ヘリファルテ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ヘリファルテ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2014年4月9日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 9戦[4-1-0-4]
総賞金4,556万円
収得賞金1,350万円
英字表記Gerifalte
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シユーマ
血統 ][ 産駒 ]
Medicean
Sichilla
兄弟 ブレステイキングメッシーナ
前走 2019/07/06 五稜郭ステークス
次走予定

ヘリファルテの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/07/06 函館 11 五稜郭S 3勝クラス 芝2000 1661213.467** 牡5 57.0 藤岡康太堀宣行474(-10)2.02.3 0.334.5⑬⑫⑬⑬サトノガーネット
19/05/11 東京 10 緑風S 1600万下 芝2400 9892.117** 牡5 56.0 D.レーン堀宣行484(+2)2.24.4 1.334.6⑦⑦⑦⑥ヴァントシルム
19/01/27 東京 10 早春S 1600万下 芝2400 11781.812** 牡5 56.0 C.ルメー堀宣行482(+2)2.25.5 0.133.5⑪⑪⑪⑩アイスバブル
18/11/03 東京 10 ノベンバーS 1600万下 芝2000 10111.617** 牡4 56.0 M.デムー堀宣行480(-8)1.59.7 0.934.3⑩⑩⑧ランガディア
18/10/06 東京 9 本栖湖特別 1000万下 芝2400 9552.521** 牡4 57.0 J.モレイ堀宣行488(+18)2.27.7 -0.033.2⑦⑦⑦⑦ブラックプラチナム
17/10/21 東京 8 3歳以上1000万下 芝2400 11443.811** 牡3 54.0 M.デムー堀宣行470(0)2.29.9 -0.035.5アドマイヤロブソン
17/06/10 東京 8 3歳以上500万下 芝2400 11441.811** 牡3 53.0 M.デムー堀宣行470(-2)2.27.8 -0.336.3⑥④マコトギンスバーグ
17/05/06 東京 11 プリンシパル OP 芝2000 12556.548** 牡3 56.0 M.デムー堀宣行472(-12)1.59.2 0.935.4⑪⑪⑩ダイワキャグニー
17/04/08 中山 5 3歳未勝利 芝2000 18114.821** 牡3 56.0 A.シュタ堀宣行484(--)2.04.3 -0.036.8⑩⑩⑪⑧ハードアタック

ヘリファルテの関連ニュース

【注目この新馬】ペルラネーラ

2019年8月30日(金) 05:01

 夏競馬の最終週は、札幌、新潟、小倉で計6鞍の新馬戦が組まれている。注目を集めるのは、土曜新潟5Rに出走するペルラネーラディープインパクト産駒の素質馬で、調教の動きも良好。将来性もありそうだ。

 ディープインパクト産駒のペルラネーラは、母シユーマが英、カナダでGI2勝。現4勝のヘリファルテを筆頭に、全兄姉3頭は全てJRAで勝ち上がっている。28日は坂路4ハロン53秒5-12秒8(直線追う)で、すでにデビューしている同期を2馬身突き放した。「いい動きをしているし、うまく仕上がった。ディープ産駒らしい切れ味がある。血統的に期待は大きいし、長いところが合っていそう」と国枝調教師。来春のクラシック戦線をにぎわす存在になりそうだ。

【メインレース・データ分析(特別編)】五稜郭S 前走3着以内の馬が堅調!前走の4角通過順もポイントのひとつ!2019年7月6日() 10:30

五稜郭Sの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の同名レースの結果をもとに検証

【全般】
前走1~3着馬が堅調な成績

ウインイクシード
マイハートビート
サトノガーネット

前走5着以内の4歳馬の好走頻度が高い

マイハートビート
サトノガーネット

6~7歳馬が毎年のように上位入線

ドゥーカ
ロライマ
ジャズファンク
ハナズレジェンド
ペルソナリテ
オブリゲーション

函館または札幌の芝コースで好走歴のある馬に注意

ウインイクシード
ドゥーカ
ロライマ
ジャズファンク
ギブアンドテイク
バイオレントブロー
マイハートビート
ハナズレジェンド
カリビアンゴールド

【人気】
1~2番人気の安定度はマズマズ
※10時00分現在の1番人気

ウインイクシード
サトノガーネット

【脚質】
先行、差し互角

※脚質にこだわる必要はない

前走(平地に限る)の4角通過順が5番手以内だった馬の好走が目につく

ウインイクシード
フィニフティ
ペイドメルヴェイユ
マイハートビート
サトノガーネット
ハナズレジェンド
カリビアンゴールド

【枠順】
馬番7番枠より外の回収率が高め

ジャズファンク
ギブアンドテイク
バイオレントブロー
マイハートビート
サトノガーネット
ヘリファルテ
ハナズレジェンド
カリビアンゴールド
ペルソナリテ
オブリゲーション

【血統】
ノーザンダンサー系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬の活躍が顕著

ドゥーカ
ニホンピロヘンソン
フィニフティ
ペイドメルヴェイユ
ジャズファンク
サトノガーネット
カリビアンゴールド
オブリゲーション

父もしくは母父にナスルーラ系種牡馬を持つ馬の上位入線が多い

ウインイクシード
バイオレントブロー
ペルソナリテ


【4項目以上該当馬】
サトノガーネット(6項目)
ウインイクシード(5項目)
マイハートビート(5項目)
ジャズファンク(4項目)
ハナズレジェンド(4項目)
カリビアンゴールド(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【アルゼンチン】レース展望 2018年10月29日(月) 19:49

 秋の東京開催は後半に入り、日曜メインにアルゼンチン共和国杯(11月4日、GII、芝2500メートル)が行われる。過去10年の優勝馬からスクリーンヒーロー(2008年)、トーセンジョーダン(10年)、ゴールドアクター(15年)、シュヴァルグラン(16年)、スワーヴリチャード(17年)と後のGIウイナーが5頭も出ている、古馬のハンデ戦としては珍しい出世レース。今年は16頭がエントリーした。

 前走が条件戦だった馬の活躍が多いのも特徴で、ムイトオブリガード(栗東・角田晃一厩舎、牡4歳)が注目される。東京芝2400メートルを舞台に1000万下を2度、準オープン・六社Sと3連勝しての挑戦。3カ月半ぶりだったその前走は準オープンとしてはメンバーレベルが高い一戦だったが、4角3番手の絶好位から余力十分に抜け出し、力の違いを見せつけた。

 重賞挑戦は3月の阪神大賞典(8着)以来2度目となるが、当時より地力を強化したのは明白で、ハンデ戦の今回は55キロと斤量面の恩恵もある。3走前の青嵐賞は2分22秒9と、同日のダービーを0秒7も上回るタイムで押し切っており、Bコース使用で一段と時計が出る今の芝にも適応可能だ。久々で好走した反動もなく、25日には栗東CWコースで6ハロン81秒6をマーク。久々のコンビ復活となる四位洋文騎手を鞍上に、タイトル奪取を狙う。

 実績ナンバーワンで4年連続5度目の重賞勝利がかかるアルバート(美浦・堀宣行厩舎、牡7歳)は田辺裕信騎手との新コンビで参戦する。前走の京都大賞典ではジョアン・モレイラ騎手を鞍上に直線もじわじわ伸びて3着とシュヴァルグラン(4着)に先着し、健在ぶりをアピール。一昨年2着、昨年4着と惜しいところで勝ち切れていない一戦で“3度目の正直”を狙う今回、58.5キロのトップハンデを課されたが、58キロ以上は背負い慣れている。同厩舎からはもう2頭、出否未定ながら3連勝中のヘリファルテ(牡4歳)と母が3冠牝馬アパパネという超良血ジナンボー(牡3歳)も登録。前者が53キロ、後者が49キロとハンデに恵まれただけに、出走してくれば不気味な存在だ。

 ノーブルマーズ(栗東・宮本博厩舎、牡5歳)は上半期は目黒記念2着に続き、宝塚記念でも3着と一戦級とも差のない走りを繰り広げた。一瞬の切れ味はないものの、バテずにしぶとく脚を使う持ち味はこの舞台にぴったりで、オープン勝ちがないぶん、ハンデも56キロと手頃なところに落ち着いた。今回は4カ月のブランク明けとなるが、今月上旬から坂路で入念に乗り込まれており、いきなりから出番がありそう。最近では珍しくデビューからの29戦すべてで手綱を取っている高倉稜騎手とともに一層の飛躍に期待がかかる。

 ウインテンダネス(栗東・杉山晴紀厩舎、牡5歳)は目黒記念でノーブルを3/4馬身差抑えて重賞初制覇を飾った。3走前、東京芝2400メートルの緑風S(1600万下)を2分22秒9で逃げ切っているように、ムイトオブリガードと同様に高速ターフOKのタイプ。秋初戦の京都大賞典では大逃げの形になりながら、サトノダイヤモンドから1秒差の6着と大きく崩れておらず、叩き2戦目の今回は好勝負が見込める。ハンデで56キロも想定内だろう。

 ガンコ(栗東・松元茂樹厩舎、牡5歳)=57キロ=は春、芝2500メートルの日経賞を先行策から鮮やかに押し切った。東京は今回が初参戦。コース攻略が鍵だが、左回り自体は新潟のダートで2戦(2、9着)経験がある。

 エンジニア(美浦・牧光二厩舎、牡5歳)は左回りを中心に使われ、今年夏にオープン入りを果たすと、新潟記念で0秒7差4着と見せ場十分の走りを見せた。相手なりにしぶとく立ち回れるセンスが持ち味で、ハンデ54キロと斤量面のアドバンテージもある。

 1月の日経新春杯優勝馬パフォーマプロミス(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は秋初戦に予定していた京都大賞典を感冒で取り消した(枠順確定前)ため、今回は4カ月ぶりの実戦となる。25日には栗東CWコースで格下相手に遅れていただけに、このひと追いでどこまで良化するかが鍵。56キロでコルム・オドノヒュー騎手と新コンビを組む予定だ。

 同厩で六社S2着など大崩れしないルックトゥワイス(牡5歳)=54キロ、東京芝2400メートル戦を3勝しているホウオウドリーム(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)=54キロ=などにもチャンスはありそうだ。



アルゼンチン共和国杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アルゼンチン共和国杯】特別登録馬2018年10月28日() 17:30

[もっと見る]

開催競馬場・今日の出来事、明日の取消・変更等(10月6日)2018年10月6日() 17:46

<今日の出来事>
■第4回東京第1日(10月6日(土曜))
●競走中止
3R
9番 フォーコーナーズ号(田辺 裕信騎手)
疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止
馬:左第1趾骨粉砕骨折(予後不良)
騎手:異状なし
●9Rにおける制裁
5番ヘリファルテ号(J.モレイラ騎手)は、決勝線手前で内側に斜行したため、7番ブラックプラチナム号(C.ルメール騎手)の進路が狭くなりました(その他に4番マスラオ号(北村 宏司騎手)の進路にも影響がありました)。
この件について、J.モレイラ騎手は、10月13日(土曜)から10月14日(日曜)まで2日間の騎乗停止となりました。

<明日の取消・変更等>
■第4回東京第2日(10月7日(日曜))
●出走取消
2R
13番 ペシュウィズダム号(△藤田 菜七子騎手)
右後肢跛行のため

<明後日の取消・変更等>
■第4回東京第3日(10月8日(祝日・月曜))
10月8日(祝日・月曜)に行われる第4回東京第3日の出馬表は、明日(日曜日)の10時に確定します。
確定後に発生した出走取消、騎手変更は、「開催お知らせ」に掲載いたします。


<今日の出来事>
■第4回京都第1日(10月6日(土曜))
●出走取消
10R
2番 カフジオリオン号(松若 風馬騎手)
右上眼瞼部挫創のため
●友道 康夫調教師 出走機会9連続連対
5Rで、6番ランブリングアレー号が1着となり、友道 康夫調教師(栗東)は本年9月22日(土曜)の阪神3R(アドマイヤユラナス号 1着)から、出走機会9連続連対を記録しました。
なお、1995年から96年には伊藤 雄二元調教師が出走機会8連続連対を記録しています。

<明日の取消・変更等>
■第4回京都第2日(10月7日(日曜))
取消・変更等はございません(17時30分現在)

<明後日の取消・変更等>
■第4回京都第3日(10月8日(祝日・月曜))
10月8日(祝日・月曜)に行われる第4回京都第3日の出馬表は、明日(日曜日)の10時に確定します(既に確定済みの京都大賞典(GⅡ)を除く)。
確定後に発生した出走取消、騎手変更は、「開催お知らせ」に掲載いたします。

[もっと見る]

J.モレイラ騎手が開催2日間の騎乗停止 2018年10月6日() 16:30

 短期免許を取得し、先週末から日本で騎乗しているJ.モレイラ騎手(35)=ブラジル=が、6日(土)の東京9R・本栖湖特別で騎乗停止処分を受けた。自身が騎乗したヘリファルテは1位入線を果たしたものの、決勝線手前で内側に斜行し、2位に入線したブラックプラチナムの進路を妨害したため。



 その妨害がなければ着順が入れ替わったと認められなかったため、到達順位の通りに確定したが、ヘリファルテに騎乗したモレイラ騎手は開催2日間の騎乗停止処分となることが決定。



 来週はリスグラシュー(13日、府中牝馬S)、サラキア(14日、秋華賞)などとコンビを組むことが決まっていたが、今回の処分でいずれも騎乗不可能となった。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヘリファルテの関連コラム

閲覧 2,867ビュー コメント 0 ナイス 9

 8月28日に新潟2歳ステークス(2歳GⅢ・新潟芝1600m外)、9月3日に札幌2歳ステークス(2歳GⅢ・札幌芝1800m)、9月4日に小倉2歳ステークス(2歳GⅢ・小倉芝1200m)と3開催日連続で2歳重賞が施行され、「ウマニティPOG 2016」の獲得賞金ランキングにも動きが出てきました。夏季競馬が終了したキリの良いタイミングですし、ここで各ワールドの戦況をまとめておきましょう。

 1頭あたりの仮想オーナー数が1枠しかないスペシャルワールドは、7月24日の函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)を勝ったレヴァンテライオンを指名しているmizumizuさんがトップ。2位はヴゼットジョリーを指名しているたけぼう54さん、3位はレーヌミノルを指名しているサウスさん、4位はトラストを指名しているddb1c93afaさんと、重賞ウイナーを落札した4人がそのまま上位グループを形成しています。もっとも、複数の指名馬が重賞を勝ったプレイヤーはまだいないということでもあり、混線模様と言って良さそう。次週以降も目まぐるしく順位が入れ替わりそうです。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大11頭のGIワールドは、ソールさんが9660万円で1位、DSさんが9584万円で2位。それぞれ重賞ウイナーの4頭こそ指名していませんが、函館2歳ステークス2着のモンドキャンノをデビュー前に落札していました。スペシャルワールドと同じく、こちらも次週以降の結果次第で大きくランキングが動くかもしれません。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大16頭のGIIワールドでトップに立っているのは、俺の名を言ってみろぉさん。すべての指名馬をデビュー前に落札していますが、レーヌミノルをはじめ既に7頭が勝ち上がっています。これらの馬が順調に獲得ポイントを伸ばしてくるようだと、しばらくは首位争いをリードしていけそうですね。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大26頭のGIIIワールドは、キタノかちどきさん(1億1558万円)、サードインパクトさん(1億1430万円)と、1億円以上のポイントを獲得したプレイヤーが2名いらっしゃいました。キタノかちどきさんは8月6日のダリア賞(2歳オープン・新潟芝1400m内)を勝ったリンクスゼロ、9月4日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)を制したリエノテソーロらをデビュー前に獲得。サードインパクトさんもヴゼットジョリーリエノテソーロに加えて7月23日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1400m)を勝ったディーパワンサらを揃えており、それぞれここまでの戦績はお見事というほかありません。これからデビューする予定の良血馬もラインナップにいますから、今後もお二方を中心とした争いになるでしょう。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大36頭のオープンワールドはシンガリルドルフさんがトップ。前出のリンクスゼロモンドキャンノ、そして九州産馬で既に本賞金が3520万円に達しているカシノマストらを指名されていました。

 もっとも、シーズン全体から見ると「ウマニティPOG 2016」はまだまだ序盤戦。入札や仮想オーナー募集枠の開放は今後も続いていきますから、これから参加するプレイヤーにも上位進出の目は残っています。
 実際、執筆時点(2016年09月05日17:00現在。以下同)の「注目POG馬ランキング」上位40頭を見ても、既にデビューを果たしているのは下記の8頭だけです(末尾は「注目POG馬ランキング」における順位)。

ヴァナヘイム(牡/父キングカメハメハ×母グルヴェイグ) ※3位
フローレスマジック(牝/父ディープインパクト×母マジックストーム) ※4位
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ) ※15位
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス) ※20位
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト) ※26位
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ) ※35位
モンドキャンノ(牡/父キンシャサノキセキ×母レイズアンドコール) ※36位
インヴィクタ(牡/父ハービンジャー×母ラスティングソング) ※38位

 なお、上記の8頭を除いた32頭のうち下記の10頭は、JRA-VANを確認したところ執筆時点で在厩中となっていました。

サトノアーサー(牡/父ディープインパクト×母キングスローズ) ※6位
モクレレ(牡/父ディープインパクト×母アパパネ) ※9位
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン) ※13位
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ) ※17位
ザウォルドルフ(牡/父ディープインパクト×母ウィーミスフランキー) ※19位
クリアザトラック(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※24位
アドミラブル(牡/父ディープインパクト×母スカーレット) ※30位
リナーテ(牝/父ステイゴールド×母マルペンサ) ※32位
ジュンテオドーラ(牝/父ディープインパクト×母アートプリンセス) ※33位
エアウィンザー(牡/父キングカメハメハ×母エアメサイア) ※39位

 今後の調整過程にもよりますが、近日中にデビューする可能性は比較的高いと見ていいんじゃないでしょうか。
 執筆時点で未出走、かつ入厩していない馬は下記の22頭ということになります。

トゥザクラウン(牡/父キングカメハメハ×母トゥザヴィクトリー) ※1位
アルアイン(牡/父ディープインパクト×母ドバイマジェスティ) ※2位
コロナシオン(牝/父キングカメハメハ×母ブエナビスタ) ※5位
ラボーナ(牡/父ルーラーシップ×母ハッピーパス) ※7位
ダブルバインド(牡/父ディープインパクト×母ラッシュラッシーズ) ※8位
ヘリファルテ(牡/父ディープインパクト×母シユーマ) ※10位
グローブシアター(牡/父キングカメハメハ×母シーザリオ) ※11位
ベルダム(牝/父ディープインパクト×母ドナブリーニ) ※12位
サトノヴィクトリー(牡/父ディープインパクト×母ジョコンダ2) ※14位
ミリッサ(牝/父ダイワメジャー×母シンハリーズ) ※16位
●カデナダムール(牝/父ディープインパクト×母ラヴズオンリーミー) ※18位
●オーロラエンブレム(牝/父ディープインパクト×母ブラックエンブレム) ※21位
ヴィニー(牝/父ディープインパクト×母コケレール) ※22位
オルファン(牝/父ステイゴールド×母オリエンタルアート) ※23位
ハリーレガシー(牡/父ヴィクトワールピサ×母バルドウィナ) ※25位
ヒシマサル(牡/父ルーラーシップ×母シェリール) ※27位
アドマイヤエスパー(牡/父ディープインパクト×母アゼリ) ※28位
ダノンディスタンス(牡/父ルーラーシップ×母アゲヒバリ) ※29位
レッドオルガ(牝/父ディープインパクト×母エリモピクシー) ※31位
バリングラ(牡/父Fastnet Rock×母Sweet Dreams Baby) ※34位
ディヴァインハイツ(牝/父ハーツクライ×母ドバウィハイツ) ※37位
アスティル(牝/父ステイゴールド×母ヒストリックスター) ※40位

 どの馬も現2歳世代を代表する良血馬ですし、デビューが近付いたら多少なりとも話題を集めそう。指名を考えているのであれば、仮想オーナー募集枠の開放に合わせ、早めに入札しておきましょう。


※次回のコラムは10/4(火)頃の予定になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

ヘリファルテの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2019.07.06

 DEEB 2019年7月6日() 08:47

閲覧 105ビュー コメント 0 ナイス 5

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

福島 9R 須賀川特別 3歳以上1勝クラス(混合)(特指)
☆ 4 ベルペスカ

福島10R 松島特別 3歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 2 コンダクトレス
○ 1 ヴァンベールシチー
▲ 8 マハヴィル
△ 6 ☆ジャーミネイト
×11 ☆ボールドジャパン

福島11R 阿武隈ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)[指定]
◎ 2 サトノキングダム
○ 5 チカノワール
▲ 1 ジョブックコメン

中京10R 濃尾特別 3歳以上2勝クラス(混合)(特指)
☆ 9 ベストマイウェイ

中京11R 豊明ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 ★アダムバローズ
○ 1 トロワゼトワル
▲ 5 ジョイフル
△ 2 ディーパワンサ
× 8 キアロスクーロ

函館 8R 3歳以上1勝クラス牝[指定]
◎ 6 オーシャンズルーラ
○ 2 シャドウアイランド
▲ 8 デルマシャンパン
△ 9 ☆カリブメーカー
×10 ヘイセイラスト

函館11R 五稜郭ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎12 ヘリファルテ
○ 9 バイオレントブロー
▲ 1 ウインイクシード
△11 サトノガーネット
× 4 フィニフティ

今日は、休みです。
病院に行く予定です。
あとは、飛行機でも見るか。

 しんすけ48 2019年7月6日() 05:59
五稜郭ステークス
閲覧 120ビュー コメント 2 ナイス 11

五稜郭。

年末に日本テレビで里見浩太朗主演で幕末のドラマを毎年やっちょりました。

田原坂。忠臣蔵。白虎隊。昔懐かし良き時代ざましたわ♪

函館11R 五稜郭ステークス

◎①ウインイクシード
△⑥ペイドメルヴェイユ
△⑩マイハートビート
△⑫ヘリファルテ
△⑭カリビアンゴールド
△⑮ペルソナリテ

馬連①ー⑥・⑩・⑫・⑭・⑮への5点。

昇級初戦だけどね。クラス実績抜けてる馬いないのでな。函館も3着2回。脚質的にも小回り好材料。
ウインNO.1ドライバーの松岡さんに期待を込めて清き1票を!

[もっと見る]

 エロボン 2019年5月14日(火) 14:45
先週の注目馬とオススメレースの結果。
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 14

先週の注目馬の結果。


11日(土曜日)

新潟12R
ナスノシンフォニー…1番人気5着。

京都11R
サトノフェイバー…1番人気7着。

東京5R
トランスナショナル…2番人気5着。

東京9R
サトノエルドール…2番人気2着。

東京10R
ヘリファルテ…1番人気7着。


なんか、飛ぶ人気馬を選ぶコーナーになりましたね。

申し訳ありません。

土曜日にかためてしまいましたが、日曜日にピックアップしていた6頭中4頭が馬券に絡んでますので、要は私のセンスがないのでしょう。

また、参考として紹介した新潟(土)6Rのエフェクトオンは3番人気1着でした。


4週間の集計。
4、3、2、10
(47、4%)

参考(重賞分含む)
2、3、2、7
(50、0%)

今週から選定条件を変えてみます。
週に1~2頭になる場合もあるかと思いますが悪しからず。

重賞に関しては、今まで同様です。



先週の荒れそうなオススメレースの結果。


11日(土曜日)

東京11R
(8‐4‐10)

1→6→2人気。

××〇

荒れませんでしたね。穴から狙いましたがカスリもしませんでした。

また、頭数少ないので候補から外れましたが京都11Rも面白そうです、と紹介しましたが、
2→4→3人気。
と、こちらも荒れませんでした。


12日(日曜日)

京都12R
(9‐5‐9)

2→3→6人気。

▲〇×

絞れずに複勝1点買いにしましたが、外れました。
これも荒れませんでしたね。

軒並みさっぱりな結果になってしまいました。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヘリファルテの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ヘリファルテの写真

ヘリファルテ

ヘリファルテの厩舎情報 VIP

2019年7月6日五稜郭ステークス7着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヘリファルテの取材メモ VIP

2019年5月11日 緑風ステークス 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。