ルーパステソーロ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ルーパステソーロ
ルーパステソーロ
写真一覧
現役 牡3 芦毛 2018年2月23日生
調教師加藤士津八(美浦)
馬主了徳寺健二ホールディングス 株式会社
生産者藤本ファーム
生産地日高町
戦績 8戦[1-1-1-5]
総賞金1,021万円
収得賞金400万円
英字表記Lupus Tesoro
血統 ゴールドシップ
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
ポイントフラッグ
ハピネスフォーユー
血統 ][ 産駒 ]
A.P. Indy
Sophorific
兄弟 ミエノサクシードジチュダケテソーロ
前走 2021/04/18 皐月賞 G1
次走予定

ルーパステソーロの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/04/18 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1612194.71614** 牡3 57.0 木幡巧也加藤士津534(0)2.02.9 2.338.4⑯⑯⑬⑯エフフォーリア
21/03/27 中山 6 3歳1勝クラス 芝1800 84482.483** 牡3 53▲ 原優介加藤士津534(+2)1.49.3 0.135.9⑤⑤⑤⑤スペシャルドラマ
21/02/27 中山 9 水仙賞 1勝クラス 芝2200 111174.01011** 牡3 56.0 内田博幸加藤士津532(+2)2.18.2 1.535.1⑧⑧⑩⑪レッドヴェロシティ
21/02/07 東京 9 ゆりかもめ賞 1勝クラス 芝2400 955124.688** 牡3 56.0 大野拓弥加藤士津530(-12)2.28.7 1.836.8パープルレディー
21/01/09 中山 9 黒竹賞 1勝クラス ダ1800 131120.8713** 牡3 56.0 菅原明良加藤士津542(+8)1.57.9 3.642.2⑥④⑥⑧ティアップリオン
20/11/14 福島 1 2歳未勝利 ダ1700 13574.821** 牡2 54☆ 菅原明良加藤士津534(-10)1.48.7 -1.439.2⑨⑨ゴイゴイスー
20/10/18 東京 2 2歳未勝利 芝2000 8223.025** 牡2 55.0 三浦皇成加藤士津544(-2)2.03.9 1.337.9ミエノムガール
20/09/27 中山 5 2歳新馬 芝2000 1561112.142** 牡2 54.0 三浦皇成加藤士津546(--)2.06.3 0.235.9ジャンカルド

ルーパステソーロの関連ニュース

 ◆吉田隼騎手(ステラヴェローチェ3着)「ゲートは練習と違った(遅かった)が、枠がよかったこともあって、人気馬を見ながら運べた。きょうは馬場が合っていた。ダービーに向けてもう一段階、上げていかないと」

 ◆ルメール騎手(アドマイヤハダル4着)「勝ち馬をマークする形で進み、直線で外に出すと頑張っていたが、坂を上がって苦しくなった」

 ◆岩田望騎手(ヨーホーレイク5着)「後ろからでもリズム良く運べた。4コーナーも狭いところからいい勝負根性を見せてくれた」

 ◆M・デムーロ騎手(グラティアス6着)「外枠が厳しく、流れが速くて息があまり入らなかった。馬場に脚を取られて、直線で(他馬と)ぶつかったのも影響した」

 ◆戸崎騎手(ディープモンスター7着)「バネがある感じでいいフットワークをしていたが、前残りの競馬で厳しかった」

 ◆福永騎手(レッドベルオーブ8着)「うまく脚をためられていれば、上位争いができたと思う」

 ◆池添騎手(ヴィクティファルス9着)「馬場のいいところを選んで走ったが、3コーナーから手が動いてしまった」

 ◆大野騎手(イルーシヴパンサー10着)「馬場に泣かされました」

 ◆三浦騎手(シュヴァリエローズ11着)「終始、ノメって走っていた」

 ◆菱田騎手(ワールドリバイバル12着)「自分の競馬はできた。これからよくなる馬です」

 ◆北村友騎手(ラーゴム13着)「調教ではゆったり走れるようになっていたが、競馬ではブレーキに対する操縦性が利きづらかったです」

 ◆木幡巧騎手(ルーパステソーロ14着)「まだ器用さに欠けるが、自己条件なら」

 ◆嶋田騎手(アサマノイタズラ16着)「3コーナーから右に張り出して、いつもよりも出していったぶん、苦しくなった」

★18日中山11R「皐月賞」の着順&払戻金はこちら

【皐月賞】直前気配~関東馬 2021年4月18日() 04:50

 〈美浦トレセン〉

 無傷3連勝のエフフォーリアは北Cコース(ダート)を回った後に森林馬道でクールダウン。鹿戸調教師は「以前は腹痛をよく起こしていたけど、今はリラックスできている。やれることはやったし、いいい状態で送り出せる」と胸を張った。

 弥生賞ディープ記念勝ち馬タイトルホルダーは南の角馬場で約30分間乗られた。「前回と同じパターン。追い切りの雰囲気もメンタル面も前回以上。スピードだけでなく、パワーも併せ持っているので道悪になっても大丈夫」と三浦助手。

 スプリングS2着のアサマノイタズラは南Wコースをキャンターで1周。平塚助手は「この馬は成長力がすごい」と好感触。担当の滝口厩務員も「前走も3着以内に入る自信はあったけど、今回はそれ以上の感じ」と手応えを明かす。

 2戦2勝のグラティアスは4ハロン68秒6で登坂。「内面が強くて息切れをした姿を見たことがないし、自分のスタイルを崩さず走り切れるのがいいところ」と加藤征調教師。

 イルーシヴパンサーは坂路4ハロン64秒0。池内助手は「前日としては前回より走りのバランスがいい。相手なりに走れる馬だと思うので、ここでも」と一発の期待を込める。

 ルーパステソーロは4ハロン66秒9で登坂。「変わらずきています。(以前所属した栗田博厩舎で)イスラボニータとか見てきた中でも、跳びが大きい。その割に素軽さもあるね」と会津助手。

皐月賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【皐月賞】前走後の談話 2021年4月18日() 04:48

 〔1〕アドマイヤハダル「しっかり追ったなかで脚を使うことができた。強い内容だった」(松山騎手)

 〔2〕ルーパステソーロ「2000メートルを超えてくるとどうか」(原騎手)

 〔3〕ステラヴェローチェ「(敗因に関しては)いろんな要素があったので…」(須貝師)

 〔4〕イルーシヴパンサー「上手に走れていたと思う」(久保田師)

 〔5〕ヴィクティファルス「悪い馬場でもリズム良く走れていた。まだ強くなると思う」(池添騎手)

 〔6〕ヨーホーレイク「直線半ばで1頭になり、ふわっとした。勝ち馬がしぶとかった」(武豊騎手)

 〔7〕エフフォーリア「落ち着いていたので、力を発揮できるという自信はあった。期待も大きかった」(横山武騎手)

 〔8〕ダノンザキッド「予定通りテンションが高く、レースも力みながらでした。だからこそ、前哨戦を使いました。これで抜けてくれると思います」(川田騎手)

 〔9〕ラーゴム「(いいところは)闘争心だと思う。課題を修正して次に向かえれば」(北村友騎手)

 〔10〕シュヴァリエローズ「勝負どころから離されてしまった」(北村友騎手)

 〔11〕ディープモンスター「スタート後に外へ膨れたのは大したことではない」(武豊騎手)

 〔12〕ワールドリバイバル「向こう正面で競られてしんどくなった」(菱田騎手)

 〔13〕タイトルホルダー「うまく単騎で、自分のペースで行けた。いい騎乗ができた」(横山武騎手)

 〔14〕アサマノイタズラ「前走よりもいい状態だったし、重馬場もこなせると思っていた」(嶋田騎手)

 〔15〕グラティアス「馬の後ろで我慢できた。(直線では)すぐトップスピードに届いて楽勝だった」(ルメール騎手)

 〔16〕レッドベルオーブ「3コーナーで勝ち馬の後ろの位置を取るチャンスがあったのに、取り逃してしまった」(福永騎手)

皐月賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【皐月賞】金曜日の陣営 2021年4月17日() 04:52

 <美浦トレセン>

 エフフォーリアは坂路を4ハロン63秒3でさらっと上がった。鹿戸調教師は「リラックスして走ることを重点に、1ハロン15秒くらいでいった。落ち着いて雰囲気はいいね。今までで一番順調にきている」と笑顔。気配はすこぶるいい。

 タイトルホルダーは坂路を4ハロン65秒8で駆け上がった後に、南Bコース(ダート)でハッキング。「気が入ってきているけど、明日(土曜)には抜けてくると思う。集中しているのはいいね。枠((13)番)も心配していない。ひとつ内に逃げそうな馬がいるし、競馬がしやすいと思う」と栗田調教師。

 グラティアスは追い切り翌日とあって、厩舎周辺での運動とプールのメニューをこなした。菅原助手は「落ち着いています。体重は減るかもしれないけど、薄手の馬体に幅が出て、本当にパワーアップした」と成長ぶりに感心する。

 アサマノイタズラは主戦の嶋田騎手を背に北の角馬場で体をほぐしてから、Bコース(ダート)をキャンターで1周半した。鞍上は「この中間は前走以上に攻めていますが、その中でも落ち着いているのがいいですね。体の張りも良くなっている感じがします」と好感触を伝える。

 イルーシヴパンサーは南の角馬場から坂路1本。「追い切ってグッと気が入ってきた。良馬場の方が切れが増すと思うけど、前走でも道悪を経験できたからね。そこまで馬場がひどくならなければ」と久保田調教師。

 ルーパステソーロは南の角馬場→Bコースを1周半のメニュー。「もう少し(完成が)先の血統ですね。ただ、馬場が荒れるのは良さそう。疲れが残らないように持っていきたい」と加藤士調教師。



 <栗東トレセン>

 ダノンザキッドは坂路で4ハロン72秒1-18秒0をマーク。安田隆調教師は「順調に調整できています。輸送でガタッと減る馬ではないし、前走と同じくらいで出走できそう。あとはレースでどれだけ力を出せるか」と力を込めた。

 ステラヴェローチェはキビキビとした走りで坂路を駆け上がり、4ハロン66秒9-13秒6を計時。山田助手は「前半は我慢を利かせて、キャンターでしまいをサッと。落ち着いています」と語った。

 レッドベルオーブは角馬場のあとCWコースを1周。藤原英調教師は「体も成長し、狙い通りにしっかり休ませた効果も見える」と状態の良さを伝えた。大外の〔8〕枠(16)番に、「ここなら前に、ハナでもいいかな。気分良く運んでほしい」と期待を込めた。

 ヴィクティファルスは角馬場で運動。池添学調教師は「いい状態です。馬も元気いっぱいで、特にやる必要もないですからね」と話した。

 ディープモンスターは坂路で4ハロン64秒6-15秒1。調教後馬体重が前走から4キロ減の448キロについて、兼武助手は「数字は減っていますが、中身が詰まって良くなっているし、張りが出てきています」と力を込めた。

 アドマイヤハダルは4ハロン68秒9-15秒9で登坂。力強い脚取りで駆け上がった。大久保調教師は「引き続き状態はいいですし、デビュー前から楽しみにしていた馬。デキがいいので、調整も工夫することなくこれました」とうなずいた。

 ワールドリバイバルは坂路で活気ある走り。4ハロン63秒1-16秒0をマークした。牧田調教師は「普段通りです。(輸送も)小倉、中山といって慣れているし、問題ないです」と笑みを浮かべた。

 ヨーホーレイクはCWコースをゆったりしたペースで1周。友道調教師は「ゲートの出が悪いところがあるから偶数枠(〔3〕枠(6)番)で良かった。精神面で落ち着きのある馬だし、輸送も問題ないですよ」と語った。

 ラーゴムは角馬場から坂路に向かい、4ハロン61秒4-14秒0。斉藤崇調教師は「追い切った後も硬さはないし、リラックスしています。馬体重(調教後で508キロ、前走は512キロ)が減っているけど、細くないし、そんなに気にしていません」と話した。

 シュヴァリエローズは坂路で4ハロン67秒2-16秒6。清水久調教師は「(馬体重は)輸送で減るだろうし、前走と同じぐらいで出られそうです」と話した。

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】皐月賞2021 活気あふれるアドマイヤハダルをトップ評価 2021年4月16日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は皐月賞・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われる皐月賞の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①アドマイヤハダル【A】
栗東坂路単走。整える程度の内容ながら、活気に満ちた走りを披露した。柔らかい身のこなしでストライドを伸ばす姿は見ごたえ十分。鞍上の合図に対する反応も鋭く、状態の良さがうかがえる。好仕上がり。

ルーパステソーロ【C】
美浦坂路単走。緩めの調整とはいえ、踏み込みが浅く力強さという面では今ひとつ。中盤からピッチを上げ、ラストまでしぶとく脚を伸ばした点は評価できるものの、相手関係を考えると過度の期待はかけにくい。

ステラヴェローチェ【B】
栗東坂路単走。先を行く他馬を目標に進める内容で実質的に併せ馬。セーブ気味の調整だが、それなりに我慢は利いているし、脚元の動きもスムーズ。追えば伸びそうな余力も十分に残している。いい仕上がり具合ではないか。

イルーシヴパンサー【C】
美浦南芝併走。機敏な反応を示し、追走先着を果たした。ただ、首から肩にかけての発汗が目立つのは気がかり。思いのほかテンションの維持に苦労しているのかもしれない。当日の気配を注視したい1頭である。

ヴィクティファルス【C】
栗東坂路単走。頭の位置が高く、体の軸も安定しない。そのうえ手前の切り替えに手間取り、しまいは失速気味。馬場の荒れた後半の時間帯だった点を加味しても、消化不良の感が残るのは確か。評価は上げづらい。

ヨーホーレイク【B】
栗東坂路併走。競る気配がやや薄いような気もするが、脚元の動きは力強く、全体的に見ればテンポ良く運べている印象。抜群とは言えないまでも、雰囲気は決して悪くない。この馬なりに順調だろう。

エフフォーリア【B】
美浦南W併走。前を行く僚馬に並びかけるも、先に仕掛けた相手に離されると、再び追走の形に。徐々に差を詰め、馬体を併せたところでゴールとなった。内容こそ地味だが、体を大きく使った迫力あるフットワークは健在。動ける態勢とみたい。

ダノンザキッド【A】
栗東CW単走。序盤はゆったりと進め、直線で促されると素早く反応を返し、弾むようなフットワークで上々の伸びを見せた。前回の中間時より頭の位置が下がっていることも好印象。着実に状態は上向いている。

ラーゴム【A】
栗東CW単走。リズム重視の内容ながら、首を効果的に使って持続的に脚を伸ばすさまは見映えがいい。この馬としてはストライドが広くとれているし、制御もしっかり利いている。仕上がり上々。

シュヴァリエローズ【C】
栗東CW併走。重心を低く保っているのはいいのだが、前回の中間時と比較すると、少し推進力を欠いているように映る。そのあたりを踏まえると、今回の舞台で能力を発揮できるかどうか。善戦を超えるイメージは浮かんでこない。

ディープモンスター【B】
栗東坂路単走。軽めの調整ながら、ブレの少ない好フォームで駆け上がった。稽古映えする馬なので過度の評価はできないものの、調子自体は良さそう。あとは実戦で気分を損ねず走れるかどうか。それが最大の焦点となる。

ワールドリバイバル【C】
栗東坂路併走。ハミ受けが良く、手前の切り替えもスムーズ。以前に比べると走りに安定感が出てきた。とはいえ、促されてからスピードに乗るまでに時間を要するのは相変わらず。よほどの展開利がないと、出番は回ってこないのではないか。

タイトルホルダー【B】
美浦南W単走。最後まで集中を切らすことなく駆け抜けた。やや前進気勢が過ぎるような気もするが、そもそも抑えて味があるタイプではない。フォーム自体は崩れておらず、緩めの調整を思えばラップも及第点レベル。力を出せる仕上がりと判断したい。

アサマノイタズラ【C】
美浦坂路併走。コーナーを出るあたりまでは、シャープな動きを見せていたが、直線に入ると右に向く素振りを示すなど、不真面目な面を出したのは気になるところ。上積みを感じるまでには至らず、今回は期待よりも不安のほうが大きい。

グラティアス【B】
美浦南W併走。やや体勢不利の形でゴールしたが、折り合い重視の調整なので、深刻に捉える必要はない。重め感もなく、鞍上の手ごたえに見合った動きはできている。一応の態勢は整ったのではないか。

レッドベルオーブ【B】
栗東CW併走。しまい重点の内容ながら、余力残しで先着を果たした。鞍上がかなり気を使っていたように、折り合い面の不安が残るのは確かだが、朝日杯FS当時と比べて、ハミの当たりが良くなっていることは好感が持てる。侮れない存在だ。


【調教予想からの注目馬】
A判定は3頭。トップは①アドマイヤハダルとする。坂路とCWの併用で順調に本数を重ね、1週前、今週と好内容の追い切りを展開。活気の良さと弾力性に富んだフットワークは目を引くものがある。いいムードで本番に臨めそうだ。

シャープな反応と素軽い身のこなしが印象に残る、⑧ダノンザキッドを2番手に。折り合い面に進境を見せ、走りに余裕が出てきた⑨ラーゴムも上位評価に値する。

<注目馬>
アドマイヤハダル ダノンザキッド ラーゴム

[もっと見る]

【皐月賞】枠順の明暗 2021年4月16日(金) 04:53

 <栗東トレセン>

 すみれS勝ち馬ディープモンスターは、〔6〕枠(11)番。2017年に厩舎の先輩アルアインが勝っている。川合助手は「極端な枠じゃなくて良かった。注文のつくタイプじゃないので、うまく立ち回ってくれると思います」とうなずいた。

 ステラヴェローチェは〔2〕枠(3)番。1977~79年に3連勝するなど、過去最多タイ7勝を挙げている好枠だ。「強いて言うなら偶数の方が良かったかな、というぐらいです。天気に関しては、雨が降るなら良さそうな感じ」と北村助手。

 朝日杯FS3着以来となるレッドベルオーブは大外〔8〕枠(16)番。09年にアンライバルドが勝っている。田代助手は「内が悪くなるだろうし、いいところを通れるし、良かった。(内の)出方を見ながらいけるしね」とうなずいた。

 きさらぎ賞勝ち馬ラーゴムは〔5〕枠(9)番。過去1勝も、2着は8度。斉藤崇調教師は「いいんじゃないでしょうか。内過ぎてごちゃごちゃするのは嫌でしたからね。真ん中あたりでいいと思います」と歓迎した。

 きさらぎ賞2着ヨーホーレイクは〔3〕枠(6)番。95年ジェニュイン、08年キャプテントゥーレが勝っている。大江助手は「偶数で後入れなのもいいですね。ロスなく立ち回れるし、流れに乗った競馬ができれば」と語った。

 シュヴァリエローズは〔5〕枠(10)番。84年のシンボリルドルフ以来、勝ち馬が出ていないが、清水久調教師は「いいところじゃないでしょうか。偶数枠もいいですし、乗りやすい馬ですからね」と前向きに話した。

 ワールドリバイバルは11年オルフェーヴル、19年サートゥルナーリアと近10年で2勝の〔6〕枠(12)番。牧田調教師は「(同型のタイトルホルダーより)内で良かった。ハナに行く方がいいと思う」と逃げ宣言だ。

 <美浦トレセン>

 アサマノイタズラは〔7〕枠(14)番。12年にゴールドシップが勝っている馬番で、「天気も下り坂のようだし、馬場も悪くなるだろうから外の方がいいでしょう。ゲートの不安もないし、自信を持って乗ってくれれば」と矢嶋助手は歓迎した。

 イルーシヴパンサーは過去10年で2着が最高の〔2〕枠(4)番。「極端な外は嫌だった。前走で前に壁を作れず力んだので、競馬をしやすいところに入ったと思う。あとは良馬場向きなので、雨予報がどうか」と池内助手は空を見上げた。

 ルーパステソーロは、過去10年で14年イスラボニータ、15年ドゥラメンテが連勝した〔1〕枠(2)番に決定。「ロスなく回って来られるいい枠。追い切り後も変わらず順調。あとは(木幡巧)ジョッキーに任せます」と加藤士調教師。

皐月賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルーパステソーロの関連コラム

閲覧 1,776ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月18日(日) 中山11R 第81回皐月賞(3歳G1・芝2000m)


<優先出走馬>

アサマノイタズラ(B)中3週
追い切りでもパドックでもまだ余裕がある印象で、ほとんど差のないレースぶりで2着してみせた前走。この中間も嶋田騎手が1週前追い切りに騎乗しての調整。動きに関しては力強さがあり、上積みが感じられる。

アドマイヤハダル(A)中3週
ここ3戦すべて◎にしているくらい、毎回のように調教内容が良い馬。この中間も2週前が坂路、1週前がCWを長めから併せて先着。動きに関してはやや重さも垣間見えるが、しっかりと先着していてこの時点でもだいぶ仕上がっている感じ。

ヴィクティファルス(A)中3週
この中間は、これまでの3戦同様に1週前にはCWを長めから。好時計が出ており、動きを見ても力強さがあり出来は引き続き良さそう。

シュヴァリエローズ(A)中3週
1週前追い切りでは3頭併せの外に併せて先着。追われてから迫力のある走りで抜群の伸び脚を見せていて、好調そのもののデキ。

タイトルホルダー(B)中5週
休み明けの前走時も太め感はなくスッキリした感じで仕上りは良かった。この中間も乗り込み量豊富で、1週前追い切りで見せた伸び脚は前走並みに好印象。

ダノンザキッド(B)中5週
休み明けの前走を使われ、この中間の動きからは行きたがる面が収まり気味で落ち着きが窺える。ただ、悪く言えばおとなし過ぎといった感じで、迫力という点では物足りなく映った。


<以下、賞金上位順>

ステラヴェローチェ(C)中8週
この中間、吉田隼騎手が毎週のように追い切りに騎乗しての入念な乗り込み。ただ、先週のソダシのような好内容とまでは行かず、坂路での動きを見るとまだ終いの伸び脚が良い時のそれには及んでいない印象。

ラーゴム(D)中9週
追い切りの動きが物足りず評価を下げてしまった前走。この中間の追い切りの動きを見ても力強さはなく、多少動きは良化するもまだまだ物足りなさが残る。

エフフォーリア(B)中8週
前走時は最終追い切りでグーンと良くなっていたこの馬。この中間は、トレセンでの乗り込み量が少なく、ギリギリまで牧場で調整されていた感じ。2週前、1週前はまだ凄みを感じるほどの動きではないが、スッと楽に先着しており出来は悪くなさそう。今回も前走時のように最終追い切りで迫力が感じられれば、前走以上の走りにも期待がもてる。

グラティアス(B)3ヶ月
前走時も3ヶ月ぶりで今回も3ヶ月ぶりのレースとなるが、1週前追い切りではデムーロ騎手を背に楽に先着しており、重め感もなく仕上がり良好。最終追い切りもあるので、さらに良くなりそうな感じもある。

レッドベルオーブ(B)4ヶ月
休み明けだが、トレセンでも1ヶ月以上乗り込まれて調整されている。映像がないので動きに関しては何とも言えないが、これまでと同じコースでも外めを回っての好時計なので悪くない仕上がりに映る。

ディープモンスター(B)中6週
この中間もこれまで同様に1週前はCWを長めから併せ馬で追い切られている。調教内容で特に気になるところはなく、調子落ちはなさそう。

ヨーホーレイク(B)中9週
この中間も乗り込み量は豊富。1週前追い切りは、追い出されての反応が鈍く、抜け出して先着するまでに時間がかかっていた。

ワールドリバイバル(D)中3週
この中間は中3週で2週前は軽めの調整で1週前はこれまで通りCWを長めから併せ馬で追い切られて先着。動きを見ると大きな馬の割に硬さがある感じで、伸び脚は物足りない。

イルーシヴパンサー(E)中3週
前走時当コラムで推奨した1頭で、人気薄で4着に健闘。ただこの中間は、1週前追い切りができていない時点で上積みはなさそう。

ルーパステソーロ(E)中2週
かなり大きな馬で、使い込まれているがここ2戦とも追い切りでは目立つ時計が出ていない。中2週のこの中間も、坂路での時計は物足りず能力的にも状態的にも物足りなさが残る。


このコラムからの推奨馬はヴィクティファルスシュヴァリエローズアドマイヤハダルの3頭をあげておきます。



◇今回は皐月賞編でした。
今週の14日(水)には門別で早くも2歳戦がスタートしました。地方競馬の2歳戦において、他地区出走時にも、毎年仕上がりの早さで好成績を残している門別所属馬たちですが、近年はJRA馬相手ではなかなか活躍することができていません(血統の良い馬や素質の高そうな馬たちは、最初からJRAに所属してしまうので仕方がないところだとは思いますが)。そして、近頃ではJRA所属馬も、6月の1600m戦や1800m戦で十分強い勝ち方ができるほどしっかり仕上がっているので、レースがないだけで育成自体は昔に比べると、だいぶ早い時期から行われるようになっているのだと感じています。
地方競馬は、2歳戦が早く始まる割に短距離戦がほとんどなので、早い時期からもう少し長めのレースを増やしてみたらどうかと思います。それと、今後はJRAのクラシックを目指すという意味で、地方競馬においても芝向きの馬が活躍できるようなレース体系(盛岡の芝コースをさらに活用する等)を地方競馬全体で作っていく試みなんかもありかもしれません。そういった路線を目指す馬は調教内容もこれまでと変わってくると思いますし、今の育成技術の向上や外厩施設を使うなどすれば早い時期に長めの距離でも戦える馬も出てくるのではないでしょうか。近年売り上げが伸びている地方競馬なので、地方競馬所属馬専用トレセンを作るくらい強い馬作りに資金を回しても良いかもしれませんね。
日本の馬は海外でも勝ち負けできるくらい強くなりましたが、今の日本の競馬に足りないのが地方競馬所属馬のレベルアップ。先に挙げたような背景から、今のままでは、地方所属馬とJRA所属馬の力の差はさらに広がっていってしまいそうです。1頭でも2頭でも、JRA所属馬に対抗できる馬がクラシックに出走してくるだけで競馬は盛り上がります。そんな馬の出現を期待しながら、今年も2歳戦を楽しみたいと思っています。

皐月賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

ルーパステソーロの口コミ


口コミ一覧

4月18日(日) 皐月賞

 ちんぺー 2021年4月18日() 09:50

閲覧 311ビュー コメント 0 ナイス 19

レース判定を見ると、出走頭数が多く、単複人気順位差も多く、上位複勝断層もないことなどから、大波乱と想定する。

単複差・連単差・連複差の観点からは、06番ヨーホーレイク。
馬連オッズの壁を単複で越えている馬は、02番ルーパステソーロ。
断層の観点からは、07番エフフォーリア、14番アサマノイタズラ。

上記4頭に期待したい。

 ターフィーTD 2021年4月18日() 07:13
タフィスポ(皐月賞特別号)
閲覧 208ビュー コメント 0 ナイス 4

4月18日(日)中山
【GⅠレース展望】

中山11R皐月賞
◎7.エフフォーリア  16.5
○1.アドマイヤハダル  16
▲2.ルーパステソーロ  15
△3.ステラヴェローチェ  14.5
△4.イルーシヴパンサー  14.5
△5.ヴィクティファルス  14
△11.ディープモンスター  14

【買い目】
単勝◎=1点
三連単マルチ◎↔○▲△△△△=90点

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

以上

[もっと見る]

 回収率予報官 2021年4月17日() 23:53
【回収率予報】買ってはいけない 2021-04-18(日) 皐月賞、ア...
閲覧 307ビュー コメント 0 ナイス 9

「買ってはいけない」をお知らせします。

予測回収率が低い馬ですので、馬券購入の際には避けることをおすすめします。
予測回収率が高い馬は「予想コロシアム」の「一言コメント」および「コメント」に記載しています。

《メインレース 予測回収率60%以下》

■新潟11R 芝2000m 4歳上オープン 15:20 福島民報杯
 *3 50% ・ 53.4倍(16) ドリームソルジャー
 *5 60% ・ 22.6倍(12) サトノクロニクル
 *7 50% ・ 35.4倍(15) ハッピーアワー
 13 60% ・ 5.7倍(2) トーセンスーリヤ

■阪神11R ダート1800m 4歳上オープン 15:30 [G3]アンタレスステークス
 *7 60% ・ 8.9倍(4) アナザートゥルース

■中山11R 芝2000m 3歳オープン 15:40 [G1]皐月賞
 *2 50% ・ 117.0倍(16) ルーパステソーロ

《単勝オッズ6.0以下で予測回収率60%以下》

新潟 05R *9 60% ・ 4.6倍(2) クロパラントゥ
新潟 05R 13 60% ・ 3.9倍(1) クロスオブドリーム
阪神 06R *7 60% ・ 3.6倍(2) ヴァリアメンテ
新潟 08R *9 60% ・ 2.4倍(1) レッドラトゥール
阪神 08R *7 60% ・ 4.6倍(3) ペプチドヒミコ
中山 08R *2 60% ・ 4.9倍(4) テンワールドレイナ
中山 09R *3 60% ・ 4.3倍(2) ヴィクターバローズ
中山 10R *6 60% ・ 4.8倍(2) アポロビビ
新潟 11R 13 60% ・ 5.7倍(2) トーセンスーリヤ
阪神 12R 10 50% ・ 5.8倍(2) メイショウベッピン


【実績】(2020-08-15から2021-03-28)
 単勝オッズ(予報公開時)6.0倍以下
 ・予測回収率 60%以下 → 460件/81勝/勝率18%/回収率65.3%
 ・予測回収率100%   → 310件/66勝/勝率21%/回収率114.0%

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、人気順、馬名、です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※回収率予報は前日公開ですが、オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報には他にも使える情報がたくさん
 【回収率予報】メインサイト
 https://note.com/hrrf

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルーパステソーロの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ルーパステソーロの写真

ルーパステソーロ
ルーパステソーロ

ルーパステソーロの厩舎情報 VIP

2021年4月18日皐月賞 G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ルーパステソーロの取材メモ VIP

2021年4月18日 皐月賞 G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。