ワーズワース(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ワーズワース
ワーズワース
ワーズワース
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2018年4月1日生
調教師清水久詞(栗東)
馬主株式会社 カナヤマホールディングス
生産者谷岡牧場
生産地新ひだか町
戦績 4戦[2-0-0-2]
総賞金1,330万円
収得賞金900万円
英字表記Wordsworth
血統 リオンディーズ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
シーザリオ
ラブディラン
血統 ][ 産駒 ]
Dylan Thomas
ゴンチャローワ
兄弟 カシアスコパノマーティン
前走 2021/05/02 端午ステークス OP
次走予定

ワーズワースの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/05/02 阪神 10 端午S OP ダ1400 167135.948** 牡3 56.0 武豊清水久詞496(-4)1.24.9 1.437.6⑮⑭ルーチェドーロ
21/04/10 中山 11 NZT G2 芝1600 164819.9713** 牡3 56.0 北村宏司清水久詞500(+2)1.35.6 2.536.8⑥⑤⑥バスラットレオン
21/03/14 阪神 7 3歳1勝クラス ダ1400 16113.911** 牡3 56.0 武豊清水久詞498(-10)1.23.7 -0.136.3⑭⑪フクウン
21/02/13 東京 3 3歳新馬 ダ1600 166116.541** 牡3 56.0 戸崎圭太清水久詞508(--)1.39.1 -0.538.2スミソニアン

ワーズワースの関連ニュース


※当欄ではニュージーランドTについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【杉本清】
◎⑥バスラットレオン
○③アヴェラーレ
▲⑮タイムトゥヘヴン
☆⑨ドゥラモンド
△②シティレインボー
△⑤ヴィジュネル
△⑬ブルーシンフォニー
△⑯シュバルツカイザー

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑮タイムトゥヘヴン

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑮タイムトゥヘヴン

【原奈津子】
◎③アヴェラーレ
○⑯シュバルツカイザー
▲⑧ワーズワース

【目黒貴子】
◎⑨ドゥラモンド



ウマニティ重賞攻略チーム

【NZT】厩舎の話 2021年4月9日(金) 04:53

 ◆アヴェラーレ・ルメール騎手「体は小さいけど、フットワークがいいし、素質は高い」

 ◆ゲンパチミーティア・宮内助手「ソエも治まって順調。芝1600メートルくらいがちょうどいい」

 ◆ゴールドチャリス・武幸師「小さくて非力な馬なので、良馬場前提ですね」

 ◆サトノブラーヴ・堀師「テンの折り合いは良くギアも入ったが、実戦で見せたほどではなかった。物足りなさがある」

 ◆シュバルツカイザー・大竹師「右回りが合うようだし、力のいる今の中山の馬場もいい」

 ◆スパークル・片山助手「ラストは脚を使ってくれます。今の気配の良さなら」

 ◆タイムトゥヘヴン・斎藤助手「スタートが良くなったので前の位置へ行けるはず」

 ◆ドゥラモンド・手塚師「前走は距離が長くて力んだ。中山マイルは勝っているし舞台は合う」

 ◆バスラットレオン・宮内助手「今週の動きは良かった。輸送をうまくクリアしてくれれば」

 ◆ブルーシンフォニー・伊藤圭師「ゲートの中で落ち着きがないので、中間はしっかり練習している。仕上がりはいい」

 ◆ワザモノ・黛騎手「以前よりフォームがしっかりした。動きから調子も良さそう」

 ◆ワーズワース・清水久師「使って素軽さが出てきているし、芝にも対応できそう」

ニュージーランドTの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【NZT】レース展望 2021年4月5日(月) 15:10

 中山の土曜メインは3歳馬によるGIIニュージーランドトロフィー(10日、芝1600メートル)。1~3着馬にNHKマイルC(5月9日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる必見の一戦だ。馬齢重量戦にもかかわらず過去10年で1番人気は2勝と苦戦しており、2016年の3連単105万円超を筆頭に馬券妙味がありそうだ。

 バスラットレオン(栗東・矢作芳人厩舎、牡)は前走の1勝クラスを楽に逃げ切り、新人の古川奈穂騎手に記念すべき初勝利をもたらした。GI朝日杯フューチュリティS4着など実績は最上位だ。今回は新馬戦で勝利に導いた藤岡祐介騎手との再コンビ。初めての中山コースへの対応がポイントになりそうだが、重賞初制覇のチャンスは十分ある。

 アヴェラーレ(美浦・木村哲也厩舎、牝)はスワンS、フラワーCの勝ち馬で、NHKマイルC2着や高松宮記念3着など牡馬相手のGIでも成績を残したアルビアーノの初子。新馬戦、春菜賞を連勝中と勢いは十分で、2戦とも上がり3ハロン最速をマークした鋭い脚が武器だ。コース、距離ともに初めてだが、その素質は高く、母同様に牡馬相手でも好勝負が期待される。

 桜花賞で抽選対象のククナ(美浦・栗田徹厩舎、牝)は前走のクイーンCで0秒1差の3着。1番人気だっただけに悔しい敗戦となったが、最後までしぶとく脚を伸ばしていた。シンザン記念でも4着に健闘しており、出走すれば有力だ。

 桜花賞キストゥヘヴンを母に持つタイムトゥヘヴン(美浦・戸田博文厩舎、牡)は前走の弥生賞ディープインパクト記念で6着。前残りのレースで早めに動いたが、伸びきれなかった。それでも2走前の京成杯で2着に好走したように実力は確かで、初のマイルがプラスに出れば巻き返しは可能だ。

 ドゥラモンド(美浦・手塚貴久厩舎、牡)は前走のきさらぎ賞で10着に終わったが、スタート直後、両サイドの馬に挟まれる不利があり、初めての2000メートルも長かった印象。今回と同舞台で行われたアスター賞を勝っているように、マイルなら一変しても不思議はない。

 ファルコンS7着のヴィジュネル(栗東・渡辺薫彦厩舎、牡)も全2勝を挙げているマイルに戻るのはプラス材料。時計がかかる馬場になれば出番がありそうだ。

 ダートで連勝中のワーズワース(栗東・清水久詞厩舎、牡)も侮れない。半兄のカシアスは函館2歳Sを勝っており、父リオンディーズの産駒も芝、ダートを問わずに走っている。この馬も芝をこなせる下地は十分ある。

 中山マイルで勝利があるシュバルツカイザー(美浦・大竹正博厩舎、牡)、ワザモノ(美浦・尾関知人厩舎、牡)、新潟2歳S2着のブルーシンフォニー(美浦・伊藤圭三厩舎、牡)、フローラルウォーク賞勝ち馬のゲンパチミーティア(栗東・矢作芳人厩舎、牡)、安定感があるスパークル(栗東・中内田充正厩舎、牝)などにも注意を払いたい。

 他では5日現在除外対象だが、大阪杯を制したレイパパレの半弟で既走馬相手の未勝利戦を完勝したサトノブラーヴ(美浦・堀宣行厩舎、牡)も出走できれば注目したい。



ニュージーランドTの特別登録(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ニュージーランドトロフィー】特別登録馬 2021年4月4日() 17:30

[もっと見る]

【うわさの3歳馬】半兄バーディバーディ~マインジャラン 2021年2月20日() 11:29

 【阪神4R】キズナ産駒のマインジャランは半兄にフェブラリーS3着のバーディバーディなどがおり、ダート9Fはピッタリか。「先週デビュー勝ちしたワーズワースにけいこで楽に先着していたし、CWコースと坂路でしっかり乗り込んできた。母系はダートが合う。初戦から動けると思う」と押田助手。仕上がりの良さとダート適性の高さを見せつける。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【3歳新馬】東京3R ワーズワース完勝!戸崎好感触 2021年2月14日() 04:43

 好位でうまく流れに乗った4番人気のワーズワース(栗・清水久、牡、父リオンディーズ)が直線入り口で先頭に立ち、残り200メートルでもうひと伸びして完勝。デビュー戦を飾った。「ゆったりとしたフットワークなので、外めからゆっくりと運べたのがよかった。追ってからも反応できていたし、使ってさらによくなりそうです」と戸崎騎手は話した。

[もっと見る]

ワーズワースの関連コラム

関連コラムはありません。

ワーズワースの口コミ


口コミ一覧
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 3

こんばんは 明日5/2 単複王です
No.312 阪神 8レース 蓬莱峡特別(2勝クラス) 芝1800m ◎ エレヴァテッツァ ◯ クロウエア
No.313 阪神 9レース 山陽特別(2勝クラス) 芝1400m ◎ チュウワノキセキ ◯ ゴールドティア
No.314 阪神 10レース 端午S(オープン) ダート1400m ◎ スマッシャー ◯ ワーズワース
No.315 阪神 11レース 天皇賞(春)(GI) 芝3200m ◎ ワールドプレミア ◯ アリストテレス
No.316 阪神 12レース 天満橋S(3勝クラス) ダート1400m ◎ ダイシンイナリ ◯ オーバーディリバー
No.317 東京 9レース 陣馬特別(2勝クラス) 芝2400m ◎ ラデツキー ◯ マイネルコロンブス
No.318 東京 10レース 府中S(3勝クラス) 芝2000m ◎ ヤシャマル ◯ セイウンヴィーナス
No.319 東京 11レース スイートピーS(L) 芝1800m ◎ エリザベスタワー ◯ オレンジフィズ
No.320 新潟 10レース しゃくなげ賞(1勝クラス) 芝1200m ◎ スティクス ◯ ダブルスナッチ
No.321 新潟 11レース 吾妻小富士S(オープン) ダート1800m ◎ ダイアナブライト ◯ アッシェンプッテル
No.322 新潟 12レース 魚野川特別(2勝クラス) 芝2000m ◎ クリノオウジャ ◯ スーパーフェザー
続いて
重賞予想 No. 51 天皇賞(春) 阪神 芝3200m (G1) ◎ワールドプレミア ○アリストテレス ▲ディープボンド ☆ディアスティマカレンブーケドール
明日5/2のメインレースは
阪神 11レース 天皇賞(春)(GI) 芝 3200m
東京 11レース スイートピーS(L) 芝 1800m
新潟 11レース 吾妻小富士S(オープン) ダート 1800m
です
メインレース予想No.100 天皇賞(春)(GI) 芝 3200m  ◎ ワールドプレミア ○ アリストテレス ▲ ディープボンド ☆ ディアスティマ カレンブーケドール
メインレース予想No.101 スイートピーS(L) 芝 1800m  ◎ エリザベスタワー ○ オレンジフィズ ▲ リュクスフレンド ☆ ホウオウラスカーズ アオイゴールド
メインレース予想No.102 吾妻小富士S(オープン) ダート 1800m  ◎ ダイアナブライト ○ アッシェンプッテル ▲ サトノギャロス ☆ ライトウォーリア ダイシンインディー
よろしくおねがいします

 浪花のクマ 2021年4月28日(水) 20:12
今週の武豊J騎乗予定馬(想定)
閲覧 57ビュー コメント 0 ナイス 9


今週から競馬場に豊Jが戻ってきます!(土日とも阪神)

4/4(土)阪神
① ウラエウス (3歳未勝利)
⑤ ドンナセレーノ (3歳未勝利)
⑧ タイミングナウ (4歳以上2勝クラス)
⑨ マジカルステージ (矢車賞) ①
⑩ ナンヨープランタン (ストークステークス) ⑦
⑪ スマートアルタイル (天王山ステークス) ⑬
⑫ トゥルブレンシア (4歳以上2勝クラス)
4/4(日)阪神
⑤ オンラインドリーム (3歳1勝クラス)
⑨ チュウワノキセキ (山陽特別) ①
⑩ ワーズワース (端午ステークス) ⑤
⑪ ディバインフォース (第163回 天皇賞)(春)(GⅠ) ⑪
⑫ ドウドウキリシマ (天満橋ステークス) ④

[もっと見る]

 山崎エリカ 2021年4月10日() 13:59
本日の見所(阪神牝馬Sなど)
閲覧 146ビュー コメント 0 ナイス 12

2021年 ニュージーランドT・阪神牝馬S
___________________

●ニュージーランドT

ニュージーランドTは、先週のダービー卿チャレンジTと同じ中山芝外1600mが舞台。中山芝外1600mは高低差5.3mの最高地点からスタートして、3~4コーナーに向かって約4.5mの坂を下るコース。円状コースの上に最初の2コーナーまでの距離が約240mと非常に短く、ここで外を回らされると、終始外々を回ることになりかねません。つまり、内枠が有利なコースということ。

また、スタートしてすぐに2コーナーがあるので、2コーナーまでにしっかりとハナを取り切れるような快速馬が不出走だと、序盤のペースは落ち着きます。ただし、序盤でペースが上がらない場合、後続の実力馬が中山の最後の短い直線を意識して、向こう上面の下り坂で勢いに乗せて位置を押し上げてくるので、上級条件になるほど逃げ馬が楽に逃げ切るような展開にはなりません。

このレースも急に馬場が高速化した一昨年こそ、最内枠を利して逃げたワイドファラオが優勝しているものの、今年の中山は安定して標準馬場なので、一昨年のようなことも起きづらいでしょう。

今回の逃げ馬候補が矢作厩舎の2頭とゲート次第のワーズワース。矢作厩舎のゲンパチミーティアはしまいを伸ばす調教をしているだけに、行くのは同厩のバスラットレオンか? しかし、同馬も逃げにこだわるタイプでもないので、外からワーズワースやゲンパチミーティアがハナを主張すれば控えてと、流動的な展開になりそう。あまり決めつけるのも危険ですが、内枠の強い馬が優位となる平均ペース前後で収まると見て、予想を組み立てるのがベストでしょう。


●阪神牝馬S

阪神牝馬Sはかつて芝1400mで行われていましたが、2016年度よりヴィクトリアマイルと同距離の芝1600mで行われるようになりました。これによりメンバーレベルがアップ。2017年の優勝馬ミッキークインや2019年の優勝馬ミッキーチャームのように、中距離路線組が多く参戦し、それらが活躍することが多くなりました。

しかし、ほとんどの中距離路線馬は、マイル戦では楽に逃げ、先行するスピードがないので、芝1400m時代から一転してレースがスローペース化。重馬場で行われた2017年こそ前が崩れているものの、2016年、2018年、2019年ともに3コーナー2番手以内の馬が連対しています。昨年は一昨年秋の京成杯オータムHを逃げて楽勝したトロワゼトワルが逃げたために、ペースが平均まで上がりましたが、何が何でも逃げたい馬がいない限りは、スローペースになると見ていいでしょう。

今年は中距離路線から転戦馬は、マジックキャッスルとデゼルとリアアメリアの4歳馬の3頭。リアアメリアは最内2番手でレースを運んだローズSで2着と好走しているように、前に行ってこその馬ですが、さすがにここはイベリスがハナへ行くでしょう。内のメイショウグロッケがその2列目を狙って、ブランノワール、ドナウデルタも包まれないようにある程度出していく形。大外のエーポスが積極的に位置をとってくるかもしれませんが、逃げたい馬がイベリスだけなので、今年もペースが落ち着きそうです。前目が優勢と見て、予想を組み立てたいです。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ワーズワースの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ワーズワースの写真

ワーズワース
ワーズワース
ワーズワース

ワーズワースの厩舎情報 VIP

2021年5月2日端午ステークス8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ワーズワースの取材メモ VIP

2021年4月10日 ニュージーランドT G2 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。