ブルーシンフォニー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ブルーシンフォニー
ブルーシンフォニー
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2018年3月27日生
調教師伊藤圭三(美浦)
馬主ゴドルフィン
生産者ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
生産地日高町
戦績 4戦[1-1-0-2]
総賞金1,911万円
収得賞金1,000万円
英字表記Blue Symphony
血統 スクリーンヒーロー
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
ランニングヒロイン
ブルーストーン
血統 ][ 産駒 ]
コマンズ
オルダニー
兄弟 ブルーミスト
前走 2021/01/10 日刊スポシンザン記念 G3
次走予定

ブルーシンフォニーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/01/10 中京 11 シンザン記念 G3 芝1600 152234.2106** 牡3 56.0 田辺裕信伊藤圭三476(+4)1.34.1 0.835.4⑤⑦⑦ピクシーナイト
20/11/07 東京 11 京王杯2歳S G2 芝1400 188187.038** 牡2 55.0 田辺裕信伊藤圭三472(+4)1.22.7 0.934.4⑬⑮モントライゼ
20/08/30 新潟 11 新潟2歳S G3 芝1600 11793.912** 牡2 54.0 田辺裕信伊藤圭三468(+4)1.34.9 0.334.8ショックアクション
20/06/21 東京 5 2歳新馬 芝1600 13118.541** 牡2 54.0 田辺裕信伊藤圭三464(--)1.37.2 -0.234.2⑦⑥カランドゥーラ

ブルーシンフォニーの関連ニュース

 ★フェアリーS2着ホウオウイクセル(美・高柳瑞、牝)はトライアルのいずれかを使って桜花賞(4月11日、阪神、GI、芝1600メートル)へ。5着ネクストストーリー(美・中川、牝)はアネモネS(3月14日、中山、L、芝1600メートル)へ向かう。

 ★ベゴニア賞を勝って放牧に出ていたキングストンボーイ(美・藤沢和、牡)は13日に美浦に帰厩し、共同通信杯(2月14日、東京、GIII、芝1800メートル)に参戦する。

 ★シンザン記念2着ルークズネスト(栗・浜田、牡)、13着ファルヴォーレ(栗・高橋忠、牡)はともにファルコンS(3月20日、中京、、GIII、芝1400メートル)に向かう。6着ブルーシンフォニー(美・伊藤圭、牡)はクロッカスS(30日、東京、L、芝1400メートル)等を視野に入れて調整される。

 ★9日中京の新馬戦(芝1600メートル)を勝ったデルマセイシ(栗・音無、牝)は、引き続き松若騎手でエルフィンS(2月6日、中京、L、芝1600メートル)に向かう。12月19日阪神の新馬戦(芝1600メートル)を勝ったエリザベスタワー(栗・高野、牝)も同レースへ。

 ★朱竹賞9着マイネルジェロディ(栗・西園、牡)は、かささぎ賞に駒を進める。

 ★11日中京の1勝クラス(芝1200メートル)を勝ったロングトレーン(栗・佐々木、牝)はマーガレットS(2月27日、阪神、L、芝1200メートル)に向かう。

 ★9日中京の新馬戦(ダ1200メートル)を勝ったバリコノユメ(栗・松永昌、牝)は白梅賞(30日、中京、1勝クラス、芝1600メートル)へ。

 ★10日中京の新馬戦(ダ1800メートル)を勝ったレプンカムイ(栗・橋口、牡)は、2月7日中京の1勝クラス(ダ1800メートル)へ。

 ★10日の中京新馬戦(ダ1400メートル)を勝ったレイクリエイター(栗・浜田、牡)は31日中京の1勝クラス(ダ1400メートル)へ。

 ★9日中山の新馬戦(ダ1200メートル)を勝ったゲンパチフォルツァ(美・堀井、牡)は、23日中山の1勝クラス(ダ1200メートル)を視野に入れる。

キングストンボーイの競走成績はこちら

【シンザン記念】レースを終えて…関係者談話 2021年1月11日(月) 04:51

 ◆幸騎手(ルークズネスト2着)「向こう正面まで折り合いを欠きました。そこがスムーズなら、もっといい脚を使えた」

 ◆坂井騎手(バスラットレオン3着)「先行有利の馬場のなか、イメージ通りの位置で進め、折り合いもつきました。左回りも問題ありませんでした」

 ◆宮田師(セラフィナイト5着)「新馬戦と同じく荒れた馬場を気にして下がっていきましたが、外に出してからはいい脚を使い、能力を見せてくれました」

 ◆田辺騎手(ブルーシンフォニー6着)「いろいろと馬具を替えて落ち着きもあり、いつもよりもゲートは出ましたが…」

 ◆川島騎手(マリアエレーナ7着)「前走同様に追い込む競馬に徹しました」

 ◆黛騎手(ワザモノ8着)「スタートは今までになく出ましたが、外枠がこたえました」

 ◆池添騎手(ルース9着)「気合を入れながら追走しました。ペースが忙しかった」

 ◆川田騎手(レゾンドゥスリール10着)「ずっと気持ちが集中しきれないままで、幼さが出てしまったレースです」

 ◆浜中騎手(ダディーズビビッド11着)「まだ非力で、パワーがいる今の馬場は合わない感じですね」

 ◆和田竜騎手(トーカイキング12着)「やりたいレースはできたし、状態も良かった。自己条件ならチャンスも」

 ◆吉田隼騎手(ファルヴォーレ13着)「右に張る面がありました。乗りやすいけど、真面目すぎる感じですね」

 ◆松山騎手(カスティーリャ14着)「ポジションは良かったけど、馬がムキになっていました」

 ◆岩田望騎手(ロードマックス15着)「折り合いを欠いたのが全てです」

★10日中京11R「シンザン記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

サンスポ連載企画『「予想コロシアム」凄腕予想家の重賞診断』今週はakiさんが登場!<シンザン記念(G3)2021> 2021年1月10日() 12:00

毎週日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面で展開中の、ウマニティとのタイアップ企画『「予想コロシアム」凄腕予想家の重賞診断』
今週は、akiさんシンザン記念(G3)予想が掲載されています。

それでは早速、予想をご覧いただきましょう。

本日は、現在開催中のウマニティ公認プロ予想家を決めるプロテストにて、第二次選考を3位で突破し、最終選考に参戦しているウマニティユーザー予想家のakiさんにシンザン記念を予想してもらいます。「人気馬の消せるポイントを探すことで買い目を減らし、回収率向上を目指すスタイル」で好成績をあげているakiさんの渾身予想に注目しましょう。

重視するのは「5日の中京芝は内枠先行有利だった」こと、「朝日杯組は凡走傾向にある」こと、「2勝馬の2頭は、⑤は凡走が重のみ、⑦は新馬から馬体重が20キロ近く増えて成長ありと、ともに高く評価できる」こと。これらを踏まえ、◎⑤ダディーズビビッド、○⑮ククナ、▲⑦ファルヴォーレ、△②ブルーシンフォニー、×⑫ピクシーナイトと結論付けました。馬券は3連複FM⑤⑮→⑤⑦⑮→②⑤⑦⑫⑮、ワイドFM⑤⑮→②⑦で勝負します。

ウマニティの予想コロシアムでは、さまざまなタイプの凄腕予想家の予想を閲覧することができます。ぜひチェックしてくださいね!
(ウマニティ編集長・岡田大)




===================
本レース以外のakiさんの予想は、ウマニティの予想コロシアムでご確認ください。
===================

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】シンザン記念2021 大久保先生、徳光和夫さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2021年1月10日() 05:30


※当欄ではシンザン記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑬ロードマックス
○⑩バスラットレオン
▲⑮ククナ
△②ブルーシンフォニー
△③ルークズネスト
△⑤ダディーズビビッド
△⑦ファルヴォーレ

【徳光和夫】
◎⑮ククナ
3連単1頭軸流しマルチ
⑮→③④⑨⑩⑫⑬
複勝
マリアエレーナ

【DAIGO】
◎⑩バスラットレオン

【田中裕二(爆笑問題)】
◎①マリアエレーナ
○⑮ククナ
▲⑤ダディーズビビッド
△⑩バスラットレオン
△⑬ロードマックス
△⑪レゾンドゥスリール
△⑨ルース
3連単1頭軸流しマルチ
①→⑤⑨⑩⑪⑬⑮

【杉本清】
◎⑮ククナ
○⑩バスラットレオン
▲⑬ロードマックス
☆⑥セラフィナイト
△②ブルーシンフォニー
△③ルークズネスト
△⑤ダディーズビビッド
△⑪レゾンドゥスリール

【林修】
注目馬
ピクシーナイト

【井森美幸】
◎⑮ククナ

【細江純子(元JRA騎手)】
◎⑮ククナ

【橋本マナミ】
◎⑮ククナ
○⑪レゾンドゥスリール
▲⑤ダディーズビビッド
△⑩バスラットレオン
△②ブルーシンフォニー
△⑬ロードマックス

【横山ルリカ】
◎⑮ククナ

【神部美咲】
◎⑮ククナ

【旭堂南鷹】
◎④カスティーリャ
○⑥セラフィナイト
▲⑮ククナ
△⑩バスラットレオン
△③ルークズネスト

【真田ナオキ】
◎⑤ダディーズビビッド

【稲富菜穂】
◎⑬ロードマックス
○⑮ククナ
▲④カスティーリャ
△⑤ダディーズビビッド
△③ルークズネスト
△①マリアエレーナ

【小木茂光】
◎③ルークズネスト
3連単フォーメーション
③④⑩→③④⑤⑩⑪⑬⑮→③④⑩

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑩バスラットレオン
単勝


【キャプテン渡辺】
◎④カスティーリャ
単勝

馬連・ワイド
④-⑮ククナ

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑪レゾンドゥスリール

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑬ロードマックス
3連複フォーメーション
⑬-③④⑤⑩⑫-①②③④⑤⑥⑦⑩⑪⑫⑬⑮

【ギャロップ林】
◎⑤ダディーズビビッド
馬連流し
⑤-①④⑥⑩⑪⑫⑬

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑫ピクシーナイト
3連単2頭軸流しマルチ
⑫→⑩→②③⑤⑦⑪⑬⑭⑮

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑩バスラットレオン
馬単1着軸流し
⑩→③⑤⑪⑫⑬
3連単1頭軸流しマルチ
⑩→③⑤⑪⑫⑬

【浅越ゴエ】
◎②ブルーシンフォニー
ワイド流し
②-⑥⑫
3連単1頭軸流しマルチ
②→⑥⑫⑮

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑫ピクシーナイト
3連単2頭軸流しマルチ
⑫→⑩→①②④⑤⑥⑪⑬⑮
ワイド流し
⑫-⑨⑪⑬

【リリー(見取り図)】
◎⑪レゾンドゥスリール
3連複2頭軸流し
⑪-⑫-①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑬⑭⑮

【船山陽司】
◎⑫ピクシーナイト

【鷲見玲奈】
◎⑮ククナ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑪レゾンドゥスリール

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑫ピクシーナイト
○⑮ククナ
▲⑬ロードマックス
△③ルークズネスト
△⑤ダディーズビビッド
△⑥セラフィナイト

【皆藤愛子】
◎⑮ククナ

【高田秋】
◎①マリアエレーナ

【守永真彩】
◎⑩バスラットレオン
3連複2頭軸流し
⑩-⑮-①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑪⑫⑬⑭

【目黒貴子】
◎⑩バスラットレオン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】シンザン記念2021 ロードマックス、ククナがA評価 2021年1月8日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はシンザン記念・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われるシンザン記念の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

マリアエレーナ【C】
栗東CW単走(5日)。小柄な馬にもかかわらず、長めからしっかり追えているあたり、体調自体は悪くなさそう。だが、相手強化の重賞で勝ち負けを望める状態にあるかといえば疑問符が付く。今回は期待よりも不安のほうが大きい。

ブルーシンフォニー【B】
美浦南W併走(6日)。調整色の濃い内容ながら、自身のリズムを保って、落ち着いて走れていた。股下に発汗が見られることや、競る気配が薄く映る点は気になるも、脚元の動き自体は悪くない。及第点のデキにはある。

ルークズネスト【B】
栗東CW単走(6日)。他厩舎の併せ馬が気になるのか、体の向きが安定しない。とはいえ、進路が定まったあとのダイナミックなフォームは見どころがあった。急上昇とはいかないまでも、前回のデキを下回るということはない。

カスティーリャ【B】
栗東坂路単走(6日)。力みがちではあるが、首をしっかり使えているので、走りのリズムは悪くない。キレは感じないものの、最後までしぶとく脚を伸ばしており、自身の持ち味は出している印象。いい仕上がり具合ではないか。

ダディーズビビッド【B】
栗東CW単走(6日)。推進力が上に逃げ気味の反面、前肢は大きく使えており、鞍上の手ごたえに見合った走りはできている。状態は安定しており、自身の力を出せる態勢とみていい。

セラフィナイト【C】
美浦南W併走(6日)。コーナーを回る際の手前が逆で、外へ張り出し気味になってしまったのは減点材料。手前が落ち着かないのは実戦でも同じ。そのあたりを踏まえると、積極的には手が出ない。

ファルヴォーレ【B】
栗東坂路単走(7日)。首の上下動幅が安定しないものの、ステップは軽快で活気も十分。鞍上の指示に対する反応も悪くなく、状態は良さそう。あとは実戦でテンションを維持できるか否か。そのあたりが焦点となる。

トーカイキング【C】
栗東坂路単走(7日)。暮れから順調に本数を重ねていることは評価できるが、前回時と比べると時計的に物足りない。キャリア7戦という経験値の高さでどこまでカバーできるか、といったところだろう。

ルース【C】
栗東坂路単走(7日)。加速ラップを記録したものの、四肢だけで走っているような印象で、時計ほどのスピードを感じることはできなかった。牡馬混合の重賞で上位争いに加わるには、もう一段階上の変わり身がほしい。

バスラットレオン【B】
栗東坂路併走(6日)。やや単調な走りだが、それは前回も同様。折り合いはついているし、鞍上のゴーサインに対する反応も悪くなかった。中2週が続くものの、デキ落ちや疲れは感じられない。好調維持とみてよさそうだ。

レゾンドゥスリール【B】
栗東CW併走(7日)。パートナーの僚馬2頭に体勢不利の形でゴールしたが、折り合い重視の調整なので、深刻に捉える必要はない。それなりに競る気配は示しているし、脚どりも確か。雰囲気は決して悪くない。

ピクシーナイト【B】
栗東坂路併走(6日)。手ごたえに余力を残したまま、最後は僚馬を突き放してゴール。気難しい面を随所に出していたが、制御はしっかり利いている。この馬なりに良い状態とみて差しつかえない。

ロードマックス【A】
栗東CW併走(6日)。直線で鞍上に促されると素早く加速。前を行く僚馬をあっさりとパスした。道中のテンポ良い走りと、スピードに乗ってからの回転鋭いフットワークは目を引くものがある。好ムード。

ワザモノ【C】
美浦南W併走(6日)。僚馬2頭に体勢有利の形でゴールしたものの、頭が高く首の動きも硬め。そのぶん、スピードに乗るまでに時間を要している印象を持つ。今回の舞台で好勝負を演じるには、展開や馬場など何らかの恩恵がほしい。

ククナ【A】
美浦坂路単走(6日)。最後まで集中力を保ち、好タイムをマークした。走りやすい馬場とはいえ、低い重心から繰り出す力強いフットワークは見ごたえ十分。力を出せる仕上がりと判断したい。


【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。トップ評価は⑬ロードマックスとする。今週の併せ馬では中2週の間隔を感じさせない、非凡な脚力を披露した。G1出走の反動は見受けられず、むしろ上げ潮ムードにある。

ククナも差はない。美浦坂路主体に本数を積み上げ、今週の本追い切りではラスト2ハロン23秒7-11秒6の好ラップをマーク。ここ目標にキッチリと仕上げてきた印象を持つ。

<注目馬>
ロードマックス ククナ

[もっと見る]

【シンザン記念】厩舎の話  2021年1月8日(金) 04:59

 ◆カスティーリャ・橋口師「先週しっかりやっているので、馬なりでテンションを上げ過ぎないように。ひと息入れてたくましくなっています」

 ◆ククナ・栗田師「すごく弾んでいて、息も楽そうだった。中京の馬場は傷んでいる感じだけど、パワーがあるからこなせると思う」

 ◆セラフィナイト・丸山騎手「いい調教を積み重ねているし、動き自体も良かった。良馬場でやりたい」

 ◆ダディーズビビッド・千田師「気分良く走らせて、いい感じ。元気でフレッシュなぶん、引っ掛かる心配があるので折り合い次第です」

 ◆トーカイキング・西橋師「上がり重点で動きは良かった。スッといい位置につけられるのが強み。相手は強いけど、挑戦する気持ちで」

 ◆バスラットレオン・矢作師「素晴らしい動きだった。いい状態でいけると思う。全体的な能力が高くて、さらに上積みはあると思う」

 ◆ピクシーナイト・音無師「いつも通り、ラストはいい動きだった。能力は高いので(1ハロン延びる)距離が鍵だろう」

 ◆ファルヴォーレ・高橋忠師「しまいを伸ばす程度。うまく脚をためられれば切れるので、そういう競馬をしたい」

 ◆ブルーシンフォニー・伊藤圭師「前走時、イレ込みがきつかったので馬なりで。左回りのマイルが一番合う」

 ◆マリアエレーナ・高島助手「1週前に併せでやっているので、サッとやって動きは良かった。中京は合っている」

 ◆ルークズネスト・幸騎手「動きはすごく良かった。ハミ掛かりが良くなり過ぎているので、折り合いに気をつけた」

 ◆ロードマックス・岩田望騎手「いい動き。前走と同じように落ち着いています。経験している左回りで、中京の差し(有利の)馬場はいい条件だと思います」

 ◆ワザモノ・尾関師「動きはすごく良かった。経験を積んで良くなっているし、輸送も心配していない」

シンザン記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブルーシンフォニーの関連コラム

閲覧 1,752ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 日刊スポーツ賞 シンザン記念 2021年01月10日(日) 中京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ東京以外、かつ芝のレース”において上がり3ハロンタイム順位が1位となった経験の有無別成績(2017年以降)】
○あり [4-3-3-15](3着内率40.0%)
×なし [0-1-1-21](3着内率8.7%)

 末脚を活かしたいタイプに注目すべき一戦。ただし、東京のレースでしか出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークしていない馬は苦戦していました。左回りと右回りの違いはあるものの、東京芝と京都芝は求められる資質が似ているコース。今年の舞台はゴール前の直線に急坂がある中京芝1600mなので、例年以上に“東京向きの差し馬”を軽視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→ククナダディーズビビッドファルヴォーレワザモノ
主な「×」該当馬→ブルーシンフォニーロードマックス


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の距離が1600m」だった馬は2017年以降[4-4-3-18](3着内率37.9%)
主な該当馬→ククナダディーズビビッドロードマックスワザモノ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2020年9月15日(火) 10:31 伊吹雅也
【伊吹雅也のPOG分析室 (2020) 】~第8回ワールド別上位ランカーまとめ~
閲覧 877ビュー コメント 0 ナイス 6

 9月7日をもっておよそ3か月に渡る夏季競馬シーズンが閉幕。先週9月12日からは4回中山・4回中京がスタートし、秋季競馬シーズンに突入しました。
 先週までに“JRA、かつ2歳のレース”は計197レース施行されており、188頭が勝ち上がり済み。7月18日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)をリンゴアメ(マイネデセールの2018)が、8月30日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)をショックアクション(Reset In Blueの2018)が、9月5日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)をソダシ(ブチコの2018)が、9月6日の小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)をメイケイエール(シロインジャーの2018)が制し、それぞれ重賞ウイナーの称号を手にしています。
 まだスペシャル以外の各ワールドでは仮想オーナー募集枠の解放が順次行われていますし、最終的な順位を左右するような高額賞金のレースが施行されるのはかなり先です。しかし、スタートダッシュに関する明暗がはっきりとランキングに表れているうえ、夏季競馬シーズンという最初の区切りを迎えたばかりの今は、反省や戦略の練り直しを行うちょうど良いタイミングと言えるんじゃないでしょうか。
 そこで今回は、9月13日終了時点における各ワールドの上位プレイヤーと、その指名馬をひと通りチェックしていきたいと思います。

 なお“JRA、かつ2歳のレース”における競走馬ごとの本賞金額(9月13日終了時点)トップ20は下記の通りでした。

ソダシ(ブチコの2018) 3800万円
メイケイエール(シロインジャーの2018) 3800万円
リンゴアメ(マイネデセールの2018) 3800万円
ショックアクション(Reset In Blueの2018) 3790万円
ヨカヨカ(ハニーダンサーの2018) 3700万円
カイザーノヴァ(ステラリードの2018) 2610万円
ウインアグライア(ウインアルテミスの2018) 2300万円
ブルーバード(エーシンベタラネリの2018) 2300万円
ラストリージョ(コスモマクスウェルの2018) 2300万円
ラヴケリー(ダームドゥラックの2018) 2120万円
モントライゼ(ムーングロウの2018) 1990万円
フォドラ(セイングレンドの2018) 1950万円
ブルーシンフォニー(ブルーストーンの2018) 1900万円
ユーバーレーベン(マイネテレジアの2018) 1900万円
ルーチェドーロ(アラフネの2018) 1900万円
ドゥラモンド(シーズインクルーデッドの2018) 1710万円
バスラットレオン(バスラットアマルの2018) 1480万円
フラーズダルムクーデグレイスの2018) 1480万円
ショウナンラスボス(プリンセスオブザスターズの2018) 1340万円
セレッソフレイム(ボストンサクラの2018) 1340万円

 8月15日のフェニックス賞(2歳オープン・小倉芝1200m)、8月29日のひまわり賞(2歳オープン・小倉芝1200m)を連勝したヨカヨカは、重賞ウイナー4頭と同等の賞金を獲得。デビュー前から評判になっていた九州産馬で、ひまわり賞を使うことができるという明確なアドバンテージもあったわけですから、当初から狙っていた、そして狙い通りにポイントを獲得できてほくそ笑んでいるプレイヤーが多いかもしれません。

 スペシャルワールドでトップに立っているたけぼう54さんも、ヨカヨカを指名しているプレイヤーのひとり。1頭1オーナー制という“特殊ルール”が影響しているとはいえ、スペシャルワールドではこの馬に2名しか入札しておらず、手頃なポイント(1500万PP)で獲得に成功していらっしゃいます。前評判通りに活躍した今だからこそ「絶好の狙い目だった」と言えますが、第1回入札で獲得を目指すにはそれなりの勇気が必要だったはず。やはり素晴らしい指名です。
 もっとも、たけぼう54さんはヨカヨカのみのおかげでトップに立っているわけではありません。仮想オーナー馬の全20頭中、既に18頭がデビューを果たしており、うち11頭が勝ち上がり済み。札幌2歳ステークスではバスラットレオンが3着に食い込みました。現時点で2位のよ~じさんに1億円近い差をつけているうえ、これだけ指名馬の層が厚いとなると、しばらくは“天下”が続くのではないかと思います。

 G1ワールドは1億0841万円を獲得しているGrecaleさんがトップ。こちらもヨカヨカが稼ぎ頭です。このヨカヨカを仮想オーナー募集枠が解放された第6回入札で獲得していらっしゃるように、Grecaleさんはデビュー後の指名も併用していくスタイル。まだ仮想オーナー馬の頭数は上限に達していません。2位以下との差はわずかですが、今後の指名やレース結果によっては、後続をじわじわ引き離していくような展開になるんじゃないでしょうか。

 G2ワールドで首位をキープしているフジノウェーブさんも、デビュー直前に行われた第2回入札でヨカヨカを獲得していました。さらに、札幌2歳ステークスでユーバーレーベンが2着、9月12日のアスター賞(2歳1勝クラス・中山芝1600m外)でドゥラモンドが1着となるなど、短距離路線以外の手駒も豊富。今のところ仮想オーナー馬20頭のうち12頭しかデビューしていませんから、先々まで優勝争いを引っ張っていくことになるのではないかと思います。

 G3ワールドもヨカヨカをデビュー前に指名しているダートムーアさんがトップに君臨中。ただし、こちらは新潟2歳ステークスを勝ったショックアクション、札幌2歳ステークスを勝ったソダシもいるという、素晴らしいラインナップです。ちなみに、ショックアクションソダシは、それぞれレース直前の入札で獲得に成功した模様。おそらく、メンバー構成を確認したうえでの指名だったんじゃないでしょうか。仮想オーナー募集枠が順次解放されていくスペシャル以外のワールドならば、目前に迫ったレースの予想を入札に反映させていく作戦が有効。POG経験が浅い方はぜひ参考にしてみてください。

 オープンワールドは、ヨカヨカの獲得に成功したプレイヤーたちを抑え、ウインアグライアユーバーレーベンらを指名しているずーさんが首位に立っていました。オープンワールドは1頭あたりの仮想オーナー募集枠が多く、ランキング上位勢は概ね似たようなラインナップになると思っていたのですが、今年はなかなかバラエティ豊か。どういう指名を行ったプレイヤーがここから抜け出すのか、はたまた数か月後にはランキング上位勢の顔触れがガラッと入れ替わっているのか、しっかり観察しておこうと思います。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2020年8月23日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年08月23日号】特選重賞データ分析編(216)~2020年新潟2歳ステークス~
閲覧 1,935ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 新潟2歳ステークス 2020年08月30日(日) 新潟芝1600m外


<ピックアップデータ>

【前走との間隔別成績(2011年以降)】
×中3週以内 [3-0-0-61](3着内率4.7%)
○中4週以上 [6-9-9-59](3着内率28.9%)

 長期間に渡って好走馬の傾向が変わっていないレース。2011年以降の3着以内馬27頭中24頭は、前走との間隔が中4週以上でした。今年も8月以降のレースを使っている馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→シュヴァリエローズフラーズダルムブルーシンフォニー
主な「×」該当馬→ショックアクションハヴァスブルーバード


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以内」だった馬は2011年以降[9-9-9-77](3着内率26.0%)
主な該当馬→ショックアクションフラーズダルムブルーシンフォニーブルーバード

[もっと見る]

2020年6月24日(水) 16:16 伊吹雅也
【伊吹雅也のPOG分析室 (2020) 】~第5回新馬勝ち馬レビューpart2~
閲覧 1,093ビュー コメント 0 ナイス 4

 前回に引き続き、JRAの新馬で優勝を果たした馬たちのプロフィールを紹介していきます。今回ご覧いただくのは6月14日(日)、6月20日(土)、6月21日(日)の勝ち馬です。

■2020年06月14日 函館05R 芝1200m
【優勝馬】リメス(U指数72.8)
牡 父カレンブラックヒル/母ケイティマイヒメ 松永幹夫厩舎
→半兄にJRA2勝のブリッツェンシチー。JRAのレースに出走経験がある兄姉4頭中3頭はJRAで勝ち上がりを果たしていますし、残るノアビジンも新馬で2着となったほか、名古屋で施行された地方競馬指定交流競走を完勝しました。デビュー戦の単勝オッズが27.0倍(6番人気)どまりと、決して前評判は高くなかったものの、堅実な血統であることは確か。地道に獲得ポイントを上積みしてくるかもしれません。

■2020年06月14日 阪神05R 芝1600m外
【優勝馬】フラーズダルム(U指数80.1)
牝 父キズナ/母クーデグレイス 松永昌博厩舎
→社台グループオーナーズの所属馬で、募集価格は2400万円。母クーデグレイスにはローズステークス3着の実績があり、半兄ブラックプラチナムもJRAで4勝をマークしています。こちらもデビュー戦は単勝オッズ9.7倍(4番人気)と思いのほか人気薄でしたが、勝ちっぷりはなかなかのもの。引き続きマークしておくべきでしょう。

■2020年06月14日 東京05R 芝1800m
【優勝馬】ユーバーレーベン(U指数76.2)
牝 父ゴールドシップ/母マイネテレジア 手塚貴久厩舎
→サラブレッドクラブ・ラフィアンの所属馬で、募集価格は1500万円。半兄マイネルファンロン函館記念2着の実績があるほか、3歳時のスプリングステークスでも3着に食い込みました。兄姉の手堅さを考えると、将来が非常に楽しみな一頭。POG期間中に大仕事を成し遂げる可能性もありそうです。

■2020年06月20日 函館05R 芝1200m
【優勝馬】モンファボリ(U指数86.2)
牝 父Frankel/母フォエヴァーダーリング 須貝尚介厩舎
→サンデーレーシングの所属馬で、募集価格は7000万円。母フォエヴァーダーリングは現役時代にサンタイネスステークス(米G2)を勝っています。デビュー前の時点ではさほど注目されていませんでしたが、圧巻の勝ちっぷりで一気に今夏の主役候補へと躍り出た印象。7月18日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)に向かうことが発表されておりますので(→サンケイスポーツ)、引き続き動向をチェックしておきましょう。

■2020年06月20日 阪神05R ダ1200m
【優勝馬】レディステディゴー(U指数78.5)
牡 父ダイワメジャー/母レディトゥプリーズ 浅見秀一厩舎
→社台レースホースの所属馬で、募集価格は3600万円。母レディトゥプリーズは現役時代にファンタジーステークス(米G2)を制しました。全姉のナックビーナスキーンランドカップを勝ったほか、JRAのオープン特別で通算5勝をマーク。芝のレースでも活躍を期待できそうです。

■2020年06月20日 東京05R 芝1400m
【優勝馬】クールキャット(U指数77.7)
牝 父スクリーンヒーロー/母メジロトンキニーズ 奥村武厩舎
→シルクレーシングの所属馬で、募集価格は2500万円。母メジロトンキニーズはダイヤモンドステークス2着の実績がある馬で、半兄には中山金杯などを勝ったトリオンフがいます。母や兄姉の戦績を見る限り、短距離専門というタイプである可能性は低いはず。POG期間の終盤まで楽しませてくれるかもしれません。

■2020年06月21日 函館05R 芝1200m
【優勝馬】ブルースピリット(U指数82.1)
牡 父Invincible Spirit/母Jasmine Blue 中内田充正厩舎
→母Jasmine Blueは現役時代にバリーマコールスタッドステークス(英リステッド)で3着となった実績がある馬。日本国内で走った近親はアスタースピーラーくらいですが、この馬は園田で6戦4勝2着2回の戦績を収めました。なお、父Invincible Spiritは、JRAで出走経験のある産駒16頭中10頭が勝ち上がりを果たしている堅実な種牡馬。馴染みの薄い血統ではあるものの、ポテンシャルはそれなりに高そうです。

■2020年06月21日 阪神05R 芝1600m外
【優勝馬】シュヴァリエローズ(U指数80.2)
牡 父ディープインパクト/母ヴィアンローズ 清水久詞厩舎
→キャロットファームの所属馬で、募集価格は8000万円。母ヴィアンローズは現役時代にノネット賞(仏G3)などを制しています。兄姉もJRAで出走経験のある10頭中7頭が優勝を果たしているうえ、半兄アジュールローズはプリンシパルステークスを勝利。クラシック戦線に乗ってくる可能性は高いと見て良いでしょう。

■2020年06月21日 東京05R 芝1600m
【優勝馬】ブルーシンフォニー(U指数77.8)
牡 父スクリーンヒーロー/母ブルーストーン 伊藤圭三厩舎
→母ブルーストーンは現役時代にJRAで4勝をマーク。全姉ブルーミストは1戦未勝利で登録抹消となってしまったものの、デビュー戦では勝ち馬から0.1秒差の3着に好走していました。なお、前出のブルースピリットと同じく、この馬もゴドルフィンの所有馬。注目度がそれほど高くないわりに勝ち馬率や1頭あたり賞金は優秀で、もともと「ウマニティPOG」なら狙い目だと思っていたのですが、今年は“当たり年”なのかもしれません。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ブルーシンフォニーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 303ビュー コメント 8 ナイス 93

日曜の昼食は、親子丼 … 嗚呼ゞ!!ふるさと納税
食後にJRAカレンダーの雑念が沸いてきた
父 東京優駿5番1着、有馬記念6番2着
子 東京優駿5番1着、ジャパンカップ6番2着
嗚呼ゞ!! いまさらながら

そういえば昨年の2歳戦
阪神JFとステップレース指定戦
アルテミスS 1着 ソダシ    新馬戦1着
ファンタジーS1着 メイケイエール 新馬戦1着
阪神JF 1着 ソダシ     新馬戦1着

朝日杯FSとステップレース指定戦
デイリー杯  1着 レッドベルオーブ  未勝利1着
京王杯    1着 モントライゼ  未勝利1着
朝日杯FS  1着 グレナディアガーズ 未勝利1着

【シンザン記念 掲載馬の結果】
ククナ4着、バスラットレオン3着、レゾンドゥスリール10着、ダディーズビビッド11着
ロードマックス15着、ブルーシンフォニー6着、ファルヴォーレ13着、ピクシーナイト1着
1・3着の掲載がありましたが、ルークズネスト2着の掲載はありませんでした。

1着馬 ピクシーナイト 新馬戦1着
嗚呼ゞ!! シンザン記念って、3歳特指だもんなぁ

【フェアリーS掲載馬の結果】
テンハッピーローズ4着、オプティミスモ12着、クールキャット10着、ベッラノーヴァ3着
シャドウファックス9着、ホウオウイクセル2着、ネクストストーリー5着、ラストリージョ11着
2・3着の掲載がありましたが、1着ファインルージュの掲載はありませんでした。

1着馬 ファインルージュ 未勝利戦1着 同枠シャドウファックス 中山マイル新馬1着
嗚呼ゞ!! フェアリーSって、3歳牝特指だもんなぁ

シンザン記念的中、フェアリーSは惨敗

祝日は、親子丼の影響なのかトリガミの連発、そしてヤキトリの未勝利
そういえば今年は丑年 牛肉じゃねぇ?
嗚呼ゞ!! いまさらながら…(笑)

では

 ブルースワン 2021年1月10日() 11:16
シンザン記念 予想
閲覧 274ビュー コメント 1 ナイス 17

◎12ピクシーナイト
○6セラフィナイト
▲3ルークズネスト

△4カスティーリャ
△5ダディーズビビッド
△10バスラットレオン
△13ロードマックス
△16ククナ

✳️1マリアエレーナ

◎ピクシーナイト
ピクシーと言えばストイコビッチ
華麗なシュートに期待

○セラフィナイト
なんか不気味

▲ルークズネスト
折り合い不安ありますが・・・

✳️マリアエレーナ
外枠なら○か▲でしたが最内枠😱
中京相性に期待

ククナは初の二桁馬番の大外枠
マイナスに作用しそうな・・・

新潟2歳S
2着ブルーシンフォニー
4着ファルヴォーレ

が人気ないだけにありそうだけど🤔

[もっと見る]

 una_una 2021年1月10日() 09:00
2021 日刊スポーツ賞シンザン記念 G3
閲覧 179ビュー コメント 0 ナイス 4

2021 日刊スポーツ賞シンザン記念 G3
◎2ブルーシンフォニー
○15ククナ
▲10バスラットレオン
×12ピクシーナイト
△4カスティーリャ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブルーシンフォニーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月30日() 00:23:29
ラップ 対抗、時計かかる馬場○
2:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月27日(木) 23:31:40
全、本命、格が違う、調教◉、前走出遅れ不利で強い結果、
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2020年6月23日(火) 03:16:51
伊藤圭三厩舎で田辺が新馬戦で勝つとは考えても見なかった。
よほどモーリス産駒(カランドゥーラ)は晩成系であるらしい。
同馬の次戦の頑張りを期待するが、鞍上と厩舎を見れば遠からず先細りになる。
下手な鞍上に3流厩舎ではクラシックなど望める道理はないので初戦だけで終わりは濃厚。

ブルーシンフォニーの写真

ブルーシンフォニー
ブルーシンフォニー

ブルーシンフォニーの厩舎情報 VIP

2021年1月10日日刊スポシンザン記念 G36着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ブルーシンフォニーの取材メモ VIP

2021年1月10日 日刊スポシンザン記念 G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。