会員登録はこちら
NHKマイルカップ G1   日程:2002年5月4日() 15:40 東京/芝1600m

レース結果

NHKマイルカップ G1

2002年5月4日() 東京/芝1600m/18頭

本賞金:


レコード:
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

テレグノシス

牡3 57.0 勝浦正樹  杉浦宏昭 458(-4) 1.33.1 14.3 4
2 3 5

アグネスソニック

牡3 57.0 横山典弘  森秀行 484(-4) 1.33.4 1 3/4 14.7 5
3 5 9

タニノギムレット

牡3 57.0 武豊  松田国英 480(-4) 1.33.5 3/4 1.5 1
ラップタイム 12.3 - 10.5 - 11.2 - 11.3 - 12.0 - 12.0 - 12.0 - 11.8
前半 12.3 - 22.8 - 34.0 - 45.3 - 57.3
後半 59.1 - 47.8 - 35.8 - 23.8 - 11.8

■払戻金

単勝 1 1,430円 4番人気
複勝 1 270円 5番人気
5 240円 4番人気
9 110円 1番人気
枠連 1-3 3,890円 15番人気
馬連 1-5 4,830円 14番人気
ワイド 1-5 1,050円 11番人気
1-9 420円 3番人気
5-9 400円 2番人気

NHKマイルカップ過去10年の結果

2001年5月6日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2000年5月7日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 イーグルカフェ 岡部幸雄 1:33.5 4.3倍 0.0
2着 トーヨーデヘア 後藤浩輝 ハナ 8.9倍 0.0
3着 マチカネホクシン 武豊 1 3/4 2.9倍 0.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

NHKマイルカップステップレース

皐月賞   G1 
2002年4月14日() 中山競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 2 ノーリーズン B.ドイル 1:58.5 115.9倍⑮ 100.6
2着 9 タイガーカフェ M.デムーロ 1 3/4 19.2倍 98.8
3着 11 タニノギムレット 四位洋文 ハナ 2.6倍 98.8
4着 7 ダイタクフラッグ 江田照男 アタマ 112.3倍⑬ 98.8
5着 4 メガスターダム 松永幹夫 1 1/2 119.5倍⑯ 97.6
桜花賞   G1 
2002年4月7日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 15 アローキャリー 池添謙一 1:34.3 42.9倍 96.1
2着 6 ブルーリッジリバー 四位洋文 1 1/4 12.7倍 94.6
3着 3 シャイニンルビー 岡部幸雄 ハナ 4.8倍 94.6
4着 5 カネトシディザイア 河内洋 1 1/4 20.4倍 93.1
5着 17 ヘルスウォール M.デムーロ クビ 15.3倍 93.1
2002年4月6日() 中山競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 9 タイキリオン 柴田善臣 1:32.1 63.5倍 100.4
2着 6 サーガノヴェル 横山典弘 アタマ 2.0倍 100.4
3着 3 メジャーカフェ 岡部幸雄 3/4 10.4倍 99.6
4着 1 アルスブランカ 田中勝春 1/2 14.1倍 98.9
5着 7 オースミエルスト 秋山真一郎 1 1/2 21.6倍 97.4

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

NHKマイルカップの歴史と概要


2004年の優勝馬キングカメハメハ

3歳馬によるマイル王決定戦。かつては、マイル以下に適性のある短距離馬や、クラシックに出走できなかった外国産馬にとって、3歳(旧4歳)春シーズンにG1ホースになるチャンスはなきに等しかったが、このレースができたことによりクラシックに縁のない馬たちが輝きを放つことになった。第2回(1997年)はその後フランスのG1を制すシーキングザパールが完勝。第3回(1998年)は、1年半後の凱旋門賞で歴史に残るあと一歩の接戦を演じることになるエルコンドルパサーが圧勝。第6回(2001年)は、秋にダートでもG1タイトルを獲得するクロフネが順当勝ち。“マル外の大物”たちがNHKマイルCの歴史を築き上げてきた。第9回(2004年)の勝ち馬キングカメハメハは、次走の日本ダービーも制し、史上初のパターンとなる“変則2冠”を達成。第13回(2008年)の覇者ディープスカイも、ここと日本ダービーを連勝し、キングカメハメハに続いた。近年は、第21回(2016年)のメジャーエンブレム、第22回(2017年)のアエロリットと、牝馬の活躍が目立っている。

▼2016年メジャーエンブレムは2着以下を完封。2つ目のGIタイトルを手にした。

歴史と概要をもっと見る >

NHKマイルカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る