会員登録はこちら
サンスポ賞フローラS G2   日程:2013年4月21日() 15:45 東京/芝2000m

レース結果

サンスポ賞フローラS G2

2013年4月21日() 東京/芝2000m/18頭

本賞金:5,000万 2,000万 1,300万 750万 500万


レコード:1分56秒1
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 12

デニムアンドルビー

牝3 54.0 内田博幸  角居勝彦 432(+2) 2.03.9 3.7 1
2 5 10

エバーブロッサム

牝3 54.0 戸崎圭太  堀宣行 466(+6) 2.04.0 3/4 4.5 2
3 3 6

ブリュネット

牝3 54.0 福永祐一  千田輝彦 462(-10) 2.04.1 3/4 25.4 9
ラップタイム 12.8 - 12.0 - 12.4 - 12.5 - 13.4 - 13.3 - 13.3 - 11.6 - 11.2 - 11.4
前半 12.8 - 24.8 - 37.2 - 49.7 - 63.1
後半 60.8 - 47.5 - 34.2 - 22.6 - 11.4

■払戻金

単勝 12 370円 1番人気
複勝 12 170円 2番人気
10 170円 1番人気
6 470円 7番人気
枠連 5-6 690円 1番人気
馬連 10-12 870円 1番人気
ワイド 10-12 360円 1番人気
6-12 1,410円 16番人気
6-10 1,600円 20番人気
馬単 12-10 1,680円 1番人気
3連複 6-10-12 6,880円 18番人気
3連単 12-10-6 24,620円 61番人気

サンスポ賞フローラSのニュース&コラム

【POG】トライアルで激戦必至!
デスク 先週は“社杯”のサンケイスポーツ賞フローラSで盛り上がったけど、POG軍団の出走馬3頭は未勝利…柴田 橘Sのディアマイベイビーは8着。青葉賞では、同じ松田博厩舎のアドマイヤスピカに頑張ってもらいます。フローラSのように瞬発力勝負になればチャンス板津 ボクはディオジェーヌ(未勝利戦7着)のぶんも、あやめ賞(土曜京都)のオツウに期待します。前走のはなみずき賞も牡馬を相手にクビ差2着ですし、勝ち負けできると思っていますデスク 青葉賞にはオレのダービーフィズも出るぞ。弥生賞は7着だったが、長くいい脚を使えるタイプで東京向き。名前通り、結果を出してダービーへ!! 日曜はオークストライアルのスイートピーSも行われる越智 ワタクシのローズマンブリッジがスタンバイしています。新馬戦では中山マイルで不利な大外枠をアッサリ克服して快勝。キャリアは浅いですが、潜在能力は相当。フローラSを勝ったデニムアンドルビーに続いて、ディープインパクト産駒がオークスへ名乗りをあげますデスク 指名馬の動向は?森田 ボクのキズナは来週5月4日の京都新聞杯(京都、GII、芝2200メートル)で越智のリグヴェーダと対決。キズナは順調に乗り込んでいますし、ダービーVへの通過点になるでしょう。片岡さんのコナブリュワーズは5月4日京都の500万下(芝1600メートル)を予定松永 最後にひと言。ボクのフェートグランドが美浦TCへ帰厩しました。新潟開催を視野に入れていますデスク トライアルの激戦が続くな。来週はいい報告を!
2013年4月24日(水) 05:01

 413

【ブリーズアップセール】ロゴの近親が最高値
 9回目となる「2013 JRAブリーズアップセール」が23日、中山競馬場で開催された。JRAの日高、宮崎両育成牧場で調教された2歳馬76頭が上場され、75頭が売却されている。最高価格はクラシックチュチュの11(父ブライアンズタイム)の3570万円。ディアレストが落札した。総売却価格は6億7138万500円(昨年7億2865万8000円)、1頭あたりの平均額は895万1740円(同984万6730円)で、いずれも前年を下回った(価格はすべて税込み)。        ◇ 最高価格をつけたのは、今月4日に28歳で死んだ名種牡馬ブライアンズタイム産駒のクラシックチュチュの11(牝、母の父キングカメハメハ)。セリ前の調教供覧では、ラスト2ハロン22秒8(11秒8-11秒0)の好タイムで抜群の動きを披露していた。レッドアゲート(2008年GIIサンスポ賞フローラS)やディアジーナ(09年クイーンC&サンスポ賞フローラS)などを所有するディアレスト(代表・高樽秀夫氏)が3570万円(税込み)で落札した。 「育成から見ていたし、調教の動きも良かった。ブライアンズタイムの最後の牝馬で、血統的にどうしても落札したかった。一度、牧場へ連れて帰って調整する予定。入厩先は未定です」と高樽氏は話した。 祖母がグランパドドゥ(01年GIII中日新聞杯)で近親には今年の皐月賞馬ロゴタイプがいる良血。来春のクラシックが楽しみな逸材だ。
2013年4月23日(火) 20:53

 490

【フローラS】ルビー、樫へ光った差し脚!
 第48回サンケイスポーツ賞フローラステークス(21日、東京11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5000万円、1~3着馬にオークスの優先出走権=出走18頭)内田博幸騎乗の1番人気デニムアンドルビーが、強烈なロングスパートを決めて重賞初制覇を飾った。タイム2分3秒9(稍重)。オークス(5月19日、東京、GI、芝2400メートル)の有力候補に躍り出た。2着にはエバーブロッサムが入り、ディープインパクト産駒がワンツー。3着ブリュネットまでがオークスの優先出走権を獲得した。 大舞台を前に素質が花開いた。未勝利戦を勝ったばかりのディープインパクト産駒デニムアンドルビーが、驚異のロングスパートで重賞初V。オークスへの切符をきっちり手中にした。 「前走ですごい脚を使っているし、まともなら力が足りると思っていた。素晴らしい馬です」 サンケイスポーツ賞フローラSで現役最多となる3勝目をあげた内田博幸騎手が、初めてコンビを組んだパートナーをたたえる。検量室前で金子真人オーナーに「強いだろう」と迎えられると、「強気に乗りました」と胸を張った。 次元の違う強さだ。道中は最後方から。ロスを承知で馬場の悪い内を避け、馬群の外でレースを進めた。残り800メートルから進出して4コーナーで5番手までポジションを上げ、直線では同じ父を持つエバーブロッサムをねじ伏せた。上がり3ハロン33秒8。稍重でも切れ味は鈍らなかった。 父譲りの爆発力に加えてレースセンスの良さも披露し、「折り合いがつくし、ゴーサインでスムーズに動ける。賢い女の子」と内田騎手。角居勝彦調教師は「ようやく間に合いました。全体的に弱かった馬が前走後、カイバを食べるようになり、実が入ってきました。オークスも頑張らないと」と語った。
2013年4月22日(月) 05:10

 756

【フローラS】スイートサルサ、坂で止まった6着
 第48回サンケイスポーツ賞フローラステークス(21日、東京11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5000万円、1~3着馬にオークスの優先出走権=出走18頭)3番人気スイートサルサは中団の外めでじっくりと脚をタメて、3~4コーナーで外に持ち出して直線は勢いよく伸びたが、ゴール前で脚色が鈍って6着止まり。樫の優先出走権獲得はならなかった。蛯名正義騎手は「折り合いがついて、動き出しも我慢して追い出したけど、坂を上がって止まってしまった。2000メートルは長いのかも」と説明した。
2013年4月22日(月) 05:09

 802

サンスポ賞フローラSのニュースをもっと見る >

【フローラS】武豊、イリュミナンスに太鼓判
 東京開幕週の日曜メーン、サンケイスポーツ賞フローラS(GII、芝2000メートル)の追い切りが17日、東西トレセンで行われた。「13分の12」の抽選対象のイリュミナンスは武豊騎手を背に、栗東坂路で軽快な動きを披露。サンケイスポーツ調教評価「S」を獲得した。スイートサルサ、テンシンランマンなども順調さをアピール。なお、注目された超良血のラストグルーヴは体調が整わず出走を回避する。 初騎乗とは思えない、息のあったコンビネーションだ。イリュミナンスが、頼れる新パートナー武豊騎手を背に絶好の仕上がりをアピールした。 「馬場が軽いですし、動きはよかったですよ。乗り味がいいですね」 ユタカは手綱から伝わる好感触に笑顔を見せる。 栗東坂路の追い切りは残り2ハロンから加速。前脚を前へ前へと繰り出す大きなストライドで駆け上がっていく。勾配のきついゴール前で鞍上が手綱をしごくと最後まで踏ん張り、ラスト1ハロン12秒4でフィニッシュ。 松永幹調教師は「関東へ2回行きましたから、ひと息入れてよかったんじゃないですかね。体は前走と同じか多少は減っても問題はないと思います」とうなずく。レースで470キロ台なら心配ないだろう。 ユタカは半兄フラガラッハ(中京記念)の背中も知っており、「兄とは全然違います。おとなしくて乗りやすい」とお気に入りのようで、「跳びが大きくて直線の長いコースは向いていそう。開幕週の速いタイムにも対応できると思います」と2005年ディアデラノビア以来となるフローラS3勝目に意欲を見せる。 松永師は競馬学校でユタカの1年先輩で、騎手時代はJRA1400勝をあげた。ユタカとは切磋琢磨(せっさたくま)した仲であうんの呼吸だけに、厩舎開業後は、ここぞという勝負どころでユタカを起用。騎手別勝利数を見ても、11勝(138勝中)ともっとも多い。 イリュミナンスはGIIIでも差のない競馬をしており能力は通用。松永厩舎の素質馬が、切り札ユタカを背にオークスの切符を手に入れる。(森田実)4月21日東京11R・サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月18日(木) 05:10

 1,487

【フローラS】ふっくらデニム充実の11秒7
 デニムアンドルビーは四位騎手(レースは内田騎乗)を背に栗東CWコースで好反応。中ディアデラマドレ(牝3、500万下)、外エアハリファ(牡4OP)に1馬身先着し、ラスト1ハロン11秒7をマークした。 「馬に丸みが出て充実。前走の勝ちっぷりがよかったし、長い直線もよさそう」と岸本調教助手はトライアル突破に意欲を見せる。4月21日東京11R・サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月18日(木) 05:07

 397

【フローラS】落ち着き出た!サルサ12秒8
 スイートサルサは、美浦Wコースで蛯名騎手を背にしまい重点の調整。道中で他厩舎の馬にかわされてもリズムを崩すことなく、ラストは馬なりのまま1ハロン12秒8とシャープに伸びた。 鞍上は「少しずつ落ち着いて走れるようになっているし、カッとする面も見せなくなった」と上々の手応え。菊川調教師も「今までは馬の少ない木曜に追い切ってきたが、きょうは周りにたくさん馬がいる状況でもしっかり折り合っていた。一番いい形でオークスへ」と好ムードだ。4月21日東京11R・サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月18日(木) 05:07

 312

【フローラS】追って一言
◆アドマイヤイチバン・戸田博師「気ムラな面があって、前走は道悪(稍重)で嫌気がさした。状態は悪くない」◆アニマトゥール・松田博師「順調にきている。血統的に距離が長くなる方がいい」◆アルマシャウラ・鹿戸雄師「中1週でも変わりない。前走は体が減っていたが、小柄であれくらいでいいのかも」◆インカンデセンス・西浦助手「常に調教の動きはいい。全体的にしっかりしてきて力をつけている。牝馬限定なら」◆オースミミズホ・佐藤助手「動きは悪くないけど、まだ発展途上の感じ。末脚が切れないからもう少し前で競馬を」◆グッドレインボー・宮徹師「いい動きだった。チューリップ賞ではアユサン(桜花賞馬)と差のない競馬。力は上位」◆セキショウ・田面木助手「けいこは動かない馬だし、無理はしなかった。暖かくなって体調は上向き。開幕週のきれいな馬場は合う」◆タガノミューチャン・浅見助手「動きは普通ですね。東京コースでは勝っているので、そのあたりにも期待したい」◆ナンヨーユナ・松田国師「そんなに時計は速くないが、中1週だからちょうどいい。前走後もすぐ体は回復した」◆ブリュネット・千田輝師「すごくいい動きだった。使って体が締まっている。権利を取ってほしいね」◆ブリリアントアスク・伊藤正師「中1週なので調整程度。引っ掛かる面を出さなければ、距離は大丈夫」◆ラキシス・岸本助手「イレ込みがきつい。帰厩後の時間は短いが、能力はある。ゆったり走れるようになれば」◆ロジプリンセス・古賀慎師「重心が低くていいフットワーク。体が締まってきた。東京の方が競馬がしやすい」4月21日東京11R・サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)★PCはこちら★スマホはこちら
2013年4月18日(木) 05:06

 506

サンスポ賞フローラSの直前追い切り情報をもっと見る >

サンスポ賞フローラS過去10年の結果

2012年4月22日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2011年4月23日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2010年4月25日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

サンスポ賞フローラSの歴史と概要


2017年の優勝馬モズカッチャン

本番より400mより距離が短い東京芝2000mで開催されるオークストライアル。第21回(1986年)のメジロラモーヌ、第22回(1987年)のマックスビューティ、第45回(2010年)のサンテミリオンなど、このレースと本番を連勝した馬は数えるほどしかいないが、2着に以下に敗れた馬も含め、この組からは多くのオークス好走馬が誕生している。第52回(2017年)の勝ち馬モズカッチャンオークスでは惜しくも2着に敗れたが、秋になってさらに力を付け、古馬初対戦となったエリザベス女王杯を制してG1ホースとなった。

歴史と概要をもっと見る >

サンスポ賞フローラSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年10月20日(
富士ステークス G3
2018年10月21日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2018年10月20日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2018年10月21日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
58,278万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
8 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
9 リリーノーブル 牝3
13,810万円
10 ラブカンプー 牝3
13,756万円
» もっと見る