会員登録はこちら
サンスポ賞フローラS G2   日程:2014年4月27日() 15:45 東京/芝2000m

レース結果

サンスポ賞フローラS G2

2014年4月27日() 東京/芝2000m/18頭

本賞金:5,000万 2,000万 1,300万 750万 500万


レコード:1分56秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 2

サングレアル

牝3 54.0 岩田康誠  松田博資 414(-4) 2.00.0 9.1 4
2 3 5

ブランネージュ

牝3 54.0 秋山真一  藤岡健一 458(-4) 2.00.0 アタマ 10.1 6
3 8 17

マイネオーラム

牝3 54.0 松岡正海  高橋義博 458(+4) 2.00.2 1 1/2 91.9 13
ラップタイム 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.5 - 12.5
前半 12.9 - 24.7 - 36.4 - 48.4 - 60.7
後半 59.3 - 47.3 - 35.5 - 24.0 - 12.5

■払戻金

単勝 2 910円 4番人気
複勝 2 340円 5番人気
5 320円 4番人気
17 1,710円 12番人気
枠連 1-3 1,530円 6番人気
馬連 2-5 5,970円 21番人気
ワイド 2-5 1,920円 21番人気
2-17 13,460円 83番人気
5-17 10,890円 73番人気
馬単 2-5 13,510円 48番人気
3連複 2-5-17 189,600円 290番人気
3連単 2-5-17 1,088,940円 1,500番人気

サンスポ賞フローラSのニュース&コラム

【フローラS】サングレアルV!ブエナ妹が差し切った
 第49回サンケイスポーツ賞フローラステークス(27日、東京11R、GII、3歳オープン牝馬国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5000万円=出走18頭)4番人気の超良血馬サングレアルが岩田康誠騎手に導かれ、後方追走から直線で12頭をごぼう抜き。デビュー3戦目で重賞初制覇を達成した。タイム2分0秒0(良)は2010年のサンテミリオンの記録を0秒2更新するレースレコード。桜花賞馬ハープスターが出走するオークス(5月25日、東京、GI、芝2400メートル)に、同じ松田博資厩舎から有力候補誕生だ。2着ブランネージュ、3着マイネオーラムまでがオークスの優先出走権を獲得した。 超良血馬が一発勝負をモノにした。桜花賞&オークスの牝馬2冠を含むGI6勝馬ブエナビスタの半妹サングレアルが、後方6番手から上がり3ハロン最速の34秒3で追い込んでV。17分の12の抽選を突破した1勝馬が、自力でオークスへの扉をこじ開けた。 「乗りやすい馬ですし、左回りもスムーズ。いい瞬発力も持っていますね。抜け出すときは本当に速い脚だった」 直前の10Rで後藤騎手の落馬負傷の要因となったため、岩田騎手の表情は終始硬かったが、パートナーの潜在能力の高さを感じ取ったようだ。 道中は後方で脚をためた。直線で前に壁ができていたため、大きく外へ持ち出すロスはあったが、出走18頭の中で最も小柄な414キロの馬体を躍動させ、先に抜け出したブランネージュを猛追。「ソラを使う(気を抜く)面があるので、ゴール前できっちりかわす競馬を考えていた」という鞍上の狙いどおり、アタマ差かわしたところがゴールだった。 今年1月の前走・福寿草特別4着後、馬体の回復を優先。戦前「慌てず回ってくれば権利(3着以内)は取れるさ」と話していた松田博調教師だが、愛馬の走りを「想像どおり。末脚はこの一族のもの」と語る。 同じ厩舎の桜花賞馬ハープスターとの比較に話がおよぶと、「ハハハハッ」と苦笑したが、「きょうだいでは一番成長が遅いぶん、伸びしろも大きい」とキッパリ。岩田騎手も「走り方はブエナビスタと似ているし、成長したらもっといい脚が使える」と将来性に太鼓判を押す。 レッドリヴェールのダービー出走により、オークスはハープスター1強ムード。だが、最大のライバルは身内にいる。 (板津雄志)★27日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順・払戻金はこちらサングレアル 父ゼンノロブロイ、母ビワハイジ、母の父カーリアン。青鹿毛の牝3歳。栗東・松田博資厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績3戦2勝。獲得賞金5984万4000円。重賞初勝利。サンスポ賞フローラSは松田博資調教師、岩田康誠騎手ともに初勝利。
2014年4月28日(月) 05:08

 1,147

【フローラS】直線先頭も2着ブランネージュ
 第49回サンケイスポーツ賞フローラステークス(27日、東京11R、GII、3歳オープン牝馬国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5000万円=出走18頭)6番人気のブランネージュはアタマ差で2着だった。道中は3番手をキープ。逃げたマイネグレヴィルを直線の残り400メートル付近でかわして先頭に立ち、勝ちパターンに持ち込んだが、ゴール寸前でサングレアルに急襲された。秋山騎手は「イメージ通りに競馬はできたが、相手の方が強かった。今のこの状態を本番まで維持していければ…」と悔しそうに話した。★27日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順・払戻金はこちら
2014年4月28日(月) 05:06

 485

【フローラS】オーラム3着、樫切符ゲット!
 第49回サンケイスポーツ賞フローラステークス(27日、東京11R、GII、3歳オープン牝馬国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5000万円=出走18頭)13番人気のマイネオーラムは中団でサングレアルの斜め前を進み、直線で馬群の外からグイグイ伸びた。内のマローブルーをかわして3着に食い込み、オークスの切符をゲット。(17)番からのスタートながら、外枠が不利とされる府中2000メートルを克服した。松岡騎手は「体がしっかりとしてきた。直線はいい伸びだったし、距離が延びる本番ではさらに楽しみ」と満足げだった。★27日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順・払戻金はこちら
2014年4月28日(月) 05:06

 483

【フローラS】マジック6着…直前乗り替わり
 第49回サンケイスポーツ賞フローラステークス(27日、東京11R、GII、3歳オープン牝馬国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5000万円=出走18頭)1番人気のマジックタイムは、騎乗予定だった後藤騎手が直前の10Rで落馬負傷したため、杉原騎手に乗り替わり。中団で折り合って直線の末脚勝負にかけたが、失速して6着だった。杉原騎手は「以前乗った(きんもくせい特別1着)ときよりも乗りやすかった。リズムよく走れたが、直線の坂を上がりきったところで脚いろが鈍った」と肩を落とした。★27日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順・払戻金はこちら
2014年4月28日(月) 05:06

 1,121

サンスポ賞フローラSのニュースをもっと見る >

【フローラS】キレた!マジック、後藤振り落とす闘志
 東京開幕週を飾るサンケイスポーツ賞フローラステークス(27日、GII、芝2000メートル)の追い切りが23日、東西トレセンで行われた。美浦では、マジックタイムが僚馬に悠々と先着。オークス(5月25日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権(3着まで)がかかったトライアルレースへ向けて態勢を整え、栗東ではハピネスダンサーやブランネージュが鋭い動きを披露した。 負けられない舞台に向け、マジックタイムの戦闘モードに火がついた。Wコースでの追い切りに向かう途中、調教スタンド前で後藤騎手を振り落とすアクシデント。気性の激しさを改めて示した。 「馬は悪くないよ。油断した人間が甘かっただけ。それぐらいの反応がなければ、今の馬場でラスト13秒を切ることはできないよ」。ジョッキーは、むしろ笑顔を見せた。 その言葉通り、追い切りで抜群の切れ味を見せた。先行するジェイケイニュース(未勝利)を追走して、鞍上の手綱はほとんど動かないまま5ハロン67秒1、3ハロン37秒8-12秒8で1馬身先着。オークスの前哨戦へ態勢を整えた。 「前走はハミに反抗する感じだったが、きょうはいい頃のハミ受けに戻っていた。折り合えば脚を使えるからね」 後藤騎手は、折り合いの進境を評価。「直線で右手前で走る左回りの方が加速がいい。この馬の武器は右手前」と、右回りの阪神で開催された桜花賞を見送り、東京に照準を絞った今回に期待を込める。 「(桜花賞馬の)ハープスターしかいない、とファンをがっかりさせないように、オークスが楽しみになる競馬をしないとね」。得意の左回りならハープスターと戦えることを証明するためにも、フローラSで必勝を期す。 (柴田章利)
2014年4月24日(木) 05:10

 1,747

【フローラS】スタミナ勝負!グレヴィル13秒2
 フラワーC2着のマイネグレヴィルが坂路で躍動。通常より時計がかかる馬場状態だったが、馬なりで4ハロン54秒9-13秒2をマークした。「指示通り。体調はいいですよ」と和田道調教師。昨年夏の札幌2歳Sでは、のちの2歳女王レッドリヴェールからクビ差の2着だった。「距離が2000メートルに延びるのはいい」と持ち前のスタミナで勝負する。
2014年4月24日(木) 05:09

 451

【フローラS】追って一言
 ◆アンジュデュバン・武市師 「ハミを替えて反応が良くなった」 ◆イサベル・浜中騎手 「初騎乗だが、長い直線が合うイメージ」 ◆ウインリバティ・飯田雄師 「控えめにサッと。順調」 ◆サングレアル・松田博師 「いい調整ができた」 ◆シャドウカラーズ・田中剛師 「芝で追い切り、いい雰囲気」 ◆シードオブハピネス・角田師 「このひと追いで仕上がる」 ◆スペランツァデーア・牧田師 「予定通りの時計」 ◆ティックルゴールド・田島師 「ひと息入れてリフレッシュ」 ◆ニシノアカツキ・武藤師 「体調はいい。初の2000メートルは問題ない」 ◆パナシュドール・斎藤師 「動きはいい。芝でも」 ◆ブライティアスター・菊川師 「センスに優れ、状態もいい」 ◆プレミアステイタス・大和田師 「先週、今週と動きがいい」 ◆プロクリス・松田国師 「牝馬で長距離輸送もある。これで十分」 ◆ヘイジームーン・戸田師 「いい感じの動き。折り合えば」 ◆マイネオーラム・高橋博師 「先週の時点で仕上がっている。東京コースは合う」 ◆マックスユーキャン・鈴木伸師 「ひと叩きされて良化」 ◆マリアライト・久保田師 「雰囲気はよくなっている」 ◆ムードスウィングス・斎藤師 「体質が強化。末脚を生かしたい」 ◆ヤマニンアリエッタ・山内師 「動きはよかった」
2014年4月24日(木) 05:09

 970

【フローラS】瞬発力も!グレヴィル秀逸13秒2
 京成杯5着→フラワーC2着と上昇してきたマイネグレヴィルが、美浦坂路で軽快な動きを見せた。ラスト1F14秒台がザラなほど時計がかかる馬場で、馬なりのまま13秒2は秀逸。持ち前のしぶとさに瞬発力も加わってきた印象だ。 「(4F)54秒台ならちょうどいい。距離は延びれば延びるほど競馬はしやすいし、あとは時計がかかってくれれば」と、和田道調教師はさらなる飛躍を期待していた。(夕刊フジ)★サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年4月23日(水) 14:26

 419

サンスポ賞フローラSの直前追い切り情報をもっと見る >

サンスポ賞フローラS過去10年の結果

2013年4月21日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重
2012年4月22日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2011年4月23日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

サンスポ賞フローラSの歴史と概要


2017年の優勝馬モズカッチャン

本番より400mより距離が短い東京芝2000mで開催されるオークストライアル。第21回(1986年)のメジロラモーヌ、第22回(1987年)のマックスビューティ、第45回(2010年)のサンテミリオンなど、このレースと本番を連勝した馬は数えるほどしかいないが、2着に以下に敗れた馬も含め、この組からは多くのオークス好走馬が誕生している。第52回(2017年)の勝ち馬モズカッチャンオークスでは惜しくも2着に敗れたが、秋になってさらに力を付け、古馬初対戦となったエリザベス女王杯を制してG1ホースとなった。

歴史と概要をもっと見る >

サンスポ賞フローラSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年10月20日(
富士ステークス G3
2018年10月21日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2018年10月20日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2018年10月21日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
58,278万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
8 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
9 リリーノーブル 牝3
13,810万円
10 ラブカンプー 牝3
13,756万円
» もっと見る