シホノスペランツァ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
シホノスペランツァ
シホノスペランツァ
シホノスペランツァ
写真一覧
現役 牡3 青鹿毛 2019年4月19日生
調教師寺島良(栗東)
馬主村瀬 寛紀
生産者レイクヴィラファーム
生産地洞爺湖町
戦績 9戦[2-2-0-5]
総賞金4,105万円
収得賞金900万円
英字表記Shihono Speranza
血統 ブラックタイド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
メジロスプレンダー
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
クライウィズジョイ
兄弟 ダノンスプレンダーシホノレジーナ
市場価格4,400万円(2020セレクトセール)
前走 2022/10/23 菊花賞 G1
次走予定

シホノスペランツァの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/10/23 阪神 11 菊花賞 G1 芝3000 1859149.4175** 牡3 57.0 浜中俊寺島良 478
(0)
3.03.4 1.036.8⑯⑯⑯⑬アスクビクターモア
22/09/04 小倉 12 3歳以上1勝クラス 芝2600 158154.321** 牡3 54.0 松山弘平寺島良 478
(+6)
2.38.4 -0.635.6⑨⑩⑥④エイカイファントム
22/05/21 新潟 9 早苗賞 1勝クラス 芝1800 10898.654** 牡3 56.0 荻野極寺島良 472
(-2)
1.47.5 0.334.5ルミネイト
22/05/07 中京 8 3歳1勝クラス ダ1800 10446.548** 牡3 56.0 浜中俊寺島良 474
(-8)
1.55.0 2.039.4⑨⑨④④トウセツ
22/03/12 阪神 9 ゆきやなぎ賞 1勝クラス 芝2400 87713.254** 牡3 56.0 浜中俊寺島良 482
(-8)
2.27.7 0.634.2⑤⑤ボルドグフーシュ
22/02/13 小倉 9 あすなろ賞 1勝クラス 芝2000 8883.622** 牡3 56.0 浜中俊寺島良 490
(+14)
2.03.5 0.136.8⑦⑥シーグラス
21/11/27 阪神 11 京都2歳S G3 芝2000 104429.685** 牡2 55.0 浜中俊寺島良 476
(-4)
2.03.9 0.635.9ジャスティンロック
21/10/16 阪神 3 2歳未勝利 芝2000 9895.221** 牡2 55.0 浜中俊寺島良 480
(-2)
2.02.0 -0.236.1④④シエロフェイス
21/08/29 小倉 5 2歳新馬 芝2000 141113.262** 牡2 54.0 浜中俊寺島良 482
(--)
2.01.7 0.835.8⑬⑭⑦⑥マテンロウスカイ

シホノスペランツァの関連ニュース

菊花賞の◎ガイアフォースは8着。最内枠から窮屈なレースを強いられ、口を割って行きたがるシーンまであった。しかしながら、最後の無抵抗な姿を見ると本質的に距離が長すぎたか。思えばセントライト記念で手が動き出したのはアスクビクターモアより先。2200メートルだったからアスクを捕らえられたが、3000メートルで同じようにはいかなかったということかもしれない。

次走注目はシホノスペランツァ。小倉での勝ちっぷりを見て△△(=二重△)を打ったが、掲示板確保は立派のひと言だろう。追いかける価値はありそうだ。(夕刊フジ)

【菊花賞】レースを終えて…関係者談話 2022年10月24日(月) 04:53

◆横山武騎手(ドゥラドーレス4着)「心配していた折り合いは想像以上に収まっていました。3、4コーナーでの不利が痛かったです」

◆浜中騎手(シホノスペランツァ5着)「折り合いをつけてリズム良く乗って、コースロスを避けてうまく内をさばけました」

武豊騎手(ヤマニンゼスト6着)「道中はいい感じでしたが、4コーナーでうまくさばけませんでした。さばけていたら4着はあったと思う」

◆池添騎手(プラダリア7着)「ゴチャゴチャするところが多い中でも、踏ん張ってジリジリと脚を使ってくれました」

◆岩田望騎手(アスクワイルドモア9着)「徐々にエンジンがかかって道中の手応えはありました」

◆松田騎手(シェルビーズアイ10着)「いい感じで直線を向けました。子供っぽいのでこれからですね」

◆福永騎手(セレシオン11着)「やりたい形にはもっていけましたが、勝負どころで手応えがなくなりました」

◆川田騎手(ヴェローナシチー12着)「4コーナーまで速い流れの中でいい雰囲気でした。距離は長い印象を受けます」

◆飯田雄師(ビーアストニッシド13着)「うまく乗ってくれましたが、最後は力の差ですね」

◆横山和騎手(ディナースタ14着)「3000メートルで一発あるならこの形、というのにもっていけました」

◆松若騎手(フェーングロッテン15着)「3000メートルで外々を回らされると厳しかったです」

◆坂井騎手(ポッドボレット16着)「もまれないようにこの馬の競馬をして、強い相手によく頑張ってくれました」

◆幸騎手(セイウンハーデス17着)「ブリンカーを着けて積極策で行きましたが、まじめに走り過ぎた感じです」

◆丹内騎手(マイネルトルファン18着)「追走で一杯でした」

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】菊花賞2022 徳光和夫さん、大久保先生ほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2022年10月23日() 05:30


※当欄では菊花賞について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【徳光和夫】
3連複ボックス
ガイアフォース
ボルドグフーシュ
ヤマニンゼスト
アスクビクターモア
ジャスティンパレス
セレシオン
ワイド流し
①-④⑤⑦⑨⑩⑫⑰⑱

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑭アスクビクターモア
○⑰ジャスティンパレス
▲⑱セレシオン
△③プラダリア
△⑫ヴェローナシチー
△⑯フェーングロッテン

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎①ガイアフォース
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑭アスクビクターモア
馬連流し・ワイド流し
⑭-③⑤
3連単
①→⑭→⑤
③→⑭→⑤
⑭→③→⑤

【DAIGO】
◎⑪ドゥラドーレス
ワイド
⑪-⑭
③-⑪
⑪-⑯

【林修】
注目馬
ボルドグフーシュ

【長岡一也】
◎⑭アスクビクターモア
○①ガイアフォース
▲④ボルドグフーシュ
△③プラダリア
△⑪ドゥラドーレス
△⑬ディナースタ
△⑰ジャスティンパレス

【原奈津子】
◎⑪ドゥラドーレス
○④ボルドグフーシュ
▲①ガイアフォース

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎③プラダリア
3連単2頭軸流しマルチ
③→①→④⑤⑪⑫⑬⑭⑯⑰⑱
③→④→①⑤⑪⑫⑬⑭⑯⑰⑱
③→⑫→①④⑤⑪⑬⑭⑯⑰⑱

【ギャロップ林】
◎②シェルビーズアイ
ワイド流し
②-①⑪⑫⑬⑰
3連複2頭軸流し
②-①-③④⑤⑦⑧⑪⑫⑬⑭⑯⑰⑱

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑭アスクビクターモア
3連単フォーメーション
⑭→①⑫→①③④⑪⑫⑬⑯⑰⑱
①⑫→⑭→①③④⑪⑫⑬⑯⑰⑱

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑧マイネルトルファン
馬単
⑧→①ガイアフォース
①→⑧
3連単2頭軸流しマルチ
⑧→①→③④⑤⑦⑪⑫⑬⑭⑰⑱

【浅越ゴエ】
◎⑭アスクビクターモア
単勝

3連単1頭軸流しマルチ
⑭→①③⑨⑩⑪⑬

【月亭八光】
◎①ガイアフォース
3連単フォーメーション
①→②③④⑧⑪⑫⑭→②③④⑤⑧⑨⑪⑫⑬⑭⑮⑰⑱

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑫ヴェローナシチー
3連単2頭軸流しマルチ
⑫→⑱→①③④⑤⑥⑦⑨⑪⑬⑭⑯⑰
⑫→①→③④⑤⑥⑦⑨⑪⑬⑭⑯⑰⑱
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑫ヴェローナシチー
3連単2頭軸流しマルチ
⑫→③→①②④⑤⑧⑪⑬⑭⑰⑱

【下田真生(コウテイ)】
◎⑩セイウンハーデス
3連単フォーメーション
①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱→⑫⑭⑰→⑩

【九条ジョー(コウテイ)】
◎⑭アスクビクターモア
複勝


【神部美咲】
◎①ガイアフォース
馬連
①-⑭アスクビクターモア
馬連流し
①-③④⑤⑪⑮

【岡田紗佳】
◎⑪ドゥラドーレス
3連複フォーメーション
⑤⑪-⑤⑪⑭-③⑤⑩⑪⑫⑭⑰

【篠原梨菜】
◎⑰ジャスティンパレス

【杉本清】
◎⑭アスクビクターモア
○①ガイアフォース
▲⑰ジャスティンパレス
☆③プラダリア
△④ボルドグフーシュ
△⑦アスクワイルドモア

【粗品(霜降り明星)】
◎⑬ディナースタ
馬連流し
⑬-①③⑪⑭⑯⑰

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑭アスクビクターモア
ワイド流し
⑭-③⑥⑩⑫⑬
ワイドボックス
プラダリア
ビーアストニッシド
セイウンハーデス
ヴェローナシチー
ディナースタ

【レッド吉田(TIM)】
◎④ボルドグフーシュ
単勝・複勝


【船山陽司】
◎⑫ヴェローナシチー

【皆藤愛子】
◎①ガイアフォース

【高田秋】
◎⑱セレシオン

【小木茂光】
◎⑪ドゥラドーレス
3連単フォーメーション
①⑤⑪→①③④⑤⑧⑪⑫⑭⑯⑰→①⑤⑪

【守永真彩】
◎⑭アスクビクターモア
3連複フォーメーション
⑭-③⑪-①③④⑤⑪⑫⑬⑰⑱

【田中裕二(爆笑問題)】
◎④ボルドグフーシュ
○①ガイアフォース
▲⑭アスクビクターモア
△⑯フェーングロッテン
△⑰ジャスティンパレス
△⑪ドゥラドーレス
△⑧マイネルトルファン
3連単1頭軸流しマルチ
④→①⑧⑪⑭⑯⑰

【田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)】
◎①ガイアフォース

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑭アスクビクターモア
○①ガイアフォース
▲④ボルドグフーシュ
☆⑬ディナースタ
△③プラダリア
△⑤ヤマニンゼスト
△⑫ヴェローナシチー

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ガイアフォース
ボルドグフーシュ
ディナースタ
ドゥラドーレス
アスクビクターモア
プラダリア
フェーングロッテン

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑬ディナースタ
○①ガイアフォース
▲⑭アスクビクターモア
△⑪ドゥラドーレス
△④ボルドグフーシュ
△⑰ジャスティンパレス
△③プラダリア

【橋本マナミ】
◎①ガイアフォース
○⑭アスクビクターモア
▲③プラダリア
☆④ボルドグフーシュ
△⑤ヤマニンゼスト
△⑪ドゥラドーレス
△⑰ジャスティンパレス

【酒井一圭(純烈)】
◎⑭アスクビクターモア

【旭堂南鷹】
◎⑤ヤマニンゼスト
○①ガイアフォース
▲⑬ディナースタ
△⑪ドゥラドーレス
△⑱セレシオン

【黒澤ゆりか】
◎①ガイアフォース
○⑭アスクビクターモア
▲⑰ジャスティンパレス
△④ボルドグフーシュ
△⑯フェーングロッテン

【稲富菜穂】
◎④ボルドグフーシュ
○①ガイアフォース
▲⑭アスクビクターモア
△③プラダリア
△⑪ドゥラドーレス
△⑬ディナースタ
△⑩セイウンハーデス

【やべきょうすけ】
◎①ガイアフォース
○⑪ドゥラドーレス
▲④ボルドグフーシュ
△⑬ディナースタ
△⑭アスクビクターモア
△⑯フェーングロッテン
△⑱セレシオン

【津田麻莉奈】
◎①ガイアフォース

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑪ドゥラドーレス
○⑭アスクビクターモア
▲①ガイアフォース
△③プラダリア
△④ボルドグフーシュ
△⑫ヴェローナシチー
△⑰ジャスティンパレス

【駒場孝(ミルクボーイ)】
◎⑮ポッドボレット

【内海崇(ミルクボーイ)】
◎④ボルドグフーシュ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑭アスクビクターモア
○⑱セレシオン
▲⑪ドゥラドーレス
☆⑬ディナースタ
△⑨シホノスペランツァ
△⑫ヴェローナシチー
△⑰ジャスティンパレス

【中野雷太】
注目馬
ガイアフォース
アスクビクターモア

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑭アスクビクターモア
○④ボルドグフーシュ
▲⑰ジャスティンパレス
△①ガイアフォース
△③プラダリア
△⑫ヴェローナシチー
△⑬ディナースタ

【清水久嗣】
◎⑱セレシオン

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑭アスクビクターモア

【大島麻衣】
◎⑰ジャスティンパレス

【熊崎晴香(SKE48)】
◎④ボルドグフーシュ
○⑫ヴェローナシチー
▲③プラダリア
△①ガイアフォース
△⑪ドゥラドーレス

【高見奈央】
◎⑭アスクビクターモア
○⑤ヤマニンゼスト
▲⑰ジャスティンパレス
△①ガイアフォース
△⑯フェーングロッテン

【雪平莉左】
◎③プラダリア

【西脇彩華】
◎⑭アスクビクターモア
○①ガイアフォース
▲⑰ジャスティンパレス
△⑪ドゥラドーレス
☆③プラダリア

【ほのか】
◎⑭アスクビクターモア

【熊切あさ美】
◎⑭アスクビクターモア
○③プラダリア
▲⑱セレシオン
△①ガイアフォース
△④ボルドグフーシュ
△⑪ドゥラドーレス

【天童なこ】
◎④ボルドグフーシュ
○⑱セレシオン
▲③プラダリア
☆⑪ドゥラドーレス
△⑭アスクビクターモア
△⑮ポッドボレット
△⑯フェーングロッテン
△⑰ジャスティンパレス
△⑫ヴェローナシチー
△①ガイアフォース



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【菊花賞】前走後の談話 2022年10月23日() 04:40

ガイアフォース「枠順も良かったので人気馬を見ながら運べた。強い勝ち方だったと思う」(松山騎手=セントライト記念1着)

シェルビーズアイ「しまいで速い脚を使いきれなかった感じ」(武豊騎手=阿寒湖特別4着)

プラダリア「春と比べると物足りない感じで、勝負どころで動けなかった」(池添騎手=神戸新聞杯8着)

ボルドグフーシュ「ペースが流れず、競馬がしにくかった」(吉田隼騎手=神戸新聞杯3着)

ヤマニンゼスト「決め打ちだったけど、内でじっとして直線勝負に。うまくはまった」(武豊騎手=神戸新聞杯2着)

ビーアストニッシド「久々でイレ込んでいたし、馬混みで窮屈になるところもあった」(飯田雄師=神戸新聞杯9着)

アスクワイルドモア「目イチの仕上げではなかったし、次は良くなる感じがした」(岩田望騎手=神戸新聞杯10着)

マイネルトルファン「まだ自らハミを取らず真剣に走っていない感じ。素質は高い」(丹内騎手=富良野特別1着)

シホノスペランツァ「手応え、折り合い、反応いずれも良かった」(松山騎手=1勝クラス1着)

セイウンハーデス「勝負どころで前や横の馬を気にして、手応えが悪くなってしまった」(幸騎手=セントライト記念4着)

ドゥラドーレス「自分の想像していた以上に強い競馬だったと思う」(横山武騎手=藻岩山特別1着)

ヴェローナシチー「上がりの競馬になったし、4コーナーでゴチャついた」(団野騎手=神戸新聞杯5着)

ディナースタ「緩い馬場は不得意な感じだけど、押し切ってくれた」(横山和騎手=札幌日刊スポーツ杯1着)

アスクビクターモア「いい位置で運べたが、踏ん張りきれなかった」(田辺騎手=セントライト記念2着)

フェーングロッテン「上手にレースができた。馬の成長を感じる」(松若騎手=新潟記念3着)

ジャスティンパレス「強かった。すごく力がある馬と分かっていた」(鮫島駿騎手=神戸新聞杯1着)

セレシオン「左へモタれる面は相変わらずだけど、集中力を切らさずに走ってくれた」(福永騎手=阿賀野川特別1着)



[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】菊花賞2022 曹操は春2冠の実績最上位馬を信頼!相手も4頭に厳選だ 2022年10月22日() 12:00

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今回の担当は 菊花賞 G1です。皐月賞、ダービーの勝ち馬はおろか、両レースの2着馬も出走しない菊花賞というのは、実に65年ぶりとのこと。傑出馬不在の混戦ムードだけに、各馬の能力比較はより重要となってきそうですね。

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出した菊花賞全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑭アスクビクターモア  30.08%
2 ①ガイアフォース    12.33%
3 ⑰ジャスティンパレス  8.79%
4 ⑱セレシオン      8.43%
5 ④ボルドグフーシュ   7.26%

6 ⑩セイウンハーデス   5.13%
7 ③プラダリア      4.74%
8 ⑫ヴェローナシチー   3.96%
9 ⑪ドゥラドーレス    3.84%
10 ⑯フェーングロッテン  3.46%
11 ⑥ビーアストニッシド  2.86%
12 ⑦アスクワイルドモア  2.78%
13 ②シェルビーズアイ   1.97%
14 ⑬ディナースタ     1.60%
15 ⑮ポッドボレット    1.35%
16 ⑤ヤマニンゼスト    0.59%
17 ⑨シホノスペランツァ  0.59%
18 ⑧マイネルトルファン  0.24%

皐月賞5着、ダービー3着と出走馬中ただ1頭、春の2冠両レースで掲示板を確保している⑭アスクビクターモアが大きく抜けた首位となりました。東西の菊花賞トライアルを制した①ガイアフォース、⑰ジャスティンパレスの両頭がこれに続きます。

平均勝率(18頭立ての場合は5.55%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位5頭がその対象になります。上位頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りです。

 ⑭ >> ① > ⑰⑱④

馬券は⑭アスクビクターモアから、1番人気が予想される①ガイアフォースへの金額を厚めにして馬連4点、合計10,000円で勝負します。

馬連(ながし)
①ー⑭ 4,000円
⑭ー④⑰⑱ 各2,000円
合計10,000円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【重賞データ分析】菊花賞2022 4条件クリアで浮かび上がった5頭の中から、ジャスティンパレスをトップ評価 2022年10月22日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!菊花賞・データ分析 をお届けします!


【所属】
2012年以降(2020年以前は京都芝3000mで施行)の所属別成績は、栗東【8.9.8.102】、美浦【2.1.2.48】。前者が優位の立場にある。なお、重賞で2着以内の経験があった馬を除くと、後者の2着連対圏入りはゼロ。覚えておきたい傾向だ。

(減点対象馬)
マイネルトルファン ⑪ドゥラドーレス

【前走クラス】
2012年以降の3着以内馬30頭の前走クラス(レース格)を確認すると、3歳以上G2、3歳限定G2、3歳限定G3、2勝クラス(旧1000万下)の4パターン。これ以外のステップで臨んだ馬は好走(3着以内)皆無と、厳しい戦いを強いられている。

(減点対象馬)
マイネルトルファン ⑨シホノスペランツァ ⑮ポッドボレット ⑯フェーングロッテン

【前走着順】
2012年以降の1~2着馬20頭中18頭が前走3着以内からの臨戦馬。例外の2頭はともに、G1で4着以内の善戦・好走経験があった。相応の戦歴がない、前走4着以下敗退馬は疑ってかかったほうがいいかもしれない。

(減点対象馬)
シェルビーズアイ ③プラダリア ⑥ビーアストニッシド ⑦アスクワイルドモア ⑩セイウンハーデス ⑫ヴェローナシチー ⑮ポッドボレット

【オープンクラス実績】
2012年以降の2着以内20頭全馬に、重賞3着以内またはオープン特別で2着以内の好走経験があった。この条件を満たしていない馬の過大評価は避けたいところだ。

(減点対象馬)
シェルビーズアイ ⑧マイネルトルファン ⑨シホノスペランツァ ⑬ディナースタ ⑱セレシオン


【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、①ガイアフォース、④ボルドグフーシュ、⑤ヤマニンゼスト、⑭アスクビクターモア、⑰ジャスティンパレスの5頭。

最上位には⑰ジャスティンパレスを挙げたい。2012年以降、神戸新聞杯1着馬は【4.0.1.2】。そのうち、タイム差0秒3以上の快勝劇を演じていた馬は【3.0.1.0】と安定している。連勝でラスト一冠を奪取する場面があっても不思議はない。

次位は⑭アスクビクターモア。2012年以降、前走が3歳限定重賞で単勝1番人気の高支持を集めていた馬は【6.1.1.6】と高確率で馬券に絡んでいる。引き続き要警戒の存在だ。以下、①ガイアフォース、④ボルドグフーシュ、⑤ヤマニンゼストらが続く。

<注目馬>
ジャスティンパレス ⑭アスクビクターモア ①ガイアフォース ④ボルドグフーシュ ⑤ヤマニンゼスト

[もっと見る]

⇒もっと見る

シホノスペランツァの関連コラム

閲覧 2,321ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


10月23日(日)阪神11R 第83回菊花賞(3歳G1・芝3000m)

【登録頭数:23頭】(フルゲート:18頭)


<前走:セントライト記念出走馬>(中4週)

ガイアフォース(1着、498kg(+8kg))<B>(優先出走馬)
前走時の追い切りでは終いの伸びがしっかりしていたが、この中間1週前追い切りでは伸び脚が物足りなかった。

アスクビクターモア(2着、476kg(+4kg))<A>(優先出走馬)
前走時は、1週前は力みの感じられる走りだったが最終追い切りではしっかりと仕上がっていた様子だった。この中間も、2週前、1週前と長めから好時計が出ていて、左回りでの追い切りだったが動きは良かった。

セイウンハーデス(4着、474kg(+2kg))<A>
休み明けの前走時は、乗り込み豊富で3週連続併せて先着も、動き自体には重さが感じられるものだった。それでもパドックでは、好仕上がりに映った。この中間も坂路、CWで好時計をマークしており、1週前追い切りの動きを見るに重め感が解消されて、更なる上積みが窺える。

ボーンディスウェイ(6着、488kg(±0kg))<D>(抽選対象馬)
この中間、坂路での時計が平凡で、南Wでの1週前追い切りは時計こそ速いが力みがあり、折り合い面での不安が残る。




<前走:神戸新聞杯出走馬>(中3週)

ジャスティンパレス(1着、452kg(+4kg))<A>(優先出走馬)
前走時の最終追い切りでは抑えきれない手応えを示し、キッチリ仕上がっていた。この中間は、坂路での調整で抜群の伸び脚を披露していて好状態をキープできている印象。

ヤマニンゼスト(2着、494kg(-12kg))<C>(優先出走馬)
前走時は3週連続CWで好時計が出ていて、馬体も大きく絞れて仕上がりは良かった。この中間、1週前追い切りは軽めの調整で、力強さが感じられず物足りない動きだった。

ボルドグフーシュ(3着、496kg(+6kg))<C>(優先出走馬)
この中間、CW併せ馬で行われた1週前追い切りでは好時計をマークするも、併走相手に手応えで見劣り、伸び脚も物足りず。

ヴェローナシチー(5着、498kg(±0kg))<A>
休み明けの前走時の1週前追い切りでは勢いよく直線に向くも終い伸びきれなかったが、この中間の1週前追い切りでは終いの伸びが良化。一度叩かれての上積みが期待できそう。

プラダリア(8着、456kg(-2kg))<C>
春は坂路での時計がかなり良かったが、休み明けの前走、そしてこの中間とCWでの時計は悪くないが、肝心の坂路での時計に不満が残る。叩き2戦目での上積みは窺えそうだが、青葉賞時のような迫力がまだ戻ってこない。前走時のパドックでは、かなり余裕の感じられる馬体だった。

ビーアストニッシド(9着、456kg(-6kg))<D>
休み明けの前走時は仕上り良く、パドックでも落ち着いていた。この中間の坂路調整でも走りに硬さがあり、フラフラする面も。仕上がりが良い割に、動きが物足りない。

アスクワイルドモア(10着、464kg(±0kg))<D>
休み明けの前走時は、乗り込み量が少なく追い切りの動きも重く、パドックでも馬体に余裕があった。この中間は、坂路での調整に変えてきているが、大敗したダービー時も坂路のみの調整。上積みはあまり期待できない。




<前走:その他のレース>

フェーングロッテン新潟記念:3着、472kg(+6kg)中6週)<B>
トレセンでの追い切り本数は毎回少ない馬。ここ3戦同様、1週前追い切りではCWを長めから追われて好時計をマークしている。もうひと伸びほしい動きだが、仕上りは良さそう。

ポッドボレット(関ケ原S:6着、510kg(+18kg)中2週)<B>
休み明けの前走時は、馬体こそ大きく増えていたものの太め感はそれほどなかった。この中間、1週前追い切りは坂路で馬なりの調整となっているが、力強い走りで上積みに期待が見込める。右回りのほうが成績が良い点もプラスになりそう。

セレシオン(阿賀野川特別:1着、474kg(+8kg)中8週)<A>
8月の前走からゆったりとしたローテーションで、この中間も乗り込み豊富。2週前、1週前にはCWで併せて先着の内容を披露した。動きを見ても、春よりも走り方がしっかりしていて伸び脚も抜群に良い。

ディナースタ(札幌日刊スポーツ杯:1着、458kg(-8kg)中8週)<B>
追い切りでは目立つ時計が出る馬ではないが、2連勝中で勢いがあり、併せて先着を果たした1週前追い切りでも引き続きの好状態を窺わせている。

タイムオブフライト(札幌日刊スポーツ杯:4着、438kg(+4kg)中8週)<E>
デビューが遅く小柄な馬で、前走時のパドックでも緩い馬体でまだ馬が幼い。この中間も、本数は乗られているが内容は物足りない。

ドゥラドーレス(藻岩山特別:1着、494kg(-4kg)中9週)<B>(抽選対象馬)
前走から間隔が空いているが、この中間の乗り込み量が少ない。それでも、1週前追い切りでは素軽い動きで伸び脚もしっかりしていて、出来自体は良さそう。

インプレス(木曽川特別:5着、524kg(+8kg)中4週)<D>(抽選対象馬)
休み明けの前走時にかなり乗り込んでいたが、馬体増での出走。この中間、1週前追い切りではまだ動きが重く終い伸びきれていない。

シェルビーズアイ(阿寒湖特別:4着、468kg(±0kg)3ヶ月)<C>(抽選対象馬)
速い時計を出す厩舎のこの馬。今回は3ヶ月ぶりの休み明けとなるが、乗り込み量が少なめ。伸び脚も物足りなく見えた。

シホノスペランツァ(1勝クラス:1着、478kg(+6kg)中6週)<B>(抽選対象馬)
休み明けの前走を勝ってのこの中間、1週前追い切りではCWの大外を走って好時計マークと、引き続き出来良好との印象。

ジェンヌ(釧路湿原特別:4着、420kg(±0kg)中6週)<D>(抽選対象馬)
小柄な馬で、6月から使い詰めできてこの中間は時計も平凡。

マイネルトルファン(富良野特別:1着、492kg(+2kg)中8週)<B>(抽選対象馬)
夏に2戦使われてきたが、前走時のパドックでもまだ緩さが残る馬体だった。この中間もかなりしっかり乗り込まれていて、1週前追い切りでは併せて先着と前走からさらなる上積みに期待できそう。

レッドバリエンテ(金山特別:1着、470kg(-4kg)中4週)<D>(抽選対象馬)
休み明けを勝って迎えるが、マイナス体重で絞れたというよりもトモの筋肉が寂しく映った前回のパドック。この中間も格上馬と併せたとはいえ併走遅れで、出来に関しては不満が残る。                                      


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ジャスティンパレスセレシオンヴェローナシチーセイウンハーデスアスクビクターモアの5頭をあげておきます。


◇今回は、菊花賞編でした。
今年も阪神で行われる菊花賞ですが、阪神で行われる3000m以上のレース自体が少なく過去10年を見ても阪神大賞典⑩、天皇賞(春)②、菊花賞①、松籟S②、古都S①の合計16レースのみ。その16レースで連対した32頭の調教内容を調べてみると、最終追い切りをWコースで行っていた馬が19頭。さらに1週前追い切りでは23頭がWコースで追い切られていて、坂路調教馬よりもWコースで追い切っている馬のほうが連に絡む確率がかなり高い傾向にあります。その他のレースを予想していても、近年は坂路で追い切る馬よりもWコースで追い切る馬が多くなっているように感じますし、中長距離戦では特に多くなっているように思います。調教内容も厩舎によって個性がありますが、Wコース中心に調整している馬たちが今年も馬券に絡む可能性は高いのではないかと思っています。
もっとも、昨年の勝ち馬タイトルホルダーは、関西への輸送が初めてだったこともあってか1週前に南Wで速い時計を出し、最終追い切りは坂路での調整。条件戦の松籟Sと、古都Sの計3戦に関しても、連対6頭すべてを坂路で最終追い切りを行った馬が占めるなど、真逆の結果もみられていることからも、馬の能力、条件戦と重賞での違いなど例外があることも頭に入れておいたほうがいいかもしれません。


菊花賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

シホノスペランツァの口コミ


口コミ一覧
閲覧 142ビュー コメント 0 ナイス 2

2022年10月23日(日曜) 4回阪神7日 発走時刻:15時40分
天候 晴
芝 良
11レース
ウインファイヴ 5レース目
第83回菊花賞GⅠ
3歳 オープン (国際)牡・牝(指定) 馬齢 コース:3,000メートル(芝・右)
本賞金(万円)
1着15,000 2着6,000 3着3,800 4着2,300 5着1,500
付加賞(万円)
1着3,065.3 2着875.8 3着437.9
更新
出馬表
オッズ
着順 枠 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手名 タイム 着差 コーナー
通過順位
推定上り 馬体重
(増減)
調教師名 単勝人気
1 枠7橙 14 アスクビクターモア 牡3 57.0 田辺 裕信 3:02.4
レコード
476(0) 田村 康仁 2
2 枠2黒 4 ボルドグフーシュ 牡3 57.0 吉田 隼人 3:02.4 ハナ 496(0) 宮本 博 7
3 枠8桃 17 ジャスティンパレス 牡3 57.0 鮫島 克駿 3:02.5 1/2 452(0) 杉山 晴紀 4
4 枠6緑 11 ドゥラドーレス 牡3 57.0 横山 武史 3:03.4 5 490(-4) 宮田 敬介 3
5 枠5黄 9 シホノスペランツァ 牡3 57.0 浜中 俊 3:03.4 クビ 478(0) 寺島 良 17
6 枠3赤 5 ヤマニンゼスト 牡3 57.0 武 豊 3:03.6 1 1/4 500(+6) 千田 輝彦 10
7 枠2黒 3 プラダリア 牡3 57.0 池添 謙一 3:03.6 クビ 458(+2) 池添 学 5
8 枠1白 1 ガイアフォース 牡3 57.0 松山 弘平 3:04.0 2 1/2 494(-4) 杉山 晴紀 1
9 枠4青 7 アスクワイルドモア 牡3 57.0 岩田 望来 3:04.2 1 472(+8) 藤原 英昭 14
10 枠1白 2 シェルビーズアイ 牡3 57.0 松田 大作 3:04.4 1 470(+2) 武 英智 18
11 枠8桃 18
セレシオンブリンカー着用
牡3 57.0 福永 祐一 3:04.8 2 1/2 464(-10) 友道 康夫 9
12 枠6緑 12 ヴェローナシチー 牡3 57.0 川田 将雅 3:05.2 2 1/2 498(0) 佐々木 晶三 6
13 枠3赤 6 ビーアストニッシド 牡3 57.0 岩田 康誠 3:05.6 2 466(+10) 飯田 雄三 15
14 枠7橙 13 ディナースタ 牡3 57.0 横山 和生 3:06.1 3 462(+4) 辻野 泰之 8
15 枠8桃 16
フェーングロッテンブリンカー着用
牡3 57.0 松若 風馬 3:06.2 1/2 472(0) 宮本 博 11
16 枠7橙 15 ポッドボレット 牡3 57.0 坂井 瑠星 3:06.8 3 1/2 504(-6) 辻野 泰之 16
17 枠5黄 10
セイウンハーデスブリンカー着用
牡3 57.0 幸 英明 3:07.6 5 466(-8) 橋口 慎介 12
18 枠4青 8 マイネルトルファン 牡3 57.0 丹内 祐次 3:08.9 8 492(0) 高木 登 13
払戻金
単勝
14 410円 2番人気
複勝
14 160円 1番人気
4 290円 4番人気
17 330円 7番人気
枠連
2-7 850円 2番人気
ワイド
4-14 790円 8番人気
14-17 770円 7番人気
4-17 1,920円 25番人気
馬連
4-14 2,030円 9番人気
馬単
14-4 3,370円 10番人気
3連複
4-14-17 6,440円 23番人気
3連単
14-4-17 30,010円 79番人気

 ナリタブライアン 2022年10月22日() 21:02
2022年秋G1馬当て 第3戦菊花賞
閲覧 514ビュー コメント 11 ナイス 42

秋華賞は本命サイドで決まりました。一代さん、ジョウテンさんお見事でした(*^▽^)/★*☆♪
1~3番人気で決まった割には、3連単が69倍もつきましたd(⌒ー⌒)!
2,100円しか儲かりませんでしたが(笑)

今週は、3歳最後のクラシック菊花賞ですが、ダービー馬ドウデュース皐月賞ジオグリフのどちらも出走していません。
混戦になりそうな感じですが・・・

菊花賞
1枠1番 ガイアフォース(牡3、栗東・杉山晴) 松山
1枠2番 シェルビーズアイ(牡3、栗東・武英) 松田

2枠3番 プラダリア(牡3、栗東・池添学) 池添
2枠4番 ボルドグフーシュ(牡3、栗東・宮本) 吉田隼

3枠5番 ヤマニンゼスト(牡3、栗東・千田) 武豊
3枠6番 ビーアストニッシド(牡3、栗東・飯田雄) 岩田康

4枠7番 アスクワイルドモア(牡3、栗東・藤原) 岩田望
4枠8番 マイネルトルファン(牡3、美浦・高木) 丹内

5枠9番 シホノスペランツァ(牡3、栗東・寺島) 浜中
5枠10番 セイウンハーデス(牡3、栗東・橋口) 幸

6枠11番 ドゥラドーレス(牡3、美浦・宮田) 横山武
6枠12番 ヴェローナシチー(牡3、栗東・佐々木) 川田

7枠13番 ディナースタ(牡3、栗東・辻野) 横山和
7枠14番 アスクビクターモア(牡3、美浦・田村) 田辺
7枠15番 ポッドボレット(牡3、栗東・辻野) 坂井

8枠16番 フェーングロッテン(牡3、栗東・宮本) 松若
8枠17番 ジャスティンパレス(牡3、栗東・杉山晴) 鮫島駿
8枠18番 セレシオン(牡3、栗東・友道) 福永

[もっと見る]

 ゼファー 2022年10月22日() 20:55
第83回菊花賞GⅠ
閲覧 266ビュー コメント 0 ナイス 6

累計:−775(内、WIN5他累計:−354)
予算:90
WIN5他:6(Club JRA-Net でカウントされない海外と地方競馬も含む)

初めて馬券参加した菊花賞は、第53回菊花賞 1992年11月8日 5回京都2日目
31回目の馬券に参加しますが、30年の間で馬券に対して何が上達したか?
ここをしっかり意識しながら、今年も参加します!

<馬場状態> 詳細は、サークル>馬場研究会 を見て下さい!!

実力が反映され易いバイアスフラットな時計が速い馬場状態!

<展開>

ハナ:ビーアストニッシド
番手:セイウンハーデス
3番:ガイアフォース
アスクビクターモア / マイネルトルファン / ディナースタ
ポッドボレット / フェーングロッテン
〇前半はミドルペースも中盤でゆっくり溜めて、ロングスパートな流れ!

<馬券のポイント>

馬場の状態が良く、速い脚を長く問われるスピード持続力戦、そういう戦歴を持つ馬を狙いたい!
又、馬場と展開からアスクビクターモアより外枠の4頭だけで馬券にしてみる!

<馬券>

◎:アスクビクターモア
第89回東京優駿GⅠ3着は強い、前走を叩いて万全

○:該当無し

▲:ガイアフォース
第76回朝日杯セントライト記念GⅡ1着は実力の証、巧い松山 弘平騎手で阪神は庭!

☆:該当無し

穴:シホノスペランツァ
(大穴の3着候補か、自分では狙えない他力本願枠、注目しているブロガー・ユーチューバーから)

△:プラダリア
△:ボルドグフーシュ
△:武 豊騎手
△:ドゥラドーレス
△:ヴェローナシチー
△:ディナースタ
△:ポッドボレット
△:フェーングロッテン
△:ジャスティンパレス
△:セレシオン

[もっと見る]

⇒もっと見る

シホノスペランツァの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

シホノスペランツァの写真

シホノスペランツァ
シホノスペランツァ
シホノスペランツァ

シホノスペランツァの厩舎情報 VIP

2022年10月23日菊花賞 G15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

シホノスペランツァの取材メモ VIP

2022年10月23日 菊花賞 G1 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。