エトワール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝2 栗毛 2016年2月9日生
調教師牧光二(美浦)
馬主近藤 英子
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[1-2-0-1]
総賞金900万円
収得賞金400万円
英字表記Etoile
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
ファシネイション
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
グローリアスデイズ
兄弟 アプルーヴァルファイナンス
前走 2018/11/03 2歳未勝利
次走予定

エトワールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/11/03 東京 4 2歳未勝利 芝2000 13442.511** 牝2 54.0 戸崎圭太牧光二466(0)2.01.3 -0.034.4グレイテスト
18/10/08 東京 3 2歳未勝利 芝1800 14466.242** 牝2 54.0 戸崎圭太牧光二466(+14)1.48.9 0.234.1④⑤⑤マイネルサーパス
18/07/14 福島 1 2歳未勝利 芝1800 16115.432** 牝2 54.0 戸崎圭太牧光二452(+2)1.49.8 0.136.4⑥⑧⑨⑥セイウンオフロード
18/06/17 東京 5 2歳新馬 芝1600 165107.0210** 牝2 54.0 戸崎圭太牧光二450(--)1.37.5 1.035.6⑧⑨トーセンギムレット

エトワールの関連ニュース

 【東京5R】エトワールは、近親にダービー馬フサイチコンコルド、皐月賞馬ヴィクトリー、アンライバルドがおり、近年も青葉賞馬アドミラブルなど活躍馬が出ている一族の出身だ。血統の良さが調教にも表れ、再三の年長馬との併せ馬で抜群の動きを見せている。「バネのあるいい走りをする。追ってからの反応もいい。初戦から好勝負」と牧調教師。荒れてきた東京の芝も、パワー型のハービンジャー産駒に向く。

 【東京6R】アマデウスは、おじのシャイニープリンスが富士S2着など重賞で活躍。母も中京芝で初勝利と、左回りで実績のある母系だ。5月初旬から併せ馬9本と豊富な調教を消化。2週前追いに騎乗した大野騎手も「まだ幼さは残るけど、追い切りは動けている。そのあたりに期待です」と好感触を抱く。父がパワータイプのキンシャサノキセキという配合で、土曜の雨馬場で傷みが増すだろう芝も歓迎に映る。(夕刊フジ)

【秋華賞】エトワール3着…小牧「やったと思った」2014年10月20日(月) 05:05

 第19回秋華賞(19日、京都11R、GI、3歳オープン牝馬国際指、馬齢、芝・内2000メートル、1着本賞金8900万円 =出走17頭)4番人気タガノエトワールは、中団やや後方で脚をためて直線で鋭く伸びてきたが、ゴール寸前で内からショウナンパンドラ、外からヌーヴォレコルトにかわされて、3着に敗れた。

 「悔しいね。やったと思ったけど…。位置どりも絶好だったが、ためにためた前走(ローズS2着)ほど長くいい脚は使えなかった」と、小牧騎手は肩を落とした。

★19日京都11R「秋華賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【秋華賞】洋一郎、鬼脚エトワールで万券連勝だ! 2014年10月19日() 05:13

 牝馬3冠レースの最終戦、秋華賞(GI、芝2000メートル)が19日、京都競馬場で開催される。秋のGI第1弾・スプリンターズSの馬単2万6040円を◎△で仕留めた“鬼才”佐藤洋一郎記者は、前売り5番人気の(12)タガノエトワールに◎(通称マルドン、自信の◎)。スプリンターズSの3連単19万930円を◎△△で的中させた僚誌週刊ギャロップの松永昌也記者は、◎(17)リラヴァティで勝負する。

 1999年10月24日の第4回秋華賞で、のどから血が出るほどに絶叫した。4コーナーを後方から回った◎ブゼンキャンドルと▲クロックワークが大外一気! 馬連で当時、GI史上3番目の高配当9万4630円(18日現在7番目)を振る舞ってくれたのだ。

 すでに風化したこの会心の予想が、今年の出馬表を見ながらめらめらとよみがえった。消えていたキャンドルに灯がともった。

 ブゼンキャンドルは900万下(当時)の条件馬だったが、ローズSで3着に入って秋華賞への出走権を得た。単なる3着ではない。上がり3ハロン(600メートル)でメンバー最速の鬼脚を繰り出していた。この脚は、さらにペースが激化するメンバーでの京都の2000メートルなら…。

 ローズS秋華賞は直結している。夏を越しての秋の初戦。この一戦に本番への可能性が如実に表れる。条件馬だろうが、格下(と思われている)馬だろうが、つぼみのローズで魅せた脚は本番で開花する。そういう季節と馬場と展開が、◎タガノエトワールを育んでいる。

 上がり33秒3。ローズSで勝ち馬ヌーヴォレコルトをしのぐ最速の鬼脚を繰り出したエトワール、新星は、フロックの産物ではない。れっきとした筋の通った血のなせるワザなのだ。

[もっと見る]

ラブミーチャン、1年1カ月ぶりV2011年6月25日() 05:00

 09年の交流GI全日本2歳優駿優勝馬ラブミーチャン(笠松・柳江仁、牝4)が24日、名古屋競馬場で行われた第1回名古屋でら馬スプリント(ダ800メートル)に浜口楠騎手で出走し、46秒4(良)のコースレコードで4馬身差の圧勝を収めた。昨年5月20日のエトワール賞(門別、ダ1200メートル)以来、1年1カ月ぶりの勝利で、通算8勝目(15戦)となった。

[もっと見る]

【エトワール賞】ラブミーチャン快逃7勝目2010年5月21日(金) 05:01

 北海道・門別競馬場で20日に行われた地方重賞エトワール賞(3歳上オープン、別定、ダ1200メートル)に出走した昨年の地方競馬年度代表馬ラブミーチャン(笠松・柳江仁、牝3、父サウスヴィグラス)が、一昨年の2歳最優秀馬アンペア(牝4)の追撃をアタマ差封じて逃げ切り、2月の笠松以来の通算7勝目をマークした。タイム1分11秒7(不良)。フィリーズレビューで12着に敗れた後、3月24日の浦和桜花賞を出走取消。約2カ月ぶりの実戦で「道中は楽だったが、最後は詰め寄られてヒヤヒヤ」と初騎乗の五十嵐冬樹騎手が振り返る辛勝だったが「次が本番ですから」と、次走の北海道スプリントC(6月17日、門別、交流GIII、ダ1200メートル)へ意欲を燃やしていた。

[もっと見る]

【エトワール賞】ラブミーチャンが復活V!2010年5月20日(木) 20:55

 20日(木)に門別競馬場で行われた第10回エトワール賞(11R、サラ3歳以上、OP、別定、ダ1200m、1着賞金150万円)は、五十嵐冬樹騎手騎乗で圧倒的1番人気に支持されたラブミーチャン(牝3歳、笠松・柳江仁厩舎)が鮮やかな逃げ切りで快勝。通算7勝目を達成した。タイムは1分11秒7(不良)。

 笠松の快速娘が北の大地で復活した。レースは好スタートからラブミーチャンがハナをきり、ピースオブキング、マルカシリウスが続く展開。4コーナーではサンサンヒカリが抜群の手応えで伸び、直線へ。直線に入ってからは、ラブミーチャンが後続を突き放しにかかったが、外からアンペアが鋭く伸び、ラブミーチャンとアンペアが馬体を併せるかたちでゴールイン。ラブミーチャンがアタマ差という僅差で勝利をものにした。

 ラブミーチャンは、昨年、デビューから5連勝で全日本2歳優駿(交流GI)を制し、2歳馬として初めて地方競馬(NARグランプリ)の年度代表馬に輝いた。

 今年初戦となったゴールドジュニアも快勝し、6連勝を達成。しかし、桜花賞出走権獲得を目指して参戦したフィリーズレビュー(GII)では12着に惨敗。その後、浦和の桜花賞への出走予定もあったが、熱発のため取り消しとなっていた。

 しかし、今回のエトワール賞では、古馬との初対戦という厳しい条件にもかかわらず、復活勝利をおさめた。今後は、北海道スプリントC(交流GIII、6月17日、門別、ダ1200メートル)へ進む予定。

 勝ったラブミーチャンは、父サウスヴィグラス、母ダッシングハニー、母の父アサティスという血統で、通算8戦7勝(うち地方6戦6勝)。馬主は風水師のDr.コパこと小林祥晃氏。指定交流重賞は兵庫ジュニアGP(GII)、全日本2歳優駿(GI)の2勝を挙げている。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エトワールの関連コラム

関連コラムはありません。

エトワールの口コミ


口コミ一覧
閲覧 47ビュー コメント 2 ナイス 12

ここ2週の出走結果は今度こそ夜に回して、まずは目先の出走馬の展望から。

今週は3頭の指名馬が出走します。


【出走】
・11月10日 京都2R
☆ブラックモリオン(北村友一騎手)

まずは土曜日の京都の未勝利戦にブラックモリオンが出走します。

【ブラックモリオン】
荻野極 ■ 栗東 坂良 1 回-54.5-39.5-25.5-12.6 末強目追う
助 手 10.28 栗東 坂良 1 回-59.8-44.4-29.3-14.3 馬ナリ余力
助 手 10.31 栗東 CW良 83.1-67.3-52.4-38.4-11.8 [9] 馬ナリ伸る
カテドラル(二オープン)馬ナリの外2.3秒先行クビ遅れ
助 手 11. 4 栗東 CW良 60.1-43.6-13.7 [6] 馬ナリ余力
助 手 11. 7 栗東 坂良 1 回-53.9-39.6-26.0-12.9 馬ナリ余力
マレキアーレ(新馬)末強目に0.6秒先行同入

このレース。水曜日の想定の段階では6頭しか名前がなく、その6頭全てが掲示板に載ったことのない馬でした。
南関東の地方競馬では未勝利戦の中でも「未受賞戦」というレースがあって、それまでに一度も5着以内に入ったことのない馬同士のレースがあるのですが、もしそのままの6頭立てなら「牝馬限定の未受賞戦」となるところでした。
なので、入着経験のある3頭が急遽回ってきたとはいえ、メンバーレベルは高いとは言えません。

同じ舞台の新馬戦で2着だったドゥエルメスが人気になりそうなメンバー構成になったわけですけど、勝ち馬から1.8秒もちぎられたから怖くないのではなくて、使った上がり3ハロンが40.2秒だからそこまでの馬ではないだろうと推測できることを思えば、ブラックモリオンが1分55秒台で走れれば勝てると逆算はできそうです。

いずれにしてもブラックモリオンのダート適性よりはメンバーレベルの方が大きく作用しそうな組み合わせであって、ブラックモリオン自身は前走より条件が好転するのは間違いないので、ここは勝ちを期待したいですね。
「昇級したら苦しそうだけど…」なんてことは思わないで、目先の勝ちを拾いにいってくださいw

・11月11日 東京2R
△マキ(北村宏司騎手)

日曜日の東京の未勝利戦にマキが出走します。

【マキ】
助 手 ◇ 函館 W良 69.3-54.3-39.5-13.3 [9] 強目に追う
助 手 ■ 函館 W稍 73.2-56.5-41.5-13.5 [4] 馬ナリ余力
助 手 10.28 美南 坂稍 1 回-56.1-42.2-28.3-14.4 馬ナリ余力
助 手 10.31 美南 W良 69.2-53.9-39.2-13.3 [5] 強目に追う
ニシノコトダマ(二500万)強目の内同入
助 手 11. 4 美南 坂良 1 回-57.8-43.3-28.3-13.7 馬ナリ余力
武 藤 11. 7 美南 W稍 71.1-55.1-40.5-13.7 [7] 強目に追う
ウインリベルタ(新馬)直強目の内0.4秒追走同入

中間の調整過程は上記の通り。
今回は待望のダート戦になりますけど、スタートが速い馬ではないので芝からのスタートという点に一抹の不安を感じます。できれば真ん中より外の方の枠がいいですね。
相手関係はチェックしていませんが、おそらく自身との戦いになるのではないかと思います。

・11月11日 福島10R 福島2歳S
△ジャカランダシティ(荻野極騎手)

福島2歳Sにジャカランダシティが中1週で登場です。

【ジャカランダシティ】
助 手 ◇ 栗東 坂重 1 回-55.1-39.8-25.4-12.9 馬ナリ余力
助 手 ■ 栗東 坂良 1 回-55.3-39.9-25.6-13.1 馬ナリ余力
助 手 11. 6 栗東 坂稍 1 回-62.7-46.0-29.3-14.1 馬ナリ余力
助 手 11. 7 栗東 坂良 1 回-54.2-39.6-26.2-13.2 馬ナリ余力

オープン特別といっても1勝馬同士の組み合わせなので気負うところはないでしょう。
ただフルゲートの一戦であることを考えると、小倉2歳Sの結果を考えると不安の方が先立ちます。
揉まれない競馬ができるかどうかがポイントになるでしょうね。

【調教】

【キアレッツァ】
助 手 ■ 美南 W良 54.8-40.0-13.2 [8] 馬ナリ余力
助 手 11. 4 美南 W良 58.5-42.4-13.6 [9] 馬ナリ余力
スイートウィスパー(新馬)馬ナリの外同入
助 手 11. 7 美南 W稍 56.0-41.2-12.8 [8] 馬ナリ余力
ミッキーマンドリン(古500万)馬ナリの外0.7秒先行0.1秒先着

【マイディアライフ】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-56.2-39.8-25.6-13.0 末強目追う
助 手 ■ 栗東 CW良 50.6-37.8-12.5 [8] 直強目余力
助 手 11. 6 栗東 坂稍 1 回-59.7-43.6-28.8-14.8 馬ナリ余力
助 手 11. 8 栗東 坂良 1 回-57.2-41.2-27.1-13.5 馬ナリ余力

【サトノエルドール】
北村宏 ■ 美南 W稍 67.8-51.9-38.5-13.8 [6] 強目に追う
助 手 11. 7 美南 W稍 53.9-39.7-13.7 [7] 馬ナリ余力
ロジギムレット(二未勝)強目の外1.8秒先行0.2秒遅れ

【ブールバール】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.7-39.1-25.5-12.3 末強目追う
酒井学 ■ 栗東 坂良 1 回-54.7-39.9-25.6-12.6 強目に追う
助 手 11. 7 栗東 P良 83.3-66.8-51.5-37.6-12.2 [8] 馬ナリ余力
スカイノブランチ(新馬)馬ナリの外同入

【ランフォザローゼス】
杉 原 ◇ 美南 W稍 51.9-38.5-13.2 [7] 直一杯追う
助 手 11. 7 美南 坂重 1 回-62.3-45.9-29.7-14.4 馬ナリ余力

【アガラス】
助 手 ◇ 函館 W良 68.3-53.3-39.2-12.7 [6] 馬ナリ余力
助 手 10.28 美南 坂稍 1 回-61.0-44.3-29.1-14.6 馬ナリ余力
助 手 10.31 美南 W良 40.4-13.5 [4] 馬ナリ余力
助 手 11. 2 美南 坂良 1 回-61.2-45.2-29.5-14.5 馬ナリ余力
助 手 11. 4 美南 W良 40.4-13.2 [7] 馬ナリ余力
助 手 11. 7 美南 W稍 67.9-53.9-40.3-13.6 [6] 馬ナリ余力


【在厩】
☆アガラス(11月17日の東京スポーツ杯2歳Sへ)
☆ボスジラ(11月4日の百日草特別は2着)
☆ランフォザローゼス(10月20日の新馬戦を快勝)
△エトワール(11月3日の未勝利戦を勝ち上がり)
☆アーデンフォレスト(11月3日の新馬戦は2着。24日の京都の未勝利戦へ)
☆マイディアライフ(10月27日の未勝利戦は3着)
△ブールバール(10月27日の未勝利戦は3着)
△サトノエルドール(9月30日の未勝利戦は3着。11月24日の東京1800を予定)
△シティーオブスター(9月30日の未勝利戦は13着)
△キアレッツァ(8月18日の未勝利戦は10着。11月17日の福島の未勝利戦を丸山騎手で)


【放牧】
☆アドマイヤジャスタ(紫菊賞を快勝。12月28日のホープフルSへ)
△レッドベレーザ(11月3日のファンタジーSは5着)
△キラープレゼンス(10月27日の新潟の未勝利戦を楽勝)
△シャドウセッション(8月19日の未勝利戦を快勝。中山のひいらぎ賞へ)
☆クイーンズテイスト(6月30日の未勝利戦は6着。山元TCに移動)
☆グラディーヴァ(8月30日にゲート試験に合格)

【未入厩】
☆ポップコーンジャズの2016

とりあえず入厩している馬が多いのは好ましい状況。ただ、年明けには出走回数のやりくりで苦労しそうだけど。
そして年内も残り少なくなってきたので、ウマニティPOG的にはポップコーンジャズの2016の処遇をそろそろ考えないと…ってところですかね。
金子さんの馬だから音沙汰がないのは仕方ないにしても、そろそろしがらきにでもいてくれないと入れ換えも考えないと…って時期ですからね。

 藤沢雄二 2018年11月3日() 08:17
今週は秋の天王山!~POG第23節~
閲覧 90ビュー コメント 0 ナイス 12

今週は何かとバタバタしてしまったので先週の第22節に出走した4頭の振り返りは夜にでも回して、まずは今週の23節に出走する4頭の展望から入ります。

【出走】
・11月3日 東京4R
△エトワール(戸崎圭太騎手)

今週の先陣を切るのは東京の未勝利戦に出走するエトワールです。

【エトワール】
助 手 ◇ 美南 W良 67.8-52.7-38.2-13.1 [6] 一杯に追う
助 手 10.17 美南 坂良 1 回-56.6-39.9-25.7-13.0 馬ナリ余力
グラスレガシー(古500万)馬ナリに0.3秒先行同入
助 手 10.24 美南 坂稍 2 回-56.7-40.3-26.1-13.4 馬ナリ余力
マビヨン(新馬)一杯に0.7秒先行同入
助 手 10.31 美南 W良 68.3-52.9-38.9-12.7 [6] 強目に追う
パイオニアバイオ(古1600万)馬ナリの外1.4秒先行同入

大きな不利を受けた前走から中3週ですが、その不利によるダメージはないとのことでまずは一安心。
さてこのレース。優先出走権のある馬が自身を含めて6頭いるのに加えて優先出走権を放棄して再度東上する関西馬もいてメンバーレベルはなかなか高め。一筋縄ではいかない感じです。
しかしながら、ここ2戦の内容からエトワールは未勝利戦なら力上位は示しており泣き言は言っていられません。
むしろここをスンナリ勝つようならば昇級しても多いに楽しめそうですし、それぐらいの内容は求めたいところであります。

とにかく、今度こそ!の気持ちです。


・11月3日 京都7R
☆アーデンフォレスト(クリスチャン・デムーロ騎手)

京都の新馬戦でアーデンフォレストがデビューします。

【アーデンフォレスト】
助 手 6. 3 栗東 坂良 1 回-57.5-41.7-27.0-13.2 馬ナリ余力
ラズライトノヴァ(新馬)一杯と同入
助 手 6. 6 栗東 E不 13.9 ゲートナリ
助 手 9.23 栗東 坂重 1 回-57.8-41.9-27.0-13.5 末強目追う
ディープサドラーズ(新馬)馬ナリを0.6秒追走0.2秒遅れ
助 手 9.26 栗東 芝良 72.9-55.8-40.5-13.2 [3] 馬ナリ余力
エイカイボルト(新馬)馬ナリの外0.3秒先行3F付0.2秒先着
9.27 栗東 プール 1周
助 手 9.30 栗東 坂不 1 回-59.2-42.8-28.2-13.6 馬ナリ余力
助 手 10. 3 栗東 CW良 53.0-38.5-12.7 [7] 直強目余力
ノーブルスコア(二未勝)馬ナリの外0.3秒先行0.2秒遅れ
助 手 10. 7 栗東 坂重 1 回-58.8-42.3-27.0-13.3 馬ナリ余力
カントル(新馬)馬ナリに0.5秒先行0.1秒先着
高 田 10.11 栗東 CW良 80.4-64.4-50.3-37.3-12.3 [5] 強目に追う
ディープサドラーズ(新馬)一杯の内0.9秒追走同入
助 手 10.21 栗東 CW良 60.9-42.8-11.8 [8] 馬ナリ余力
トーセンアイトーン(古500万)馬ナリの外0.4秒先行同入
高 田 10.24 栗東 CW良 81.5-66.4-51.0-38.1-12.3 [6] 直一杯追う
ファントムライト(障オープン)直一杯の内1.3秒追走0.1秒先着
Cデム 10.31 栗東 芝良 68.3-51.1-36.3-11.5 [1] 馬ナリ余力
ロードアブソルート(新馬)馬ナリの内0.8秒追走0.1秒先着

しっかりと乗り込まれていて時計も上々。
評判馬の集まることが多い京都1800mの新馬戦で8頭立てということは、それなりに評判になっているのでしょうね。
新馬戦だけにやってみないとわからない部分はあるでしょうが、それなりの勝ち方を求めるぐらいは期待しています。

・11月3日 京都11R ファンタジーS
△レッドベレーザ(クリスチャン・デムーロ騎手)

新馬戦を勝ったばかりのレッドベレーザがいきなりの重賞挑戦です。

【レッドベレーザ】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-52.7-38.6-25.7-13.2 一杯に追う
助 手 10.24 栗東 坂良 1 回-59.7-42.5-27.3-13.5 馬ナリ余力
ドナウデルタ(二500万)馬ナリと同入
助 手 10.31 栗東 坂良 1 回-54.9-40.2-26.7-13.3 一杯に追う
シトラスノート(二未勝)一杯に0.1秒先行0.3秒先着

坂路の時計はお世辞にも出ているとは言えませんが、調教の短評を見ると好評価なので、そこは素直に鵜呑みにしますw

やはり重賞なので楽ではありませんが9頭立てならノーチャンスということもないでしょう。
ここは土曜日の重賞に強いクリスチャンの手綱捌きに期待します。


・11月4日 東京9R 百日草特別
☆ボスジラ(田辺裕信騎手)

日曜日の百日草特別にボスジラが出走します。

【ボスジラ】
助 手 ◇ 美南 W良 70.1-54.2-39.7-13.2 [9] 馬ナリ余力
助 手 10.11 美南 坂稍 1 回-58.6-43.5-29.0-14.4 馬ナリ余力
10.13 美浦 プール
助 手 10.14 美南 W重 53.9-39.0-13.1 [4] 馬ナリ余力
ディキシーナイト(二500万)馬ナリの内0.8秒追走同入
10.16 美浦 プール
助 手 10.17 美南 W稍 85.3-68.6-53.6-39.5-13.1 [4] 馬ナリ余力
サトノディード(古500万)馬ナリの外0.8秒先行同入
10.18 美浦 プール
10.19 美浦 プール
助 手 10.21 美南 坂良 1 回-55.2-40.5-26.7-13.3 馬ナリ余力
ディキシーナイト(二500万)馬ナリに0.5秒先行同入
助 手 10.24 美南 W稍 82.9-67.0-52.6-38.9-13.8 [8] 一杯に追う
アルミレーナ(古500万)馬ナリの内0.9秒追走0.2秒遅れ
10.25 美浦 プール
助 手 10.28 美南 W稍 59.5-43.7-14.6 [7] 馬ナリ余力
田 辺 10.31 美南 W良 68.6-53.3-39.3-13.0 [8] 強目に追う
ダイワメモリー(古500万)馬ナリの内0.6秒追走同入

ここは自身との戦いになると思います。
とにかく東京コースをこなせるかどうかの一点に尽きるでしょう。
7頭立てでもありますし、心配事はあっても馬券的には強気にいきたいですね。
ここを勝てば大きく視界が開けるので、不安よりも楽しみの方を大きく持ってレースを見守りたいですね。


【調教】

【ブラックモリオン】
荻野極 ■ 栗東 坂良 1 回-54.5-39.5-25.5-12.6 末強目追う
助 手 10.28 栗東 坂良 1 回-59.8-44.4-29.3-14.3 馬ナリ余力
助 手 10.31 栗東 CW良 83.1-67.3-52.4-38.4-11.8 [9] 馬ナリ伸る
カテドラル(二オープン)馬ナリの外2.3秒先行クビ遅れ

【アガラス】
助 手 ◇ 函館 W良 68.3-53.3-39.2-12.7 [6] 馬ナリ余力
助 手 10.28 美南 坂稍 1 回-61.0-44.3-29.1-14.6 馬ナリ余力
助 手 10.31 美南 W良 40.4-13.5 [4] 馬ナリ余力

【マキ】
助 手 ◇ 函館 W良 69.3-54.3-39.5-13.3 [9] 強目に追う
助 手 ■ 函館 W稍 73.2-56.5-41.5-13.5 [4] 馬ナリ余力
助 手 10.28 美南 坂稍 1 回-56.1-42.2-28.3-14.4 馬ナリ余力
助 手 10.31 美南 W良 69.2-53.9-39.2-13.3 [5] 強目に追う
ニシノコトダマ(二500万)強目の内同入

【在厩】
☆アガラス(11月17日の東京スポーツ杯2歳Sへ)
☆ランフォザローゼス(10月20日の新馬戦を快勝)
△ジャカランダシティ(10月28日の500万下は3着。福島2歳Sへ)
☆マイディアライフ(10月27日の未勝利戦は3着)
△ブールバール(10月27日の未勝利戦は3着)
△マキ(5回東京2週目のダート戦に向かう予定)
△キアレッツァ(8月18日の未勝利戦は10着。11月の福島戦を目標)
☆ブラックモリオン(10月14日の未勝利戦は11着。11月10日の京都のダート1800m戦へ)


【放牧】
☆アドマイヤジャスタ(紫菊賞を快勝。12月28日のホープフルSへ)
△キラープレゼンス(10月27日の新潟の未勝利戦を楽勝)
△シャドウセッション(8月19日の未勝利戦を快勝)
△シティーオブスター(9月30日の未勝利戦は13着)
☆クイーンズテイスト(6月30日の未勝利戦は6着。山元TCに移動)
△サトノエルドール(9月30日の未勝利戦は3着。11月24日の東京1800を予定)
☆グラディーヴァ(8月30日にゲート試験に合格)

【未入厩】
☆ポップコーンジャズの2016

なんだかんだで11月もそれなりの出走回数は確保できそうです。
そしてその大半が有力馬になりそうなので、色々と皮算用でヨダレが…という感じですがw
とにかく勝ち星を重ねて、スペシャルワールドの今後の展開を有利にできるように頑張ってもらいたいものです。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2018年10月27日() 10:18
直接対決で上位陣を叩け!~POG第22節~
閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 12

今週POG戦線は4頭が出走します。
未勝利戦×3+500万下平場と地味な印象は拭えませんがw
それだけに4戦4勝は夢見たいところであります。


【出走】
・10月27日 東京2R
☆マイディアライフ(戸崎圭太騎手)

今週の先陣を切るのはマイディアライフです。

【マイディアライフ】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-56.2-39.8-25.6-13.0 末強目追う
助 手 ■ 栗東 坂良 1 回-55.4-39.8-26.0-12.9 馬ナリ余力
助 手 10.15 栗東 坂良 1 回-45.4-29.0-13.8 馬ナリ余力
助 手 10.17 栗東 坂良 1 回-62.8-45.2-29.2-14.4 馬ナリ余力
助 手 10.18 栗東 坂良 1 回-52.1-37.7-25.0-12.5 末強目追う
助 手 10.24 栗東 CW良 50.6-37.8-12.5 [8] 直強目余力

なにやら厩舎のホームページには、当初は3Rの2000mの方を目標としていたようですが、蓋を開けてみるとマイル戦に矛先を向けることになりました。
血統的には、特に母系を考えると長い距離の方がいいように思うわけですが、競馬には相手関係もあるのでその辺のことを勘案してのことでもあるのでしょう。ゲンを担ぐわけでもないでしょうけど、マイディアライフは初戦、2戦目と牝馬に負けているのを思えば、2000mの方は勝っておかしくない牝馬がいるのに対して1600mの方にはそれらしき牝馬はいませんからね。

さてこの東京2Rのレースの焦点は「アルママが重賞級なのか否か」に尽きると思うんですよ。

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=fdd54de411&owner_id=c218baf74d

ここで記したように、セレクトセールで1億円以上の高額で取引された馬の分水嶺は2戦目なので、重賞級ならアッサリ勝つでしょうし、そうでなければ恐るるに足らずでいいわけで。

そこへいくとノーザンファーム生産の関西馬が優先出走権を放棄して東上するのは成算あってのことになるでしょうし、左回りで距離短縮というのも個人的にはプラスだと思っていますし、攻め強化も見逃せません。

まあアルママの新馬戦のレベルはそれなりだと思うので馬券的には軽視できない面はありますけど、マイディアライフの贔屓目を抜きにしてもアッサリと勝つまでは思えないので▲が妥当だとは思います。

ここはマイディアライフの単勝と、マイディアライフとヘイワノツカイのワイドを持って見守りたいですね。
当たったら転がすw


・10月27日 京都3R
△ブールバール(酒井学騎手)

返す刀で京都3Rにブールバールが出走します。

【ブールバール】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-53.7-39.1-25.5-12.3 末強目追う
助 手 ■ 栗東 坂稍 1 回-54.4-39.6-25.6-12.9 一杯に追う
助 手 10.12 栗東 坂良 1 回-16.0-13.9-不明-不明 一杯に追う
助 手 10.17 栗東 坂良 1 回-62.3-44.6-29.2-14.6 馬ナリ余力
川 又 10.18 栗東 坂良 1 回-53.4-38.6-25.0-11.9 馬ナリ余力
酒井学 10.24 栗東 坂良 1 回-54.7-39.9-25.6-12.6 強目に追う
ミエルミエーレ(新馬)一杯に0.5秒先着

ここ2週の坂路の時計は、いくらジョッキー騎乗とはいえいいですね。それだけにパドックや返し馬での落ち着きがカギになりそうです。

それにしても酒井学とは珍しい人選だな~と思っていたら、それもそのはず。大久保龍厩舎が酒井学を起用するのは去年の高松宮記念の裏の阪神以来なので、実に1年7ヶ月ぶり。
その酒井学を調教から乗せている辺りに勝負手であることを感じます。控えても味がないのは前走で証明されているので、ここは逃げないまでも外つき3番手ぐらいの競馬をしてほしいわけで、そういう意味では適任かと思われます。そこまで人気になるような騎手でもないのでw
ミルコのコルデトゥリーニが相手だと思いますけど、この馬に勝てるかどうかが1着への分かれ道ですね。

・10月27日 新潟5R
△キラープレゼンス(北村友一騎手)

土曜日は大忙し。
新潟の未勝利戦にキラープレゼンスが出走します。

【キラープレゼンス】
北村友 ■ 栗東 坂良 2 回-52.8-38.5-25.3-12.7 末一杯追う
助 手 10. 8 栗東 坂稍 2 回-58.3-41.8-27.3-13.1 馬ナリ余力
ブルヴェルソン(古500万)馬ナリと同入
北村友 10.11 栗東 坂良 2 回-54.1-39.1-25.8-12.8 馬ナリ余力
ブラックダンサー(二500万)一杯に0.1秒先行0.3秒先着
助 手 10.15 栗東 坂良 2 回-57.4-41.0-26.0-12.5 馬ナリ余力
ブラックダンサー(二500万)馬ナリを0.1秒追走クビ先着
助 手 10.18 栗東 坂良 2 回-53.7-38.6-25.1-12.4 一杯に追う
クレッセントムーン(二未勝)一杯を0.1秒追走クビ遅れ
助 手 10.21 栗東 坂良 2 回-55.8-40.6-25.9-12.5 末強目追う
レノヴァール(古1000万)馬ナリと同入
北村友 10.24 栗東 坂良 2 回-54.7-39.3-25.5-12.4 馬ナリ余力
ディアブルノワール(二未勝)一杯を0.3秒追走0.4秒先着

とにかく初戦がチグハグなレースだっただけに、1ターンの1800mというのは手ぐすね引いて待っていた条件。
思いの外、メンバーは揃った感じですが、ここはガッツリ馬券を買いたいぐらいの期待をしております。


・10月28日 京都6R
△ジャカランダシティ(内田博幸騎手)

日曜日の京都の500万下平場にジャカランダシティが出走します。

【ジャカランダシティ】
助 手 ◇ 栗東 坂重 1 回-55.1-39.8-25.4-12.9 馬ナリ余力
助 手 ■ 栗東 坂良 1 回-54.6-39.5-25.4-12.8 馬ナリ余力
助 手 10. 8 栗東 坂稍 1 回-55.6-40.4-26.4-13.4 馬ナリ余力
助 手 10.11 栗東 坂良 1 回-57.1-41.0-25.8-12.8 馬ナリ余力
助 手 10.15 栗東 坂良 1 回-57.3-40.6-25.3-12.6 馬ナリ余力
助 手 10.17 栗東 坂良 1 回-65.1-47.4-30.6-14.4 馬ナリ余力
助 手 10.18 栗東 坂良 1 回-53.6-39.3-25.8-13.4 馬ナリ余力
コンテナ(古1600万)馬ナリを1.9秒追走クビ遅れ
助 手 10.24 栗東 坂良 1 回-55.3-39.9-25.6-13.1 馬ナリ余力

8頭立てと手頃な頭数のわりには各馬一長一短があって難解ムード。
ただ、新馬勝ちのキャリアがあるのは2頭だけで、ジャカランダシティはその内の1頭だからこのメンバーでは地力上位だと思っています。
馬券で勝負できるかはオッズ次第ですが、少なくとも馬券対象からは外れない走りはしてくれると思っています。

【調教】

【エトワール】
助 手 ◇ 美南 W良 67.8-52.7-38.2-13.1 [6] 一杯に追う
助 手 10.17 美南 坂良 1 回-56.6-39.9-25.7-13.0 馬ナリ余力
グラスレガシー(古500万)馬ナリに0.3秒先行同入
助 手 10.24 美南 坂稍 2 回-56.7-40.3-26.1-13.4 馬ナリ余力
マビヨン(新馬)一杯に0.7秒先行同入

【ボスジラ】
助 手 ◇ 美南 W良 70.1-54.2-39.7-13.2 [9] 馬ナリ余力
助 手 10.11 美南 坂稍 1 回-58.6-43.5-29.0-14.4 馬ナリ余力
10.13 美浦 プール
助 手 10.14 美南 W重 53.9-39.0-13.1 [4] 馬ナリ余力
ディキシーナイト(二500万)馬ナリの内0.8秒追走同入
10.16 美浦 プール
助 手 10.17 美南 W稍 85.3-68.6-53.6-39.5-13.1 [4] 馬ナリ余力
サトノディード(古500万)馬ナリの外0.8秒先行同入
10.18 美浦 プール
助 手 10.21 美南 坂良 1 回-55.2-40.5-26.7-13.3 馬ナリ余力
ディキシーナイト(二500万)馬ナリに0.5秒先行同入
助 手 10.24 美南 W稍 82.9-67.0-52.6-38.9-13.8 [8] 一杯に追う
アルミレーナ(古500万)馬ナリの内0.9秒追走0.2秒遅れ

【レッドベレーザ】
助 手 ◇ 栗東 坂良 1 回-52.7-38.6-25.7-13.2 一杯に追う
助 手 10.24 栗東 坂良 1 回-59.7-42.5-27.3-13.5 馬ナリ余力
ドナウデルタ(二500万)馬ナリと同入

【アーデンフォレスト】
助 手 6. 3 栗東 坂良 1 回-57.5-41.7-27.0-13.2 馬ナリ余力
ラズライトノヴァ(新馬)一杯と同入
助 手 6. 6 栗東 E不 13.9 ゲートナリ
助 手 9.23 栗東 坂重 1 回-57.8-41.9-27.0-13.5 末強目追う
ディープサドラーズ(新馬)馬ナリを0.6秒追走0.2秒遅れ
助 手 9.26 栗東 芝良 72.9-55.8-40.5-13.2 [3] 馬ナリ余力
エイカイボルト(新馬)馬ナリの外0.3秒先行3F付0.2秒先着
9.27 栗東 プール 1周
助 手 9.30 栗東 坂不 1 回-59.2-42.8-28.2-13.6 馬ナリ余力
助 手 10. 3 栗東 CW良 53.0-38.5-12.7 [7] 直強目余力
ノーブルスコア(二未勝)馬ナリの外0.3秒先行0.2秒遅れ
助 手 10. 7 栗東 坂重 1 回-58.8-42.3-27.0-13.3 馬ナリ余力
カントル(新馬)馬ナリに0.5秒先行0.1秒先着
高 田 10.11 栗東 CW良 80.4-64.4-50.3-37.3-12.3 [5] 強目に追う
ディープサドラーズ(新馬)一杯の内0.9秒追走同入
助 手 10.21 栗東 CW良 60.9-42.8-11.8 [8] 馬ナリ余力
トーセンアイトーン(古500万)馬ナリの外0.4秒先行同入
高 田 10.24 栗東 CW良 81.5-66.4-51.0-38.1-12.3 [6] 直一杯追う
ファントムライト(障オープン)直一杯の内1.3秒追走0.1秒先着

【在厩】
☆ボスジラ(芙蓉Sは2着。11月4日の百日草特別へ)
△レッドベレーザ(10月8日の新馬戦を快勝。11月3日のファンタジーSをクリスチャン・デムーロ騎手で)
△エトワール(10月8日の未勝利は2着)
☆アーデンフォレスト(11月3日の京都芝1800mの新馬戦をクリスチャン・デムーロ騎手で)
☆ブラックモリオン(10月14日の未勝利戦は11着。11月10日の京都のダート1800m戦へ)


【放牧】
☆アドマイヤジャスタ(紫菊賞を快勝。12月28日のホープフルSへ)
☆アガラス(11月17日の東京スポーツ杯2歳Sへ)
☆ランフォザローゼス(10月20日の新馬戦を快勝)
△シャドウセッション(8月19日の未勝利戦を快勝)
△マキ(東京開催のダート戦に向かう予定)
△シティーオブスター(9月30日の未勝利戦は13着)
☆クイーンズテイスト(6月30日の未勝利戦は6着。山元TCに移動)
△サトノエルドール(9月30日の未勝利戦は3着。11月24日の東京1800を予定)
△キアレッツァ(8月18日の未勝利戦は10着。11月の福島戦を目標)
☆グラディーヴァ(8月30日にゲート試験に合格)

【未入厩】
☆ポップコーンジャズの2016

今週は新潟の未勝利戦以外の3レースでスペシャルワールドの1位と2位のどちらかのチームとの直接対決です。
まあ首尾よく勝ったところで、直接対決のレースで上位チームの指名馬が掲示板を外してくれないことにはさほど意味はありませんし、当方は今週は萩SとアルテミスSの出走馬はいませんから、上位のチームとしてはそっちでなんとかしちゃってもいいので、いくらこっちが直接対決で気勢を上げようとしてもあまり気にするようなことではないでしょう。
ただ個人的に気持ちを高めていきたいだけの話です(^^;

さしあたりアドマイヤジャスタ→ランフォザローゼスと連勝しているので、今週はその連勝がどこまで伸びてくれるかを期待します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エトワールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エトワールの写真

投稿写真はありません。

エトワールの厩舎情報 VIP

2018年11月3日2歳未勝利1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エトワールの取材メモ VIP

2018年11月3日 2歳未勝利 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。