グランチェイサー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
グランチェイサー
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2017年2月10日生
調教師矢野英一(美浦)
馬主落合 幸弘
生産者村上 欽哉
生産地新冠町
戦績 4戦[1-0-1-2]
総賞金1,450万円
収得賞金400万円
英字表記Grand Chaser
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
キャッスルブラウン
血統 ][ 産駒 ]
Silver Hawk
Hiroo Garden
兄弟 ニシノラッシュニシノスマッシュ
前走 2019/11/16 2歳1勝クラス
次走予定

グランチェイサーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/11/16 東京 6 2歳1勝クラス 芝1400 10784.323** 牡2 55.0 O.マーフ矢野英一446(-2)1.21.7 0.734.9アヌラーダプラ
19/11/02 東京 11 京王杯2歳S G2 芝1400 1081022.764** 牡2 55.0 田辺裕信矢野英一448(0)1.21.5 0.734.5タイセイビジョン
19/08/25 新潟 11 新潟2歳S G3 芝1600 162342.91016** 牡2 54.0 田辺裕信矢野英一448(+8)1.38.9 3.936.7⑦⑦ウーマンズハート
19/06/08 東京 5 2歳新馬 芝1400 133312.351** 牡2 54.0 田辺裕信矢野英一440(--)1.22.6 -0.034.6インザムービー

グランチェイサーの関連ニュース

 11月16日の東京6R(2歳1勝クラス、芝1400メートル、10頭立て)は、三浦皇成騎手騎乗の1番人気アヌーラダプラ(牝、美浦・萩原清厩舎)が直線外から追い込みを決めた。9月の新馬戦(中山芝1600メートル、好位楽抜け出す)から連勝。タイムは1分21秒0(良)。

 1馬身1/4差の2着には逃げ粘ったコミカライズ(3番人気)、さらに3馬身差遅れた3着に2番手から流れ込んだグランチェイサー(2番人気)。

 アヌーラダプラは、父キングカメハメハ、母ポロンナルワ、母の父ラーイという血統。通算成績は2戦2勝。

 ◆三浦皇成騎手(1着 アヌーラダプラ)「新馬戦が楽勝でしたし、まだ調教でもしっかり追ったことがないですからね。そういうなかでも差すレースができて、いい形で結果を出せたのがよかったです。期待通りの脚でした」



★16日東京6R「2歳1勝クラス」の着順&払戻金はこちら

【京王杯2歳S】レースを終えて…関係者談話 2019年11月3日() 05:04

 ◆スミヨン騎手(ヴァルナ3着)「掛かることもなく、むしろフワッとするぐらい。それでも最後は伸びているし、オープンでも走れる能力がある」

 ◆田辺騎手(グランチェイサー4着)「前走は千六でちぐはぐな競馬だったけど、きょうはスムーズな競馬ができた」

 ◆藤田騎手(グレイトホーン5着)「千四も問題なくこなしてくれて、最後もジリジリと伸びてくれましたね」

 ◆国分優騎手(マイネルグリット9着)「テンションは高いですが、いつもよりもましでした。折り合って進めましたが、思ったほど伸びませんでした」



★2日東京11R「京王杯2歳S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【斬って捨てる!】京王杯2歳S2019 前走低評価の馬は劣勢!1勝以下牝馬の出番ナシ! 2019年11月2日() 11:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、京王杯2歳Sの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走8着以下敗退馬の連対例は皆無(2008年以降)

アポロニケ
グランチェイサー

前走が新馬戦あるいは未勝利戦だった牝馬の好走例はゼロ(2008年以降)

セイラブミー

2勝以上を挙げていた馬を除くと、牝馬の好走例は皆無(2008年以降)

アポロニケ
セイラブミー
カイトレッド

中9週以上のローテで臨んだ馬は、前走2着以内の馬を除くと連対例はみられない(2008年以降)

グランチェイサー

キャリア6戦以上馬の連対例は皆無(2008年以降)

カップッチョ

【人気】
単勝オッズ帯20.0~29.9倍の連対例はゼロ(2008年以降)
※10時30分現在の単勝オッズ20.0~29.9倍

カイトレッド

5番人気以下、かつ牝馬の好走例は皆無(2008年以降)
※10時30分現在の5番人気以下、かつ牝馬

アポロニケ
セイラブミー
カイトレッド

前走が7番人気以下だった馬の連対例はゼロ(2008年以降)

カイトレッド
カップッチョ
グランチェイサー

【枠順】
馬番枠10番の好走例は皆無(2008年以降)

グランチェイサー

【血統】
現役時に左回りのG1勝利経験がないサンデーサイレンス系種牡馬を父に持つ馬の連対例はゼロ(2008年以降)

カイトレッド


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
マイネルグリット
グレイトホーン
タイセイビジョン
ヴァルナ
ビアンフェ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】京王杯2歳S2019 先行勢が狙い目!父あるいは母父にSS系種牡馬を持つ馬が堅調! 2019年11月2日() 10:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、京王杯2歳Sのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【人気】
人気サイドが脆さを抱えている(2007年以降)

※過度に意識する必要はない

【脚質】
先行勢が狙い目(2008年以降)

アポロニケ
ビアンフェ
カップッチョ
グランチェイサー

※近走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
近年は8枠が好調(2008年以降)

カップッチョ
グランチェイサー

構造的に内(1~3枠)有利(2003年以降)

アポロニケ
マイネルグリット
グレイトホーン

【血統】
父あるいは母父にサンデーサイレンス(SS)系種牡馬を持つ馬が堅調(近年の傾向)

タイセイビジョン
ヴァルナ
セイラブミー
カイトレッド
ビアンフェ
カップッチョ
グランチェイサー

ミスプロ系またはノーザンダンサー系×サンデーサイレンス系(逆を含む)の配合馬が好調(近年の傾向)

タイセイビジョン
セイラブミー

父もしくは母父にサクラバクシンオー(直仔種牡馬を含む)を持つ馬に注意(近年の傾向)

ビアンフェ


【2項目以上該当馬】
ビアンフェ(3項目)
カップッチョ(3項目)
グランチェイサー(3項目)
アポロニケ(2項目)
タイセイビジョン(2項目)
セイラブミー(2項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【京王杯2歳S】厩舎の話 2019年11月1日(金) 05:04

 ◆ヴァルナ・寺島師 「状態は前回から上向いている。今度もいい競馬ができるようなら」

 ◆カイトレッド・柴田大騎手 「動きは良かったし、最後まで走るタイプ。完成度も高そう」

 ◆カップッチョ・高市師 「先週、やったので、軽めで十分。前走は出負けが響いた」

 ◆グランチェイサー・矢野師 「1ハロン短縮はいいが、気性が鍵。細いハミに替えてどうか」

 ◆グレイトホーン・藤田騎手 「引き続きいい状態で、反応もよかった。新馬のときよりパワーアップして、東京も問題ない」

 ◆タイセイビジョン・菊本助手 「動きは良かった。少し休んで、体が大きくなっています」

 ◆ビアンフェ・中竹師 「見た目が変わり、牡馬らしくなった。ゲート練習は入念にやっている」

 ◆マイネルグリット・国分優騎手 「真っすぐに、きれいに反応をしてくれました。ポテンシャルは高い」

[もっと見る]

【京王杯2歳S】追って一言 2019年10月31日(木) 05:04

 ◆アポロニケ・岩戸師 「鞍上は『いい動き』と言っていた。スピードが身上なのでハナを主張してほしい」

 ◆ヴァルナ・寺島師 「状態は前回から上向いていますね。能力のある馬ですし、今度もいい競馬ができるようなら」

 ◆カイトレッド・柴田大騎手 「動きは良かったし、最後まで懸命に走ってくれるタイプ。完成度も高そうです」

 ◆カップッチョ・高市師 「先週びっしりやったので、軽めで十分。前走は出負け。改めて」

 ◆グランチェイサー・矢野師 「短距離指向が表面化。1ハロン短縮はいいが、気性が鍵。細いハミに替えてどうか」

 ◆セイラブミー・伊藤大師 「状態は良い。まだ馬体に実が入っておらず、奥手の母に似てこれからの馬」

 ◆タイセイビジョン・菊本助手 「動きは良かった。少し休んで、体が大きくなっています」

 ◆ビアンフェ・中竹師 「前回と見た目は変わっている。男馬らしい体になったよ。ゲート練習は入念にやっている」

 ◆マイネルグリット・国分優騎手 「真っすぐに、きれいに反応をしてくれました。ポテンシャルは高い」

京王杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

グランチェイサーの関連コラム

閲覧 1,510ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2019年11月16日()の凄馬!>
極凄馬
東京6R 2歳500万以下
グランチェイサー(+5.3)

極凄馬
京都1R 2歳未勝利
サダムスキャット(+5.0)

極凄馬
東京8R 秋陽ジャンプS
シンキングダンサー(+4.3)

極凄馬
東京11R 東京スポーツ杯2歳S G3
ゼンノジャスタ(+4.0)

超凄馬
京都3R 2歳未勝利
サヴァイヴ(+2.8)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2019年11月17日、集計数:36,601レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!


登録済みの方はこちらからログイン

2019年8月21日(水) 18:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019新潟2歳S
閲覧 1,117ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



8月25日(日)新潟11R第39回 新潟2歳ステークス(2歳G3・芝1600m)


【登録頭数:17頭】(フルゲート:18頭)

エレナアヴァンティ(C)中2週
出走予定馬の中で2勝している馬はこの馬だけ。新馬戦時も、前走時も、調教では特に目立つ時計は出ていなかったので重い印はつけなかった。この中間も1週前には坂路で時計を出しているが、特に目立つ時計ではなく、最終追い切りで併せて先着してくるようなら気をつけたいといった感想。

ウーマンズハート(E)中2週
前走の新馬戦時は3週連続併せ馬で好時計が出ていて、2週連続先着とかなり良い調教内容だった。中2週での出走となる今回は、1週前追い切りでは馬なりもかなり軽めで、時計も遅いものとなった。前走時は、パドックでもかなり仕上がっているように見えたので、そこから中2週でさらに上積みという感じはない。

カリニート(D)中3週
前走は小倉芝1200m戦での新馬勝ち。前走時は2週連続併せ馬で先着していたが、特に目立つような時計ではなかった。パドックではまだ絞れそうな印象を残しつつも、今回の1週前追い切りは軽めで、時計も平凡ときていて、上積みよりも疲れが抜けきれていないような感を受ける。

グライユル(C)中4週
小柄な牝馬でデビュー戦の前走時はトモも細めで、これ以上馬体が減ると嫌だなぁという印象だった。この中間は、1週前の日曜日に坂路で終い強めに追われて、ラストは速い時計を計時している。間隔も空いているので疲れはなさそうで、あとは大きく馬体が減らなければ良さそう。

グランチェイサー(B)中10週
6月の早い段階で新馬勝ちして、余裕を持っての参戦。調教では時計の出る馬で、この中間も入厩してから速い時計を4本出していて仕上がり良く映る。牡馬にしては小柄というかコンパクトにまとまっている馬で、中間の時計も出ているので、休み明けでも太めが残ることはなさそう。

クリアサウンド(A)中5週
新馬戦時は3週連続坂路で好時計が出ていて、1週前には松山騎手騎乗で一杯に追われて直前は馬なりと、余裕がある調教過程だった。この中間も1週前に松山騎手騎乗で併せ馬で一杯に追われて先着好時計と、前走時と同じような調整が続けられており好仕上り。

サナチャン(B)中8週
前走時の調教では特に目立つ時計は出ていなかったが、流れに乗って内からスルスルと伸びて新馬勝ち。この中間は1週前に坂路で良い時計が出ていて、新馬戦時との比較でも時計が出るようになってきているので、上積みはあるかもしれない。

シコウ(B)中3週
この中間も2週前、1週前と坂路で好時計が出ていて、休み明けでも仕上がりは良さそう。前走時のパドックではうるさい面も見せていたので、最終追い切りはビッシリとやらず、馬なりでも好時計が出ているようなら、好走も期待できそう。

トライフォーリアル(C)中9週
新馬戦時は美浦南Wコースで好時計の出ていた馬だが、この中間は南W工事中のため北Cコースでの1週前追い切りとなっている。時計がかかって併せ馬でも遅れていて、やや物足りない感じ。

トロワマルス(E)中2週
新馬戦時は速い時計がほとんどなく、1週前に芝コースで併せて先着、直前はPコースで馬なりでの調整と、逆によくこの調教内容で新馬勝ちしたなぁと言った感じの臨戦過程。この中間も1週前にPコースで軽めの調整で、特に狙ってみたいという感触はない。

ペールエール(A)中4週
新馬戦時は乗り込み量も豊富で、毎回のように好時計が出ていて能力を窺わせていたことから本命視し◎1着。この中間も乗り込み豊富で、1週前にはCWを長めから併せて先着と、引き続き調子は良さそう。

モーベット(B)3ヶ月
6月に新馬勝ちしての休み明け。牧場でもある程度仕上げてきているため、トレセンではすぐに速い時計が出ていて仕上りは良さそう。

ウインカーネリアン(A)中7週
新馬戦では2着で、勝った馬は強かったがそのレースの3着馬と5着馬はすでに未勝利勝ちしており、やはりレース自体のレベルが高かった。その後2戦目でこの馬自身も未勝利勝ちを果たし、この中間も2週前、1週前、直前の日曜日と坂路で好時計が出ていて、引き続き調子は良さそう。

カイアワセ(C)中2週
新馬戦7着、未勝利戦1着で今回中2週での参戦。坂路で調教されている馬だが、終いの時計がかかり気味で、そのあたりの時計が詰まってくるようなら上積みもありそう。

セツメンノトビウオ(D)中6週
前走2戦目で勝ち上がり。この中間も2週前、1週前と乗込み自体は豊富だが、目立つ時計は出ておらず、ちょっとこの時計では厳しそう。

タイムマシン(D)中3週
新馬戦3着の後、間隔を空けての未勝利戦で勝ち上がり。今回中3週での出走となるが、新馬戦時からの調教時計を見返すと、Pコースでは速い時計が出るが坂路ではまだ速い時計が出ていない、というか出せていない印象で、その点は気になる。

ビッククインバイオ(B)中8週
新馬戦3着、未勝利戦1着で今回中8週での出走。前走時は坂路での時計も特に目立たなかった馬だが、この中間は間隔にも余裕があり1週前追い切りでは坂路でかなり速い時計が出ていて、状態は前走以上。


◇今回は新潟2歳S編でした。
夏の新潟競馬で思い出すのがフジキセキの勝った新馬戦です。当時は栗東の坂路調教馬がかなり活躍していた時代で、個人的にも競馬の予想をするにあたって調教内容をかなり重視するようになっていた時期でした。
新馬戦に関しても、それまではほとんど見ることもなかったのですが、競馬を始めた当時活躍していたオグリキャップスーパークリークイナリワンの子供たちがデビューする年ということもあり、注目して観るようになり始めた頃でもありました。
そんなこちらの期待とは裏腹に、3強の子供たちはなかなか勝ち上がる馬が現れず、同じくその年に産駒がデビューしたサンデーサイレンスの子供たちが勝ちまくるという、思い描いていたものとは違う未来がやってきてしまったなぁ、という印象を拭い切れないまま競馬を見ていました。
そんな夏の終わりも近づいた、20数年前のちょうど今頃。
新馬戦に出走する馬の調教タイムを見ていると、1頭だけ栗東坂路で古馬OP馬でもなかなか出せないような時計を出している馬がいました。何かの間違いではないかと思ったくらいでしたが、その馬のレースを見てさらに衝撃を受けました。当時の新潟は右回りで行われており、レースは内回りの芝1200m戦。その馬はスタートで出遅れ、普通なら1番人気のシェルクイーンが好位から直線で抜け出して勝ちパターンの競馬だったところ、直線に向く際に先頭に立つ勢いで好位まで押上げ、そこから直線だけで8馬身の差をつけての圧勝。そう、フジキセキの新馬戦です。( https://prc.jp/jraracingviewer/contents/yushun/073.html )
この衝撃的なレースをオンタイムで観ていたからこそ、新馬戦の予想を好んでするようになり、調教を重視した予想スタンスを取り続けていると言ってもいいくらい、そんなターニングポイントのレースだったと思っています。私にとって、これほど競馬予想に関して影響を受けたレースは、後にも先にも他にはないかもしれません。それから20数年、いつかあの時の衝撃を超えるようなレースを観てみたいとも心のどこかで思いながら、新馬戦予想を楽しんでいる自分が今もここにいます。

それでは次回、新潟記念編(予定)でお会いしましょう。

※新潟2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年6月12日(水) 13:26 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2019) ~第4回新馬戦勝ち馬レビュー~
閲覧 1,420ビュー コメント 0 ナイス 6

今回を含む3週は、「POG分析室」の番外編として、JRAの新馬で優勝を果たした馬たちのプロフィールを紹介していきます。まずは6月1日(土)、6月2日(日)、6月8日(土)、6月9日(日)の勝ち馬からご覧いただきましょう。

■2019年06月01日 阪神05R 芝1600m外
【優勝馬】リアアメリア(U指数79.1)
牝 父ディープインパクト/母リアアントニア 中内田充正厩舎
→シルクレーシングの所属馬で、募集価格は7000万円。母のリアアントニアは現役時代にBCジュヴェナイルフィリーズ(米G1)などを制しています。もともと前評判の高い馬でしたが、デビュー戦後はさらに評価が上がった印象。今後の入札でも激しい争奪戦が繰り広げられそうです。

■2019年06月01日 東京05R 芝1400m
【優勝馬】カイトレッド(U指数73.0)
牝 父ゴールドヘイロー/母ニシノマドカ 和田雄二厩舎
→2018年の北海道サマーセールで購買されており、価格は378万円。半兄に2018年札幌2歳ステークス2着のナイママがいます。SANSPO.COMによれば、この後は7月21日(日)の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)か8月3日(土)のダリア賞(2歳オープン・新潟芝1400m内)を目指す模様。引き続き目が離せません。

■2019年06月02日 阪神05R 芝1400m内
【優勝馬】タイセイビジョン(U指数83.7)
牡 父タートルボウル/母ソムニア 西村真幸厩舎
→2017年のセレクトセールで購買されており、価格は1944万円。半兄に2018年毎日杯4着のノストラダムスがいます。ちなみに、母のソムニアも2009年函館2歳ステークスで3着に健闘した実績馬。U指数の高さだけでなく、血統背景からも注目に値する一頭と言えるでしょう。

■2019年06月02日 東京05R 芝1600m
【優勝馬】サリオス(U指数75.4)
牡 父ハーツクライ/母サロミナ 堀宣行厩舎
→シルクレーシングの所属馬で、募集価格は7000万円。半姉に2017年エルフィンステークス1着のサロニカ、2018年ローズステークス2着のサラキアがいます。また、母のサロミナは現役時代にドイツオークス(独G1)を制している馬。クラシック戦線でも活躍を期待できそうです。

■2019年06月02日 東京06R 芝1600m
【優勝馬】モーベット(U指数70.9)
牝 父オルフェーヴル/母アイムユアーズ 藤沢和雄厩舎
→シルクレーシングの所属馬で、募集価格は3500万円。母のアイムユアーズは現役時代に2012年フィリーズレビューなどを制しています。全体的にやや晩成なオルフェーヴル産駒とはいえ、この母の仔なら完成は早いはず。なお、SANSPO.COMによれば、この後はノーザンファーム天栄に移動する予定とのことでした。

■2019年06月08日 阪神05R 芝1200m内
【優勝馬】トリプルエース(U指数74.6)
牡 父Shamardal/母Triple Pirouette 斉藤崇史厩舎
→外国産馬ですが、母のTriple Pirouette(トリプルピルエット)は日本で現役生活を送った馬。アイルランドに移動してからは2頭目の産駒となります。現3歳の半兄Isosceles(父ルーラーシップ)はアイルランドで勝ち上がりを果たした模様。国内供用時の半兄にもJRAで4勝をマークしたクワドループルなどがいますし、将来が楽しみです。

■2019年06月08日 東京05R 芝1400m
【優勝馬】グランチェイサー(U指数77.2)
牡 父ダイワメジャー/母キャッスルブラウン 矢野英一厩舎
→母のキャッスルブラウンは現役時代にJRAで3勝をマーク。半兄に2015年クロッカスステークスなどを制したニシノラッシュがいます。POG期間中の勝ち馬率や一頭あたり賞金が高いダイワメジャー産駒ですから、大きな舞台でも活躍を期待して良いんじゃないでしょうか。

■2019年06月09日 阪神05R 芝1600m外
【優勝馬】ルーチェデラヴィタ(U指数77.9)
牝 父キズナ/母トウカイライフ 西村真幸厩舎
→2018年のJRAブリーズアップセールで購買されており、価格は1512万円。半姉にJRA1勝のサーチュインがいます。この馬が早々に勝ち上がったことで、新種牡馬のキズナはさらに注目度がアップしそう。今後の入札に影響があるかもしれません。

■2019年06月09日 東京05R 芝1800m
【優勝馬】ワーケア(U指数78.1)
牡 父ハーツクライ/母チェリーコレクト 手塚貴久厩舎
→2017年のセレクトセールで購買されており、価格は12420万円。半姉にJRA4勝の現役馬ダノングレースがいます。母のチェリーコレクトは現役時代にイタリアオークス(伊G2)などを制している馬。もともと注目を集めていた評判馬だけに、今後も入札が集中しそうです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

グランチェイサーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 11


今週のスマッシュヒット(◎単勝オッズ10倍以上掲載)
_______________________________

2019年11月1日(土)
福島 3R ◎ ファステンバーグ  1着 (単勝オッズ 10.3倍)
東京 3R ◎ アルマイナンナ   2着 (単勝オッズ 32.5倍)
_______________________________

2019年11月3日(日)
福島 8R ◎ キタノオドリコ   1着 (単勝オッズ 27.6倍)
京都 2R ◎ ヴィータブリランテ 2着 (単勝オッズ 25.7倍)
_______________________________

【土日回収率:61.2%】
_______________________________

ご参考<<重賞成績>>
 ■ 京王杯2歳S G2
  ◎ グランチェイサー    4着(単勝オッズ 22.7倍)
  〇 タイセイビジョン    2着(単勝オッズ 2.1倍)
  ▲ ビアンフェ       2着(単勝オッズ 5.4倍)

 ■ファンタジーS G3
  ◎ ペコリーノロマーノ   7着(単勝オッズ 32.4倍)
  〇 クリアサウンド     3着(単勝オッズ 5.4倍)
  ▲ ケープコッド      6着(単勝オッズ 11.2倍)
  × エレナアヴァンティ  15着(単勝オッズ 28.6倍)

 ■アルゼンチン共和国杯 G2
  ◎ ポポカテペトル     6着(単勝オッズ 45.9倍)
  〇 タイセイトレイル    2着(単勝オッズ 11.2倍)
  ▲ ムイトオブリガード   1着(単勝オッズ 4.8倍)
  × ハッピーグリン     9着(単勝オッズ 19.5倍)
               (3連複〇▲△3,070円的中)

 ■みやこS G3
  ◎ アナザートゥルース   6着(単勝オッズ 10.1倍)
  〇 ワイドファラオ     5着(単勝オッズ 8.6倍)
  ▲ インティ       15着(単勝オッズ 2.6倍)
  × キングズガード     2着(単勝オッズ 40.2倍)
_______________________________

 

 ちびざる 2019年11月1日(金) 23:59
【GⅡ】京王杯2歳ステークスの予想
閲覧 96ビュー コメント 2 ナイス 11

<指数的には、1位が低調も上位拮抗。2歳戦だけに指数下位にもチャンスあり!?>


◎:②マイネルグリット
〇:④タイセイビジョン
▲:⑧ビアンフェ
△:⑦カイトレッド
△;⑤ヴァルナ
△:⑩グランチェイサー


【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

馬連フォーメーション
②④→⑦⑤⑩
もしくは
三連複フォーメーション
⑧→②④→⑦⑤⑩


 ◎は②マイネルグリットにしました。
指数2位。某スポーツ紙調教評価1位
前走の小倉2歳ステークスはクビ差凌いで勝ちました。
新馬→オープン特別→小倉2歳ステークスと3連勝でここに駒を進めてきました。
実績では最上位だと思います。
近年は、小倉2歳ステークスとの結びつきもを強いレースになりつつあるので
一ハロンの距離延長も問題なさそう。


 ○は④タイセイビジョンにしました。
指数3位。
前走の函館2歳ステークスは上がり最速を記録も2着と差し届かず。
今回は、函館から東京コースに変わるのはプラスだと思います。
広い東京コースなら持ち味の末脚は生きると思います。
あとはルメール騎手がどんな手綱さばきを見せるかですね。


 ▲は⑨ビアンフェにしました。
指数1位。某スポーツ紙調教評価2位
前走の函館2歳ステークスは、藤岡佑介騎手の好騎乗もあり
上手く後続馬を抑え、見事優勝しました、
その脚質から東京コースがプラスとは言えませんが
より騎手の判断は重要になりそうなレースになりそうですね。


 △以下では、ヴァルナに注目です。
前走は東京の芝のマイル戦を逃げ切りました。
しかも上がり最速での勝利でした、
デビューから徐々に距離短縮しているのは気になりますね。
千四のペースに上手く乗れるかどうかがカギ。
スミヨン騎手の手腕に注目ですね。

[もっと見る]

 浪花のクマ 2019年11月1日(金) 22:34
ファンタジーS/京王杯2歳S 最終決断
閲覧 233ビュー コメント 0 ナイス 7

ファンタジーステークス GⅢ
◎ ⑭ クリアサウンド (松山 弘平)
〇 ⑪ ヒルノマリブ (勝浦 正樹)
▲ ⑫ マジックキャッスル (戸崎 圭太)
△ ③ シャレード (川田 将雅)
× ⑧ モズアーントモー (A.シュタルケ)
☆ ⑨ レジェーロ (和田 竜二)

◎前走は外差し馬場の内枠で、参考外、リフ
レッシュ放牧でデキは前走以上・・

馬単
⑭⇔⑪⑫③⑧⑨

京王杯2歳ステークス GⅡ
◎ ④ タイセイビジョン (C.ルメール)
〇 ② マイネルグリット (国分 優作)
▲ ⑧ ビアンフェ (藤岡 佑介)
△ ⑤ ヴァルナ (C.スミヨン)
× ⑩ グランチェイサー (田辺 裕信)

◎前走は千二でビアンフェの2着に敗れたが、千四の
東京なら逆転も可能・・

馬単
④⇔②⑧⑤⑩

[もっと見る]

⇒もっと見る

グランチェイサーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

グランチェイサーの写真

グランチェイサー

グランチェイサーの厩舎情報 VIP

2019年11月16日2歳1勝クラス3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グランチェイサーの取材メモ VIP

2019年11月16日 2歳1勝クラス 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。