今週の重賞レース

2020年6月6日( 鳴尾記念 G3
2020年6月7日( 安田記念 G1
桜花賞 G1   日程:2020年4月12日() 15:40 阪神/芝1600m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 5 9

デアリングタクト

牝3 55.0 松山弘平  杉山晴紀 466(0) 1.36.1 4.2 2 36.6 ⑬⑫
2 8 17

レシステンシア

牝3 55.0 武豊  松下武士 482(-6) 1.36.3 1 1/2 3.7 1 38.2 ②②
3 2 3

スマイルカナ

牝3 55.0 柴田大知  高橋祥泰 416(0) 1.36.6 1 3/4 35.5 9 38.6 ①①
4 6 11

クラヴァシュドール

牝3 55.0 M.デムー  中内田充 442(-4) 1.36.8 8.8 6 37.1 ⑦⑬
5 7 14

ミヤマザクラ

牝3 55.0 福永祐一  藤原英昭 470(+6) 1.36.9 3/4 10.4 7 37.8 ③⑧
6 2 4

サンクテュエール

牝3 55.0 C.ルメー  藤沢和雄 456(+2) 1.36.9 ハナ 6.9 3 38.1 ⑦⑤
7 5 10

フィオリキアリ

牝3 55.0 藤井勘一  清水久詞 434(+8) 1.37.1 1 1/4 174.4 14 37.2 ⑮⑯
8 3 5

マルターズディオサ

牝3 55.0 田辺裕信  手塚貴久 440(-4) 1.37.2 クビ 8.1 5 38.8 ③③
9 8 18

エーポス

牝3 55.0 岩田康誠  北出成人 458(+12) 1.37.3 3/4 78.2 11 38.0 ⑩⑨
10 4 8

リアアメリア

牝3 55.0 川田将雅  中内田充 478(-4) 1.37.3 クビ 7.7 4 38.0 ⑩⑨
11 1 2

チェーンオブラブ

牝3 55.0 石橋脩  小笠倫弘 466(+2) 1.37.5 3/4 224.3 16 37.7 ⑱⑭
12 7 13

マジックキャッスル

牝3 55.0 浜中俊  国枝栄 424(-6) 1.37.6 3/4 24.4 8 37.8 ⑮⑭
13 8 16

ケープコッド

牝3 55.0 岩田望来  高柳瑞樹 464(-6) 1.37.7 1/2 390.6 18 37.8 ⑭⑯
14 6 12

インターミッション

牝3 55.0 石川裕紀  手塚貴久 406(+6) 1.37.7 アタマ 171.6 13 38.3 ⑩⑨
15 4 7

ヒルノマリブ

牝3 55.0 北村友一  北出成人 486(+2) 1.37.8 クビ 224.0 15 37.6 ⑰⑱
16 3 6

ウーマンズハート

牝3 55.0 藤岡康太  西浦勝一 460(0) 1.38.2 2 1/2 42.1 10 39.4 ⑦⑤
17 1 1

ナイントゥファイブ

牝3 55.0 松田大作  西園正都 468(+4) 1.39.7 249.1 17 41.0 ③⑤
18 7 15

ヤマカツマーメイド

牝3 55.0 池添謙一  池添兼雄 476(+4) 1.39.9 82.8 12 41.5 ③③
ラップタイム 12.4 - 11.2 - 11.3 - 11.6 - 11.5 - 11.7 - 12.6 - 13.8
前半 12.4 - 23.6 - 34.9 - 46.5 - 58.0
後半 61.2 - 49.6 - 38.1 - 26.4 - 13.8

■払戻金

単勝 9 420円 2番人気
複勝 9 190円 2番人気
17 170円 1番人気
3 730円 9番人気
枠連 5-8 1,040円 2番人気
馬連 9-17 1,110円 1番人気
ワイド 9-17 490円 1番人気
3-9 2,880円 31番人気
3-17 2,480円 28番人気
馬単 9-17 1,930円 1番人気
3連複 3-9-17 12,590円 45番人気
3連単 9-17-3 47,760円 196番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:284,222人(06月06日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【桜花賞2020】大きめの枠番・馬番の上位入線が増加中!意識を中~外に強めたほうがベター!

土曜日の阪神芝のレース結果、過去の桜花賞の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

中間の降水量はゼロ。月曜日と火曜日に芝刈り、先週の日曜日から連日のごとく散水作業を実施しているように、芝の生育状況は良好。土曜日の芝コースは内め~中を通った馬の好走が目についた。ただし、内枠有利というわけではなく、むしろ大きめの馬番・枠番の上位入線が多くなってきている。そのあたりには注意が必要だ。

日曜日の天気予報を確認すると、朝方まではなんとかもちそうだが、午前のレース開催中には雨が降り始める見通し。連続開催の後半であることに加え、いまだ馬群が内を回っていることを踏まえると、見た目以上に内めの芝部分と路盤が傷んでいるのは確か。そのうえ降雨となれば、レースが重なるにつれ、内めの劣化が進む可能性は高い。

ゆえに、メインレースあたりでは内ラチ沿いを通りそうな(通らされる)馬や多頭数の内枠(1~3枠)は少し割り引いたほうがいいかもしれない。枠順については、道中スムーズに運ぶことができる中~外に軸足をシフトし、5~8枠あたりに対する意識を強めたほうがベターと思われる。

血統面については、近5年の桜花賞を見直すと、現役時にクラシックレースで連対経験のあるサンデーサイレンス系種牡馬の産駒が優勢。キングカメハメハの系統産駒も堅実に走っている。視点を変えて、近10年の優勝馬の前走馬体重をみると、440キロ割れの馬はゼロ。馬格に乏しい馬の単狙いは避けたいところだ。

ただ、今年の出走馬と照らし合わせてみると、フルゲート18頭の割に条件をクリアしている馬が多い印象。もうひとつフィルターをかけて、近5年の3着以内馬の多くを占める、阪神芝マイルで上がり3ハロン33秒台を記録したことがある馬、もしくは牡馬混合重賞で3着以内の経験がある馬に的を絞りたい。

今回の出走メンバーで、血統面および先述した馬場傾向(5~8枠)の要点を満たしているのは、⑪クラヴァシュドール、⑭ミヤマザクラ。よって当欄では、この2頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
クラヴァシュドール ミヤマザクラ
調教
予想

【桜花賞2020】A判定は3頭! 〜追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われる桜花賞の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

ナイントゥファイブ【D】
栗東坂路単走。首と四肢の連動性に欠け、小手先だけの走りという感じ。鞍上の仕掛けに対する反応も鈍く、モチベーションが不足しているように映る。G1の舞台で対等に戦うには、もう少し時間が必要かもしれない。

チェーンオブラブ【D】
栗東坂路単走。速い上がりタイムを刻んだものの、進路が右へ左へとブレ気味の安定しない走りで、見映えはイマイチ。鞍上のアクションの割にスピードの乗りが悪い印象を受ける。今回は厳しい戦いになるのではないか。

スマイルカナ【C】
美浦南W単走。コーナーを回り馬場の外側に深く入るまでは、しなやかな動きを見せていたが、直線に入ると外に向く素振りを示すなど、気性的に幼い印象。単走では我慢できても、他馬がいる場合はどうか。期待よりも不安のほうが大きい。

サンクテュエール【B】
美浦坂路併走。前を走る僚馬の後ろで折り合いをつけ、軽く仕掛けられると楽に抜け出し、先着でゴールした。頭の位置はやや高いが、脚元の動きは悪くなく、適度な前進気勢もある。及第点の仕上がりだろう。

マルターズディオサ【B】
栗東CW単走。道中バランスを崩すシーンもあったが、全体的に見れば適度に力が抜けて安定した走り。前回の気配が抜群だったため、大きな上積みまではどうかも、雰囲気は決して悪くない。良い意味での平行線ではないか。

ウーマンズハート【C】
栗東坂路単走。中盤までは折り合いをつけるのにひと苦労。しまいは脚を伸ばしたものの、首と四肢の連動性に乏しく、緩い時計の調整は不得手の印象を受ける。脚元の動き自体は悪くないので、序盤流れてスムーズに運べれば、という条件付きの狙いとなろう。

ヒルノマリブ【B】
栗東坂路単走。しまいをしっかり追われ、マズマズの伸びを示した。少し推進力が上に逃げ加減の走りではあるが、無駄な力みはなく状態は良さそう。あとは本番まで気持ちの高ぶりを抑えられるかどうか。そのあたりが焦点となる。

リアアメリア【B】
栗東CW併走。余力残しで及第点以上のタイムをマークした。朝一番の時間帯ということもあり、タイム自体は過度に評価できないものの、混雑した状況下で自身のリズムを維持できたことは好感が持てる。少なくとも前回より気配はいい。

デアリングタクト【B】
栗東坂路単走。やや頭の位置は高いが、体の向きはまっすぐで四肢の可動域が広く、全体的にバランスがとれている。仕上がり自体は悪くないので、あとは実戦で落ち着いて走れるかどうかが、ポイントとなりそうだ。

フィオリキアリ【D】
栗東坂路単走。華奢な馬体もあってか走りに余裕がなく非力な印象。順調にメニューを消化している点は評価できるものの、さらなる上積みを感じるまでには至らない。相手が一気に強くなるG1では足りないだろう。

クラヴァシュドール【B】
栗東CW単走。軽いザ石で本追い切りは木曜日にスライド。半マイルからしまい重点の内容ながら、柔らかいフットワークでリズム良く駆け抜けた。動き、気配ともに上々で、アクシデント自体はあまり気にしなくても良さそう。とはいえ、当初の予定が狂ってしまったのも事実。B判定にとどめておく。

インターミッション【C】
栗東CW単走。直線半ばから軽く仕掛けられると、最後まで集中を切らすことなく駆け抜けた。反面、首のアクションが悪く、躍動感という点ではイマイチ。この馬なりに順調なのかもしれないが、大きな上積みまではどうか。

マジックキャッスル
美浦南W併走。反応を確かめる程度の内容ながら、折り合い良く落ち着いた走りを披露した。弾力に富んだ小気味のいいフットワークは目を引くものがある。活気もほどよく、醸し出す雰囲気は上質そのもの。力を出せる状態とみる。

ミヤマザクラ
栗東坂路併走。併走遅れを喫したものの、相手と馬体を離していたため、実質的には単走の類。遅れ自体を深刻に捉える必要はない。踏み込みの深さと前後の連動性が高いフォームが目につき、追えば追うほど伸びそうな印象を受ける。好仕上がり。

ヤマカツマーメイド【B】
栗東坂路単走。着地ポイントが安定しないため、時計ほどのキレは感じなかった反面、力強い蹴り込みでしぶとく脚を伸ばしており、自身の長所は出せている印象。決め手勝負だと分が悪そうだが、タフな競馬質になれば面白い存在になるかもしれない。

ケープコッド【C】
栗東芝単走。しまいのみ伸ばす折り合い重視の調整。この馬にしては落ち着きがあるし、鞍上の指示に対しても従順だった。その一方で、上り目はうかがえず、状態維持が精一杯の印象。ここに入ると強調材料に欠ける。

レシステンシア
栗東坂路単走。左前肢を体の中心に着地させるクセがあり、速い時計を出すと体の向きが右に流れる傾向が強くなる馬。それでいて4F50秒割れ、ラスト1F12秒1の好タイムを悠々と叩くのだからたいしたもの。状態は高値で安定している。

エーポス【C】
栗東坂路単走。中盤までは速いラップで駆け上がっていたものの、次第に力強さを失くしペースダウン。混雑した時間帯で前にいる馬が邪魔になった点を考慮しても、消化不良の感が強く残るのは確か。高い評価は与えづらい。

【調教予想からの注目馬】
A判定は3頭。トップ評価は⑭ミヤマザクラ。2週前に坂路、1週前はCWで好ラップをマーク。今週の坂路追いでは、前回の最終追い時よりも4Fタイムを大幅に縮めてきた。乗り込み量の不足もなく、万全に近い仕上がりだろう。

2番手は⑰レシステンシア。ジョッキーとのコンタクトを重視して、1週前の坂路時計はかなり遅いものだったが、その不安を今週の追い切りでほぼ払拭。反撃の態勢は整ったとみていい。⑬マジックキャッスルも気配の良さが目立つ1頭。上位2頭と大きな開きはない。

<注目馬>
ミヤマザクラ レシステンシア マジックキャッスル

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

厩舎
の話

レシステンシア・松下師「無理して出した時計ではない」マルターズディオサ・大村助手「カイバは食べている」

 インターミッション・大村助手「冬毛が抜けて体幹がしっかりした。滞在の効果はありそう」

 ウーマンズハート・藤岡康騎手「反応が良く時計もちょうどいい。外回りで決め手が生きれば」

 エーポス・北出調教師「4F53~54秒の予定が速くなった。動きは悪くないが、反動が心配」

 ケープコッド・鈴木助手「前走の1400メートルは長かった。マイルはもっと長いから…」

 サンクテュエール・藤沢和調教師「輸送もあるので速い時計じゃないけど、動きはいい。久々でも順調に仕上がった」

 スマイルカナ・柴田大騎手「リラックスしたなかにやる気もある。スピードを生かす形が合うし、阪神マイルもいい」

 チェーンオブラブ・小笠調教師「滞在でたくましくなってきた。イチかバチかの競馬をする」

 デアリングアクト・松山騎手「先週モタれたので、確認したくて今週も乗った。折り合いはついたし、いい内容だった」

 ナイントゥファイブ・西園調教師「上がり重点でしっかり動けた。距離延長にも対応できる」

 ヒルノマリブ・北出調教師「先週しっかりやっているし、上がり重点。満足のいく内容だ」

 フィオリキアリ・清水久調教師「追い切りは指示どおりの内容。状態は良さそうだし、プラス体重で出せそう」

 マジックキャッスル・国枝調教師「折り合ってスムーズな脚さばき。ここでもやれると思う。しまいの脚を生かせれば」

 マルターズディオサ・大村助手「前走のデキをキープ。滞在しても馬体重は増えていないが、カイバは食べている」

 ミヤマザクラ・藤原英調教師「いつものパターンで、前に馬を置いて最後1Fだけやってもらった。動きは上々だ」

 ヤマカツマーメイド・池添騎手「先週しっかりやっているので、しまいを伸ばす感じ。前走に比べ、上積みはありそう」

 リアアメリア・片山助手「やるべきことはやってきた。馬の後ろでチップをかぶらせたし、今なら馬ごみでも問題ない」

 レシステンシア・松下調教師「ジョッキーの感触で乗ってもらった。無理して出した時計ではないし、動きも良かった」(夕刊フジ)

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:284,222人(06月06日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

プロ
予想

【桜花賞2020】予想神「スガダイ」と血統マイスター「栗山求」の桜花賞特注馬を大公開!

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

出演:岡田大(ウマニティ編集長) スガダイ(予想神) 栗山求(血統マイスター)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

データ
予想

【桜花賞2020】データから強力プッシュできるサンクテュエール!

【前走着順】

2010年以降の連対馬20頭のうち13頭が前走2着以内。前走3着以下から連対した7頭は前走でチューリップ賞あるいは2歳G1に出走していた。前走がチューリップ賞または2歳G1以外のレースで3着以下に敗れていた馬は2着連対圏に届いていない。

【前走人気】

2010年以降の連対馬20頭の前走人気はいずれも5番人気以内。人気薄激走後の馬が勝ち負け争いに加わるのは難しい。

【マイル実績】

2010年以降の連対馬20頭の戦績を検証すると、2013年2着のレッドオーヴァルを除く、19頭に芝1600mで1着、あるいは同距離の重賞で3着以内の経験があった。マイル実績に乏しい馬に手を出すのはリスクが高い。

【東京・京都・阪神実績】

2010年以降の3着以内30頭のうち29頭には、東京か京都か阪神、かつ芝のオープンクラスにおける連対経験があった。例外は2010年2着馬のオウケンサクラ(前走フラワーC1着)1頭のみ。中山やローカル場に良績が集中している馬は苦戦が続いている。

【同年2月以降未出走馬】
2010年以降の3着以内30頭のうち27頭が前走で同年2月以降のレースに出走していた。例外3頭の前走は牡馬混合マイル重賞1着とG1 3着以内。同年の2月以降未出走で、前走が4着以下、または非重賞戦を使用していた馬の好走例はみられない。

【データ予想からの注目馬】
上記5項目をクリアしたのは8頭。最上位にはサンクテュエールを推す。近10年、同年のシンザン記念3着以内馬は【4.0.0.1】。牝馬最先着馬に絞れば【4.0.0.0】という圧巻の成績を残している。近2年、トライアル未出走かつ前走牡馬混合重賞出走の関東馬が連勝している点も心強い。

2、3番手には、近10年の3着以内30頭のうち18頭を占めるチューリップ賞組から、レシステンシアクラヴァシュドールの順でピックアップ。当レースと比較的相性が良いクイーンC優勝馬で牡馬混合重賞の好走経験があるミヤマザクラも軽くは扱えないだろう。

残りの4頭、エーポスマジックキャッスルは、桜花賞で苦戦傾向にあるフィリーズレビュー優勝馬とクイーンC敗退馬。近10年で好走例がないキャリア2戦馬のデアリングタクト、2013年1着のアユサンを最後に好走が途絶えている近3走とも4番人気以下のマルターズディオサも評価を下げたい。

<注目馬>
サンクテュエール レシステンシア クラヴァシュドール ミヤマザクラ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【桜花賞2020】ウマニティが誇る高精度スピード指数で紐解くレース傾向

指数89が馬券の肝

馬券絡みの勝負ラインは指数89。これを下回っている馬の好走は難しい。ただし、高指数の出にくいキャリア3戦以下の馬はその限りではない。指数89未満かつキャリア4戦以上の馬の成績は【0 0 1 69】

指数1~4位から2頭以上絡む

指数1~4位のなかから2頭以上が馬券に絡むケースが多い。指数1~4位のワイドをボックス買いした際の回収率は147.5%

指数10位以下の好走は厳しい

2012年以降の3着以内馬は、そのほとんどが指数9位以内で、指数10位以下の馬券絡みは少ない。指数1~4位のなかから2頭以上が馬券に絡みやすい傾向を踏まえ、指数1~4位+指数1~4位+指数1~9位という組み立ての3連複フォーメーションを購入すると回収率466.1%

U指数ウマニティ会員登録(無料)でご覧いただけます。会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:284,222人(06月06日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【桜花賞2020】初年度産駒の戴冠も多く、その時代のトレンドを反映しやすい

過去10年の血統傾向としてはディープインパクト産駒が5勝、キングカメハメハ系が3勝と日本競馬を牽引してきた2大種牡馬が双璧。世代限定戦ということもあり、繁殖事情を踏まえれば順当とも言えそうで、ヴィクトワールピサ産駒として勝利した2016年ジュエラーも初年度産駒であったことはポイントに思える。ロードカナロアもディープインパクトも種牡馬としての初G1制覇は桜花賞で、期待の新種牡馬が箔を付けるレースと言えるかもしれない。

デアリングタクトは、父エピファネイア×母デアリングバード(母の父キングカメハメハ)。重賞3勝の活躍をみせた2代母デアリングハートは、旧阪神コースで行われた2005年桜花賞でも10人気ながら3着に好走しており、その時の2着馬はエピファネイアの母シーザリオ。つまり、祖母2頭が桜花賞で鎬を削った浪漫派受けする血統だ。エルフィンSの勝ち時計はウオッカやマルセリーナを上回るだけに、エピファネイア産駒の重賞初制覇がG1となっても何ら不思議はないだろう。

レシステンシアは、父ダイワメジャー×母マラコスタムブラダ(母の父Lizard Island)。母は2014年フィルベルトレレナ大賞典-亜G1の勝ち馬。ダイワメジャー産駒は2017年にレーヌミノルが8人気で勝利しており、その時のラップは「46.5-48.0」。前傾ラップで強さを発揮することはレシステンシアにも当て嵌まり、前走の轍を踏まなければ巻き返しは十分に可能なはず。

マジックキャッスルは、父ディープインパクト×母ソーマジック(母の父シンボリクリスエス)。母は2008年桜花賞の3着馬で、2代母スーアも2000年伊1000ギニー-伊G2を勝利しており、1000ギニー(=日本の桜花賞)レースに所縁のある牝系。相手なりに走るイメージでもあり、馬券の相手には押さえておきたいタイプ。

クラヴァシュドールは、父ハーツクライ×母パスオブドリームズ(母の父Giant’s Causeway)。2代母Path of Thunderは、2000年BCディスタフ-米G1など重賞を7勝したSpainの全妹。チューリップ賞で3着以内に好走したハーツクライ産駒は、2017年2着リスグラシュー、2014年3着ヌーヴォレコルト、と桜花賞でも好走するが勝ちあぐねてもいる。その2頭が後にG1馬となっていることから、先々まで追いかけてみたいタイプではあるが……。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ステップ
レース

【桜花賞2020】毎年好走馬多数のチューリップ賞組は要注目

2020年3月20日() 中山/芝1800m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 13 アブレイズ 藤井勘一郎 1:48.2 79.3 12 36.7 96.2
2 14 レッドルレーヴ L.ヒューイットソン 1:48.3 3/4 8.6 4 36.3 95.6
3 12 シーズンズギフト 横山典弘 1:48.6 1 1/2 3.5 1 36.9 93.6
4 3 チェスナットドレス 石橋脩 1:48.8 1 1/4 39.6 10 36.1 92.3
5 11 クリスティ 吉田隼人 1:48.8 クビ 3.9 2 37.2 92.3
2020年3月15日() 阪神/芝1400m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 エーポス 岩田康誠 1:21.0 13.8 5 35.1 95.5
2 7 ヤマカツマーメイド 池添謙一 1:21.2 1 1/4 3.8 2 35.9 93.7
3 6 ナイントゥファイブ 松田大作 1:21.3 1/2 45.9 12 36.2 92.9
4 1 カリオストロ 松山弘平 1:21.4 1/2 3.7 1 36.4 92.0
5 3 フェアレストアイル 坂井瑠星 1:21.4 クビ 16.9 7 35.9 92.0
2020年3月15日() 中山/芝1600m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 7 インターミッション 石川裕紀人 1:35.5 17.9 6 36.3 91.7
2 12 フィオリキアリ 藤井勘一郎 1:35.5 アタマ 20.1 7 35.2 91.7
3 8 フェルミスフィア 丸山元気 1:35.7 4.6 2 36.3 90.2
4 5 ビッククインバイオ 大野拓弥 1:35.7 クビ 5.2 3 37.1 90.2
5 1 ソングオブザハート 川又賢治 1:35.8 1/2 51.7 9 36.7 89.4
2020年3月7日() 阪神/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 13 マルターズディオサ 田辺裕信 1:33.3 15.3 4 33.9 93.4
2 1 クラヴァシュドール M.デムーロ 1:33.3 ハナ 4.9 2 33.8 93.4
3 4 レシステンシア 北村友一 1:33.5 1 1/4 1.4 1 34.2 91.9
4 9 イズジョーノキセキ 岩田康誠 1:33.6 1/2 107.1 10 33.1 91.1
5 3 スマートリアン 幸英明 1:33.6 クビ 162.4 11 33.5 91.1
2020年2月15日() 東京/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 ミヤマザクラ 福永祐一 1:34.0 3.8 2 34.3 91.9
2 9 マジックキャッスル S.フォーリー 1:34.0 クビ 5.8 4 33.4 91.9
3 5 セイウンヴィーナス 野中悠太郎 1:34.1 3/4 265.5 12 34.1 91.1
4 10 アカノニジュウイチ 横山典弘 1:34.3 1 1/4 7.8 5 33.6 89.6
5 6 シャンドフルール 武豊 1:34.4 クビ 11.3 6 34.3 88.8
過去10年の結果

【桜花賞2020】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年4月7日() 阪神/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 グランアレグリア C.ルメール 1:32.7 3.4 2 33.3 100.5
2 16 シゲルピンクダイヤ 和田竜二 1:33.1 2 1/2 20.0 7 32.7 97.5
3 4 クロノジェネシス 北村友一 1:33.1 クビ 5.7 3 32.9 97.5
4 15 ダノンファンタジー 川田将雅 1:33.1 ハナ 2.8 1 33.4 97.5
5 14 ビーチサンバ 福永祐一 1:33.2 クビ 10.7 4 33.3 96.8
2018年4月8日() 阪神/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 13 アーモンドアイ C.ルメール 1:33.1 3.9 2 33.2 99.8
2 1 ラッキーライラック 石橋脩 1:33.4 1 3/4 1.8 1 34.5 97.5
3 9 リリーノーブル 川田将雅 1:33.5 1/2 7.4 3 34.3 96.8
4 7 トーセンブレス 柴田善臣 1:33.8 1 3/4 42.1 8 34.2 94.5
5 17 マウレア 武豊 1:33.8 ハナ 13.5 4 34.4 94.5
2017年4月9日() 阪神/芝1600m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 レーヌミノル 池添謙一 1:34.5 40.8 8 35.4 98.6
2 6 リスグラシュー 武豊 1:34.6 1/2 14.5 3 35.3 97.8
3 14 ソウルスターリング C.ルメール 1:34.6 クビ 1.4 1 35.4 97.8
4 8 カラクレナイ 田辺裕信 1:34.7 クビ 24.3 7 35.0 97.1
5 12 アエロリット 横山典弘 1:34.7 クビ 23.6 6 35.0 97.1

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【桜花賞2020】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2016年の優勝馬ジュエラー

皐月賞東京優駿日本ダービー)、菊花賞優駿牝馬オークス)とともに“3歳クラシック”の一角を成すレースであり、牝馬3冠の1冠目に数えられる。仕上がりの早さとスピード能力が問われる一戦で、過去に多くの快速牝馬たちが栄冠を勝ち取ってきた。この桜花賞、約1カ月半後に開催されるオークス、秋に行われる秋華賞(このレースはクラシック外)の3タイトルをものにし“牝馬3冠”の称号を手にしたのは、メジロラモーヌ(1986年)、スティルインラブ(2003年)、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)の4頭が存在する。第35回(1975年)は単勝支持率88%で1.1倍の断然人気を集めたテスコガビーが、2着に1.9秒という桜花賞史上最大着差をつけて勝利。この圧勝劇は、実況を担当した関西テレビの杉本清アナウンサーの「後ろからはなんにも来ない」という名調子とともに、今も語り草となっている。第50回(1990年)の勝ち馬アグネスフローラ、第53回(1993年)の勝ち馬ベガは、繁殖にあがってからも優秀な産駒を輩出し、G1ホースの母となった。阪神競馬場が改修されて直線距離が延びてからは鮮烈な追い込み勝ちも見られるようになり、第69回(2009年)のブエナビスタ、第74回(2014年)のハープスター、第76回(2016年)のジュエラーらが、目の覚めるような直線一気を決めて先頭でゴール板を駆け抜けている。

▼2014年のハープスターは最後方から直線で他の17頭をごぼう抜きし優勝。

歴史と概要をもっと見る

桜花賞特集 バックナンバー