セイウンオフロード(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡2 鹿毛 2016年3月21日生
調教師矢野英一(美浦)
馬主西山 茂行
生産者大西ファーム
生産地浦河町
戦績 4戦[1-0-0-3]
総賞金570万円
収得賞金400万円
英字表記Seiun Offroad
血統 リーチザクラウン
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
クラウンピース
ヤマカツカトリーヌ
血統 ][ 産駒 ]
マヤノトップガン
ハウリングサクセス
兄弟 アポロアロマプチヴェール
前走 2018/11/04 きんもくせい特別
次走予定

セイウンオフロードの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/11/04 福島 10 きんもくせい 500万下 芝1800 127985.9106** 牡2 55.0 杉原誠人矢野英一476(+10)1.47.1 0.935.3⑦⑦⑦⑧マイネルサーパス
18/09/23 中山 9 芙蓉S OP 芝2000 81119.767** 牡2 54.0 津村明秀矢野英一466(+8)2.02.6 1.336.1④④⑦⑦ミッキーブラック
18/07/14 福島 1 2歳未勝利 芝1800 16243.911** 牡2 54.0 津村明秀矢野英一458(+6)1.49.7 -0.136.1⑬⑭⑫⑨エトワール
18/06/24 東京 5 2歳新馬 芝1800 142213.155** 牡2 54.0 津村明秀矢野英一452(--)1.51.0 0.535.2⑤④④アンブロークン

セイウンオフロードの関連ニュース

【2歳戦結果】ジゴロ、新馬戦V

2018年7月15日() 05:00

 【福島】5R新馬(芝1200メートル)=ヨークテソーロ(美・高木、牝、父キングマン)

 ◆三浦騎手 「まだこれからの馬だけど、きょうは気持ちのコントロールが利いていました」

 6R新馬(ダ1150メートル)=ジョウラン(美・黒岩、牡、父エスポワールシチー

 ◆内田騎手 「後ろから(他馬が)来れば、来るだけ頑張れるし、理想の競馬でした」

 1R未勝利(芝1800メートル)=セイウンオフロード(美・矢野、牡、父リーチザクラウン

 ◆津村騎手 「ゲートの出はよくなかったが、慌てずに進めた。最後もしぶとく伸びてくれた」

 *放牧へ。今後は中距離路線を使う

 【中京】5R新馬(牝馬、芝1400メートル)=ローゼンクリーガー(栗・高橋亮、父ノヴェリスト)

 ◆川又騎手 「ゲートが速かったので、リズム重視で競馬をしました。坂を上がってからもしっかりと走ってくれましたね」

 【函館】5R新馬(芝1200メートル)=ジゴロ(栗・鮫島、牡、父パドトロワ

 ◆北村友騎手 「調教ではスイッチがオンにならない感じで、緩さを見せていたけど、競馬では行きっぷり良く、ガラッと変わってくれました。オンとオフがあるのはいいですね」

 *新種牡馬パドトロワ産駒はJRA初出走初勝利。連闘になるが、状態次第で函館2歳S(22日、函館、GIII、芝1200メートル)を予定

 1R未勝利(ダ1000メートル)=デンバーテソーロ(美・栗田徹、牝、父ヴァイオレンス)

 ◆吉田隼騎手 「初ダートで、1歩目がつまずき加減だったけど、二の脚の良さで挽回できました。順当勝ちでしょう」

 *放牧に出る

セイウンオフロードの関連コラム

関連コラムはありません。

セイウンオフロードの口コミ


口コミ一覧
閲覧 58ビュー コメント 0 ナイス 12

今週のPOG戦線は2頭が出走。
別に狙ったわけじゃないけど、共に「シティ」が入る2頭の出走です。

【出走】
・9月1日 新潟2R
△シティーオブスター(戸崎圭太騎手)

まずは新潟の未勝利戦にシティーオブスターが出走します。

【シティーオブスター】
助 手 ■ 美南 W良 53.5-39.3-12.6 [7] G前仕掛け
助 手 8.12 美南 坂良 1 回-59.1-41.2-25.7-12.2 馬ナリ余力
クールティアラ(新馬)馬ナリに0.8秒先行同入
助 手 8.15 美南 W良 54.0-39.2-12.6 [6] 馬ナリ余力
スーパーアキラ(古500万)馬ナリの外1.4秒先行同入
助 手 8.19 美南 坂良 1 回-60.9-41.7-25.8-12.3 馬ナリ余力
セイウンオフロード(二オープン)馬ナリに0.1秒先行同入
助 手 8.23 美南 W良 69.3-53.6-39.4-12.9 [8] G前仕掛け
ナスノセイカン(古オープン)一杯の外1.0秒先行0.2秒先着
助 手 8.26 美南 坂良 1 回-59.8-42.2-27.3-13.1 馬ナリ余力
助 手 8.29 美南 W良 55.5-40.4-12.8 [7] 馬ナリ余力
スーパーアキラ(古500万)馬ナリの内2.0秒追走同入

福島の新馬戦4着以来となるシティーオブスターが新潟の最終週に登場です。
追い切りの過程を見る限りは上々の調整が出来ていると思います。

ぶっちゃけた話、マイネルグループの運動会のような組み合わせならねじ伏せてほしいところです。

道悪がどうかという心配はありますけど、状態が良ければ関係ないとは思っているのでなんとかしてほしいものです。


・9月2日 小倉11R 小倉2歳S
△ジャカランダシティ(ブレントン・アヴドゥラ騎手)

今シーズンの我が陣営の最初の重賞挑戦は小倉2歳Sのジャカランダシティです。

【ジャカランダシティ】
助 手 ◇ 栗東 坂重 1 回-55.1-39.8-25.4-12.9 馬ナリ余力
助 手 8.12 栗東 坂良 1 回-58.1-41.8-26.5-12.5 馬ナリ余力
助 手 8.15 栗東 坂良 1 回-53.7-39.4-25.8-13.3 馬ナリ余力
助 手 8.19 栗東 坂良 1 回-57.4-41.2-26.5-13.1 馬ナリ余力
助 手 8.21 栗東 坂良 1 回-62.2-45.0-29.0-13.6 馬ナリ余力
アヴド 8.22 栗東 坂良 1 回-52.3-38.4-25.3-13.0 強目に追う
ダズリングジュエル(三未勝)馬ナリを0.5秒追走同入
助 手 8.26 栗東 坂良 1 回-56.0-40.8-26.2-12.3 馬ナリ余力
助 手 8.29 栗東 坂良 1 回-54.6-39.5-25.4-12.8 馬ナリ余力

14頭立ての大外枠を引き当てたのですが、この夏の小倉の芝1200mでは内枠の方が優勢なことが気がかりではある。
でもモノは考えようで、新馬戦は逃げ切りだったものの二の脚と枠順のお陰で行き切れたのを思えば、さすがに重賞だと他が速いだろうから内で包まれるのだけは避けたかったので、大外枠はむしろ好都合。
それに土曜日の競馬からは外枠勢にもチャンスのありそうな結果にはなっていたので、日曜日のメインの頃には外枠の方が走りやすいコンディションになってくれればありがたい。

また鞍上のアヴドゥラ騎手が乗れているのも好材料。着度数の差で土曜日終了時点では5位ではあるけど、勝率ベースに換算すれば2位だから、混戦のここは鞍上の腕がモノを言うシーンもありそうで期待しています。

ところで表題の“軽快に”というのはホンダのシティって車があったでしょ。
♪ターラーラーラー、ホンダ、ホンダ、ホンダ、ホンダ…
ってCMソング、覚えてませんか?
まあ、そこからのイメージですw

【調教】

【ランフォザローゼス】
助 手 8.26 美南 坂良 1 回-63.0-46.8-31.2-14.9 馬ナリ余力


【グラディーヴァ】
助 手 8.30 栗東 E良 13.1-11.9-12.8 ゲートナリ


ランフォザローゼスが美浦に戻ってきました。日曜日に軽くやっただけだから、目標は東京の開幕週でしょうか。
そしてグラディーバがゲート試験に合格しています。

 藤沢雄二 2018年8月25日() 12:17
トレンドに乗れるか?~POG第13節~
閲覧 60ビュー コメント 0 ナイス 7

今週のPOG戦線は1頭が出走します。
新潟の新馬戦にサトノエルドールがスタンバイ。

【出走】
・8月25日 新潟5R
△サトノエルドール(北村宏司騎手)

【サトノエルドール】
助 手 6.17 美南 坂稍 1 回-60.1-43.9-28.6-13.7 馬ナリ余力
助 手 6.24 美南 坂稍 1 回-57.2-41.5-27.4-13.5 馬ナリ余力
エクスポジション(三未勝)馬ナリに0.6秒先行同入
助 手 7. 1 美南 W良 57.7-42.4-14.6 [3] 馬ナリ余力
ボスジラ(新馬)馬ナリの内1.0秒追走同入
助 手 8. 5 美南 坂良 1 回-57.8-42.1-27.5-13.3 馬ナリ余力
セリユーズ(新馬)馬ナリに0.6秒先行同入
北村宏 8. 8 美南 W稍 71.7-55.6-40.1-13.3 [2] 馬ナリ余力
セリユーズ(新馬)馬ナリの内同入
助 手 8.12 美南 坂良 1 回-55.3-40.5-26.7-13.2 馬ナリ余力
レッドチェイサー(三未勝)馬ナリを0.6秒追走同入
北村宏 8.15 美南 坂良 1 回-54.5-39.8-26.1-13.0 馬ナリ余力
ロジフレンチ(三未勝)馬ナリを0.5秒追走同入
助 手 8.19 美南 W良 54.5-40.0-13.4 [8] 馬ナリ余力
セリユーズ(新馬)馬ナリの外0.4秒先行同入
石橋脩 8.22 美南 W良 84.9-69.4-54.6-39.9-13.3 [8] 馬ナリ余力
タンタフエルサ(古500万)馬ナリの外0.4秒先行同入

最近のディープインパクト産駒の牡馬の活躍馬は、ミッキーアイルやケイアイノーテックのように、母がダートの短距離で勝ち星のある馬が多いですね。拡大解釈すれば祖母がブロードアピールのワグネリアンもこのカテゴリーに入れてもいいでしょう。

で、今シーズンの2歳牡馬のディープインパクト産駒の一覧を眺めていて目に留まったのがサトノエルドール。
母のミゼリコルデをPOGで指名していたこともあって、当然、母の競走成績は記憶にあるわけですが、ダートの1400mで2勝を挙げていて、とりわけ雪でダート変更になったつばき賞の勝ちっぷりが記憶に残っていた。
なのでこれまでもミゼリコルデの産駒は気にはなっていたのだけど、今回、初めて指名に踏み切ったのは、昨今の傾向に加えて、全兄のアムネスティは一昨年の春の東京で、いくら本格化前とはいえど今や重賞ウイナーとなったムーンクエイクを負かしているので、高速馬場に対応できる下地はあると思うのです。
比較的POG人気の高いサトノ冠の馬の中では人気の盲点になっている感じなので、新馬戦はともかくトータルの成績では一発を期待したいところです。



【調教】

【ジャカランダシティ】
助 手 ◇ 栗東 坂重 1 回-55.1-39.8-25.4-12.9 馬ナリ余力
助 手 8.12 栗東 坂良 1 回-58.1-41.8-26.5-12.5 馬ナリ余力
助 手 8.15 栗東 坂良 1 回-53.7-39.4-25.8-13.3 馬ナリ余力
助 手 8.19 栗東 坂良 1 回-57.4-41.2-26.5-13.1 馬ナリ余力
助 手 8.21 栗東 坂良 1 回-62.2-45.0-29.0-13.6 馬ナリ余力
アヴド 8.22 栗東 坂良 1 回-52.3-38.4-25.3-13.0 強目に追う
ダズリングジュエル(三未勝)馬ナリを0.5秒追走同入


【シティーオブスター】
助 手 ■ 美南 W良 53.5-39.3-12.6 [7] G前仕掛け
助 手 8.12 美南 坂良 1 回-59.1-41.2-25.7-12.2 馬ナリ余力
クールティアラ(新馬)馬ナリに0.8秒先行同入
助 手 8.15 美南 W良 54.0-39.2-12.6 [6] 馬ナリ余力
スーパーアキラ(古500万)馬ナリの外1.4秒先行同入
助 手 8.19 美南 坂良 1 回-60.9-41.7-25.8-12.3 馬ナリ余力
セイウンオフロード(二オープン)馬ナリに0.1秒先行同入
助 手 8.23 美南 W良 69.3-53.6-39.4-12.9 [8] G前仕掛け
ナスノセイカン(古オープン)一杯の外1.0秒先行0.2秒先着

とりあえず来週は2頭が出走しそう。
なんとかシーズンAはフル参戦することになりそうですが、その後は“秋休み”に入りそうな展開です。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2018年7月29日() 20:04
それ、審議にもなりませんか?~POG第7節~
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 11

先々週のPOG指名馬のレース結果です。
福島の3週目の未勝利戦に出走したエトワールは2着でした。

【出走結果】
・7月14日 福島1R
△エトワール 2着 1.49.8・良(1着馬とのタイム差+0.1)
単勝オッズ 5.4倍(3番人気)
【採点:6.0】
《ラップタイム》12.4-11.3-11.7-12.7-12.6-11.7-12.3-12.3-12.7

新馬戦の10着から中3週で変わり身を見せてくれました。

《戸崎圭太騎手》
レース内容が良くなりスムーズに走れていたのですが、4角でぶつけられたのが痛かったですね。

というわけでその7月14日の福島1Rの動画なんですが

http://jra.webcdn.stream.ne.jp/web/jra/onetag/eqSpPlayer.html?target=201802030501

道中は中団のインを進んでじっと我慢。
4コーナーを回って外に持ち出して、さらに外から来たセイウンオフロードとの併せ馬に持ち込もうかとしたところで、エトワールの前にいたメガディスカバリーが外に膨れて進路が狭くなってセイウンオフロードと接触。
ここで完全に怯んでもおかしくない場面ではあったのだけど、最後までセイウンオフロードに食い下がっての2着と内容は確実に良化していました。
ぶっちゃけた話、この未勝利戦のメンバーレベルは大したことはないのだけど、不利を受けながらレースを投げ出さなかったことは大いに評価していいでしょう。
それだけに4コーナーでの不利が悔やまれるし、審議にすらならなかったことには不満はありましたけど、どうやらセイウンオフロードもまた被害馬であり加害馬先着ということもあって、その対象にはならなかったということなんでしょうね。

とにかく元気がなかったように見えた新馬戦から+2kgの452kgと体を減らさなかったこと、前述のレース内容と、収穫は十分にあったのは良かったですね。
レース後は放牧に出ましたが、とりあえず未勝利戦の勝ち上がりにメドが立つレベルの内容を示してくれてホッとしています。

[もっと見る]

⇒もっと見る

セイウンオフロードの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

セイウンオフロードの写真

投稿写真はありません。

セイウンオフロードの厩舎情報 VIP

2018年11月4日きんもくせい特別6着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

セイウンオフロードの取材メモ VIP

2018年7月14日 2歳未勝利 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。