プチジュラシック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡2 栗毛 2017年1月31日生
調教師古賀慎明(美浦)
馬主吉田 和美
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 0戦[0-0-0-0]
総賞金0万円
収得賞金0万円
英字表記Petit Jurassic
血統 エピファネイア
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
シーザリオ
ヒストリックレディ
血統 ][ 産駒 ]
ネオユニヴァース
ヒストリックスター
兄弟 イストワールファム
前走
次走予定

プチジュラシックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
履歴はありません。

プチジュラシックの関連ニュース

関連ニュースはありません。

プチジュラシックの関連コラム

関連コラムはありません。

プチジュラシックの口コミ


口コミ一覧
閲覧 115ビュー コメント 2 ナイス 20

ウマニティPOGの23週目の入開札を前に、今週は3頭を入れ替える荒治療を行ったのでまずはその経緯から。

話は先々週に遡る。
10月17日付けでファシネイティングが抹消されたことを受けて未出走馬の入れ替えをする決心はしたんです。
で、返却券を2枚買って「ノーザン」と検索して残っている馬を探したところ、リストアップしたのが堀厩舎のマルボルクと加藤征厩舎のディヴィニティでした。

ところが18日の朝はバタバタしている中で出社して気がつけば午前9時を過ぎておりました。
じゃあ来週…と意気込んで迎えた25日は朝から土砂降りの雨で仕事の準備が大変で入札どころではなく…という状況で。

で、この時に、21日の新馬戦を除外されたディヴィニティは天皇賞デーの牝馬限定の新馬戦に出走するものだとばかり思っていたので「既走馬は指名しない」というマイルールを設定している自分には縁がなかったと思い込んでおりました。
だがしかし。天皇賞の日に競馬新聞を広げて件の新馬戦の出馬表を見てみるとフルゲートなのにディヴィニティの名前がありません。恥ずかしながらそこで除外になっていたことを知りました。

その一方で「11月3日の2000mを石橋脩騎手で」という情報を見かけていたマルボルクは28日になって放牧に出ていることを知ります。結果的に焦って入札しなくてよかったということになるのですが、せっかく堀厩舎にヤマを張っていたのだから、まだ残っている堀厩舎の馬はいないかしら?と検索してみたところ引っ掛かったのがオルテール。
プロフィールを見ると「吉田和美さん所有の南半球産の牡馬」。それが堀厩舎なんでしょ。激アツやないかい!と前のめりになりながら、一応、調教をチェック。31日にウッドで併せ馬をやっていればこれはデビューに向けて動いているな、ということで入札決定。

というわけで今週は2頭に入札する予定で準備を進めていたところ、ヴェニュセマースにトラブル発生。なにやら脚が腫れたとかで年内デビューが難しいとのことで、それなら一気に3枚替えてしまえということで木曜日の夜は更なる新馬探しに躍起になっておりました。その中から急遽のリストアップになったのが日曜日の京都でデビューするルドヴィコ。まあ理由は新馬戦にスミヨンが乗る、それだけなんですけどね。

まあこんな流れで3枚替えを敢行。首尾良く3頭共に無風で獲得できました。

【out】
プチジュラシック
ヴェニュセマース
ギミーシェルターの2017

【in】
ディヴィニティ
オルテール
ルドヴィコ

ちなみにプチジュラシックは母がヒストリックレディなのでベガとかハープスターの一族になるのですけど、この一族って「賞味期限が短い」のよね。ゲート試験には合格していたけど、その後4ヶ月音沙汰なし。脚下に不安を抱える馬の多い一族でもあるので、もうリリースする時期よね。


というわけで今週のPOG戦線は3頭が出走することになりました。

【出走】
・11月2日 東京5R
△ディヴィニティ(田辺裕信騎手)

土曜日の東京の新馬戦でディヴィニティがデビューします。

【ディヴィニティ】
9. 7 美浦 プール
9. 8 美浦 プール
助 手 9.11 美南 坂重 2 回-59.9-44.8-29.7-14.7 馬ナリ余力
セレーネグランツ(新馬)馬ナリを0.1秒追走同入
9.12 美浦 プール
助 手 9.16 美南 坂不 2 回-60.6-45.9-31.0-14.9 馬ナリ余力
9.18 美浦 プール
助 手 9.19 美南 坂重 2 回-56.9-42.2-28.1-13.9 馬ナリ余力
セレーネグランツ(新馬)馬ナリと同入
9.24 美浦 プール
助 手 9.25 美南 坂良 2 回-54.1-39.4-26.2-13.1 馬ナリ余力
オリオンパッチ(古2勝)馬ナリを0.7秒追走同入
9.27 美浦 プール
助 手 10. 2 美南 坂良 2 回-54.0-39.4-25.7-12.9 馬ナリ余力
アドマイヤアリエル(二未勝)馬ナリに0.6秒先行同入
助 手 10. 6 美南 坂良 2 回-60.3-44.9-30.2-14.7 馬ナリ余力
助 手 10. 9 美南 坂良 2 回-53.3-38.3-25.1-12.6 馬ナリ余力
フローラルパーク(古1勝)馬ナリと同入
助 手 10.14 美南 W稍 56.2-41.4-13.5 [6] 馬ナリ余力
リフトトゥヘヴン(古3勝)馬ナリの内0.4秒追走同入
助 手 10.17 美南 坂良 2 回-53.2-38.2-25.0-12.7 一杯に追う
ラティーンセイル(古1勝)強めを0.8秒追走同入
10.18 美浦 プール
助 手 10.23 美南 坂稍 2 回-53.4-39.0-25.7-12.8 馬ナリ余力
ラティーンセイル(古1勝)馬ナリに0.2秒先行0.4秒先着
10.24 美浦 プール
田 辺 10.30 美南 坂重 2 回-54.7-40.1-26.4-13.5 馬ナリ余力
ラティーンセイル(古1勝)一杯に0.4秒先行0.1秒先着

ずいぶんミッチリと攻めを積んでいたのね。
この分だと勝っても負けても放牧だろうな。
ならば勝たないとね。
相手はルメールと北村宏でしょうか。

正直、ヴェロックスの半妹というのは先週まで知らなかったのですけど、よくこの馬残っていたね。
馬主さんはJRA未勝利なんだけどこれまでは3歳馬を2頭持っていただけみたいだから気にしなくてもいいんじゃないかな。



・11月3日 京都6R
△ルドヴィコ(クリストフ・スミヨン騎手)

(調教は追記します)

先述したように指名理由は「スミヨンが新馬戦に乗るから」。
後は血統的にブルーメンブラッドの孫になる点とトーセンラー産駒だからザダルっぽいイメージで。
そしてセレクト1歳セール欠場→吉田和美さんという“ワケあり物件”というのもポイント高いw


・11月3日 福島9R きんせんか賞
△エバービクトリアス(菅原明良騎手)

福島のきんせんか賞にエバービクトリアスが出走します。

【エバービクトリアス】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.2-38.5-24.7-12.4 一杯に追う
荻野琢 10.17 栗東 CW良 84.2-68.7-53.8-39.4-12.7 [4] 馬ナリ余力
トップオブメジャー(古1勝)馬ナリの内2.0秒先行0.1秒先着
10.18 栗東 プール 2周
助 手 10.20 栗東 坂重 1 回-56.5-40.9-26.6-13.4 馬ナリ余力
荻野琢 10.23 栗東 CW良 87.5-69.9-54.3-39.9-12.0 [9] 一杯に追う
ランブリングアレー(古1勝)馬ナリの外0.3秒先行クビ先着
10.24 栗東 プール 2周
助 手 10.27 栗東 坂稍 1 回-62.0-44.7-29.3-14.0 馬ナリ余力
助 手 10.30 栗東 CW稍 82.8-67.1-52.6-39.4-13.4 [8] 一杯に追う
ポタジェ(二1勝)馬ナリの外0.3秒先行1.1秒遅れ

調教は動きませんね(苦笑)
で、このレース。自分のイメージではコメート・ロードリベラル・マイネルサーパスと非社台の馬が強いイメージがあったのだけど、ケルフロイデ・レーツェルとキャロット勢(=ノーザン)も勝っているのね。それならエバービクトリアスもチャンスはあるかな。

個人的には「1勝クラスで入着を重ねながらウロウロしてくれればいい」と思ってはいたのですけど、タレント揃いの友道勢の中では使い分けに苦労している部分はあるかと思いますから、それなら勝って自身の地位を向上させた方がいいのかな?とも思っています。
3着以内でOkとは思っていますけど、うっかり勝ってホープフルSでもいいかという気持ちもゼロではありませんw


【調教】

【スタインウェイ】
助 手 ■ 美南 W良 67.6-53.2-39.4-12.8 [5] 馬ナリ余力
助 手 10.30 美南 芝稍 42.7-13.3 [3] 馬ナリ余力

【テルヌーラ】
助 手 8.21 美南 坂稍 1 回-62.5-45.2-29.4-14.0 馬ナリ余力
助 手 8.28 美南 芝稍 61.3-45.4-15.4 [2] 馬ナリ余力
助 手 10.20 美南 坂重 1 回-63.7-46.1-30.3-14.7 馬ナリ余力
大 塚 10.23 美南 W稍 71.8-56.5-42.3-13.5 [4] 馬ナリ余力
助 手 10.27 美南 坂重 1 回-57.1-42.3-27.7-13.7 馬ナリ余力
助 手 10.30 美南 芝稍 69.3-54.9-40.3-12.7 [2] 馬ナリ余力
ロードスラッシュ(二未勝)馬ナリの内0.6秒追走4F併同入

【イグニタス】
助 手 9. 6 栗東 E良 13.8-14.1 ゲート強め
助 手 9.13 栗東 坂良 1 回-64.3-46.3-29.7-14.3 馬ナリ余力
ウォルフライエ(新馬)馬ナリと同入
助 手 9.16 栗東 坂良 1 回-59.5-43.0-27.6-13.7 馬ナリ余力
ウォルフライエ(新馬)馬ナリと同入
助 手 9.19 栗東 坂良 1 回-55.6-40.9-26.8-13.4 一杯に追う
ウォルフライエ(新馬)馬ナリを0.1秒追走0.4秒遅れ
助 手 9.22 栗東 坂良 1 回-56.1-40.8-26.2-13.1 末一杯追う
ウォルフライエ(新馬)馬ナリと同入
助 手 10.24 栗東 CW重 54.7-39.6-12.7 [8] 強めに追う
アルジャンナ(二1勝)一杯の内0.2秒遅れ
助 手 10.27 栗東 坂稍 1 回-57.1-41.3-26.7-13.3 馬ナリ余力
シロニイ(古3勝)馬ナリを0.1秒追走0.1秒遅れ
水 口 10.30 栗東 CW稍 83.7-68.3-53.5-39.5-13.2 [8] 一杯に追う
クロシェット(新馬)馬ナリの外0.5秒遅れ

【サイクロトロン】
松 若 ■ 栗東 坂良 1 回-53.1-38.4-24.7-12.5 馬ナリ余力
助 手 10.24 栗東 芝稍 82.8-66.0-51.8-38.1-12.2 [3] 強め余力
ケイマーダ(新馬)強めの外同入
助 手 10.27 栗東 坂稍 1 回-56.5-41.5-27.1-13.8 馬ナリ余力
助 手 10.30 栗東 坂稍 1 回-52.4-38.6-25.6-13.1 一杯に追う
フランツ(古オープン)馬ナリを0.1秒追走同入

【ジュビリーヘッド】
斎 藤 ◇ 栗東 芝良 84.3-66.9-51.5-37.2-11.4 [4] 馬ナリ余力
斎 藤 10.23 栗東 坂良 1 回-54.6-39.1-25.8-13.3 馬ナリ余力
助 手 10.27 栗東 坂稍 1 回-58.8-42.1-27.3-13.4 馬ナリ余力
鮫島駿 10.30 栗東 坂稍 1 回-53.8-38.5-24.6-12.1 一杯に追う

【フランジヴェント】
助 手 ◇ 札幌 ダ良 70.4-53.6-38.4-12.7 [8] G前仕掛け
原田和 ■ 札幌 ダ良 69.3-53.8-39.3-12.6 [7] 強めに追う
助 手 10.31 美南 W良 69.6-53.9-39.8-12.9 [4] 馬ナリ余力

【ラインベック】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.7-39.1-25.1-12.6 馬ナリ余力
7.21 栗東 プール 1周
10.14 栗東 プール 2周
10.16 栗東 プール 3周
助 手 10.17 栗東 CW良 82.7-66.7-51.6-37.5-12.2 [4] 一杯に追う
エカテリンブルク(二1勝)強めの内0.5秒追走0.1秒遅れ
10.18 栗東 プール 1周
10.19 栗東 プール 2周
10.20 栗東 プール 3周
10.22 栗東 プール 1周
10.23 栗東 プール 1周
助 手 10.24 栗東 CW重 86.6-69.4-53.3-38.7-11.7 [6] 強めに追う
アドマイヤポラリス(古1勝)馬ナリの外0.7秒先行同入
10.25 栗東 プール 2周
10.26 栗東 プール 2周
助 手 10.27 栗東 CW稍 58.0-43.4-13.2 [5] 馬ナリ余力
アイワナトラスト(新馬)強めの内0.3秒追走3F併同入
10.27 栗東 プール 2周
10.29 栗東 プール 2周
10.30 栗東 プール 1周
助 手 10.31 栗東 CW良 86.0-69.1-53.3-38.8-12.4 [5] 馬ナリ余力
スノートレイン(新馬)一杯の内0.7秒追走同入

【ナオミラフィネ】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-57.8-42.5-27.6-13.5 強めに追う
助 手 10.27 栗東 坂稍 1 回-60.2-44.4-29.1-14.7 馬ナリ余力
斎 藤 10.31 栗東 坂良 1 回-53.5-38.8-24.8-12.2 一杯に追う
サンサルドス(古1勝)一杯を1.0秒追走0.6秒先着

【オルテール】
助 手 10.27 美南 坂重 1 回-58.4-42.4-27.5-13.4 馬ナリ余力
助 手 10.31 美南 W良 68.4-52.5-38.5-12.5 [7] 馬ナリ余力
ヴィクターバローズ(二未勝)馬ナリの内0.4秒追走同入


【在厩】
☆ラインベック(7月20日の中京2歳Sを快勝→11月16日の東京スポーツ杯2歳Sへ)
△カーフライターク(10月27日の京都の1勝クラスは3着)
△ジュビリーヘッド(8月17日の新馬戦を勝利→11月17日の秋明菊賞へ)
△ナオミラフィネ(9月29日の未勝利戦は2着)
△フランジヴェント(11月17日の東京1400mの未勝利戦へ)
△ステージアクトレス(9月16日の未勝利戦は6着)
△スタインウェイ(10月21日の未勝利戦は4着→11月9or10日のダート1600mの未勝利戦へ)
☆サイクロトロン(8月4日の未勝利戦は11着)
△テルヌーラ(11月17日の東京2000mの新馬戦を丸山元気騎手で予定)
☆イグニタス(11月17日の東京2000mの新馬戦を石橋脩騎手で予定)
△オルテール(10月23日にゲート試験に合格)


【放牧】
△クラシックココア(10月5日の新馬戦を快勝)
△ビップリバプール(9月28日の未勝利戦は11着)
△グラマラスマリー(10月27日の未勝利戦は11着)
△スピッツェンバーグ(10月15日の新馬戦は7着)
☆アドマイヤヴェラ(6月9日の新馬戦は競走除外)


補強のお陰もあって一気に在厩馬が増えました。
そして未勝利戦を勝ち上がれそうな馬も戻ってきて陣容は厚みが増しております。

在厩組はみんな頑張って1勝ずつ上積みしていってほしいですね。
そして指名者の財布を潤しておくれ(切実)

 藤沢雄二 2019年10月27日() 09:50
自己条件ならなんとかしないと!~POG第22節~
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 14

今週のPOG戦線は2頭が出走します。

【出走】
・10月27日 新潟1R
△グラマラスマリー(菱田裕二騎手)

新潟の牝馬限定の未勝利戦にグラマラスマリーが出走します。

【グラマラスマリー】
助 手 ■ 栗東 CW良 86.6-69.3-54.3-40.2-13.3 [7] 馬ナリ余力
助 手 10.14 栗東 CW稍 72.8-55.8-41.1-15.2 [4] 馬ナリ余力
助 手 10.17 栗東 坂良 1 回-58.7-43.3-28.3-14.2 馬ナリ余力
助 手 10.20 栗東 坂重 1 回-58.1-42.7-28.3-14.6 馬ナリ余力
助 手 10.23 栗東 CW良 88.8-72.0-56.1-41.6-12.1 [9] 馬ナリ余力

新潟の1400mとはまたいい番組を見つけてきたな、というのが第一印象。
そもそも前走の敗戦は距離よりも10日競馬の方に原因があると思っているので決して力負けではないと思っている。
まあ距離短縮自体も歓迎ではあるのだけど、新馬戦の勝ち馬は3連勝で小倉2歳Sを制したマイネルグリット。その2着馬も先週のアイビーS2着のクリスティとレベルの高い一戦で0.2秒差、しかも直線では不利があったわけで、その比較でいけば能力的にはヒケを取らない。
調教は軽めだけど千田厩舎はそんなに速い時計を出す印象はないし、23日の追い切りで終いが12.1秒なら今回は格好はつけてくれるとは思っています。


・10月27日 京都6R
△カーフライターク(岩田望来騎手)

京都の1勝クラスにカーフライタークが出走します。

【カーフライターク】
助 手 ◇ 栗東 坂良 2 回-53.4-38.9-25.7-12.7 末一杯追う
助 手 ■ 栗東 坂良 2 回-54.4-39.4-25.5-12.3 末強め追う
助 手 10.10 栗東 坂良 2 回-56.2-40.9-26.7-12.9 馬ナリ余力
助 手 10.14 栗東 坂稍 2 回-58.9-42.9-27.3-13.1 馬ナリ余力
アウステルリッツ(古1勝)馬ナリを0.1秒追走同入
助 手 10.17 栗東 坂良 2 回-54.3-39.4-25.5-12.6 一杯に追う
助 手 10.20 栗東 坂重 2 回-58.1-41.6-26.7-12.9 馬ナリ余力
助 手 10.23 栗東 坂良 2 回-53.6-39.3-25.7-13.0 一杯に追う
リャスナ(古1勝)一杯に0.4秒先行0.2秒遅れ

調教の数字的には終いが掛かり気味でパッとしない印象ですけど17日の時計は悪くないので順調に来ているとは思っています。
まあ良くも悪くもエピファネイア産駒の特長を引き継いでいるみたいで、ききょうSなんて6頭立てなのに1番枠で揉まれて不発。しかも1400mと非根幹距離が苦手という産駒傾向がモロに出た感じです。
で、今回は願ってもない7頭立ての7番枠。そして減量の岩田君を起用なら「後先考えずに逃げてこい!」というメッセージが込められている気がします。

ウマフレさんの出資馬の直接対決になっているので大きな声では言えませんが、馬券的には絶好の狙い目だと思っています。昨日、重賞を勝った人と今日GⅠを勝つ予定の人なんだから1勝クラスぐらい紙のオーナー譲ってくださいw


【調教】

【エバービクトリアス】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.2-38.5-24.7-12.4 一杯に追う
荻野琢 10.17 栗東 CW良 84.2-68.7-53.8-39.4-12.7 [4] 馬ナリ余力
トップオブメジャー(古1勝)馬ナリの内2.0秒先行0.1秒先着
助 手 10.20 栗東 坂重 1 回-56.5-40.9-26.6-13.4 馬ナリ余力
荻野琢 10.23 栗東 CW良 87.5-69.9-54.3-39.9-12.0 [9] 一杯に追う
ランブリングアレー(古1勝)馬ナリの外0.3秒先行クビ先着

【テルヌーラ】
助 手 8.21 美南 坂稍 1 回-62.5-45.2-29.4-14.0 馬ナリ余力
助 手 8.28 美南 芝稍 61.3-45.4-15.4 [2] 馬ナリ余力
助 手 10.20 美南 坂重 1 回-63.7-46.1-30.3-14.7 馬ナリ余力
大 塚 10.23 美南 W良 71.8-56.5-42.3-13.5 [4] 馬ナリ余力

【ジュビリーヘッド】
斎 藤 ◇ 栗東 芝良 84.3-66.9-51.5-37.2-11.4 [4] 馬ナリ余力
斎 藤 10.23 栗東 坂良 1 回-54.6-39.1-25.8-13.3 馬ナリ余力

【ラインベック】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.7-39.1-25.1-12.6 馬ナリ余力
7.21 栗東 プール 1周
10.14 栗東 プール 2周
10.16 栗東 プール 3周
助 手 10.17 栗東 CW良 82.7-66.7-51.6-37.5-12.2 [4] 一杯に追う
エカテリンブルク(二1勝)強めの内0.5秒追走0.1秒遅れ
10.18 栗東 プール 1周
10.19 栗東 プール 2周
10.20 栗東 プール 3周
10.22 栗東 プール 1周
10.23 栗東 プール 1周
助 手 10.24 栗東 CW重 86.6-69.4-53.3-38.7-11.7 [6] 強めに追う
アドマイヤポラリス(古1勝)馬ナリの外0.7秒先行同入

【イグニタス】
助 手 9. 6 栗東 E良 13.8-14.1 ゲート強め
助 手 9.13 栗東 坂良 1 回-64.3-46.3-29.7-14.3 馬ナリ余力
ウォルフライエ(新馬)馬ナリと同入
助 手 9.16 栗東 坂良 1 回-59.5-43.0-27.6-13.7 馬ナリ余力
ウォルフライエ(新馬)馬ナリと同入
助 手 9.19 栗東 坂良 1 回-55.6-40.9-26.8-13.4 一杯に追う
ウォルフライエ(新馬)馬ナリを0.1秒追走0.4秒遅れ
助 手 9.22 栗東 坂良 1 回-56.1-40.8-26.2-13.1 末一杯追う
ウォルフライエ(新馬)馬ナリと同入
助 手 10.24 栗東 CW重 54.7-39.6-12.7 [8] 強めに追う
アルジャンナ(二1勝)一杯の内0.2秒遅れ

【サイクロトロン】
松 若 ■ 栗東 坂良 1 回-53.1-38.4-24.7-12.5 馬ナリ余力
助 手 10.24 栗東 芝稍 82.8-66.0-51.8-38.1-12.2 [3] 強め余力
ケイマーダ(新馬)強めの外同入

【在厩】
△エバービクトリアス(9月21日の新馬戦を勝利→11月3日のきんもくせい特別へ)
☆ラインベック(7月20日の中京2歳Sを快勝→11月16日の東京スポーツ杯2歳Sへ)
△ジュビリーヘッド(8月17日の新馬戦を勝利→11月17日の秋明菊賞へ)
△スタインウェイ(10月21日の未勝利戦は4着)
☆サイクロトロン(8月4日の未勝利戦は11着)
△テルヌーラ(8月23日にゲート試験に合格→11月17日の東京2000mの新馬戦を予定)
☆イグニタス(11月17日の東京2000mの新馬戦を石橋脩騎手で予定)

【放牧】
△クラシックココア(10月5日の新馬戦を快勝)
△ナオミラフィネ(9月29日の未勝利戦は2着)
△フランジヴェント(9月1日の未勝利戦は4着)
△ステージアクトレス(9月16日の未勝利戦は6着)
△ビップリバプール(9月28日の未勝利戦は11着)
△スピッツェンバーグ(10月15日の新馬戦は7着)
☆アドマイヤヴェラ(6月9日の新馬戦は競走除外)
△ヴェニュセマース(デビュー予定を撤回してノーザンFしがらき→北海道に放牧)
△プチジュラシック(6月7日にゲート試験に合格)

【抹消】
△ファシネイティング(新しい馬主さんになって笠松・後藤厩舎に)

【未入厩】
☆ギミーシェルターの2017(社台ファーム)

今週も金曜日の朝にバタバタしていたら入札に参加できなくて狙っていた馬が今週の新馬戦でデビューしてしまったので考え直しが必要になりました。
とりあえず来週は入札に参加できればいいな。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2019年10月21日(月) 09:57
未勝利戦は勝とうぜ!~POG第21節~
閲覧 80ビュー コメント 0 ナイス 16

菊花賞が終わった月曜日の朝ですが、まだ“今週”の競馬は終わっていません。
代替競馬にPOG指名馬が1頭出走します。

【出走】
・10月21日 東京2R
△スタインウェイ(丸山元気騎手)

芝1600mの未勝利戦にスタインウェイが出走します。

【スタインウェイ】
助 手 ■ 美南 坂稍 1 回-56.7-41.5-27.5-13.8 馬ナリ余力
助 手 9.22 美南 坂良 1 回-59.2-43.1-28.6-14.1 馬ナリ余力
助 手 9.25 美南 坂良 1 回-55.6-40.9-27.4-13.7 馬ナリ余力
助 手 9.27 美南 坂良 1 回-59.6-43.2-28.4-14.1 馬ナリ余力
助 手 9.29 美南 坂良 1 回-56.2-40.9-26.8-13.4 馬ナリ余力
助 手 10. 2 美南 W良 68.2-53.2-キリ-13.7 馬ナリ余力
助 手 10. 6 美南 P良 68.7-53.4-39.2-12.3 [5] 馬ナリ余力
アオイサンシャイン(古2勝)馬ナリの内0.8秒追走同入
北村宏 10. 9 美南 P良 65.8-51.2-37.7-12.1 [7] 一杯に追う
アルディエンテ(新馬)一杯の内1.2秒追走0.2秒遅れ
助 手 10.14 美南 坂稍 1 回-58.2-43.0-28.6-14.3 馬ナリ余力
助 手 10. 17 美南 W良 67.6-53.2-39.4-12.8 [5] 馬ナリ余力
パーフェクトウェイ(古1勝)馬ナリの内0.8秒追走同入

ご存じのように先週の日曜日の開催が台風の影響で1週順延になったことに伴い、この馬の在厩期間も1週延びました。前回が自主都合とはいえ予定より3週出走が延びた結果、大幅馬体増で見せ場すら作れない負け方をしたので、今回も出走が予定通りといかなかったのは不安が残ります。

相手関係も10日の木曜日に発表された11頭立てから3頭増えて今回は14頭立てで確定。優先出走権持ち4頭+前走掲示板が3頭と「ここはチャンス」と目論んでいる馬が多くいます。
でもスタインウェイだって新馬戦は1番人気の支持を受けて0.5秒差だったので、このメンバーの中でもヒケは取らないだろうし卑屈になる必要もない。
個人的には十分戦えると思っているし、ちょっとはオッズも美味しくなるんじゃないかぐらいに思っています。

とにかく我が陣営の今シーズン6勝の内訳が新馬戦5勝+オープン特別1勝。未勝利戦はまだ勝っていません。
戦力に厚みを増すためにも未勝利戦を勝ち上がってくれないと。


【調教】

【グラマラスマリー】
助 手 ■ 栗東 CW良 86.6-69.3-54.3-40.2-13.3 [7] 馬ナリ余力
助 手 10.14 栗東 CW稍 72.8-55.8-41.1-15.2 [4] 馬ナリ余力
助 手 10.17 栗東 坂良 1 回-58.7-43.3-28.3-14.2 馬ナリ余力

【エバービクトリアス】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.2-38.5-24.7-12.4 一杯に追う
荻野琢 10.17 栗東 CW良 84.2-68.7-53.8-39.4-12.7 [4] 馬ナリ余力
トップオブメジャー(古1勝)馬ナリの内2.0秒先行0.1秒先着

【ラインベック】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.7-39.1-25.1-12.6 馬ナリ余力
7.21 栗東 プール 1周
10.14 栗東 プール 2周
10.16 栗東 プール 3周
助 手 10.17 栗東 CW良 82.7-66.7-51.6-37.5-12.2 [4] 一杯に追う
エカテリンブルク(二1勝)強めの内0.5秒追走0.1秒遅れ

【カーフライターク】
助 手 ◇ 栗東 坂良 2 回-53.4-38.9-25.7-12.7 末一杯追う
助 手 ■ 栗東 坂良 2 回-54.4-39.4-25.5-12.3 末強め追う
助 手 10.10 栗東 坂良 2 回-56.2-40.9-26.7-12.9 馬ナリ余力
助 手 10.14 栗東 坂稍 2 回-58.9-42.9-27.3-13.1 馬ナリ余力
アウステルリッツ(古1勝)馬ナリを0.1秒追走同入
助 手 10.17 栗東 坂良 2 回-54.3-39.4-25.5-12.6 一杯に追う

【在厩】
△スタインウェイ(10月13日の東京芝1600mを丸山元気騎手で→未定)
△カーフライターク(10月27日の京都の1勝クラスを岩田望来騎手で)
△エバービクトリアス(9月21日の新馬戦を勝利→11月3日のきんもくせい特別へ)
△グラマラスマリー(8月17日の未勝利戦は11着)
☆ラインベック(7月20日の中京2歳Sを快勝→11月16日の東京スポーツ杯2歳Sへ)
△ジュビリーヘッド(8月17日の新馬戦を勝利→11月17日の秋明菊賞へ)
△テルヌーラ(8月23日にゲート試験に合格→11月17日の東京2000mの新馬戦を予定)

【放牧】
△クラシックココア(10月5日の新馬戦を快勝)
△ナオミラフィネ(9月29日の未勝利戦は2着)
△フランジヴェント(9月1日の未勝利戦は4着)
△ステージアクトレス(9月16日の未勝利戦は6着)
△ビップリバプール(9月28日の未勝利戦は11着)
☆サイクロトロン(8月4日の未勝利戦は11着)
△スピッツェンバーグ(10月15日の新馬戦は7着)
☆イグニタス(9月6日にゲート試験に合格)
☆アドマイヤヴェラ(6月9日の新馬戦は競走除外)
△ヴェニュセマース(デビュー予定を撤回してノーザンFしがらき→北海道に放牧)
△プチジュラシック(6月7日にゲート試験に合格)

【抹消】
△ファシネイティング

【未入厩】
☆ギミーシェルターの2017(社台ファーム)


ファシネイティングが抹消されて、なおかつまだデビューしていない馬が6頭。
でもアドマイヤヴェラは新馬戦での競走除外がゲーム的には出走扱いになるので入れ替え不可。
ということは現状で2枠失って(厳密にはそのうち1つは生きてはいるが)5枠未使用ということです。

それを受けて実は先週、2枠は入れ替えようかと思っていたのですけど、金曜日の朝にバタバタしていたら入札することをスッカリ忘れていたので、今週末はどうしようかと算段しているところです。こんなことを書いておいて動かないという選択肢もまだあるんですけどね。
まあ動くつもりがあったのでもちろんリストアップはしています。
ただもう一度洗い直して他の選択肢があるかどうかを模索してみようという話で。

自分は既走馬は一切指名しないので対象は新馬になるのですけど、ウマニティPOGの特にスペシャルワールドの立ち回りをする上で、この時期までプロフィール的に完璧な状態の馬が残っていることはまずりあり得ません。じゃあどこに目を瞑るか。そしてこれから指名する馬を2歳戦開幕前の時期に指名する術はないのか?という点を意識しながら修正を図っていければ…というところですね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

プチジュラシックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

プチジュラシックの写真

プチジュラシック

プチジュラシックの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

プチジュラシックの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。