会員登録はこちら
サンスポ賞フローラS G2   日程:2011年4月23日() 15:45 東京/芝2000m

レース結果

サンスポ賞フローラS G2

2011年4月23日() 東京/芝2000m/17頭

本賞金:5,200万 2,100万 1,300万 780万 520万


レコード:1分57秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 8

バウンシーチューン

牝3 54.0 三浦皇成  田島俊明 412(-6) 2.03.3 26.9 9
2 1 1

マイネソルシエール

牝3 54.0 柴田大知  手塚貴久 448(+2) 2.03.3 アタマ 199.1 15
3 3 5

ピュアブリーゼ

牝3 54.0 内田博幸  古賀慎明 434(0) 2.03.3 クビ 5.1 3
ラップタイム 12.5 - 11.3 - 11.9 - 12.0 - 12.7 - 12.7 - 12.4 - 12.0 - 12.8 - 13.0
前半 12.5 - 23.8 - 35.7 - 47.7 - 60.4
後半 62.9 - 50.2 - 37.8 - 25.8 - 13.0

■払戻金

単勝 8 2,690円 9番人気
複勝 8 780円 9番人気
1 4,320円 15番人気
5 210円 2番人気
枠連 1-4 6,290円 26番人気
馬連 1-8 103,540円 97番人気
ワイド 1-8 21,850円 93番人気
5-8 1,600円 22番人気
1-5 8,920円 65番人気
馬単 8-1 161,550円 183番人気
3連複 1-5-8 179,170円 263番人気
3連単 8-1-5 1,131,690円 1,472番人気

サンスポ賞フローラSのニュース&コラム

【フローラS】9番人気バウンシー快勝!
 第46回サンケイスポーツ賞フローラS(23日、東京11R、GII、3歳牝馬オープン国際、馬齢、芝2000メートル、1着賞金5200万円、1~3着にオークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権=出走17頭)三浦皇成騎乗のバウンシーチューンが、後方待機から直線で末脚を伸ばして快勝。9番人気の低評価を覆して、オークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)の有力候補に浮上した。タイム2分3秒3(重)。2着に15番人気のマイネソルシエールが入り、馬単16万円、3連単は113万円の大波乱。3着ピュアブリーゼまでがオークスの優先出走権を獲得した。 48日ぶりの再開となった関東での中央競馬は、大波乱の幕開けだ。大混戦のゴール前、アタマ差だけ抜け出したのは9番人気バウンシーチューン。三浦皇成騎手の懸命の手綱に応え、412キロの小柄な牝馬が猛烈な末脚を繰り出した。 「勝ったかどうか分からないくらい必死でした。この馬場にしてはいいペースだったし、うまく折り合いもつきましたね」 先行馬に有利な開幕週の馬場だったが、新馬戦から手綱を取り続けるコーセイは、パートナーの持ち味を生かす競馬に専念した。道中は後方の内ラチ沿いでジッと待機。直線で思い切り外に出すと、横殴りの雨にも負けず、一気に突き抜けた。「初戦からキレ味は抜けていた。能力を感じていたし、いろいろな事を教えてきた」。未勝利脱出まで4戦を要したが、コーセイの“教育”が、トライアルの舞台で生かされた。 「この馬の力を出せればと思っていましたけど…。1着になれて本当に感謝しています」。目を細める田島俊明調教師にとって、これが09年5月の厩舎開業以来、初の重賞出走だった。うれしい初挑戦初Vでオークスの切符までゲット。「他の馬たちに対し、チャレンジャーの気持ちで臨みたい」と謙虚だが、厩舎のムードはグッと高まっていきそうだ。 「こういう大変なときに競馬をやらせてもらっている以上、ぼくたちは勇気を与えるようなレースを見せないといけない。東京の開幕週にこういう競馬ができてよかったと思います」 東日本大震災の余波が続く中での競馬再開に、気持ちのこもった騎乗で応えたコーセイ。悪条件を克服する根性を見せた小柄な牝馬の活躍は、見ている者に勇気を届けたはずだ。(越智健一)
2011年4月24日() 05:04

 993

【フローラS】バウンシーチューン樫切符
 23日、東京競馬場でオークストライアルの第46回フローラS(GII、東京11R、3歳オープン、芝2000メートル、出走17頭)が行われ、三浦皇成騎手騎乗で9番人気のバウンシーチューン(牝3歳、美浦・田島俊明厩舎)がゴール前の接戦を制し、重賞初制覇を遂げた。タイムは2分3秒3(重) バウンシーチューンは直線、馬場の真ん中から脚を伸ばし、先に抜け出した3番人気ピュアブリーゼ(牝3歳、美浦・古賀慎明)を捕らえ、内から伸びたマイネソルシエール(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)と並んでゴール。写真判定の結果、アタマ差で辛勝。5月22日に行われる牝馬2冠目、オークス(GI、芝2400メートル)に名乗りを挙げた。 2着には15番人気のマイネソルシエール、3着には3番人気のピュアブリーゼが入り、1番人気に支持されたダンスファンタジア(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、いいところなく13着に惨敗した。この上位3頭にはオークスの優先出走権が与えられる。三浦騎手はことしの東京新聞杯(スマイルジャック)に続いて重賞5勝目となった。 バウンシーチューンは、父ステイゴールド、母リーインフォースト、母の父トニービンという血統で、JRA通算5戦2勝。重賞は初制覇。鞍上の三浦騎手、管理する田島俊調教師はともにフローラS初勝利。
2011年4月23日() 16:22

 1,300

【フローラS】絶好ブリーゼ、樫の切符獲る
 《本紙の狙い》ピュアブリーゼを中心視した。500万下で惜敗が続くが、展開のアヤや位置取りの差が出ただけ。前走にしても脚を余していた。しかもクビ差の先着を許したエリンコートは忘れな草賞を快勝。牝馬同士ながら、重賞でも上位を争える実力を持っている。ここ目標に仕上がりは絶好で、東京コースは未勝利戦を4馬身差で楽勝した舞台。好結果を出して、オークスへ駒を進める。
2011年4月23日() 12:07

 615

【フローラS】ファンタジア桜の雪辱へ!
 桜花賞は期待を裏切る7着。名誉挽回といきたいダンスファンタジアは、横山典騎手が手綱をとって芝コースで追われた。前日の雨でソフトになった馬場をリズム感たっぷりに躍動。5ハロン64秒5、上がり3ハロン37秒8-13秒7を馬なりで弾き出した。 「前を行く馬を目標に、抜かないようにしまいは控えた。変わらず状態はいい」という横山典騎手の報告に、藤沢和調教師は満足げに口を開いた。「桜花賞はいま考えると調教日数がやや足りなかったかも知れない。落ち着き過ぎている感もあったからね。でも使ったことが刺激になり、雰囲気が良くなっている。上積みはあると見ていいですよ。東京は相性がいいし、開幕週の馬場も歓迎」とやる気をのぞかせた。距離延長は問題なく、オークスに向けて、再び主役に座に就きたいところだ。(水戸正晴)
2011年4月21日(木) 05:01

 632

サンスポ賞フローラSのニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

サンスポ賞フローラS過去10年の結果

2010年4月25日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2009年4月26日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2008年4月27日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

サンスポ賞フローラSの歴史と概要


2017年の優勝馬モズカッチャン

本番より400mより距離が短い東京芝2000mで開催されるオークストライアル。第21回(1986年)のメジロラモーヌ、第22回(1987年)のマックスビューティ、第45回(2010年)のサンテミリオンなど、このレースと本番を連勝した馬は数えるほどしかいないが、2着に以下に敗れた馬も含め、この組からは多くのオークス好走馬が誕生している。第52回(2017年)の勝ち馬モズカッチャンオークスでは惜しくも2着に敗れたが、秋になってさらに力を付け、古馬初対戦となったエリザベス女王杯を制してG1ホースとなった。

歴史と概要をもっと見る >

サンスポ賞フローラSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月29日(
クイーンステークス G3
アイビスサマーD G3

競馬番組表

2018年7月28日(
1回札幌1日目
2回新潟1日目
2回小倉1日目
2018年7月29日(
1回札幌2日目
2回新潟2日目
2回小倉2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る