会員登録はこちら
フェブラリーS G1   日程:2019年2月17日() 15:40 東京/ダート1600m

レース結果

フェブラリーS G1

2019年2月17日() 東京/ダート1600m/14頭

本賞金:10,000万 4,000万 2,500万 1,500万 1,000万


レコード:1分33秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 6

インティ

牡5 57.0 武豊  野中賢二 514(0) 1.35.6 2.6 1
2 3 3

ゴールドドリーム

牡6 57.0 C.ルメー  平田修 528(+14) 1.35.6 クビ 3.0 2
3 2 2

ユラノト

牡5 57.0 福永祐一  松田国英 508(+2) 1.36.3 31.6 8
ラップタイム 12.4 - 11.5 - 11.9 - 12.2 - 12.2 - 11.6 - 11.4 - 12.4
前半 12.4 - 23.9 - 35.8 - 48.0 - 60.2
後半 59.8 - 47.6 - 35.4 - 23.8 - 12.4

■払戻金

単勝 6 260円 1番人気
複勝 6 130円 2番人気
3 120円 1番人気
2 340円 8番人気
枠連 3-4 410円 1番人気
馬連 3-6 430円 1番人気
ワイド 3-6 230円 1番人気
2-6 1,100円 15番人気
2-3 760円 9番人気
馬単 6-3 750円 1番人気
3連複 2-3-6 2,310円 6番人気
3連単 6-3-2 6,620円 12番人気

フェブラリーSのニュース&コラム

フェブラリーS優勝馬のインティはBCクラシックを視野!
 2月17日のフェブラリーSでGI初制覇を果たしたインティ(牡5歳、栗東・野中賢二厩舎)が、優先出走権を得た米GI・ブリーダーズCクラシック(11月2日、サンタアニタ、ダート2000メートル)参戦を本格的に視野に入れていることが20日、明らかになった。野中調教師は「西海岸(ロサンゼルス近郊)だったら輸送も楽になるので、頭の隅に置いておきたい。次走に関してはもう少し様子を見ながら」と語った。★インティの競走成績はこちら
2019年2月20日(水) 13:38

 1,387

【阪急杯】レース展望
 年初から続いた京都開催が終了し、舞台は阪神に移り、日曜メインに阪急杯(24日、GIII、芝1400メートル)が行われる。1着馬に高松宮記念(3月24日、中京、GI、芝1200メートル)への優先出走権が与えられる重要な前哨戦で、過去10年の優勝馬では、2013年1着ロードカナロアはその後、高松宮記念を勝っただけでなく、安田記念も制覇し、さらに秋も大活躍して年度代表馬に輝いた。14年コパノリチャードは高松宮記念を勝ち、16年ミッキーアイルは高松宮記念、スプリンターズSでともに2着に入った後、マイルチャンピオンシップを制覇。今年も見逃せない。 連覇がかかるダイアナヘイロー(栗東・大根田裕之厩舎、牝6歳)は、前走の阪神Cも勝ったように、阪神芝1400メートルの適性は高い。中間は3週続けて栗東CWコースで活発な動きを見せて仕上がりは上々。インティでフェブラリーSを勝った武豊騎手とのコンビ再結成も心強い。 ミスターメロディ(栗東・藤原英昭厩舎、牡4歳)は前走の阪神Cでダイアナヘイローの1/2馬身差の2着。ファルコンSを勝ち、NHKマイルCでは4着に敗れたように、マイルは少し長く1400メートルがベスト。前走後はここを目標に乗り込まれて体調は良好だ。大崩れしないタイプだけに、今回も好勝負が見込める。 スターオブペルシャ(美浦・藤沢和雄厩舎、セン6歳)は阪神C3着。重賞にはまだ手が届いていないが、6歳とはいえ本格化したばかりなのでGIIIなら勝てそうなムードがある。1400メートルなら左右の回りも関係なく、しまいは確実に伸びるタイプ。また杉原誠人騎手とのコンビでは【2・2・1・0】と全て馬券に絡んでいる点も強調できる。 15年の桜花賞馬レッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎、牝7歳)は登録があったフェブラリーSを回避してここに出走する。昨年は勝てずに終わったはいえ、高松宮記念でファインニードルのハナ差の2着をはじめ、大崩れしていない。芝1400メートルも、一昨年の京都牝馬Sを勝っているように適性はある。 ロードクエスト(美浦・小島茂之厩舎、牡6歳)は展開に左右されるが、スワンSを勝っているように1400メートルも十分に守備範囲。流れひとつでチャンスはある。今回は川田将雅騎手とのコンビだ。 初の1400メートルに戸惑わなければロジクライ(栗東・須貝尚介厩舎、牡6歳)の地力も侮れない。3連勝でオープン入りしたエントシャイデン(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)、石清水Sを強烈な末脚で勝ったタイムトリップ(美浦・菊川正達厩舎、牡5歳)、昨年の安土城Sで後の安田記念優勝馬モズアスコットを破っているダイメイフジ(栗東・森田直行厩舎、牡5歳)あたりも上位を狙える。★阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月18日(月) 20:07

 2,447

【フェブラリー】武豊、菜七子の奮闘に拍手「初GIで5着は立派」
 第36回フェブラリーS(17日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、ダ1600メートル、1着本賞金1億円 =出走14頭)今年最初のJRA・GIは、1番人気のインティが鮮やかな逃げ切り。破竹の7連勝で、GI初制覇を飾った。鞍上の武豊騎手(49)=栗・フリー=は、同レース歴代最多の5勝目となった。タイム1分35秒6(良)。 フェブラリーSを制した武豊騎手は、「初めてのGIで5着は立派だと思います。僕のGI初騎乗は6着(1987年菊花賞レオテンザン)でしたから」と菜七子の奮闘に拍手を送った。「僕自身、負けたくなかった。菜七子が勝っての2着はキツい。避けたかったです」と笑わせたが、「彼女は頑張っているし、自分でつかんだもの。GI騎乗が当たり前のようになれば」とさらなる成長に期待していた。★17日東京11R「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら
2019年2月18日(月) 13:21

 1,768

【村瀬プレイバック】スローで不発◎オメガパフューム
 フェブラリーSの◎オメガパフュームは10着。好発から中団の外めを進んだが、直線で弾け切れずに終わってしまった。前半3Fは35秒8。一昨年が同34秒0、昨年が34秒1だったことを思えば超スローといっていいだろう。この流れでは、本来有利なはずの大外(14)番枠も不利でしかない。 一方、この緩い展開でオメガと同じ位置から2着に突っ込んできたのがゴールドドリーム。この馬の底力には改めて驚かされた。(夕刊フジ)★17日東京11R「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら
2019年2月18日(月) 11:05

 1,091

フェブラリーSのニュースをもっと見る >

【フェブラリー】キーマンズトーク・インティ武豊騎手
 --東海Sはタフなペースで逃げたにもかかわらず、2着をまったく寄せつけない完勝だった 武豊騎手「初めての重賞挑戦だったけど、非常にいいレースをしてくれた。内容が良くてホッとしたし、一戦ごとに力をつけているのを感じるね」 --昨年夏から手綱を取って連勝してきたが、その間の変化は 「初めて乗ったときから能力の高さは感じていたが、ここへきて体質が強くなってきたと思う。体力がついてきたね」 --これまで1700メートルと1800メートルしか経験していなくて、マイルも東京も初めて 「距離は延ばすより、短縮するほうがいいと思う。それに、左回りは右回りよりコーナーの走りが上手。あと、コーナーが1つのレースは初めてだけど、そのへんは心配していない」 --これまで03年ゴールドアリュール、06年カネヒキリ、08年ヴァーミリアン、15年コパノリッキーと単独最多の4勝。5勝目がGI初挑戦初制覇という可能性は 「速い時計で他馬を圧倒して勝ってきているところがストロングポイント。そんなレースをすることが理想だが、一方でこのレースは差し、追い込みタイプの活躍が目立つ。先行馬にとっては、厳しい流れになるケースが少なくないからね」 --まさに正念場 「この馬にとって、大きな意味を持つレースになるのは間違いない。いい形で臨めそうだし、力を出し切りたい」(夕刊フジ)★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月14日(木) 11:23

 2,730

【フェブラリー】厩舎の話
 インティ・野中調教師「予想以上に強い勝ち方をしてきた。使うごとにしっかりして、不安よりも期待のほうが大きい」 オメガパフューム・安田翔調教師「けいこはゴールまで刺激を与える形。加速は素早かったし、マイルのほうが流れは合うかもしれない」 クインズサターン・野中調教師「しまいをサラッと。いい状態だし、末脚がはまれば」 ゴールドドリーム・平田調教師「テンがゆっくりめのいい動き。トップコンディションではなかった前走から上向いた」 コパノキッキング・村山調教師「1400メートルで勝てたのは大きい。マイルは未知だが、ジョッキーに期待したい」 サクセスエナジー・北出調教師「今週も目一杯。パワーアップして気持ちが入り体も増えた」 サンライズソア・河内調教師「先週やったので今週はこれくらいでいい。勝ち切れない甘さを距離短縮で補いたい」 サンライズノヴァ・生野助手「ビッシリやって中身はできてきた。前走はパサパサの馬場でひと脚も使えなかった」 ノボバカラ・清水亮助手「順調。前走のような前々の競馬が理想だが、マイルは微妙」 ノンコノユメ・内田騎手「前走は3角から手応えが悪かったが、中京はあまり走らない。東京ならヨーイドンの形でも」 メイショウウタゲ・安達調教師「南部杯の3着は恵まれたが、前走の7Fから延びるのはいい」 モーニン・松岡助手「前走時よりスピードの乗りが良くなって、気持ちも強くなってきた」 ユラノト・松田調教師「中2週でも時計はきっちり。7Fを使ったことで切れが出てくる」 ワンダーリーデル・沖調教師「古馬になって安定。競馬を覚えてきた今ならマイルにも対応」(夕刊フジ)★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月14日(木) 11:22

 2,635

【フェブラリー】キッキング、あとは菜七子に任せた!
 2019年のGI開幕戦、フェブラリーSの追い切りが13日、滋賀県の栗東トレセンで行われた。JRA女性騎手としてGI初挑戦で注目される藤田菜七子騎手(21)がコンビを組むコパノキッキング(栗東・村山明厩舎、セン4歳)は、調教助手を背にCWコース5ハロン66秒1(ラスト1ハロン13秒1)をマークし、村山明調教師(47)も納得の仕上がり。同レース史上最多の3勝トレーナーは「あとはジョッキーに任せたい」と菜七子にバトンを託した。 重賞2連勝を含む4連勝の勢いそのままに、コパノキッキングがさっそうとCWコースを駆け抜けた。見届けた村山調教師は、GI取りへ準備万端の口ぶりで振り返った。 「そんなに速く見えなかったですが、思ったより時計が出ていましたね。やれば動くし、しっかりと負荷がかかったと思います」 軽やかな脚さばきで徐々にスピードに乗っていくと、直線でも馬なりのまま、5ハロン66秒1、3ハロン38秒1-13秒1でフィニッシュ。中山→東京と近2走は長距離輸送の競馬で、しかも前走から中2週と短い間隔で迎える大舞台。負荷は馬なりでも十分で、大きく四肢を伸ばした動きから、今の充実度を感じさせた。 「どこからでもレースができる馬でもありますし、あとはジョッキーに任せたい」 テスタマッタ(2012年)、コパノリッキー(14、15年)と3勝を誇るフェブラリーS最多勝トレーナーは、最高の仕上がりで菜七子にバトンを託した。 菜七子がJRA女性騎手としてGIに初騎乗することで注目を集める存在となったが、この馬自身も相当な実力の持ち主だ。2走前のカペラSは、断トツの上がり3ハロン34秒9で差し切って重賞初V。距離延長となった前走の根岸Sも上がり最速の3ハロン35秒4をマークして完勝。一戦ごとに力をつけながら、大舞台までたどり着いた。 小倉競馬場滞在中のため最終追い切りに騎乗しなかった菜七子は、先週8日に栗東を訪れ、キッキングに初騎乗。「乗りやすかった。そのイメージで乗りたいです」と好感触をつかんでいる。そんな菜七子へ、トレーナーの信頼も厚い。 「スタートが上手ですね。(馬への)当たりも柔らかい。うまく持ち味を引き出してくれると思います」 さぁ、思い切って乗っておいで!! 万全の態勢でGIへ駒を進めたダート界の新星と、競馬界のプリンセス。週末にドラマを見せる準備は整った。 (山口大輝)★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月14日(木) 05:10

 2,181

【フェブラリー】コパノキッキング・村山師トーク
 --先週8日に藤田騎手がコパノキッキングに騎乗。どんな話をしたのか 「いろいろなことを話しました。敏感なところがある馬で難しさもあるけど、すごくいい脚を使うという話をしました」 --初めての1600メートルとなる 「距離はやってみないとわからない部分ですが、もってくれないかな…と思っています」 --東京の前走から、中2週でまた東京 「輸送も大丈夫です。前走後は少し、疲労感がありましたが、そこから徐々に成長している感じもあります」 --オーナーはDr.コパこと小林祥晃オーナー 「頭のいい方。馬にいろいろなテーマ、課題を与えて走らせています。レース選択なども的確で、何より競馬が好きな方ですね」 --ファンへひと言 「女性騎手のGI初騎乗ということで、これで勝てば競馬界も盛り上がっていくと思うので、連勝している勢いを味方につけて、(コパノキッキングと藤田菜七子騎手には)いい競馬をしてほしいと思います」★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年2月14日(木) 05:09

 1,315

フェブラリーSの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


フェブラリーSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月17日 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv122 
6,620円 6,620円
Lv119 
260円 26,000円
Lv117 

2,310円
430円
14,290円
Lv113 
260円 26,000円
Lv111 
2,310円 6,930円

的中情報をもっと見る >

フェブラリーS過去10年の結果

2018年2月18日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2017年2月19日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2016年2月21日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
1着 モーニン M.デムーロ 1:34.0 5.1倍 103.6
2着 ノンコノユメ C.ルメール 1 1/4 2.4倍 102.6
3着 アスカノロマン 太宰啓介 アタマ 18.1倍 102.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

フェブラリーSのデータ分析とレース傾向

コース図東京ダート1600m

JRAのダートG1は年2レース施行だが、もうひとつのチャンピオンズCとの間隔は2カ月半で距離差も200m。そのため中間に交流G1やステップレースが組まれているものの、直行組の活躍が目立つようになってきた。これに対し東京大賞典や川崎記念を使われた組は、一気の距離短縮への対応がカギとなることや、1月に1800mのG2東海Sが行われるようになったことで、以前ほどの活躍が見られなくなった。特に近年はダート戦線で抜けた馬がいないこともあり、この傾向が顕著になっている。混戦気味の年は、東京コース適性を考慮し前走根岸S組の上位進出にも注意したい。舞台となる東京ダ1600mは2コーナーからのスタートで芝部分を約150m走り、さらに3コーナーまで600m以上ある、スピードに乗りやすいレイアウト。長さ500mの最後の直線には急坂もあるためスピード一辺倒では乗りきれない。パワータイプの馬には少々忙しいコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

フェブラリーSステップレース

2019年1月27日() 東京競馬場/ダ1400m
天候: 馬場:
1着 11 コパノキッキング O.マーフィー 1:23.5 4.3倍 103.4
2着 2 ユラノト C.ルメール 3/4 5.0倍 102.8
3着 1 クインズサターン 四位洋文 1 3/4 13.7倍 101.2
4着 6 モーニン 和田竜二 14.4倍 99.5
5着 9 ワンダーリーデル 柴田大知 1/2 131.7倍⑫ 98.9
2019年1月20日() 中京競馬場/ダ1800m
天候: 馬場:
1着 4 インティ 武豊 1:49.8 1.5倍 108.3
2着 3 チュウワウィザード 川田将雅 4.8倍 107.1
3着 5 スマハマ 藤岡佑介 7.9倍 102.4
4着 10 コスモカナディアン 丸山元気 1 1/4 32.6倍 101.6
5着 2 アスカノロマン 太宰啓介 1 3/4 85.5倍 100.3
2018年12月2日() 中京競馬場/ダ1800m
天候: 馬場:
1着 2 ルヴァンスレーヴ M.デムーロ 1:50.1 1.9倍 105.2
2着 12 ウェスタールンド 藤岡佑介 2 1/2 32.1倍 103.5
3着 9 サンライズソア J.モレイラ クビ 8.2倍 103.5
4着 1 アンジュデジール 横山典弘 1 1/4 40.1倍 102.7
5着 11 オメガパフューム C.デムーロ 2 1/2 9.2倍 101.0

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

フェブラリーSの歴史と概要


2014、15年の優勝馬コパノリッキー

JRAのG1開幕戦。パワーあふれる古馬たちが、冬の府中でダート最強の座を競い合う。G1昇格3年目の第16回(1999年)は岩手のメイセイオペラが日本競馬史上初めて「地方競馬所属のまま中央G1制覇」を決める感動の勝利。第19回(2002年)は前年の天皇賞(秋)香港カップを制したアグネスデジタルが勝ち、芝・ダートを問わないオールラウンダーぶりを見せつけた。連覇を果たしたのはコパノリッキーただ1頭(第31~32回、2014~2015年)。第31回は出走馬中最低となる16番人気での勝利、第32回は圧倒的1番人気での勝利という、珍しい連覇となった。ほかにも過去の優勝馬欄には、第20回(2003年)のゴールドアリュール、第23回(2006年)のカネヒキリ、第25回(2008年)のヴァーミリアン、第27回(2010年)のエスポワールシチー、第28回(2011年)のトランセンドなど、その時代を代表するダート王たちが名を連ねている。

▼2011年トランセンド。スタートから逃げるとフリオーソ以下を退けGI2勝目をあげた。

歴史と概要をもっと見る >

フェブラリーSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年8月25日(
キーンランドカップ  G3
新潟2歳ステークス  G3

競馬番組表

2019年8月24日(
2回札幌3日目
2回新潟9日目
2回小倉9日目
2019年8月25日(
2回札幌4日目
2回新潟10日目
2回小倉10日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 グランアレグリア 牝3
19,878万円
4 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
10 ディアンドル 牝3
11,523万円
» もっと見る