハロン38秒8-13秒2。大きく先行していた内ハツカリ(牡7、障害未勝利)にあっさり追いついて、豪快なアクションで2馬身先着と、格の違いを見せつけた。 「予定通りの追い切り。今年は賞金に余裕があるぶん、思い通りの調整ができています」と小桧山調教師は穏やかな笑みを浮かべる。阪神の芝マイル戦は、昨年3月に六甲S(OP)を勝ち、マイラーズCも過去2年で(3)(5)着と善戦。「3年も続けて同じようなステップで使える丈夫さは、本当にたいしたもの」と小桧山師が信頼を寄せるスマイルジャックが“3度目の正直”に挑む。
2011年4月14日(木) 05:03

 1,011

【マイラーズC】ゴールスキー好反応11秒8
 東京新聞杯3着ゴールスキーは、福永騎手を背にCWで中ピュカーロ(牡3未勝利)、外リーガルファルコン(牡3未勝利)と3頭併せ。直線で鞍上が仕掛けると瞬時に2頭を置き去りにして6ハロン82秒2、3ハロン38秒4-11秒8で3馬身先着を果たした。 「もともとけいこは抜群に動くが、きょうもいい動きでした。ユーイチ君も“千四よりも千六の方が乗りやすい”と言っていたし、阪神にも実績がある。まだ腰に緩い面は残すが、伸びしろはあるし、楽しみにしています」と吉村技術調教師は強い意欲を見せていた。
2011年4月14日(木) 05:03

 886

読売マイラーズカップの直前追い切り情報をもっと見る >

読売マイラーズカップ過去10年の結果

2010年4月17日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2009年4月18日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 スーパーホーネット 藤岡佑介 1:33.9 2.4倍 102.9
2着 カンパニー 横山典弘 クビ 5.8倍 102.9
3着 スマイルジャック 岩田康誠 ハナ 28.4倍 102.9
2008年4月19日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 カンパニー 横山典弘 1:33.6 2.9倍 103.1
2着 ニシノマナムスメ 吉田隼人 クビ 20.0倍 103.1
3着 エイシンドーバー 福永祐一 1/2 6.6倍 102.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

読売マイラーズカップの歴史と概要


2017年の優勝馬イスラボニータ

2012年より舞台が阪神マイルから京都マイルに移った安田記念の前哨戦のひとつで、第1~2回(1970~1971年)を名牝トウメイが連覇するなど、古くから一流馬の参戦が多く見られるレースとして親しまれている。第16回(1986年)は当時の最強マイラー・ニホンピロウイナーが制覇。第22~23回(1991~1992年)は個性派のダイタクヘリオスが2年連続してトップでゴール板を駆け抜けた。ほか、第24回(1993年)のニシノフラワー、第25回(1994年)のノースフライト、第31回(2000年)のマイネルマックス、第37回(2006年)のダイワメジャー、第39回(2008年)のカンパニー、第44回(2013年)のグランプリボス、第48回(2017年)のイスラボニータなど、多くのG1馬やのちのG1馬が勝利を収めている。

歴史と概要をもっと見る >

読売マイラーズカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月29日(
クイーンステークス G3
アイビスサマーD G3

競馬番組表

2018年7月28日(
1回札幌1日目
2回新潟1日目
2回小倉1日目
2018年7月29日(
1回札幌2日目
2回新潟2日目
2回小倉2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る