ダイメイコリーダ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ダイメイコリーダ
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2017年4月30日生
調教師森田直行(栗東)
馬主宮本 昇
生産者出口牧場
生産地日高町
戦績11戦[2-4-1-4]
総賞金3,384万円
収得賞金1,680万円
英字表記Daimei Corrida
血統 エスケンデレヤ
血統 ][ 産駒 ]
Giant's Causeway
Aldebaran Light
ミラクルフラッグ
血統 ][ 産駒 ]
スパイキュール
ポイントフラッグ
兄弟 シスターフラッグプライムシスター
前走 2020/07/08 ジャパンダートD G1
次走予定

ダイメイコリーダの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/07/08 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 13--------2** 牡3 56.0 池添謙一森田直行491(--)2.06.2 0.3----ダノンファラオ
20/06/21 阪神 9 鷹取特別 2勝クラス ダ2000 15231.712** 牡3 54.0 幸英明森田直行476(-4)2.05.7 0.136.6シャンパンクーペ
20/05/24 京都 10 鳳雛S (L) ダ1800 166117.552** 牡3 56.0 池添謙一森田直行480(0)1.51.5 0.538.9ミヤジコクオウ
20/05/02 京都 6 3歳1勝クラス ダ1800 16476.631** 牡3 56.0 池添謙一森田直行480(-6)1.51.5 -0.236.6マテンロウスパーク
20/04/11 阪神 5 3歳1勝クラス ダ1800 146106.534** 牡3 56.0 松若風馬森田直行486(-4)1.53.5 0.838.7ショウナンナデシコ
20/02/23 東京 9 ヒヤシンスS (L) ダ1600 142251.699** 牡3 56.0 田辺裕信森田直行490(+22)1.39.0 1.336.9④④カフェファラオ
19/11/23 東京 9 カトレア賞 1勝クラス ダ1600 1651028.473** 牡2 55.0 松岡正海森田直行468(+4)1.36.5 0.337.3デュードヴァン
19/11/09 東京 9 オキザリス賞 1勝クラス ダ1400 1681637.7102** 牡2 55.0 石橋脩森田直行464(-2)1.25.3 0.236.6メイショウテンスイ
19/10/06 京都 2 2歳未勝利 ダ1800 1651023.581** 牡2 55.0 池添謙一森田直行466(-2)1.54.9 -0.539.0フレイムウィングス
19/08/17 小倉 2 2歳未勝利 芝1800 125629.169** 牡2 54.0 松山弘平森田直行468(+18)1.50.9 1.538.0⑥⑤⑦⑦グランスピード
19/07/13 中京 5 2歳新馬 芝1600 1181163.476** 牡2 52△ 西村淳也森田直行450(--)1.37.7 1.135.0⑤⑤ギルデッドミラー

ダイメイコリーダの関連ニュース

 砂のダービーは波乱の結末だ。3歳ダート日本一を決めるジャパンダートダービーが8日、大井競馬場で13頭によって争われ、坂井騎乗の6番人気ダノンファラオが2番手追走から直線で抜け出して快勝。通算3勝目を挙げ、世代の頂点に立った。2着に逃げた4番人気ダイメイコリーダ、3着に8番人気キタノオクトパスとJRA勢が上位を独占したが、断然1番人気のカフェファラオが7着に敗れ、3連単は77万円超の高配当となった。

 大井ゆかりのコンビがトゥインクルの夜空に大輪を咲かせた。ファラオはファラオでも、頂点に立ったのは断然人気のカフェファラオではなく、同じ米国3冠馬アメリカンフェイローを父に持つダノンファラオ。GI初制覇を決めた坂井騎手は、笑顔で振り返った。

 「ハナに行きたいと思っていたけど、ダイメイコリーダが速かったので2番手に。4コーナーでこれなら前をかわせそうだなと思いました」

 父・英光さんは大井の元騎手で現調教師。思い出の詰まった地で、最高の騎乗を見せた。積極的に2番手を追走。道中は押っ付け気味だったが、直線でパートナーを必死に鼓舞して、内で食い下がるダイメイコリーダを突き放した。「またがったときに状態の良さを感じました。まだ良くなる余地を残しているなかでも勝ってくれた」と頼もしい相棒をねぎらった。

 同じく父が大井で騎手、調教師だった矢作調教師も満面の笑み。この春は無敗の2冠馬コントレイル日本ダービーを制し、今度は砂のダービーも制覇と勢いは止まらない。しかも、まな弟子とともに故郷に錦を飾り、喜びはひとしおだ。

 「生まれ故郷で勝てて本当に良かった。カフェファラオが後ろにいたのが気になったけど、この馬の潜在能力を信じながら見ていた」。その熱い視線に応えたダノンファラオ。「緩さが解消されれば、もっと良くなると思う」とトレーナーはさらなる進化を信じている。

 この勝利でケンタッキーダービー(9月5日、米チャーチルダウンズ、GI、ダ2000メートル)の選定ポイント(40ポイント)を獲得したが「今の状況ではケンタッキーダービーに向かうのは難しい」と指揮官。今後は休養に入り、秋はJBCクラシック(11月3日、大井、交流GI、ダ2000メートル)を目標に据える。GI制覇に自信を深めた人馬は、秋にはひと回り大きくなって大井に戻ってくるはずだ。(大貫師男)



★【ジャパンダートダービー】払い戻し確定!! 全着順も掲載



ダノンファラオ 父アメリカンフェイロー、母クリスプ、母の父エルコレドール。青鹿毛の牡3歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)ダノックス。戦績8戦3勝(うち地方2戦1勝)。獲得賞金6950万円(うち地方5340万円)。重賞は初制覇。ジャパンダートダービー矢作芳人調教師が2016年キョウエイギアに次いで2勝目、坂井瑠星騎手は初勝利。馬名の意味は「冠名+父名より」。



■坂井 瑠星(さかい・りゅうせい) 1997(平成9)年5月31日生まれ、23歳。東京都出身。父は昨年11月末の引退までに大井競馬の騎手として通算2028勝を挙げた坂井英光調教師(大井)。藤田菜七子騎手らと同期で2016年3月にデビュー。同年に25勝、17年には36勝をマーク。オーストラリア遠征を経て昨年はGIIフィリーズレビューノーワン)で重賞初勝利を挙げた。今年は24勝。通算125勝、重賞3勝(記録は全てJRA、8日現在)。



 ◆売り上げレコード ジャパンダートダービーの売り上げは23億3033万900円(前年比136・7%)。無観客ながら、前年に記録した17億487万6600円のレコードを6億円以上も更新した。

【ジャパンダートダービー】レースを終えて…関係者談話 2020年7月9日(木) 04:58

 ◆池添騎手(ダイメイコリーダ2着)「勝ち馬に直線でぴったりこられたが、かわされてからも踏ん張ってくれた」

 ◆田辺騎手(キタノオクトパス3着)「ポジションは狙っていた通り。右回りに戻って、いい走りをしてくれた」

 ◆本橋孝騎手(ブラヴール4着)「まだ仕上がり途上だったが、びっくりするほどいい脚を使ってくれた」

 ◆幸騎手(ミヤジコクオウ5着)「馬場が向かず、最初から最後まで追い通しだった」

 ◆ルメール騎手(バーナードループ8着)「集中していなかった感じで、あまり進んでいかなかった」



★【ジャパンダートダービー】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ジャパンダートダービー】ダノンファラオが3歳ダート王!断然人気のカフェファラオは7着 2020年7月8日(水) 20:33

 7月8日の大井11Rで行われた第22回ジャパンダートダービー(3歳オープン、定量、交流GI、ダート・右2000メートル、13頭立て、1着賞金=4500万円)は、坂井瑠星騎手騎乗で6番人気のダノンファラオ(牡、栗東・矢作芳人厩舎)が終始2番手を追走から直線で逃げるダイメイコリーダをかわすとそのまま押し切って快勝。重賞初制覇を3歳ダート王決定戦という大舞台で決めた。タイムは2分5秒9(重)。



 1馬身3/4差の2着に4番人気のダイメイコリーダ(JRA)、さらに5馬身遅れた3着には中団追走から直線で末脚を伸ばした8番人気のキタノオクトパス(JRA)が入り、圧倒的な1番人気に支持されていたカフェファラオは、道中インを軽快に追走していたように見えたが、最終コーナーで手応えが怪しくなり伸びず7着に敗れた。



 ジャパンダートダービーを勝ったダノンファラオは、父American Pharoah、母クリスプ、母の父EL Corredorという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)ダノックス。通算成績は8戦3勝(うち地方2戦1勝)、重賞は初勝利。ジャパンダートダービーは、騎乗した坂井瑠星騎手が初勝利、管理する矢作芳人調教師は2016年のキョウエイギアに次いで2勝目。



★【ジャパンダートダービー】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【鳳雛S】GI馬エスポワールシチーの半弟ミヤジコクオウが完勝! 2020年5月24日() 15:18

 5月24日の京都10R・鳳雛ステークス(リステッド、3歳オープン、ダート1800メートル、16頭立て)は、幸英明騎手騎乗の1番人気ミヤジコクオウ(牡、栗東・川村禎彦厩舎)が中団やや前めから、直線で先頭に立ったダイメイコリーダ(5番人気)を楽々とかわして快勝した。タイムは1分51秒0(良)。

 3馬身差の2着にはダイメイコリーダ、さらにアタマ差遅れた3着にバンクオブクラウズ(8番人気)が続いた。

 鳳雛Sを勝ったミヤジコクオウは、父ヴィクトワールピサ、母エミネントシチー、母の父ブライアンズタイムという血統で、GI・フェブラリーS勝ちしたエスポワールシチー(父ゴールドアリュール)の半弟にあたる。通算成績は5戦3勝。

 ◆幸英明騎手(1着 ミヤジコクオウ)「まだゲート内でチャカチャカして怪しかったんですが、何とか普通に出てくれました。いいポジションで運べて、普通の競馬をすれば力が上だったですね」

★24日京都10R「鳳雛S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【天皇賞・春】モズベッロ坂路でG前仕掛け53秒7 2020年4月30日(木) 04:24

 モズベッロは坂路で併せ馬。馬場が荒れていたこともあって、右へ左へぶれながら登坂した。ゴール前で仕掛けられて4ハロン53秒7-13秒0を計時し、ダイメイコリーダ(3歳1勝クラス)に1馬身先着した。

 森田調教師は「少し馬場が悪かったので、いい動きではなかったけど、順調にきている」とうなずき、「距離はやってみないと分からないが、距離を延ばして掛からなくなった不思議な馬。挑戦者として気楽な立場なので、自分の競馬をしてくれれば」と語った。

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【カトレア賞】デットーリ騎乗のデュートヴァンが中団から差し切りV 2019年11月23日() 14:33

 11月23日の東京9R・カトレア賞(2歳1勝クラス、ダート1600メートル、16頭立て)は、ランフランコ・デットーリ騎手騎乗の1番人気デュードヴァン(牡、美浦・加藤征弘厩舎)が中団追走から直線は馬場の中央を力強く伸びて新馬戦からの連勝を飾った。タイムは1分36秒2(不良)。

 3/4馬身差の2着には10番人気のショウナンマリオ、さらに1馬身半差遅れた3着にダイメイコリーダ(7番人気)が続いた。

 カトレア賞を勝ったデュードヴァンは、父デラクレーションオブウォー、母ジェラスキャット、母の父タピットという血統。通算成績は2戦2勝。

 ◆ランフランコ・デットーリ騎手(1着 デュードヴァン)「スタートして横にスペースができたので、そこに入れて落ち着かせて走らせた。直線で外に出すと自分が何もしなくても一生懸命走ってくれた」

★23日東京9R「カトレア賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイメイコリーダの関連コラム

関連コラムはありません。

ダイメイコリーダの口コミ


口コミ一覧
閲覧 93ビュー コメント 2 ナイス 21


1着:⑨ダノンファラオ
2着:⑫ダイメイコリーダ
3着:⑩キタノオクトパス




1着の⑨ダノンファラオは△
2着の⑫ダイメイコリーダは△
3着の⑩キタノオクトパスは△

でした。

私の注目馬の②カフェファラオは7着でした。


予想買い目は、

ワイド
②→⑨⑫⑩

でしたので、予想はハズレました。_| ̄|○


私が注目馬の②カフェファラオは7着でした。
スタートは悪くなかったと思います。
内枠を利用して3番手のインの位置を確保。
道中は、前を行く馬を見ながらの競馬。
3コーナー過ぎから鞍上のアクションが慌ただしくなるも
動きが重い感じでした。直線では3番手でしたが
手ごたえが無くなりズルズル後退でジエンドでした。
地方のダートが合わなかったのか。3コーナー過ぎで怪しかったですね。
終始、ミヤジコクオウに競られる形になったのも
結果的にスタミナが削られれしまったかもしれませんね。
あとが、前走の疲れが残っていた可能性もありますが、負け方が悪すぎる気がします。
ユニコーンステークスの後の陣営のコメントは
「無敗で秋に古馬と対戦を」と言っていましたが、その目論見は外れましたね。
現状ではクリソベリルとレースをするには厳しいと言わざるを得ないですね。


1着の⑨ダノンファラオについて
好スタートから2番手のポジションを確保。
道中も楽な手ごたえで追走できたのも良かったと思います。
4コーナーからペースが上がってもついていけました。
直線での追い比べでキッチリ差し切りました。
内容的には強かったと思います。
現状は、無理に逃げるよりも番手追走から抜け出す競馬が合っていそう。
カフェファラオと同じアメリカンファラオ産駒なのでこちらも期待できそうですね。


2着の⑫ダイメイコリーダについて。
五分のスタートから二の脚で先頭に立ちました。
上手く先手を奪えましたが、息が入らない展開に泣いた形でしたね。
終始、ダノンファラオにつつかれる形での逃げが痛かったですね。
それでも後続は離しているのでこの馬が一番強い競馬をしたともいえると思います。


日記の中で地方の注目馬に上げたブラヴールは4着でした。
道中は最後方を追走の時は、やはり前走の除外の影響かと思いましたが
最後の直線で猛然と追い込んできました。
今回は大健闘の4着だったと思います。地方馬では最先着でしたし
やはり地方馬では能力上位のところは見せたと思います。
東京ダービーを走っていたら、もっと良い走りが出来たかと思うと残念な除外でしたね。


的中された方、おめでとうございます。

 クロメダカ 2020年7月8日(水) 20:12
ジャパンダートダービー大荒れ
閲覧 131ビュー コメント 1 ナイス 14

1着 ⑨ダノンファラオ
2着 ⑫ダイメイコリーダ
3着 ⑩キタノオクトパス

9-12-10

なにこれ( ゚Д゚)
レーン飛んだ~。
3連単77万!

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2020年7月7日(火) 01:21
ジャパンダートダービー
閲覧 155ビュー コメント 0 ナイス 10

ジャパンダートダービー

大井競馬場
3歳 Jpn1 ダート2000M


サンデーサイレンス系    5-4-4
ミスタープロスペクター系  4-1-2
ヘイルトゥリーズン系    1-1-0
ノーザンダンサー系     0-2-3
ナスルーラ系        0-2-1

今年は馬場が道悪と思われるので、時計も速くなる可能性も、ただ中央馬が1頭強いのがいますね

出走馬の個人的な評価

カフェファラオ
(能力はメンバー中では突き抜けて上と思う。距離延長も大して問題なくて馬場も問わないと思う。気になるところはナイターと不良馬場適性と内枠になったので揉まれた場合かな
(未経験と思う)意外とこれが重要と思うが間隔が短いということだけ。)

バーナードループ
(かなりダートでは強いと思うが新馬戦で9馬身負けたカフェファラオがいるので距離延長がプラスとも思えないので、ただ能力は高いから道悪も問題なければ結果はついてくるかも)

ミヤジコクオウ
(前走の内容でここでも期待出来そう、道悪も問題ないので強いのはいるがどこまで通用するかだけ、距離延長も大丈夫とみている)

フルフラット
(距離延長はプラスではないので、いかにごまかして乗るか、馬場悪化は大幅にプラスだと思っているので今回のメンバーなら自分のペースで逃げれると思うがカフェファラオの動向次第ですね)

ダノンファラオ
(前走の負けが不可解なので信頼度は落ちたが、力を出せばもちろん上位に来れる馬だと思う。距離延長でペースが落ち着けば)

ダイメイコリーダ
(ここ2戦強くなっていると思うので、この相手でも面白い存在と思う。逃げもあり得るので距離延長でもさほど気にならないとは思っている)

キタノオクトパス
(距離延長でカフェファラオとの差が詰めれるかどうか?道悪適正もあるので流れに乗って脚を溜めれるかどうかですね)

エメリミット
(相手強化になるのでどこまで通用するかどうかだけ、内枠になった文脚は溜めれそうだが)

ブラヴ―ル
(取り消し明けで相手が今までで一番強くなったからどこまで戦えるか?)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイメイコリーダの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ダイメイコリーダの写真

ダイメイコリーダ

ダイメイコリーダの厩舎情報 VIP

2020年6月21日鷹取特別2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダイメイコリーダの取材メモ VIP

2020年6月21日 鷹取特別 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。