会員登録はこちら
サンスポ賞フローラS G2   日程:2012年4月22日() 15:45 東京/芝2000m

レース結果

サンスポ賞フローラS G2

2012年4月22日() 東京/芝2000m/18頭

本賞金:5,000万 2,000万 1,300万 750万 500万


レコード:1分56秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 6

ミッドサマーフェア

牝3 54.0 蛯名正義  小島太 452(+10) 2.02.0 2.3 1
2 5 10

アイスフォーリス

牝3 54.0 松岡正海  相沢郁 458(-2) 2.02.4 2 1/2 5.8 2
3 3 5

ダイワデッセー

牝3 54.0 武士沢友  松田国英 474(-6) 2.02.5 3/4 156.0 18
ラップタイム 12.9 - 11.8 - 12.0 - 12.5 - 12.9 - 13.1 - 12.7 - 11.4 - 11.2 - 11.5
前半 12.9 - 24.7 - 36.7 - 49.2 - 62.1
後半 59.9 - 46.8 - 34.1 - 22.7 - 11.5

■払戻金

単勝 6 230円 1番人気
複勝 6 130円 1番人気
10 190円 2番人気
5 2,530円 18番人気
枠連 3-5 750円 2番人気
馬連 6-10 730円 1番人気
ワイド 6-10 320円 1番人気
5-6 6,830円 71番人気
5-10 10,550円 96番人気
馬単 6-10 1,200円 1番人気
3連複 5-6-10 47,900円 134番人気
3連単 6-10-5 163,970円 464番人気

サンスポ賞フローラSのニュース&コラム

【フローラS】ミッドサマー圧勝!重賞初制覇
 第47回サンケイスポーツ賞フローラS(22日、東京11R、GII、3歳 牝馬オープン国際、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5000万円、1~3着馬にオークスの優先出走権 =出走18頭)蛯名正義騎乗の1番人気ミッドサマーフェアが好位から直線で鋭く伸びて快勝、重賞初制覇を飾り、オークス(5月20日、東京、GI、芝2400メートル)に向けて弾みをつけた。タイムは2分2秒0(良)。3月11日の落馬負傷(右鎖骨骨折)で休んでいた蛯名騎手は復帰週に土日メーン制覇となった。2着の2番人気アイスフォーリス、3着の18番人気ダイワデッセーまでがオークスの優先出走権を獲得した。 ベテランジョッキーがいきなり魅せた。ケガから復帰したばかりの蛯名正義騎手に導かれ、ミッドサマーフェアが1番人気に応えて完勝。重賞初制覇を決め、オークスの有力候補へと躍り出た。 「強い勝ち方だった。折り合いがつくし、しまいもいい。最後に抜け出してからは、余裕がありすぎて遊んで走っていた。休み明けからこんないい馬に乗せてもらい、責任を果たせてよかった」 初騎乗でパートナーの能力を引き出した蛯名が笑顔で振り返る。3月11日の阪神1Rで落馬し、右鎖骨遠位端骨折。40日のブランクがあったが、「いい馬に乗せてもらっているし、出てくる以上は万全でないと」。その言葉通りに21日のメトロポリタンS(スマートロビン)に続く土日メーンV。復帰早々に存在感を見せた。 名手のリードは完璧だった。道中は7番手でピッタリと折り合う。直線で鞍上が右ムチを入れると、すぐさま反応してアイスフォーリスを一瞬でかわした。余裕たっぷりに2馬身半差をつけ、樫のヒロイン候補に名乗りを上げた。 「期待の大きい馬でしたが、つまずいてきましたからね。前走(君子蘭賞1着)で能力を証明できた気持ちがあったし、王道の競馬をしてくれればと思っていました」 小島太調教師は満面の笑みで迎える。桜花賞は賞金不足だっただけに、オークスにかける思いは強い。そして、オーナーのUAEドバイ首長シェイク・モハメドは2009年に日本で馬主登録を行ってからJRA重賞を13戦目で初制覇。「初めての重賞勝ち。よかったです」と小島調教師はホッとした表情だ。 オークスでは400メートル距離が延びるが、「抜け出してからは遊んで走っていました。それが魅力で、遊びが武器」とトレーナーは気性面からもプラスと考えている。『真夏の祭典』の前に、5月の府中で大仕事をやってのけそうだ。(森田実)
2012年4月23日(月) 05:04

 871

【フローラS】アイス2着、距離延びて逆転だ
 第47回サンケイスポーツ賞フローラS(22日、東京11R、GII、3歳 牝馬オープン国際、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5000万円、1~3着馬にオークスの優先出走権 =出走18頭)結果は2着でも、本番につながるいい内容だった。2番人気アイスフォーリスは、ハナを奪ったヘレナモルフォを見ながら2番手追走。鞍上との呼吸もピッタリで直線に向くと、一度は先頭に立ったものの、最後は勝ち馬の決め手に屈してしまった。 「完敗。勝った相手が強かった」と松岡正海騎手は苦笑いを浮かべたが、「権利を獲れて次のステップに行けたのは良かった。距離が延びればもっといいと思うし、勝った頃のデキが戻ってくれば(本番でも)楽しみ」と樫の舞台での逆転を狙っていた。
2012年4月23日(月) 05:03

 628

【フローラS】松中みなみさんがプレゼンター
 第47回サンケイスポーツ賞フローラS(22日、東京11R、GII、3歳 牝馬オープン国際、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5000万円、1~3着馬にオークスの優先出走権 =出走18頭)サンケイスポーツ賞フローラSの表彰式では、佐野慎輔サンケイスポーツ代表、『サンスポ予想王TV』のメーンキャラクターの松中みなみさんがプレゼンターを務めた。松中さんは21・22日の土日で万馬券6本的中の大爆発。フローラSも◎ミッドサマーフェア、▲アイスフォーリスで見事的中させるなど、予想界に衝撃デビューを果たした。「表彰式では蛯名さんから『当たってよかったね』と声をかけていただきました。うれしかったです」と松中さんは笑顔。今後もスマートフォンアプリ『サンスポ予想王TV』で毎週、予想を披露する。
2012年4月23日(月) 05:03

 1,492

【フローラS】デッセー粘って3着
 第47回サンケイスポーツ賞フローラS(22日、東京11R、GII、3歳 牝馬オープン国際、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5000万円、1~3着馬にオークスの優先出走権 =出走18頭)18番人気のダイワデッセーが、ゴール前で懸命に力を振り絞って3着を確保、本番への出走権を手にした。道中は3番手でスムーズなレースを展開。直線半ばで失速しかけたが、鞍上のステッキにこたえてもうひと踏ん張りした。 「休み明けで少しテンションは高かったけど、福永騎手からは“クセがなく乗りやすい”と聞いていた。うまく流れに乗って、最後もいい脚を長く使っていてバテない。本番で距離が延びるのもいいと思います」と武士沢友治騎手は大役を果たしてホッとした表情を見せていた。
2012年4月23日(月) 05:03

 669

サンスポ賞フローラSのニュースをもっと見る >

【フローラS】血統診断
 過去10年でサンデーサイレンス系が5勝と強い一方、サクラローレル、オペラハウス、ナリタトップロード、メジロマックイーンと、非サンデーサイレンス系で中長距離タイプの種牡馬の産駒が優勝しており、スタミナ色の濃い馬が狙い目だ。 チェリーメドゥーサの父シックスセンスはディープインパクト世代のSS産駒で、鋭い末脚を武器に皐月賞と香港ヴァーズで2着に好走するなど活躍した。父の良さを受け継いだ本馬も直線が長い東京コースは向く。近親にGIアメリカンオークス馬ピュアクランなどがおり、母系の質も高く、母の父がブライアンズタイムなら距離延長も歓迎だ。 ヘレナモルフォの父は府中でGIを2勝したジャングルポケット。3代母マリアヴァレスカが伊GIイタリア大賞典(芝2400メートル)、GI伊オークス(芝2200メートル)を制覇しており、スタミナとタフさが求められる展開は望むところ。道悪になっても問題ない。 アグネスタキオン産駒のラシンティランテは近親にカンパニー(天皇賞・秋、マイルCS)などがいるスピード豊かな母系。開幕週の馬場は歓迎で、決め手が生きる展開になれば一気に浮上する。 ミッドサマーフェアはタニノギムレット産駒らしい切れ味が魅力。祖母はBCジュベナイルフィリーズ(ダ1700メートル)を制したストームソングで、母系は米国色が濃い。スムーズな競馬で終いを生かしたい。 チャーチクワイアの2勝はともに1400メートルだが、伯父キングストレイルがセントライト記念を勝っているように、ペース次第で2000メートルまでなら対応可能。 抽選対象だが、アイスフォーリスは見逃せない。3代母は英GIキングジョージVI&クイーンエリザベスS(芝2400メートル)連覇など4カ国でGI計10勝を挙げた名牝ダリアで、スタミナと底力を秘める。父ステイゴールドは昨年の勝ち馬バウンシーチューンを出すなど、府中の中長距離戦に強く、産駒のゴールドシップが皐月賞を制して勢いもある。舞台はベストで、出走が叶えば注目したい。 (血統取材班)
2012年4月18日(水) 05:03

 1,486

サンスポ賞フローラS過去10年の結果

2011年4月23日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2010年4月25日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2009年4月26日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

サンスポ賞フローラSの歴史と概要


2017年の優勝馬モズカッチャン

本番より400mより距離が短い東京芝2000mで開催されるオークストライアル。第21回(1986年)のメジロラモーヌ、第22回(1987年)のマックスビューティ、第45回(2010年)のサンテミリオンなど、このレースと本番を連勝した馬は数えるほどしかいないが、2着に以下に敗れた馬も含め、この組からは多くのオークス好走馬が誕生している。第52回(2017年)の勝ち馬モズカッチャンオークスでは惜しくも2着に敗れたが、秋になってさらに力を付け、古馬初対戦となったエリザベス女王杯を制してG1ホースとなった。

歴史と概要をもっと見る >

サンスポ賞フローラSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年10月20日(
富士ステークス G3
2018年10月21日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2018年10月20日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2018年10月21日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
58,278万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
8 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
9 リリーノーブル 牝3
13,810万円
10 ラブカンプー 牝3
13,756万円
» もっと見る