キムケンドリーム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
キムケンドリーム
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2017年5月19日生
調教師西村真幸(栗東)
馬主木村 永浩
生産者鎌田 正嗣
生産地浦河町
戦績 3戦[1-0-0-2]
総賞金800万円
収得賞金400万円
英字表記Kimuken Dream
血統 オルフェーヴル
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
スターペスミツコ
血統 ][ 産駒 ]
カーネギー
マーチンミユキ
兄弟 メイショウナルトエピカリス
前走 2020/01/19 京成杯 G3
次走予定

キムケンドリームの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/01/19 中山 11 京成杯 G3 芝2000 127967.51011** 牝3 54.0 石橋脩西村真幸436(-12)2.03.9 1.837.7④⑥④⑦クリスタルブラック
19/11/10 京都 9 黄菊賞 1勝クラス 芝2000 10554.335** 牝2 54.0 C.ルメー西村真幸448(+4)2.02.7 0.634.9⑩⑩⑨⑧シンプルゲーム
19/10/13 京都 5 2歳新馬 芝2000 152312.951** 牝2 54.0 C.ルメー西村真幸444(--)2.03.1 -0.335.3⑦⑦⑨⑦ベーリーオクルス

キムケンドリームの関連ニュース

 ◆シュタルケ騎手(ディアスティマ3着)「4コーナーを回ったときにトモ(後肢)滑らせるような感じになったが、最後まで一生懸命に走っていた」

 ◆津村騎手(ビターエンダー4着)「最後はよく差を詰めているが、上位とは決め手の差もあった」

 ◆田辺騎手(キングオブドラゴン5着)「スタート良くいいポジションで運べたが、ペースが流れ出したらもたついた」

 ◆大野騎手(リメンバーメモリー6着)「1コーナーで少しゴチャついて位置取りが後ろになったが、最後は外に出してからよく伸びた」

 ◆松山騎手(ロールオブサンダー7着)「持ったままでハナへ行く形。2着馬に外から早めに来られて苦しくなった」

 ◆M・デムーロ騎手(ヴィアメント8着)「きょうは少しイライラした感じだった」

 ◆マーフィー騎手(ゼノヴァース9着)「まだ子供っぽいので、成長を待ちたい」

 ◆和田騎手(ヒュッゲ10着)「やりたいレースはできたが、2着馬に外から手応え良く来られたときに抵抗できなかった」

 ◆石橋騎手(キムケンドリーム11着)「息が入らず、ペースも合わなかった」

 ◆丸山騎手(チュウワジョーダン12着)「馬は良くなっていたが、気性がまだ若い」

★19日中山11R「京成杯」の着順&払戻金はこちら

【斬って捨てる!】京成杯2020 単勝50倍以上の連対皆無!前走未勝利戦辛勝馬は大苦戦! 2020年1月19日() 09:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、京成杯の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走で1勝クラス(旧500万下)に出走、かつ3着以下敗退馬の好走例はゼロ(2009年以降)

リメンバーメモリー
ディアスティマ
キムケンドリーム

前走で0秒6以上の敗退を喫していた馬の連対例は皆無(2009年以降)

リメンバーメモリー
ロールオブサンダー
キムケンドリーム

前走で0秒6以上の快勝劇を演じていた馬の連対例はみられない(2009年以降)

スカイグルーヴ

前走で未勝利戦に出走、かつ0秒1以内の辛勝だった馬の好走例は皆無(2009年以降)

チュウワジョーダン
キングオブドラゴン
ヴィアメント

芝1800m以上の重賞で掲示板に入った経験がなく、前走3着以下に敗れていた馬の連対例はゼロ(2009年以降)

リメンバーメモリー
ディアスティマ
キムケンドリーム

芝1800~2000mの勝利経験、または芝1800~2000mの重賞で2着以内の経験がない馬の連対例は皆無(2009年以降)

チュウワジョーダン

【人気】
単勝オッズ10.0倍以上、かつ前走1勝クラス(旧500万下)出走馬の連対例はみられない(2009年以降)
※8時30分現在の単勝オッズ10.0倍以上、かつ前走1勝クラス出走馬

リメンバーメモリー
ディアスティマ
キムケンドリーム

単勝オッズ50.0倍以上の連対例は皆無(2000年以降)
※8時30分現在の単勝オッズ50.0倍以上

リメンバーメモリー
チュウワジョーダン

10番人気以下の連対例はなし(2009年以降)
※8時30分現在の10番人気以下

リメンバーメモリー
チュウワジョーダン
キムケンドリーム

前走で新馬戦に出走、かつ前走の単勝人気順が2番目以下だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

クリスタルブラック

【脚質】
6番人気以下、かつ前走の上がり3ハロン順位が3位以下だった馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※8時30分現在の6番人気以下、かつ前走の上がり3ハロン3位以下

リメンバーメモリー
チュウワジョーダン
キングオブドラゴン
キムケンドリーム

【枠順】
馬番枠1番の連対例は皆無(1999年以降の中山芝2000m開催)

クリスタルブラック

【血統】
1番人気の馬を除くと、父ロベルト系の好走例はゼロ(2009年以降)
※8時30分現在の2番人気以下、かつ父ロベルト系

ロールオブサンダー
スカイグルーヴ

1番人気の馬を除くと、父ナスルーラ系の連対例は皆無(2009年以降)
※8時30分現在の2番人気以下、かつ父ナスルーラ系

チュウワジョーダン


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ゼノヴァース
ヒュッゲ
ビターエンダー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】京成杯2020 連勝でエリカ賞を制した関西馬に好機!矢作厩舎のハーツクライ産駒も争覇圏内! 2020年1月18日() 18:00

日曜日に行われる京成杯の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


クリスタルブラック
15日に行われた美浦坂路の併せ馬では、自身のペースを維持したまま併走相手を突き放した。時計的に派手さはないものの、集中力に満ちた走りはいきなりの重賞挑戦でも期待を抱かせるものがある。気配の良さを活かすことができれば、見せ場以上のシーンがあってもおかしくはない。

リメンバーメモリー
1週前に栗東CWで6F80秒台のタイムを記録。これまでよりも強いケイコを施している点は評価できる。しかし、前走(エリカ賞5着)よりメンバーが濃くなる重賞で前進を見込めるほどの内容とは言い難い。掲示板を確保できれば、上々ではないか。

チュウワジョーダン
中間は美浦坂路で調整。目を引く時計を叩き出しているわけではないが、終い1Fを概ね12秒台で収めているように、デキは悪くなさそう。とはいえ、一気の相手強化を乗り越えるだけの上昇度は感じられない。今回は割り引きが必要だろう。

ロールオブサンダー
1週前に栗東CWでビッシリと攻め、6F82秒台半ばのタイムを記録。今週の坂路追いは確かな脚取りでラスト2Fを25秒5-12秒5で収めてきた。一戦ごとに調教の反応が鋭くなっており、心身ともに成長がうかがえる。輸送をクリアできれば、いいムードでレースに臨めるのではないか。

キングオブドラゴン
15日の本追い切りは栗東CWで3頭併せを敢行。馬場の外めを大きなフットワークで駆け抜けて最先着を果たした。500キロ近い馬体から繰り出すパワフルな走りは迫力十分。勝ち負けを意識できる状態とみたい。

ゼノヴァース
16日に美浦Wで行われた併せ馬では、大柄なファストアプローチを相手に臆することなく集中力を保ち、最後まで力強い走りを見せた。前後の連動性が高いフォームは見映えがいい。自身の力を出し切れば、上位争いも可能だろう。

ディアスティマ
12月26日に帰厩。栗東坂路で調整を進め、先週と今週はポリトラックで速い時計を出した。重心の低いフォームで走るさまは好感が持てる。しかし、前走から大きな上積みを見込めるかといえば微妙な線。上位進出には展開など何らかの恩恵がほしいところだ。

ヒュッゲ
15日に栗東坂路で行われた追い切りでは、前を走る馬がバカついて進路を塞がれるアクシデントがありながらも、意に介さず周囲の各馬をすべて抜き去ってゴール。回転の速いフットワークは目を引くものがある。ここは重賞ゲットの好機だろう。

キムケンドリーム
12月下旬から栗東坂路を中心に調整を重ね、16日の本追い切りでは中山への輸送を控えながらもビッシリと攻めてきた。ただ、フラつくシーンが目につき、まだまだ非力な印象。直線急坂の中山で能力を発揮できるかどうかについては疑問符が付く。

ビターエンダー
中間は美浦Wで本数を積み、1週前に強い負荷をかけたケイコを消化。当週は5F69秒前後の時計に抑えたものの、走りは前進気勢に満ちていた。新馬戦時の追い切りで見せた気負いは失せており、メンタル面の成長が十分にうかがえる。実戦でテンションを維持できれば、上位進出の目もありそうだ。

ヴィアメント
短期放牧から帰厩後は坂路とトラックを交えてジックリと調整。16日に美浦Wで実施した本追い切りでは、重心を低く保って集中した走りを見せた。時計に派手さはないが豊富な本数でカバーしており、雰囲気は上等の部類。力を出せる態勢とみる。

スカイグルーヴ
美浦Wで行われた最終追いは、3頭併せの最内から優勢のかたちでゴールした。懸命に追われる僚馬に対して本馬は余裕残し。確かな素質を感じさせる。それゆえに、まだ本気で走っていない印象を受け、実戦で揉まれ込んだ場合に対応できるか否かは未知数。それが最大の焦点となろう。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】京成杯2020 エリカ賞組と中山芝2000m組が好相性!5~8枠に入った馬はプラス評価! 2020年1月18日() 17:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われる京成杯のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走エリカ賞組と前走中山芝2000m組が好相性(近年の以降)

リメンバーメモリー
キングオブドラゴン
ゼノヴァース
ディアスティマ
ヒュッゲ

秋の京都戦を使われた馬の上位入線が増えてきている(近年の傾向)

リメンバーメモリー
ロールオブサンダー
ディアスティマ
ヒュッゲ
キムケンドリーム

2008年以降の勝ち馬はすべてキャリア4戦以内

クリスタルブラック
チュウワジョーダン
ロールオブサンダー
キングオブドラゴン
ゼノヴァース
ディアスティマ
ヒュッゲ
キムケンドリーム
ビターエンダー
ヴィアメント
スカイグルーヴ

【人気】
人気サイド(1~2番人気)から入るスタンスが基本(2008年以降)
※土曜日16時30分現在の1~2番人気

ヒュッゲ
スカイグルーヴ

5~7番人気を要チェック(2008年以降)
※土曜日16時30分現在の5~7番人気

クリスタルブラック
ロールオブサンダー
ビターエンダー

【脚質】
中心は差し馬(2008年以降)

クリスタルブラック
ゼノヴァース
ヴィアメント

※近走の内容を参考に中団あたりの位置取り、なおかつ上がり上位馬を想定

【枠順】
5~8枠が攻勢(2008年以降)

キングオブドラゴン
ゼノヴァース
ディアスティマ
ヒュッゲ
キムケンドリーム
ビターエンダー
ヴィアメント
スカイグルーヴ

偶数馬番が優勢(2008年以降)

リメンバーメモリー
ロールオブサンダー
ゼノヴァース
ヒュッゲ
ビターエンダー
スカイグルーヴ

【血統】
近年は非サンデーサイレンス系を父に持ち、なおかつサンデーサイレンスを内包している馬が好調

チュウワジョーダン
ロールオブサンダー
ヴィアメント
スカイグルーヴ


【4項目以上該当馬】
ヒュッゲ(6項目)
ロールオブサンダー(5項目)
ゼノヴァース(5項目)
スカイグルーヴ(5項目)
ディアスティマ(4項目)
ビターエンダー(4項目)
ヴィアメント(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】日経新春杯 人馬ともに京都巧者の最強コンビを狙い撃ち! 2020年1月17日(金) 17:00

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2016年以降の結果をもとに集計





編集部(以下、編) 先週は勝利こそ挙げられなかったものの、4頭中2頭が複勝圏内に入って複勝回収率は140%。とくにフェアリーSで7番人気2着と健闘したチェーンオブラブの推奨はお見事でした。

新良(以下、新) 全敗スタートの2020年とならなくてよかったです。今年もコンスタントに的中をお届けできるように頑張ります。

編 今週もよろしくお願いします。真っ先にお伺いしたいのは、今年最初のG2となる日経新春杯。このレースで推奨したい乗り替わりはありますか?

新 酒井学騎手から武豊騎手に乗り替わった②レッドジェニアル。これしかない、という感じですね。

編 これしかない! かなり力が入っていますね。

新 酒井騎手はついに乗り替わりを宣告されてしまった、というところかもしれませんが、手綱の渡った相手が武豊騎手となれば、ファンとしては大歓迎しないわけにはいきません。

編 大幅なパフォーマンスアップが期待できると?

新 間違いないでしょうね。武豊騎手が京都を得意にしているのは周知の事実で、芝2400mの勝率は、2016~2018年が38.5%、2019年以降が25.0%と高いレベルで安定しています。昨年の菊花賞ワールドプレミア。あの騎乗が、まさに京都における真骨頂と言っていいでしょう。

編 馬自身も京都では良績を残しています。

新 それも大きいです。京都新聞杯を制しているだけでなく、ほかのレースでも崩れていません。距離も3000mよりは2400mのほうがいいでしょう。

編 加えて、好枠を引けたという印象です。

新 はい。この2番枠は確実にプラスに働くと思います。菊花賞は外を回ってしまったことが敗因のひとつ。それこそ、ワールドプレミアのような競馬ができていたら、もっと上に来ていたかもしれません。今の京都はインを通るほうが断然有利。武豊騎手が菊花賞と同じように乗ってくれば、勝利はグッと近づくでしょう。

編 直線で前が詰まりでもしない限り、凡走はなさそうですね。期待しましょう。中山で組まれている京成杯のほうがいかがですか?

新 こちらはルメール騎手から石橋脩騎手に乗り替わる⑨キムケンドリームに注目しています。

編 ルメール騎手はスカイグルーヴに乗りますので、選ばれなかったというか、あまり良いイメージが……。

新 確かに、この乗り替わりは大きなプラスというわけではありません。私は、あくまで妙味込みで推奨しました。「ルメール騎手に捨てられて、石橋騎手が乗ることになった」と考えるファンがいて、オッズが甘くなってくれれば万々歳です。

編 なるほど。馬自身の能力を高く評価しているわけですね。

新 はい。キムケンドリームは非ノーザンファーム系ながら、ルメール騎手がデビューから2戦続けて騎乗しました。これはなかなかレアなケースで、それだけ陣営から素質を買われていると考えられます。

編 捨てられたのではなく、メンバー的にやむを得ず乗り替わることになったのではないかと?

新 そういうことです。石橋騎手は年明けから好調で、現在は関東リーディング2位。先週のフェアリーSでも、先ほどの名前の挙がったチェーンオブラブで好騎乗を見せました。当然、ここも期待できるでしょう。

編 わかりました。けっこう人気を落としそうですので、ちょうどいい狙い目になりますね。今週も石橋騎手に穴をあけてもらいましょう!


★その他の注目乗り替わり★
土曜小倉10R ④ゲンパチルシファー中井裕二川田将雅
土曜小倉11R ⑩ランドネ藤岡康太吉田隼人


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

[もっと見る]

【京成杯】ゼノヴァース弾けた!馬なりで楽々12秒8 2020年1月17日(金) 05:09

 中山日曜メイン、京成杯の追い切りが16日、東西トレセンで行われた。美浦ではディープインパクト産駒で注目を集めるゼノヴァースがWコースで弾むような動きを披露。サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』となった。また、ビターエンダーキムケンドリームなども順調な調整を消化している。

 東の名門からまた1頭、ディープインパクト産駒がクラシックへ名乗りを上げる。前走で待望の初勝利を飾ったゼノヴァースがWコースで軽快に弾んだ。

 「うん、すごく良かったよ! 元気いっぱいだね。本当に順調だよ」

 追い切りを見届けた藤沢和調教師は満足げな表情で切り出した。鮮やかな朝焼けの下、午前7時の開門直後にコース入り。ファストアプローチ(5歳オープン)を2馬身ほど追いかける形でスタートした。グッと気合の乗ったフォームで僚馬に並びかけると、そのまま馬体を併せてフィニッシュ。タイムこそ5ハロン70秒6-12秒8(馬なり)と控えめだが、追えば一気に突き抜けそうな抜群の手応えだった。

 出遅れや不利などが響いて初勝利に3戦を要したが、今回と同じ中山芝2000メートルの前走を2馬身半差で快勝。勝ちタイム2分0秒8(良)は2週後のGIホープフルSを0秒6上回った。「前走がこの馬本来の姿。ホープフルSにも登録したけど、間隔が詰まっていたから使わなくて正解だったと思う。馬はさらに良くなっているよ」と指揮官は確かな上昇気配を感じ取っている。

 鞍上には今年11勝で関東リーディングに立つマーフィー騎手を迎えた。藤沢和厩舎とのコンビではオープンを2戦。昨年のこのレースでランフォザローゼスが2着、今年のカーバンクルSはライラックカラーでVと好相性だ。英国の若き天才はレースの映像をチェック済みで「藤沢厩舎の馬だから何も問題ないと思います。レースで乗るのがすごく楽しみ」と日曜が待ち切れない様子。トレーナーも「去年のぶんまで頑張ってほしいね」と期待を寄せている。

 ディープ産駒は目下7週連続JRA重賞制覇と絶好調で、今週も勝てば史上初の8週連続V。先週は同厩のサンクテュエールシンザン記念を制した。「3戦のキャリアを積んできたことは強みになると思う。相手は強くなるけど、この馬も楽しみだよ」。馬名の意味は『未知の領域』。秘めた可能性は無限大だ。 (漆山貴禎)

京成杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

キムケンドリームの関連コラム

関連コラムはありません。

キムケンドリームの口コミ


口コミ一覧

京成杯 予想

 RINA 2020年1月18日() 23:26

閲覧 136ビュー コメント 0 ナイス 10

中山タフですね。
二千の距離、雨(雪?)残りでなかなか強気には行けそうにない条件。
馬場的にスローまで落とし切るのも難しいと思うので平均想定。
61で入っても平均になるぐらいの馬場かな。


スカイグルーヴは普通は飛ぶ。飛んで普通っていう感じ。
ただみんながそう思っているとこういうのは勝ったりする。
もちろん新馬戦ではまったく底を見せていないわけで、ラップは相当。
そこはもちろん分かっちゃいる。地力は高いとは思う。


複◎ロールオブサンダー
単◎ディアスティマ
○ヒュッゲ
△リメンバーメモリー
△キムケンドリーム
△ビターエンダー
△ヴィアメント
△スカイグルーヴ

【ロールオブサンダー】
週中から決めていた感じ。
京都で勝ち上がって重賞も走っているけど、見た感じあんまり京都は向いてない気がする。
緩んで追走が生きないし、新馬戦のようにぐいぐい加速していく中でL2で本仕掛けっていうパターンの方が良いかなと。
今回の中山はしっかりチェックしたいところです。


【ディアスティマ】
もう1頭の軸。正直ロールオブサンダー含めヒュッゲとこの子の3頭はかなり悩みどころ。
前走どスローで甘く、タイトな新馬戦を番手からL2鋭く。
やっぱり流れた中でひと脚あるっていうタイプはこの時期貴重。
かなりタフな馬場で意識が落ちていればチャンスはさらに上がるかな。


【ヒュッゲ】
こっちもかなり良いんですよね~
未勝利戦の内容を見るとエリカ賞はむしろ苦手なレースだと思う。
タイトに刻んでロンスパ、さらにL2本仕掛け。

イメージとしては万能のロールオブサンダー、スロー寄り仕掛け遅ディアスティマ、L4ロンスパ二段階加速ヒュッゲっていう感じで、全部タフ馬場は合いそう。


馬券参考
3連複フォーメーション。
4、7、8-4、7、8-相手あたり。
3連単ならディアスティマかヒュッゲ頭。
ロールオブサンダーはどうしても非ノーザンなんで複になっちゃうけど。

 回収率予報官b 2020年1月18日() 23:06
【回収率予報】[G2]日経新春杯/[G3]京成杯
閲覧 205ビュー コメント 0 ナイス 2

こんばんは。回収率予報官です。
回収率予報をお知らせします。
他のレースについては、「競馬日記」か「予想コロシアム」をご覧ください。

■京都11R 芝2400m 4歳上オープン 15:35 [G2]日経新春杯
*1 50% ・ 6.8倍 メロディーレーン
*2 90% ○ 4.3倍 レッドジェニアル
*3 60% ・ 18.1倍 マスターコード
*4 90% ・ 5.5倍 レッドレオン
*5 70% ・ 110.6倍 チェスナットコート
*6 60% △ 5.3倍 モズベッロ
*7 70% ▲ 8.2倍 タイセイトレイル
*8 80% ・ 49.6倍 エーティーラッセン
*9 90% ・ 48.3倍 ロードヴァンドール
10 70% ・ 210.5倍 サイモンラムセス
11 90% × 13.6倍 サトノガーネット
12 60% ・ 222.6倍 スズカディープ
13 90% ◎ 5.8倍 アフリカンゴールド
14 60% ・ 35.6倍 プリンスオブペスカ

■中山11R 芝2000m 3歳オープン 15:45 [G3]京成杯
*1 80% × 13.0倍 クリスタルブラック
*2 80% ・ 57.9倍 リメンバーメモリー
*3 70% ・ 112.1倍 チュウワジョーダン
*4 70% ・ 11.6倍 ロールオブサンダー
*5 90% ・ 11.4倍 キングオブドラゴン
*6 90% ○ 6.2倍 ゼノヴァース
*7 90% ・ 14.2倍 ディアスティマ
*8 80% ▲ 5.5倍 ヒュッゲ
*9 50% ・ 39.6倍 キムケンドリーム
10 80% △ 9.9倍 ビターエンダー
11 90% ・ 30.0倍 ヴィアメント
12 60% ◎ 2.4倍 スカイグルーヴ

表は左から、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
回収率重視の方は予測回収率を、勝率重視の方は印を見てください。
オッズはデータ作成時点のものです。

皆様の予想のお役に立てれば幸いです。

[もっと見る]

 浪花のクマ 2020年1月18日() 22:23
日経新春杯・京成杯 最終決断
閲覧 247ビュー コメント 0 ナイス 5


第67回 日経新春杯 G2
◎ ② レッドジェニアル
○ ① メロディーレーン
▲ ⑦ タイセイトレイル
△ ⑪ サトノガーネット
× ⑨ ロードヴァンドール
☆ ⑩ サイモンラムセス

◎得意の京都コース、新コンビ豊Jのアドバイス
 でチークピース装着、人気でも・・

馬単
②⇒①⑦⑪⑨⑩


第60回 京成杯 G3
◎ ⑧ ヒュッゲ
○ ⑦ ディアスティマ
▲ ⑥ ゼノヴァース
△ ④ ロールオブサンダー
× ⑫ スカイグルーヴ
☆ ⑨ キムケンドリーム

◎超人気のスカイグルーヴだが1戦1勝の牝馬なら
 今年の流れならトンでも可笑しくない・・

馬連
⑧⑦⇔⑧⑦⑥④⑨

[もっと見る]

⇒もっと見る

キムケンドリームの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

キムケンドリームの写真

キムケンドリーム

キムケンドリームの厩舎情報 VIP

2020年1月19日京成杯 G311着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

キムケンドリームの取材メモ VIP

2020年1月19日 京成杯 G3 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。