会員登録はこちら
日経新春杯 G2   日程:2019年1月13日() 15:45 京都/芝2400m

レース結果

日経新春杯 G2

2019年1月13日() 京都/芝2400m/16頭

本賞金:5,700万 2,300万 1,400万 860万 570万


レコード:2分22秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 2

グローリーヴェイズ

牡4 55.0 M.デムー  尾関知人 454(+6) 2.26.2 2.7 1
2 5 10

ルックトゥワイス

牡6 55.0 岩田康誠  藤原英昭 450(+2) 2.26.3 1/2 7.8 5
3 3 5

シュペルミエール

牡6 55.0 北村宏司  木村哲也 504(-2) 2.26.4 1/2 7.3 3
ラップタイム 12.6 - 10.7 - 10.8 - 11.8 - 12.4 - 12.6 - 12.9 - 12.8 - 11.9 - 12.2 - 13.1 - 12.4
前半 12.6 - 23.3 - 34.1 - 45.9 - 58.3
後半 62.4 - 49.6 - 37.7 - 25.5 - 12.4

■払戻金

単勝 2 270円 1番人気
複勝 2 140円 1番人気
10 200円 4番人気
5 190円 3番人気
枠連 1-5 1,280円 5番人気
馬連 2-10 1,320円 5番人気
ワイド 2-10 520円 4番人気
2-5 430円 2番人気
5-10 690円 8番人気
馬単 2-10 1,950円 6番人気
3連複 2-5-10 2,640円 6番人気
3連単 2-10-5 10,530円 18番人気

日経新春杯のニュース&コラム

【古馬次走報】グローリーヴェイズ、天皇賞・春を目標に
 ★日経新春杯1着グローリーヴェイズ(美・尾関、牡4)は近々、放牧へ。春の目標として尾関調教師は「天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)が候補の一つになるでしょう」とし、臨戦過程には「回復次第。これまでも間隔をあけて結果を残してもいますからね」と話した。 ★日経新春杯6着ムイトオブリガード(栗・角田、牡5)は、京都記念(2月10日、京都、GII、芝2200メートル)と金鯱賞(3月10日、中京、GII、芝2000メートル)の両にらみ。8着ダッシングブレイズ(栗・斉藤祟、牡7)は、京都記念を視野。12着マサハヤドリーム(栗・今野、牡7)は、小倉大賞典(2月17日、小倉、GIII、芝1800メートル)へ。 ★サンライズSを勝ちOP入りしたカイザーメランジェ(美・中野、牡4)は夕刊フジ賞オーシャンS(3月2日、中山、GIII、芝1200メートル)へ向かう。鞍上は田辺騎手。 ★ニューイヤーS1着ドーヴァー(美・伊藤圭、牡6)と2着キャプテンペリー(美・岩戸、セン6)はダービー卿チャレンジT(3月30日、中山、GIII、芝1600メートル)へ。3着ミュゼエイリアン(美・黒岩、セン7)、4着テオドール(美・国枝、セン6)は東風S(3月10日、中山、OP、芝1600メートル)へ向かう。
2019年1月17日(木) 05:00

 1,206

【日経新春杯】グローリーヴェイズ重賞初V!
 第66回日経新春杯(13日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外2400メートル、1着本賞金5700万円 =出走16頭)ミルコ・デムーロ騎乗で1番人気に推されたグローリーヴェイズが中団追走から差し切って重賞初勝利を飾った。タイム2分26秒2(良)。次走は未定。1/2馬身差の2着は5番人気のルックトゥワイス。さらに1/2馬身差の3着が3番人気のシュペルミエールだった。 底冷えする新春の淀で、またまた明け4歳世代の新星が誕生だ。グローリーヴェイズが4度目の挑戦で待望の重賞初制覇。昨年(パフォーマプロミス)に続く連覇で、2007年からのJRA重賞勝利を13年連続に伸ばしたM・デムーロ騎手の笑顔がはじけた。 「強かったです。新潟(2走前に勝った佐渡S)以来でしたが、どんどん強くなって、また成長していました。相性が良く、僕が乗ったら勝つイメージですね」 冷静な手綱さばきが光った。(2)番枠から中団のインにつけて、前半1000メートル58秒3のハイペースをロスなく追走。向こう正面で外からメイショウテッコンがまくっていったが、慌てずにじっくりと脚を温存。「3、4コーナーは抜群の手応えでした」。直線に向いて馬場の真ん中に持ち出すと、一完歩ごとに力強く伸びて抜け出した。 今年初騎乗となった前日は5鞍で0勝も、この日は4勝の固め打ち。「昨日はついていなかったけど、きょうはいい感じでした。でも、去年(の日経新春杯当日)は6勝だったし、マイナス2勝です」と苦笑い。どん欲に勝利を求める姿勢は今年も変わらない。 「自分から動いて、正攻法で押し切った。時計や見た目より強い競馬だったと思います」 今年の初勝利を重賞で決めた年男(1971年生まれ)の尾関調教師もレースぶりを高く評価した。この日の馬体重は自己最高の454キロ。デビュー戦の432キロから20キロ以上も増えた数値こそ、着実にパワーアップを遂げた証拠だ。 「じっくり使って、1つずつ進化している。この先も楽しみです」と指揮官は前を見据える。今後は未定だが、3冠牝馬メジロラモーヌ(3代母)の血を引くディープインパクト産駒が、春の大舞台をわかせてくれそうだ。 (斉藤弘樹)
2019年1月14日(月) 05:03

 499

【日経新春杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆北村宏騎手(シュペルミエール3着) 「ちょうどいい流れだったんですけどね。もう少しでした」 ◆高倉騎手(ノーブルマーズ4着) 「内枠が欲しかった。途中でハミをかんだぶん、最後が甘くなってしまいました」 ◆酒井騎手(エーティーサンダー5着) 「直線でオッという反応を見せたし、よく頑張っています」 ◆川田騎手(ムイトオブリガード6着) 「直線で内に倒れ込むような走りでした。久しぶりの右回り、今の京都の馬場が合わなかったようです」 ◆和田騎手(ケントオー7着) 「一瞬、届くかという手応え。(いい意味で)馬はおとなしくなっていますね」 ◆福永騎手(ダッシングブレイズ8着) 「折り合いは全く問題ありませんでしたが、最後は伸び切れませんでした」 ◆武豊騎手(メイショウテッコン9着) 「外からこられてハミをかんだので、(自分から動いて)勝負をかけた。ラストは甘くなってしまった」 ◆松若騎手(サラス10着) 「軽ハンデでしたが、最後は脚が上がってしまいました」 ◆内田騎手(ウインテンダネス11着) 「いつもの掛かる面がなく、全く反応してくれなかった」 ◆北村友騎手(マサハヤドリーム12着) 「馬群が詰まったときにハミをかんでしまいました」 ◆横山典騎手(ロードヴァンドール13着) 「良化がスローだね。きょうの感じだとまだ良くなるのに時間がかかりそう」 ◆国分恭騎手(アイトーン14着) 「いくらか急仕上げ。叩いて良くなると思います」 ◆ミナリク騎手(アフリカンゴールド15着) 「厳しい競馬になったけれど、まだ4歳だし、これからレベルアップすれば」 ◆藤岡佑騎手(ガンコ16着) 「終始、力んでしまい、気持ち良く走れませんでした」
2019年1月14日(月) 05:02

 749

【日経新春杯】ルックトゥワイス、末脚届かず2着
 第66回日経新春杯(13日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・外2400メートル、1着本賞金5700万円 =出走16頭)5番人気のルックトゥワイスが鋭く伸びて2着を確保した。道中はリズムを守って後方待機。よどみないペースで流れ、温存していた決め手が直線で爆発した。昇級戦で初の京都コースにもかかわらず力を示したが、岩田騎手は「よく盛り返してくれたんですけどね。外を回らされたぶん、届きませんでした」と唇をかんだ。藤原英調教師は「勝った馬にうまく乗られたな。ただ、きょうの競馬で今後の選択肢が広がった」と収穫を口にしていた。
2019年1月14日(月) 05:02

 360

日経新春杯のニュースをもっと見る >

【日経新春杯】厩舎の話
 アイトーン・五十嵐調教師「水曜が雪だったので、けさに延ばした。予定どおりの内容で順調」 アフリカンゴールド・西園調教師「2400メートルで一番強い競馬をしている。52キロのハンデなら」 ウインテンダネス・山本助手「ラストで追ったらしっかり反応。持久力勝負に持ち込みたい」 エーティーサンダー・湯窪調教師「攻め馬ではいい動きだった。軽ハンデを生かしてどこまで」 ガンコ・藤岡佑騎手「いいころに近づいてきた。馬場は合いそうだが、ハンデが重いね」 グローリーヴェイズ・尾関調教師「ゴール後も少し伸ばした。動きは良かったし、このタイミングで成長している」 ケントオー・西橋調教師「先週もしっかりやっているし、動きは良かった。流れに乗れれば」 サラス・川又助手「しまいはしっかり動けていた。能力はあると思うし、49キロなら楽しみだ」 シュペルミエール・木村調教師「いい状態。厩舎の期待馬だし、敷居が高いとは思わない」 ダッシングブレイズ・斉藤崇調教師「調教で工夫して力みが取れてきた。瞬発力勝負なら」 ノーブルマーズ・宮本調教師「復調ムードは間違いなくある。京都の2400メートルは合っている」 マサハヤドリーム・徳江助手「短期放牧を挟んで順調。折り合いをつけてうまく立ち回れるか」 ムイトオブリガード・角田調教師「加減せずにできているし、続けて使えるようになった。この距離ではきっちり走る」 メイショウテッコン・鵜木助手「菊花賞は行けなかったのがすべて。ここまで順調にきている」 ルックトゥワイス・藤原英調教師「思っていたより成長している。ここに入っても遜色はない」 ロードヴァンドール・昆調教師「少し良化がスローだが、昨年2着に走っている舞台なので」(夕刊フジ)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 11:13

 1,902

【日経新春杯】ムイト12秒1!雪を切り裂き加速
 日経新春杯の追い切りが9日、東西トレセンで行われた。雪に見舞われた栗東では、ムイトオブリガードが、サンケイスポーツ調教評価で『S』となる素晴らしい動きを見せた。CWコースでの3頭併せで最先着。重賞初勝利に向けて充実ぶりを誇示した。美浦では菊花賞5着のグローリーヴェイズがWコースで躍動した。 重賞初勝利にかける思いが、白い湯気となって馬体からあふれ出た。雪中の栗東で、上位人気確実のムイトオブリガードが確かな伸びを披露。動きを見届けた角田調教師は、満足げに切り出した。 「無事に追い切りができてよかった。1頭だと全然動かないけど、追いかける形が合っている。休み明けとしてはいい状態で臨めると思います」 未明から降り続く雪の影響で馬場状態が悪化。追い切りを延期する陣営もいた後半の時間帯にCWコースに登場し、3頭併せの最後方からスタートした。折り合いをつけて3コーナー過ぎから徐々に加速。一杯に追われた僚馬に最内から悠々と並びかけると、仕掛けられてグイッと伸びた。6ハロン80秒3、3ハロン38秒2-12秒1をマークし、楽々と最先着。水分を含んだ馬場を考慮すれば上々の内容だ。 2歳秋に芝でデビュー(2着)したが、脚元に不安があったため、3歳になると負担の少ないダートに転向。成長を待って不安が解消した昨年に再び芝の舞台に戻ってくると、降級と休養を挟んで条件戦を3連勝してオープン入り。前走のGIIアルゼンチン共和国杯では、不向きな展開でもメンバー最速の末脚で2着を確保した。高野助手は「以前に比べて加減せず調教ができるようになって、継続してレースを使えるようになってきたのが大きい」と、本格化した要因を分析する。 今回は3戦3勝の2400メートル戦。近走は左回りで良績を残しているが、昨年2月に小倉芝2600メートルのコースレコードを樹立するなど2勝を挙げる右回りにも不安はない。角田調教師は「いい舞台なのでスタートさえ決まれば。脚元のことがあるので一回一回が勝負」と結んだ。 吹雪の中で躍動したムイトオブリガードが、“明け4歳世代旋風”もはね返し、初タイトルをつかみ取る。 (川端亮平)★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 05:07

 1,713

【日経新春杯】アフリカンゴールド12秒8、西園師「順調」
 アフリカンゴールドは、CWで一杯に追われた。道中で少し行きたがる面を見せたぶん、しまいが甘くなり、6ハロン82秒9、3ハロン39秒2-12秒8でフィニッシュ。西園調教師は「長めからしっかり負荷をかけて、馬場を考えれば時計的にも十分でしょう。順調にきている」とうなずいた。 前走の菊花賞はイレ込んで12着だったが、少しずつ落ち着きが出てきた。師は「今回は二重メンコなどいろいろ工夫して臨む。2400メートルは一番強い競馬をしているので楽しみ」と期待する。★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 05:06

 1,009

【日経新春杯】ルックトゥワイス、伸びて12秒8
 ルックトゥワイスは坂路で強めに追われ、しまいを伸ばした。視界をさえぎられるほどの雪の中でも、しっかりした脚取りで4ハロン55秒4-12秒8でまとめた。藤原英調教師は「予定通りで悪くないよ」と納得の表情だ。 気難しい面を考慮してデビューから左回りを選択してきたが、初めての右回りだった前走を快勝してオープン入り。師は「思ったより成長していて、右回りにもうまく対応して走った。経験を積んで突き抜けてくれれば」と締めくくった。★日経新春杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月10日(木) 05:06

 843

日経新春杯の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


日経新春杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月13日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv118 

10,530円
690円
17,090円
Lv118 
140円 14,000円
Lv115 
2,640円 7,920円
Lv113 

2,640円
2,640円
26,400円
Lv112 

2,640円
190円
2,970円

的中情報をもっと見る >

日経新春杯過去10年の結果

2018年1月14日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
1着 パフォーマプロミス M.デムーロ 2:26.3 3.7倍 103.4
2着 ロードヴァンドール 横山典弘 クビ 6.7倍 103.4
3着 ガンコ 酒井学 1 1/4 15.0倍 102.4
2017年1月17日(火) 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:稍重
2016年1月17日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

日経新春杯のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝2400m

G1や条件クラスなど、さまざまな路線から集まった馬たちが激突する伝統のハンデ重賞。2008年以降、トップハンデは1勝、2着1回と不振傾向で、勝ち馬は前走有馬記念で3着に好走した2012年のトゥザグローリー1頭のみ。相当の実績と勢いを持ち合わせていないと好走は難しい。年齢別では、6勝、2着5回の4歳馬が中心。とりわけ、G1で上位入線できるような力量馬が出てきたときは、ほぼ崩れない。また、4歳馬が2頭しかいなかった2013年には10番人気のカポーティスターが優勝。人気の有無にかかわらず警戒は怠れない。舞台となる京都2400mは、最初のコーナーまでの距離が長く、流れが遅くなりがち。ゆえに、最後の直線では瞬発力勝負になりやすい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

日経新春杯の歴史と概要


2001年の優勝馬ステイゴールド

レース名の通り、新春の淀を舞台に争われる伝統のハンデ重賞で、勝ち馬のみならず負けた馬のなかにもG1実績を持つ大物の名前が散見される。第46回(1999年)は天皇賞馬のメジロブライトが59.5キロの酷量を背負いながらも貫禄勝ち。第48回(2001年)の勝ち馬ステイゴールドは、次走でドバイシーマクラシック(当時G2)を制し、年末には香港ヴァーズに勝って待望のG1タイトルを獲得した。ほか、アドマイヤモナークルーラーシップトゥザグローリーなど、勝ち馬欄には個性派の名前がズラリと並ぶ。

歴史と概要をもっと見る >

日経新春杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年7月21日(
トヨタ賞中京記念  G3
函館2歳ステークス  G3

競馬番組表

2019年7月20日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2019年7月21日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る