ナニハサテオキ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2019年4月13日生
調教師村山明(栗東)
馬主株式会社 キャピタル・システム
生産者株式会社 目黒牧場
生産地日高町
戦績 8戦[1-0-2-5]
総賞金1,150万円
収得賞金400万円
英字表記Naniwa Sateoki
血統 ジャングルポケット
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ダンスチャーマー
ファーマジェンヌ
血統 ][ 産駒 ]
プリサイスエンド
オンワードテティス
兄弟 モズマチニマッターモズウルル
市場価格
前走 2022/05/15 3歳1勝クラス
次走予定

ナニハサテオキの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/05/15 東京 5 3歳1勝クラス 芝1800 7115.133** 牡3 56.0 池添謙一村山明 474
(-2)
1.46.7 0.333.4⑦⑦⑤エピファニー
22/04/17 阪神 6 3歳1勝クラス 芝2000 8667.644** 牡3 56.0 池添謙一村山明 476
(+2)
1.59.9 0.834.7⑥⑥⑥④メイショウラナキラ
22/02/19 東京 9 フリージア賞 1勝クラス 芝2000 96613.453** 牡3 56.0 M.デムー村山明 474
(-8)
2.01.8 0.634.3ジャスティンスカイ
22/01/23 中山 9 若竹賞 1勝クラス 芝1800 11811217.4106** 牡3 56.0 松若風馬村山明 482
(0)
1.49.6 0.535.2⑩⑩⑩⑩シンティレーション
22/01/16 中京 8 梅花賞 1勝クラス 芝2200 511----** 牡3 56.0 岩田望来村山明 484
(+2)
-- ------セレシオン
21/12/04 中山 9 葉牡丹賞 1勝クラス 芝2000 15815135.01513** 牡2 55.0 内田博幸村山明 482
(+8)
2.01.7 1.135.4⑮⑮⑭⑪ボーンディスウェイ
21/10/17 新潟 3 2歳未勝利 芝2000 1471119.391** 牡2 55.0 藤井勘一村山明 474
(0)
2.06.0 -0.036.0⑫⑫⑬⑪プレシャスソウル
21/10/02 中京 2 2歳未勝利 芝2000 966132.074** 牡2 55.0 藤井勘一村山明 474
(-2)
2.01.9 1.036.1⑨⑨⑧⑨ダンテスヴュー
21/08/15 小倉 5 2歳新馬 芝1800 1635213.5146** 牡2 54.0 藤井勘一村山明 476
(--)
1.52.9 1.535.7⑤⑧⑦⑧ドグマ

ナニハサテオキの関連ニュース

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は皐月賞・調教予想(水曜版) をお届けします!


日曜日に行われる皐月賞の登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アスクビクターモア【B】
美浦南W単走。この馬としては抑えが利いており、手前替えもスムーズ。四肢のさばきは力強く、トビにも高さがある。少なくとも、前回のデキを下回ると言うことはない。あとは完歩の大きめな馬だけに、未経験の多頭数競馬で上手に立ち回れるか否か。その1点に尽きる。

イクイノックス【B】
美浦南W併走。折り合い重視のゆったりした内容ながら、ゴール手前で気合をつけられるとスムーズに加速。ゴール後も勢いは衰えず、ストライドを伸ばしていた。余裕残しの調整過程ではあるが、雰囲気は決して悪くない。及第点の仕上がりとみる。

オウケンボルト【C】
美浦坂路単走。それなりのラップを刻んだものの、姿勢が高いせいか、時計ほどの伸びを感じることはできなかった。コンスタントに使いながらでもビシビシ鍛えられる点は評価できるが、今回の舞台で大きな変わり身まではどうか。

オニャンコポン【B】
美浦南W併走。軽めの内容ながら、最後までバランスを崩す場面はなく、四肢のさばきも安定していた。厳しく見れば肩関節の動きがやや硬く映るものの、大幅に割り引くほどではない。この馬なりに順調だろう。

キラーアビリティ【B】
栗東CW併走。コーナーで少し行きたがる面を見せるも、鞍上が上手くなだめて折り合いはついていた。抜群とは言えないまでも、ひと追いごとに走りの姿勢や反応は良くなっている。それなりに動ける態勢とみたい。

グランドライン【C】
美浦南W併走。アナザートゥルースに手ごたえ優勢でゴールするも、それはホープフルS当時も同様。ハミ受けが不安定なあたりは変わっていない。四肢の可動域の広さに素質や魅力を感じる一方で、もう少し走りにメリハリが欲しいのも確か。評価は上げづらい。

サトノヘリオス【B】
栗東CW単走。あまり首が前に出ず上体が高めの走法だが、それはいつものこと。この馬とすればキビキビと動けているほうだし、前回の最終追い切りで感じられた、硬さも薄れてきている。まずまずの仕上がりではないか。

ジオグリフ【A】
美浦南W併走。僚馬を気にするような仕草を見せるのは相変わらずだが、ひと頃よりも随分と我慢が利くようになった。四肢のさばきは力強く、反応も鋭い。前回の中間時に感じられた、硬さや手足の重さが薄れてきているのも好印象。いいムードで本番に臨めそうだ。

ジャスティンパレス【B】
栗東坂路単走。歩幅こそ小さめだが、重心を低く保ち、バランスのいい走り。緩い時計でも折り合いを欠いていない点は好感が持てる。まだ良化の余地はありそうだが、ひと追いごとに状態が上向いているのも事実。上手く流れに乗れるようなら出番があってもいい。

ジャスティンロック【C】
栗東坂路併走。折り合い重視の調整。気負いなく、ゆったりと登れていることは評価できる。その一方、全体的に単調な走りで鋭さはひと息。脚どりも若干重く映る。上位進出には、馬場や展開など何らかの助けが欲しい。

ダノンベルーガ【B】
美浦南W併走。右後肢が若干遅れ気味に映るものの、許容範囲の部類。深刻に捉えなくてもいいだろう。滞空時間の長い走りは健在だし、仕掛けに対する反応も悪くない。万全には至らないまでも、それなりに態勢を整えてきた印象を持つ。

ダンテスヴュー【B】
栗東CW単走。リラックスしているし、鞍上の指示に対しても従順。完歩こそ小さく映るものの、もとよりピッチ走法の馬。軽めの調整ということを考えれば、過度に不安視する必要はない。順調とみていいのではないか。

デシエルト【A】
栗東CW単走。1週前追い切りで抑え込んだ効果もあってか、折り合いはついていた。想像以上に学習能力が高い。大トビの馬にありがちなズブい面がなく、むしろ反応が良すぎる点は確かにリスキー。だが、それ以上に安定したフォームと脚力の強さは目を引くものがある。高く評価したい。

トーセンヴァンノ【D】
美浦南W併走。それなりに活気はあるが、四肢のさばきが硬く、仕掛けに対する反応も薄い。追い通しで何とか食い下がるも、相手は助手騎乗の未勝利馬。評価しづらいものがある。本来のデキに達しているとは言い難く、ここは見送りが妥当だろう。

ドウデュース【A】
栗東P単走。しまい重点の調整ながら、動きは実に俊敏。気負う面がなく集中力も高い。ブレの少ないフォームで、ハツラツと進むさまは見映えがする。走りやすいトラックということを考慮しても、気配の良さは目を見張るものがあった。着実に状態は上向いている。

ナニハサテオキ【D】
栗東CW単走。頭の位置が高く、首もグッと下がらない。鞍上の仕掛けに対して抵抗する仕草を見せるなど、加速するまでに時間を要しているのも気になるところ。まだまだ発展途上の印象が強く、G1で大きな期待をかけるのは酷かもしれない。

ビーアストニッシド【B】
栗東P併走。コーナーから掛かり気味で、前進気勢が過ぎるようにも映るが、そもそも抑えて味があるタイプではない。フォーム自体は崩れておらず、脚の回転も非常に鋭かった。現状の力を出せる仕上がりと判断したい。

ボーンディスウェイ【B】
美浦南W併走。前肢の出が若干硬く映るが、しっかり馬場を掴んでおり、フットワークは安定。直線で促されると素早く反応を返し、上々の伸びを見せた。もともと攻め駆けする馬なので過度の評価はしづらいものの、体調自体は良さそう。いい意味での平行線だろう。

マテンロウレオ【C】
栗東坂路単走。トビが高く四肢のさばきも柔らかい。反面、気負いがちで頭の位置を体の中心に置けない点は割引。前回の最終追い切りと同様、右へササる仕草を出しているのも気がかり。素質を感じる一方で、操縦性の難しさも垣間見えた内容だった。

メイショウラナキラ【C】
栗東坂路単走。前後のバランスが悪く、バタバタと登っている印象。1週前にCWコースで見せた伸びやかな動きは窺えなかった。ラストまで脚勢を維持した点は評価できるものの、直線急坂の中山G1に臨むことを考えると過度の期待はかけにくい。

ラーグルフ【C】
美浦南W併走。脚元の動きこそパワフルだが、頭の位置が高く発汗も目立つあたりは変わらない。もう少しリラックスできればいいのだが……。こんな様子でも結果を出すことがある馬とはいえ、調教観点的に評価を上げるには躊躇してしまう。


【調教予想からの注目馬】
ジオグリフ デシエルト ドウデュース

【皐月賞】厩舎の話 2022年4月14日(木) 10:00

アスクビクターモア・田村調教師「脚元も問題なく、心肺能力も非常に高いところで維持。状態は上がっている」

イクイノックス・ルメール騎手「先週はスタミナ、今週はスピードを確認。ほぼベストコンディションですね」

オウケンボルト・土田調教師「動きはいい。後手を踏んだ前走は参考外。自分のリズムなら」

オニャンコポン・小島調教師「単走でもよかったが、GⅠなので前に馬を置く形。疲れは取れたし、予定どおり」

キラーアビリティ・斉藤崇調教師「放牧から帰ってきてからはリラックス。反応の良さ、瞬発力は武器になるはず」

グランドライン・高木調教師「状態は変わりない。きれいな馬場で自分のリズムで走れれば」

サトノヘリオス・友道調教師「エリカ賞をレコード勝ちしたように2000メートルは流れが向く。力は出せると思う」

ジオグリフ・福永騎手「いいフォームで質の高い動き。小回りの2000メートルは問題ない。いい馬に巡り合えたね」

ジャスティンパレス・池水助手「感触を確かめる程度。つくべきところに筋肉がついてきた」

ジャスティンロック・松原助手「前走はチグハグな競馬。それでもドウデュースと差はなかった。状態は前走以上」

ダノンベルーガ・堀調教師「しまいは無理せず7、8分の加減で伸ばした。稍重の前走は想像を超えた走りだった」

ダンテスヴュー・友道調教師「もともと期待していた馬。きさらぎ賞2着で力は見せた。いい競馬をして次へ」

デシエルト・安田隆調教師「前走のように前へ行きたい。週末に雨が降って、馬場が緩くなればこの馬にはいい」

ドウデュース武豊騎手「割と器用さもあるし、どんな競馬場でも走ってきてくれている。総合力が高いと思う」

トーセンヴァンノ・小桧山調教師「格好はつけられる状態。この馬のリズムでどこまで」

ナニハサテオキ・新谷助手「予定どおりにきている。動きはいつもと変わらず良かった」

ビーアストニッシド・和田竜騎手「先週の段階で仕上がったので流す程度。それでも時計は出た。一発を狙っている」

ボーンディスウェイ・石橋騎手「先週しっかりやったので感覚を見るくらい。前回よりいい感じで、順調にきている」

マテンロウレオ・昆調教師「動きは良かった。順調にきている。今回からブリンカーを着ける」

メイショウラナキラ・南井調教師「今週はサラッと。いい感じだし、具合は良さそうだ」

ラーグルフ・宗像調教師「使われて良化。490キロ前後になると思う。前走ほどの差はない」(夕刊フジ)

[もっと見る]

【皐月賞】追ってひと言 2022年4月14日(木) 04:49

オウケンボルト・土田師「坂路の動きは良かった。前走は後手に回って参考外。自分のリズムで運べば」

グランドライン・高木師「状態は変わりなくきている。きれいな馬場で自分のリズムで走れれば」

サトノヘリオス・岩田望騎手「サラッとやりましたが、動きは良かったです。状態もキープしていて落ち着いて走れるようになっています」

ダンテスヴュー・友道師「しまいをしっかり伸ばす感じでやりました。反応もいいし、2歳のいいときのフットワークに戻ってきた」

デシエルト・安田隆師「(全体時計は6ハロン)83秒台ぐらいの指示で。予定通りですし、落ち着いて走れていました」

トーセンヴァンノ・小桧山師「順調にきているし、格好はつけられる状態。この馬のリズムでどこまで」

ナニハサテオキ・新谷助手「動きはいつもと変わらずいいです。予定通りにきています」

ボーンディスウェイ・石橋騎手「先週しっかりやっているので、精神的な部分を比べながら感覚を見るくらいで。前回よりいい感じ」

マテンロウレオ・昆師「順調にきているし、動きは良かった。今回からブリンカーを着ける」

メイショウラナキラ・南井師「先週いい時計で走れているし、今週はサラッとやった。具合はいいですね」

ラーグルフ・宗像師「前走を使われて良化。490キロ前後での出走になると思うが、力のある馬。前走ほどの差はない」

[もっと見る]

【皐月賞】特別登録馬 2022年4月3日() 17:30

[もっと見る]

【フリージア賞】ジャスティンスカイがプラス22キロの雄大な馬体でV! 2022年2月19日() 14:56

 2月19日の東京9R・フリージア賞(3歳1勝クラス、芝2000メートル)は、横山武史騎手の1番人気ジャスティンスカイ(牡、栗東・友道康夫厩舎)が好スタートから終始2番手を追走し、直線で抜け出すとしっかりと伸びて先頭でゴール。人気に応えて2勝目を飾った。タイムは2分1秒2(良)。

 1馬身遅れた2着はエイカイマッケンロ(2番人気)、さらに3馬身差の3着にナニハサテオキ(5番人気)が続いた。

 ◆横山武史騎手(1着 ジャスティンスカイ)「スタートがよかったので逃げてもいいかなと思いましたが、他に行く馬がいたのであのポジションからになりました。正直、もっと強い勝ち方をするかと思っていたのですが、ソラを使うまでではなくても軽く遊ぶしぐさを見せていました。まだ体が緩くて完成はこれからだと思います。現状では強い内容でした」

 ジャスティンスカイは、父キタサンブラック、母リアリサトリス、母の父Numerousという血統。戦績は3戦2勝。

[もっと見る]

【梅花賞】良血セレシオンが無傷の連勝 2022年1月17日(月) 04:50

 単勝1・5倍の1番人気に応えて鮮やかに差し切った。ハーツクライ産駒のセレシオン(栗・友道、牡)が4頭立ての一戦を制して、デビューから2連勝を飾った。道中は最後方からじっくりと進み、4コーナーで外へ。直線は内にモタれながらもメンバー最速の上がり(3ハロン34秒0)を駆使して、押し切りを図るトゥデイイズザデイをアタマ差捕らえた。

 川田騎手は「初戦以上に性格に難しさが出てきて、途中からずっと内にササりながらでしたし、ゴールしてからは外に飛んでいっていました。そういう面が大人になってくればと思います」と評価。まだまだ幼さを残しているが、そのぶん伸びしろもたっぷり。半姉に桜花賞2着、オークス3着馬のクルミナル(父ディープインパクト)を持つ血統馬が、クラシック戦線に名乗りを上げた。

★16日中京8R「梅花賞」の着順&払戻金はこちら

 ●4頭立て (1)番のナニハサテオキが競走除外となり、4頭立てで施行された。2012年8月4日札幌5R以来のこと。

 ●3連単は最低配当 3連単270円は、史上最低配当。これまでは08年7月26日新潟8R、18年7月28日札幌1Rの330円だった。

 ●3連複は最低配当タイ 3連複110円は、史上最低配当タイ。03年7月20日新潟1R、04年2月15日京都3Rと並ぶもの。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ナニハサテオキの関連コラム

閲覧 1,676ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月17日(日)中山11R 第82回皐月賞(3歳G1・芝2000m)


【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


<前走:東京スポーツ杯2歳S、ホープフルS出走馬>

イクイノックス(東スポ杯:1着、482kg(+2kg)5ヵ月)<A>【収得賞金順⑥】
今回も休み明けだが、前走時と同じタイミングでトレセンに戻し、右回りでの追い切りの動きを見ても特に気になるところは窺えず順調な仕上がり。新馬戦ではサークルオブライフ(3着)を楽に突き離し、3ヶ月ぶりの前走でも後方からのレースになり追い出すタイミングが坂下あたりになってしまったものの一気の加速みせて勝利と、レースぶりから中山の急坂も問題なさそう。

キラーアビリティ(ホープフルS:1着、468kg(-2kg)3ヶ月半)<C>【収得賞金順①】
ホープフルSからの休み明けで、この中間もCWで速い時計が出ている。1週前追い切りでは、直線一気に追い抜いたもののすぐに差し返されまた追いかけるというモタモタした感じがあって、どこかピリッとしない感じ。

ジャスティンパレス(ホープフルS:2着、450kg(±0kg)3ヶ月半)<A>【収得賞金順⑦】
この中間もCWでの調整で乗り込み量も豊富。2週前追い切りではかなり元気なところを見せており、力が有り余っている様子をみせ、1週前には大外を回って余裕をもって先着と好内容マークと調子は良さそう。





<前走:京成杯きさらぎ賞共同通信杯出走馬>

オニャンコポン京成杯:1着、466kg(-8kg)3ヶ月)<C>【収得賞金順②】
前走から間隔が空いていて乗り込み量は豊富。1週前追い切りでは前走時のような抜群の切れはないものの上々の伸び脚で、残り1週でどこまで詰められるか。

ダンテスヴューきさらぎ賞:2着、452kg(-6kg)中9週)<C>【収得賞金順⑨】
この中間もCWでの調整で、前走時よりも外めを回りながらも速い時計が出ている。上積み感じられる一方、ジョッキー騎乗での追い切りでも終いもうひと伸びがほしい感じは相変わらず。あと一歩何かが足りない印象。

ダノンベルーガ共同通信杯:1着、502kg(+4kg)中8週)<B>【収得賞金順④】
この中間も南Wでの調整。速い時計は出ていて出来は悪くなさそうだが、右回りの追い切りの動きを見ると走りが詰まる感じがある点は気になる。右回りを積極的に使ってこなかった理由も何かありそうで、デビューから2戦とも東京でのレースを使っていてあくまでも目標は日本ダービーということに変わりなさそう。そう考えると、大きな馬なので日本ダービーに直行するよりは、このあたりで一度叩いておいたほうが最大目標に向けての調整がしやすいのかもしれない。

ジオグリフ共同通信杯:2着、498kg(+2kg)中8週)<B>【収得賞金順③】
この中間も南Wでの調整。前2走と比べると気合いが乗って勢いもあり、叩き3戦目での上積みがありそう。ただ前走時のパドックではイレ込み気味だったので、テンションも右肩上がりになっている点は気になる。





<前走:弥生賞出走馬>(中5週)

アスクビクターモア(1着、474kg(-4kg))<B>【優先出走馬】
この中間も南Wを単走で追われて時計も優秀。1週前追い切りの動きを見ると、前走時と比べるとややおとなしい感じもあるが、全身を大きく使った走りで引き続き良い出来はキープしている感じ。

ドウデュース(2着、504kg(+8kg))<A>【優先出走馬】
休み明けの前走時、追い切りの動きは余裕残しの感じがあったが、パドックでは太め感はなく仕上がりは悪くなさそうだった。この中間も入念な乗り込みで1週前追い切りの動きを見ると、手応え、反応の良さ、そして終い顔を前に突き出す朝日杯FS当時の走りでしっかり伸びていた姿が印象的だった。時計こそ前走時と変わらないが、上積みに期待がもてそう。

ボーンディスウェイ(3着、494kg(±0kg))<B>【優先出走馬】
この中間も毎週石橋脩騎手が追い切りに騎乗して調整が続けられ、1週前にはビッシリ追われて併走馬を一気に突き離す内容を披露。前走以上に強く追ってきていて、上積みが期待できそう。

ジャスティンロック(4着、478kg(+8kg))<A>【収得賞金順⑧】
土曜日に強めの追い切りを行う厩舎で、この中間も2週連続好時計で先着。1週前の水曜日も前走時とは動きが変わり、休み明けを一度使われて馬が良くなった。

マテンロウレオ(10着、478kg(+2kg))<C>【収得賞金順⑤】
この中間は勝利した新馬、きさらぎ賞時と同じCW中心の追い切りに変えてきた。坂路でもCWでも速い時計が出る馬で、1週前の動きを見ると終い首が上がり気味。前半からカーっと行くような追い切りが多く、スピードが勝っているところがあるので、母方の血統から短距離のほうが向いているのかもしれない。

ラーグルフ(11着、486kg(-10kg))<A>【収得賞金順⑩】
ホープフルSでは◎にした馬だったが、前走時は追い切りもパドックも馬がおとなしかった。この中間、1週前追い切りの動きを見ると、行きたがる面が出ていてホープフルSの時のような動きに変わって状態は良くなっている印象を受ける。2走前に馬体が14kg増えて前走で10kg減っていたがパドックではどちらもまだ緩く見える馬体で、まだまだ良くなる余地は十分あり。今回は変わってきそう。




<前走:スプリングS出走馬>(中3週)

ビーアストニッシド(1着、472kg(+2kg))<C>【優先出走馬】
前走時は追い切りもパドックもかなりテンションが高かった。それでもスタートで躓きながらもハナに行って押し切ってしまうのだから、あのくらい元気なほうがこの馬には良いのかもしれない。この中間、1週前追い切りでは初めてコンビを組む和田騎手が騎乗しての追い切り。好時計で先着も走りに力強さがなく、月1ペースで重賞を使われてきての疲れがある感じ。

サトノヘリオス(3着、474kg(-4kg))<C>【優先出走馬】
前走はラチ沿いをロスなく追走して終いの脚が切れた。前走時のパドックではトモが寂しく映り、休み明けでも馬体が減っていて、今回も中2週で関東への輸送を控える。それら状況を考慮してか、この中間はCWから坂路での調整に変えてきた。これ以上馬体は減らしたくないということなのかもしれない。友道厩舎なので余裕があれば1週前はコースで併せて追い切ると思われるが、叩き2戦目でもそこまでの余裕はなさそう。

オウケンボルト(9着、452kg(-4kg))<E>【抽選対象馬(1/4頭)】
坂路で速い時計の出る馬だがこの中間、1週前追い切りでは一杯に追われて平凡な時計。使い詰めできて馬体も減ってきているので、疲れも溜まっているのかもしれない。

グランドライン(12着、518kg(+4kg))<C>【抽選対象馬(1/4頭)】
叩き2戦目で、1週前追い切りでは南Wでの併せ馬で外を回って力強い走りを見せてきた。上積みは窺える。

トーセンヴァンノ(13着、478kg(-2kg))<D>【収得賞金順⑪】
使い込まれてきて4戦連続馬体減でパドックでもキビキビとした動きがなく、1週前も南Wで平凡時計と上積みは感じられず。




<前走:若葉S、その他のレース出走馬>

デシエルト(1着、510kg(+4kg)中3週)<B>【優先出走馬】
デビュー前から岩田康騎手が追い切りをつけている馬で、1週前追い切りでも岩田康騎手独特の調教内容で態勢を整えてきている。馬自体は前向きな走りで終い手綱を緩められるとしっかりと伸び、状態は引き続き良さそう。

メイショウラナキラ(4着、438kg(±0kg)中3週)<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
この中間はCWでの1週前追い切りだったが、終い重心が高くなり伸びも物足りない感じ。

ナニハサテオキ(フリージア賞:3着、474kg(-8kg)中7週)<D>【抽選対象馬(1/4頭)】
この中間は、CWで速い時計は出ているが、1週前は終始頭が高い走りで力強さが感じられなかった。


※今回のこのコラムで中間の状態からの推奨馬は、イクイノックスジャスティンパレスドウデュースジャスティンロックラーグルフの5頭をあげておきます。



◇今回は、皐月賞編でした。
今年も早いもので4月も半ばを過ぎようとしています。1ヶ月半後には日本ダービーが行われ、時間が過ぎていくのが年を追うごとに早くなっているように感じます。スタートで躓きながらも圧勝したディープインパクトが17年前、好位追走から圧倒的な強さを見せたナリタブライアンが28年前と、感覚的にはちょっと前のように思っていても数字で見ると恐ろしいくらい時間が過ぎていることに驚いてしまいます。と、同時にそれだけ長く競馬を楽しめていることに感謝したいものです。



皐月賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。



そして、今回のコラムではプロテストで合格して先月プロデビューした3名に1週前の段階での皐月賞の注目馬見解について伺っていますのでぜひ参考にしてみて下さい。


~~~【回収率予報官プロ】~~~


皐月賞の注目馬>
ダノンベルーガ
現時点で評価可能なファクターで回収率を予測すると、ダノンベルーガが高評価となりました。特に過去レース結果に関するファクターで有利なポイントが多く、過小評価となりそうです。

<自己紹介>
「回収率予報ニュース」では各出走馬ごとの「予測回収率」をレース前日に公開中。レース後に結果を全て公開、検証しています。(「追い上げ」や「勝ち逃げ」はしません)
どの馬が1着かではなく、どの馬が儲かるかが知りたい方は、ぜひご覧ください。よろしくお願いいたします。

回収率予報官プロの最新予想ページはこちら


~~~【教授プロ】~~~


皐月賞の注目馬>
オニャンコポン
京成杯の時計的価値は、人気上位4頭に引けを取らないと見ています。ホープフルSの大敗で、馬も騎手も一皮剥けた印象を持ちました。

ダノンベルーガイクイノックス
2頭とも中山適性は不明ですが、無敗でキャリアが浅い分、G1馬2頭より伸びしろの大きさが期待できると思います。

<自己紹介>
オリジナルのスピード指数と前売りオッズを統計解析し、出走全馬の勝率、複勝率を再計算して、期待値の高い買い目を自動算出しています。印、買い目とは別に、コメント欄に予想期待値、予想3着内率(上位5頭)を掲載しています。旨味のないレースは大レースでも見送ります。

教授プロの最新予想ページはこちら


~~~【マカロニスタンダーズプロ】~~~


皐月賞の注目馬>
デシエルトジオグリフ(いずれも配当妙味有り)
推しの2頭はともにノーザンファーム産のドレフォン産駒。ドレフォン産駒はダートでの勝鞍が多いですが、芝でも一世代ですでに13勝をあげており、皐月賞に駒を進めてきたデシエルトジオグリフ以外にも、1勝クラスを勝ち上がった馬が2頭いて芝の適性を示しています。前走までの実績ほど人気にはならない想定で、配当妙味があると考え推したい2頭です。
※実績の予想登録の本命馬とは異なる可能性があります。

<自己紹介>
プロテストの入れ替え戦で寸前のところで上位に食い込む事ができ、地獄から生還を果たしました。
昨年の結果を踏まえて予想理論をブラッシュアップし、今年は巻き返しを図ります。

マカロニスタンダーズプロの最新予想ページはこちら


登録済みの方はこちらからログイン

ナニハサテオキの口コミ


口コミ一覧
閲覧 118ビュー コメント 0 ナイス 0


1/16(日)中京8R【梅花賞】のお馬さんを自由気ままにタロット予想🌈🐴✨


今回も純粋にお馬さんのお名前だけでインスピレーションでサクサク自由気ままなリーディング🃏超シンプルVer.~🍃


🙇写真は日記にアップするためのサイズ変換などに時間がかかるので後ほどTwitterにアップ~🃏✨

🐦Twitter🐦https://twitter.com/ouma3_nowa



⊰᯽⊱┈────╌❊╌────┈⊰᯽⊱
 自由気ままなタロットさん予想🦄
⊰᯽⊱┈────╌❊╌────┈⊰᯽⊱


⑤🐴セレシオンさん▶カップ🙃
②🐴トゥデイイズザデイさん▶ソード4
①🐴ナニハサテオキさん▶カップ7🙃
④🐴ハナキリさん▶正義
③🐴メイショウゲキリンさん▶ソードキング🙃


⊰᯽⊱┈────╌❊╌────┈⊰᯽⊱


🦄タロットさんの予想によると~

 🥇④🐴ハナキリさん
 🥈②🐴トゥデイイズザデイさん
 🥉③🐴メイショウゲキリンさん

な雰囲気~🌈🐴✨


⊰᯽⊱┈────╌❊╌────┈⊰᯽⊱


🦄リーディングメモ📝✨

昨日のレースのリーディングで🥇予想のあとにどこかへいかれていた④🐴ハナキリさんが唯一大アルカナさん🃏✨ということで🥇

🔯リーディングの前のシャッフルでソードの3🙃(=3本のソード)が飛び出して来られたのもあってソードの絵柄があるお三方に~🌈🐴✨


⊰᯽⊱┈────╌❊╌────┈⊰᯽⊱


🔯個人的用のメモにつきリーディング結果は無責任~🍃
🔯はじめましての方はプロフィールご確認いただけますと喜びます~🥰

ナニハサテオキの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ナニハサテオキの写真

投稿写真はありません。

ナニハサテオキの厩舎情報 VIP

2022年5月15日3歳1勝クラス3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ナニハサテオキの取材メモ VIP

2022年5月15日 3歳1勝クラス 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。